ドラマ『彼女はキレイだった』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、役どころ、監督、脚本家のプロフィール、感想!

今回は、韓国ドラマの『彼女はキレイだった』について、いろいろなことをピックアップしていきたいと思います。
2人の男女の再会によってスタートしていくというラブコメだったのでした。
そんな2人のルックスがネタになっているという作風で、おおいに話題になっています。
それでは、ドラマ『彼女はキレイだった』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、役どころ、監督、脚本家のプロフィール、感想について、さっそく、ご覧ください。

ドラマ『彼女はキレイだった』とは

ドラマ『彼女はキレイだった』は、2015年に、韓国のMBCで放送されました。
メインとなるキャラクターは、キム・ヘジンとチ・ソンジュン。
キム・ヘジンは、幼少時は美人だったのに、現在では微妙な感じに。
一方のチ・ソンジュンは、幼少時は微妙だったのに、現在ではイケメンになっていました。
そんな2人が織り成していくラブコメです。
このようなドラマ『彼女はキレイだった』は高い評価を受け、韓国放送大賞ドラマ賞、MBC演技大賞PD賞、グリメアワード優秀ドラマ賞などを受賞しました。
それでは、ドラマ『彼女はキレイだった』のあらすじ、ネタバレを見ていきましょう。

ドラマ『彼女はキレイだった』のあらすじ

キム・へジンはルックスがぱっとせず、就職もなかなかできない女性。
一方、友人でルームメイトでもあるミン・ハリは、そんなキム・ヘジンとは対照的な存在なのでした。
さて、そんなキム・ヘジンには、子供のころ、太っていて冴えないチ・ソンジュンという男友達がいたのです。
ある日、海外にいたチ・ソンジュンから、帰国するから会おうと連絡を受け、キム・へジンは喜びました。
ところが、チ・ソンジュンは、別人のようなイケメンになっていたのです。
一方、キム・ヘジンは、今はともかく、子供のころは美少女だったのでした。
そこで、キム・へジンは、美人のミン・ハリに代わりにチ・ソンジュンに会ってもらうことにします。
その後、キム・へジンは、無事に就職することができ、『ザ・モスト』の編集部に出向することになりました。
ところが、『ザ・モスト』の編集部に、チ・ソンジュンが加わることになったのです。
キム・へジンは、エレベーターに逃げ込むものの、ここでチ・ソンジュンと2人きりになってしまい、しかも停止してしまうエレベーター。
すると、チ・ソンジュンは、キム・へジンの耳にイヤホンを持っていき、ある人から聴かせてもらったという、不安なときに聴くという曲を紹介したのでした。
実は、そのある人とは、子供のころのキム・へジンだったのです。

ドラマ『彼女はキレイだった』のネタバレ

1年担当してきた本が完成した、キム・ヘジン。
しかし、チ・ソンジュンはやはり厳しくて、編集部員たちに問題を指摘します。
が、チ・ソンジュンは、みんなに結婚式の招待状を配り、結婚相手がキム・ヘジンだと分かって、みんなはおどろくのでした。
その後、キム・ヘジンとチ・ソンジュンは結婚。
キム・ヘジンは作家として活躍し、ミン・ハリもホテルに就職することになります。
一方、キム・シニョクは、新作が注目されるようになりました。
それから歳月が流れ、チ・ソンジュンは小さい女児といっしょです。
女児はキム・ヘジンにそっくりで、キム・ヘジンとチ・ソンジュンの娘だったのでした。

