ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、役どころ、監督、脚本家のプロフィール、感想!

今回は、ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』について、特集してまいりたいと思います。
日本のドラマとしてはとてもめずらしい趣向となっているストーリーの作品でした。
物語の中心になっていくのはとある伝説で、刑事と殺人事件の容疑者という立場がまったく異なった2人の人物の入れ替わりによって話が進んでいきます。
それでは、そんなドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、役どころ、監督、脚本家のプロフィール、感想について、さっそく、見てまいりましょう。

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』とは

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』は、2021年1月から2021年3月まで、TBS系の日曜劇場枠において放送されました。
月は太陽になるはずで、太陽は月になるはずだったという伝説が元ネタ。
これを、女性刑事と、殺人事件の容疑者の男性の身体が入れ替わるという超常現象に発展させたという物語だったのです。
それでは、このようなドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』のあらすじ、ネタバレを見てまいりましょう。

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』のあらすじ

警視庁捜査一課に勤務している刑事の望月彩子は、殺人事件の捜査で、田所仁志の死体を目撃します。
その後、望月彩子は、面識のあった洗浄剤メーカーのコ・アースの社長の日高陽斗と再会しました。
やがて、望月彩子は、日高陽斗に対して、田所仁志の殺害容疑をかけていくことに。
そして、望月彩子は、日高陽斗の共同研究者だった九十九聖から、日高陽斗がアメリカで強姦殺人事件の重要参考人だったという、衝撃的なネタを提供されたのです。
望月彩子は、日高陽斗に、田所仁志の殺害を吐かせようと考えるものの、その矢先に、日高陽斗に、物証だったものを処分されてしまったのでした。
仕方なく、望月彩子は、日高陽斗の別件逮捕をめざしますが、2人はもみ合って階段から転落して、その結果、なんと、身体が入れ替わってしまったのです。

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』のネタバレ

日高陽斗に対して、実刑判決が下され、その後、彼は刑務所に行くこととなりました。
一方、望月彩子は、警察学校の教官に異動することになったのです。
さて、それから3年の歳月が経って、望月彩子は、刑務所から出所した日高陽斗と再会。
そして、いろいろと積もる話を終えた望月彩子と日高陽斗は、別れることにしました。
ところが、すれ違おうとしたところ、たまたま、またしても、望月彩子と日高陽斗は、入れ替わってしまうことになるのです。