ドラマ『彼女はキレイだった』のキャスト

それでは、ドラマ『彼女はキレイだった』にキャストとして出演していた俳優たち、女優たちとは、どのような人々だったというのでしょうか。
キム・ヘジン役を演じていたのは、ファン・ジョンウムさん。
チ・ソンジュン役を演じていたのは、パク・ソジュンさん。
ミン・ハリ役を演じていたのは、コ・ジュニさん。
キム・シニョク役を演じていたのは、シウォンさん。
キム・ジュンソプ役を演じていたのは、パク・チュンソンさん。
ハン・ジョンヘ役を演じていたのは、イ・イルファさん。
キム・ヘリン役を演じていたのは、チョン・ダビンさん。
ミン・ヨンギル役を演じていたのは、イ・ビョンジュンさん。
チャ・ヘジョン役を演じていたのは、ユン・ユソンさん。
ナ・ジソン役を演じていたのは、ソ・ジョンヨンさん。
プ・ジュンマン役を演じていたのは、キム・ハギュンさん。
グァンヒ役を演じていたのは、チョ・チャングンさん。
イ・スルビ役を演じていたのは、チン・ヘウォンさん。
キム・ララ役を演じていたのは、ファン・ソクチョンさん。
チャ・ジュヨン役を演じていたのは、シン・ドンミさん。
キム・プンホ役を演じていたのは、アン・セハさん。
チュ・アルム役を演じていたのは、カン・スジンさん。
キム・ジュヌ役を演じていたのは、パク・ユファンさん。
ハン・ソル役を演じていたのは、シン・ヘソンさん。
チョン・ソンミン役を演じていたのは、チャ・ジョンウォンさん。
イギョン役を演じていたのは、ペ・ミンジョンさん。
イ・ウニョン役を演じていたのは、イム・ジヒョンさん。
ハンナ役を演じていたのは、カン・グルムさん。
キム・ジェドン役を演じていたのは、キム・ジェドンさん。
そしてイ・イウン役を演じていたのは、イ・チェギョンさんとなっています。
ファン・ジョンウムさんは、1985年1月25日、韓国出身の37歳。
これまでに、ドラマでは、『ラスト・スキャンダル』、『私の心が聞こえる?』、『キルミー・ヒールミー』、『彼女はキレイだった』、『運勢ロマンス』、『恋のトリセツ〜フンナムとジョンウムの恋愛日誌〜』、『サンガプ屋台』など。
映画では、『しあわせまでの距離』などといった作品に出演してきました。
パク・ソジュンさんは、1988年12月16日、韓国出身の33歳。
これまでに、ドラマでは、『金よ出て来い✩コンコン』、『眠れる森の魔女』、『魔女の恋愛』、『ママ〜最後の贈りもの〜』、『キルミーヒールミー』、『サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜』、『キム秘書はいったい、なぜ?』など。
映画では、『パーフェクトゲーム』、『悪のクロニクル』、『ビューティー・インサイド』、『ミッドナイト・ランナー』、『Be With You ~いま、会いにゆきます』、『パラサイト 半地下の家族』、『ディヴァイン・フューリー/使者』などといった作品に出演してきました。
シウォンさんは、1987年2月10日、韓国出身の35歳。
これまでに、ドラマでは、『アテナ-戦場の女神-』、『華麗なる挑戦 スキップ・ビート!』、『ドラマの帝王』、『転身説愛你』、『覆面検事』、『ピョン・ヒョクの恋』、『シネマティックドラマ SF8』など。
映画では、『墨攻』、『ドラゴン・ブレイド』、『赤道』、『破風』などといった作品に出演してきました。
シン・ヘソンさんは、1989年8月31日、韓国出身の32歳。
これまでに、ドラマでは、『ゆれながら咲く花』、『エンジェルアイズ』、『ナイショの恋していいですか!?』、『フォーエバーヤング』、『ああ、私の幽霊さま』、『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人!?』、『青い海の伝説』など。
映画では、『リターンマッチ』、『人生は塞翁が馬』、『華麗なるリベンジ』、『エンドレス 繰り返される悪夢』、『彼女が死んだ』、『勇敢な市民』などといった作品に出演してきました。
シン・ドンミさんは、1977年9月13日、韓国出身の44歳。
これまでに、ドラマでは、『江南ロマン・ストリート』、『自己発光オフィス』、『2度目のファーストキス』、『がんばれ!プンサン』、『その男の記憶法』、『青春の記録』、『ポッサム-運命を盗む』など。
映画では、『ロマンスジョー』、『コード名:ジャッカル』、『母なる復讐しないで』、『小説と映画の出会い』、『僕が見つけたシン』、『解釈の問題』、『少年とサングリーン』などといった作品に出演してきました。
ドラマ『彼女はキレイだった』は、こういったすばらしい俳優たち、女優たちが出演していただけに、いっそう最後まで楽しく鑑賞することができるのではないでしょうか。