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』のキャスト

さて、続いては、ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』にキャストとして出演していた俳優たち、女優たちについても、その顔ぶれを確認してまいりましょう。
望月彩子役を演じていたのは、綾瀬はるかさん。
日高陽斗役を演じていたのは、高橋一生さん。
渡辺陸役を演じていたのは、柄本佑さん。
河原三雄役を演じていたのは、北村一輝さん。
東朔也/湯浅和男役を演じていたのは、迫田孝也さん。
九十九聖役を演じていたのは、中尾明慶さん。
八巻英雄役を演じていたのは、溝端淳平さん。
新田将吾役を演じていたのは、林泰文さん。
島津清司役を演じていたのは、渡辺翔さん。
五十嵐公平役を演じていたのは、野間口徹さん。
十久河広明役を演じていたのは、吉見一豊さん。
幅健太郎役を演じていたのは、谷恭輔さん。
五木樹里役を演じていたのは、中村ゆりさん。
富樫義貴役を演じていたのは、馬場徹さん。
日高満役を演じていたのは、木場勝己さん。
そして日高優菜役を演じていたのは、岸井ゆきのさんとなっています。
綾瀬はるかさんは、1985年3月24日、広島県出身の37歳。
これまでに、ドラマでは、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『白夜行』、『ホタルノヒカリ』、『JIN-仁-』、『八重の桜』、『きょうは会社休みます。』、『わたしを離さないで』、『精霊の守り人』、『奥様は、取り扱い注意』、『義母と娘のブルース』など。
映画では、『僕の彼女はサイボーグ』、『ザ・マジックアワー』、『おっぱいバレー』、『プリンセス トヨトミ』、『映画 ホタルノヒカリ』、『海街diary』、『海賊とよばれた男』、『本能寺ホテル』、『今夜、ロマンス劇場で』などといった作品に出演してきました。
高橋一生さんは、1980年12月9日、東京都出身の41歳。
これまでに、ドラマでは、『民王』、『カルテット』、『おんな城主 直虎』、『わろてんか』、『僕らは奇跡でできている』、『東京独身男子』、『凪のお暇』、『インビジブル』など。
映画では、『シン・ゴジラ』、『嘘を愛する女』、『blank13』、『空飛ぶタイヤ』、『億男』、『九月の恋と出会うまで』、『ロマンスドール』、『スパイの妻〈劇場版〉』などといった作品に出演してきました。
柄本佑さんは、1986年12月16日、東京都出身の35歳。
これまでに、ドラマでは、『ゲゲゲの女房』、『天皇の料理番』、『あさが来た』、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』、『なつぞら』、『心の傷を癒すということ』、『知らなくていいコト』、『天国と地獄〜サイコな2人〜』、『ドクターホワイト』など。
映画では、『美しい夏キリシマ』、『素敵なダイナマイトスキャンダル』、『きみの鳥はうたえる』、『アルキメデスの大戦』、『火口のふたり』、『真夜中乙女戦争』などといった作品に出演してきました。
北村一輝さんは、1969年7月17日、大阪府出身の52歳。
これまでに、ドラマでは、『北条時宗』、『大奥〜華の乱〜』、『医龍-Team Medical Dragon-』、『14才の母』、『ガリレオ』、『バンビ〜ノ!』、『天地人』、『妖怪人間ベム』、『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』、『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』、『世界一難しい恋』、『シグナル 長期未解決事件捜査班』、『スカーレット』など。
映画では、『ゴジラ FINAL WARS』、『容疑者Xの献身』、『テルマエ・ロマエ』、『真夏の方程式』、『劇場版 SPEC〜結〜』、『相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』などといった作品に出演してきました。
迫田孝也さんは、1977年4月6日、鹿児島県出身の45歳。
これまでに、ドラマでは、『真田丸』、『西郷どん』、『集団左遷!!』、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』、『真犯人フラグ』など。
映画では、『母と暮せば』、『本能寺ホテル』、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』、『ブルーハーツが聴こえる』、『記憶にございません!』、『天外者』、『キネマの神様』などといった作品に出演してきました。
中尾明慶さんは、1988年6月30日、東京都出身の33歳。
これまでに、ドラマでは、『3年B組金八先生 第6シリーズ』、『GOOD LUCK!! 』、『WATER BOYS2』、『H2〜君といた日々』、『ドラゴン桜』、『ブラザー☆ビート』、『セーラー服と機関銃』、『私が恋愛できない理由』、『奥様は、取り扱い注意』、『まんぷく』、『監察医 朝顔』など。
映画では、『戦国自衛隊1549』、『キャプテントキオ』、『ROOKIES -卒業-』、『のぼうの城』などといった作品に出演してきました。
溝端淳平さんは、1989年6月14日、和歌山県出身の32歳。
これまでに、ドラマでは、『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』、『BOSS』、『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』、『新参者』、『35歳の高校生』、『失恋ショコラティエ』、『仮面同窓会』、『スカーレット』など。
映画では、『DIVE!!』、『君が踊る、夏』、『高校デビュー』などといった作品に出演してきました。
このような実績のある俳優たち、女優たちが出演していたドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』に、ぜひ、ご期待いただきたいと思います。