ドラマ『彼女はキレイだった』の役どころ

続いては、このようなドラマ『彼女はキレイだった』にキャストとして出演していた俳優たち、女優たちが演じていたキャラクターたちの役どころについても、どうなっていたのか追っていきましょう。
キム・ヘジンは、『ザ・モスト』のインターン。
チ・ソンジュンは、キム・ヘジンの初恋の相手で、『ザ・モスト』の副編集長。
ミン・ハリは、キム・ヘジンの友人で、ホテルの支配人。
キム・シニョクは、『ザ・モスト』の編集者。
キム・ジュンソプは、キム・ヘジンの父親で、印刷所の経営者。
ハン・ジョンヘは、キム・ヘジンの母親。
キム・ヘリンは、キム・ヘジンの妹。
ミン・ヨンギルは、ミン・ハリの父親。
チャ・ヘジョンは、ミン・ハリの母親。
ナ・ジソンは、ミン・ハリの継母。
プ・ジュンマンは、『ザ・モスト』の管理チーム部長。
グァンヒは、『ザ・モスト』の管理チームのメンバー。
イ・スルビは、『ザ・モスト』の管理チームのインターン。
キム・ララは、『ザ・モスト』の編集長。
チャ・ジュヨンは、『ザ・モスト』のファッションディレクター。
キム・プンホは、『ザ・モスト』のディレクター。
チュ・アルムは、『ザ・モスト』のビューティエディター。
キム・ジュヌは、『ザ・モスト』のファッションアシスタント。
ハン・ソルは、『ザ・モスト』のビューティアシスタント。
チョン・ソンミンは、『ザ・モスト』の編集チームアシスタント。
イギョンは、『ザ・モスト』の編集チームアシスタント。
イ・ウニョンは、『ザ・モスト』の編集チームアシスタント。
ハンナは、ミン・ハリが勤務しているホテルのコンシェルジュ。
キム・ジェドンは、『ザ・モスト』の創刊記念パーティーの司会者。
そしてイ・イウンは、キム・ヘジンが取材する童話作家となっています。
ドラマ『彼女はキレイだった』では、こういった個性豊かなキャラクターたちについても、しっかり注視していくようにしましょう。

ドラマ『彼女はキレイだった』の監督、脚本家のプロフィール

このようなドラマ『彼女はキレイだった』ですが、その監督、脚本家とは、いったい、どういった面々だったというのでしょうか。
ドラマ『彼女はキレイだった』の監督は、チョン・デユンさん。
そしてドラマ『彼女はキレイだった』の脚本家は、チョ・ソンヒさんとなっています。
チョン・デユンさんは、これまでに、ドラマでは、『火の女神ジョンイ』、『不穏』、『W-二つの世界』、『ロボットじゃない~君に夢中!』などといった作品を担当してきました。
チョ・ソンヒさんは、これまでに、ドラマでは、『30だけど17です』、『私のオオカミ少年』などといった作品を担当してきました。
もし、ドラマ『彼女はキレイだった』をおもしろく観ることができたという方は、このさい、チョン・デユンさんやチョ・ソンヒさんのほかのドラマもご覧になられてみてはいかがでしょうか。
そうすれば、きっと、いっそう、韓国ドラマへの満足が高まっていくのではないかと思いますね。

ドラマ『彼女はキレイだった』の感想

ドラマ『彼女はキレイだった』は、容姿ネタというきわどい設定ではあったものの、なんなく視聴者を楽しませることができる傑作でした。
キム・ヘジンとチ・ソンジュンのコントラストもおもしろいですし、ミン・ハリの立ち位置もハラハラさせられ、かつユニークだと思います。
よく、このようなシチュエーションのストーリーが作れたものだと感心せずにはいられませんね。
そんなドラマ『彼女はキレイだった』は、きっと、期待を裏切らないことでしょう。

まとめ

ということで、今回、この記事では、ドラマ『彼女はキレイだった』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、役どころ、監督、脚本家のプロフィール、感想をお届けしてまいりました。
共感できること間違いなしのストーリーで、最初から最後まで楽しむことができるのではないかと思いますね。
キム・ヘジンとチ・ソンジュンの非常に対照的なキャラクターが見どころであるといえるでしょう。
ファン・ジョンウムさん、パク・ソジュンさんといった、キャストとして出演していた俳優たち、女優たちも、それぞれ、魅力的だったかと思います。
みなさんも、このようなドラマ『彼女はキレイだった』について、興味を持たれた方は、一度、視聴されてみてはいかがでしょうか。

コメント