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』の役どころ

続いては、ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』にキャストとして出演していた俳優たち、女優たちが演じていたキャラクターたちの役どころについても、どうなっていたのか、見ていくことにいたしましょう。
望月彩子は、警視庁刑事部捜査第一課に勤務している刑事で、新月の晩に日高陽斗と入れ替わってしまいます。
日高陽斗は、コ・アースの社長で、新月の晩に望月彩子と入れ替わってしまいます。
渡辺陸は、望月彩子の家に居候しているヒモ状態の男性。
河原三雄は、警視庁刑事部捜査第一課に勤務している刑事。
東朔也/湯浅和男は、日高陽斗の二卵性双子の兄。
九十九聖は、日高陽斗の共同研究者。
八巻英雄は、警視庁刑事部捜査第一課に勤務している刑事。
新田将吾は、警視庁刑事部鑑識課に勤務している男性。
島津清司は、警視庁刑事部鑑識課に勤務している男性。
五十嵐公平は、警視庁刑事部捜査第一課管理官。
十久河広明は、警視庁刑事部捜査第一課課長。
幅健太郎は、警視庁刑事部捜査第一課に勤務している刑事。
五木樹里は、コ・アースの社長秘書。
富樫義貴は、コ・アースの営業取締役。
日高満は、日高陽斗の義父で、サンライズフーズの社長。
そして日高優菜は、日高陽斗の父親が違う妹となっています。
ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』では、このような個性のあるキャラクターたちについても追っていくことにしましょう。

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』の監督、脚本家のプロフィール

こういったドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』ですが、その監督や脚本家とは、いったい、どういった人たちだったというのでしょうか。
ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』の監督は、平川雄一朗さん、青山貴洋さん、松木彩さん。
そしてドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』の脚本家は、森下佳子さんとなっています。
平川雄一朗さんは、1972年1月23日、大分県出身の50歳。
これまでに、ドラマでは、『Stand Up!!』、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『白夜行』、『ROOKIES』、『JIN-仁-』、『とんび』、『天皇の料理番』、『義母と娘のブルース』など。
映画では、『陰日向に咲く』、『ROOKIES-卒業-』、『ツナグ』、『僕だけがいない街』などといった作品を担当してきました。
松木彩さんは、1987年、宮城県出身の35歳。
これまでに、ドラマでは、『わにとかげぎす』、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』、『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』、『下町ロケット』、『半沢直樹II・エピソードゼロ〜狙われた半沢直樹のパスワード〜』、『テセウスの船』、『天国と地獄〜サイコな2人〜』などといった作品を担当してきました。
森下佳子さんは、1971年1月24日、大阪府出身の51歳。
これまでに、ドラマでは、『平成夫婦茶碗』、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『白夜行』、『JIN-仁-』、『とんび』、『ごちそうさん』、『天皇の料理番』、『おんな城主 直虎』、『義母と娘のブルース』など。
映画では、『プラトニック・セックス』、『包帯クラブ』、『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜』、『花戦さ』などといった作品を担当してきました。
ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』をご覧になって、満足できたという方は、このような、平川雄一朗さんや松木彩さんや森下佳子さんのほかのドラマや映画についても、あわせてご覧になってみてはいかがでしょうか。
さらにドラマや映画の醍醐味を味わうことができるに違いありません。

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』の感想

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』は、刑事ものではあるものの、SF要素があるという、特殊設定の作品でした。
刑事の望月彩子と容疑者の日高陽斗が、新月の晩に身体が入れ替わってしまうという展開が斬新すぎますね。
最終的に、望月彩子と日高陽斗が、また身体が入れ替わってしまうのも、予想外の感じでした。
未見の方は、このようなドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』をご覧になって、新感覚のミステリーをご堪能ください。

まとめ

ということで、この記事では、ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』について、そのあらすじ、ネタバレ、キャスト、役どころ、監督、脚本家のプロフィール、感想を、取り上げてきました。
日本では例年、かなりたくさんのミステリードラマが放送されてまいりました。
しかしながら、ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』のような特殊な設定の作品はレアですので、より楽しむことができるのではないでしょうか。
それでは、みなさんも、まだドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』をご覧になっていない方は、その世界観に浸ってみてください。

コメント