ドラマ『アンラッキーガール!』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、役どころ、監督、脚本家のプロフィール、感想!

今回は、ドラマ『アンラッキーガール!』について、取り上げていきたいと思います。
ある3人の女性たちの人間模様を描いていくというコメディー作品でした。
しかし、この3人の女性たちが、世界一不運だという極端すぎる設定になっていて、それぞれ、トラブルに襲われていきつつも、なんとか幸福になろうと努力していくという内容になっています。
それでは、さっそく、このようなドラマ『アンラッキーガール!』について、そのあらすじ、ネタバレ、キャスト、役どころ、監督、脚本家のプロフィール、感想を、ご覧ください。

ドラマ『アンラッキーガール!』とは

ドラマ『アンラッキーガール!』は、2021年、日本テレビ系の「モクドラF」枠において放送されました。
メインとなっていくのは、さまざまな運がない、福良幸、朝倉香、綾波樹。
そんな3人が、福良幸の勤務先のくじ売り場が火事になったことで、行動を共にしていくものの、不運続きになるという物語です。
それでは、そんなドラマ『アンラッキーガール!』のあらすじ、ネタバレを、さっそく、見ていきたいと思います。

ドラマ『アンラッキーガール!』のあらすじ

福良幸は、くじ売り場で働いていますが、金運、その他、すべてにおいて運がありません。
さて、そんな福良幸が起きると、さっそく、部屋がめちゃくちゃになったり、ゴミ捨て場でゴミに突っ込んでしまうなど、ひどいありさまでした。
福良幸は、くじ売り場に行く前に、喫茶店の蓮に寄りますが、店内には、彼女みたいにやたらと不運続きの2人の女性がいたのです。
フリーランスのヘアメイクで、男運や対人運がない朝倉香と、無職で、仕事運がない綾波樹でした。
朝倉香は、交際相手の桜田卓海がどうしようもない男。
一方、綾波樹は、仕事を紹介してもらうはずだったものの、失敗してしまったのです。
やがて、信じがたいことに、金に困っていた桜田卓海が銀行強盗をやると言い出しました。
朝倉香は桜田卓海に別れ話を切り出し、これに割って入った綾波樹が桜田卓海に口を挟んだため、3人は口論に発展してしまうことに。
さて、福良幸の働いているくじ売場に、持っているお金を全部持ち出して、宝くじを手あたり次第、買おうとする客がやって来て、顔を見てみると、あの朝倉香だったのです。
福良幸はやめたほうがいいとすすめるものの、なんと、くじ売り場が火事になってしまいました。
やがて、くじ売り場に綾波樹もやって来て、火はますます激しくなってしまいます。
福良幸、朝倉香、綾波樹は、また蓮に行き、そんな彼女たちの前に、弁護士の指宿恵徳という男が登場しました。
実は、指宿恵徳は、占い師でもあり、福良幸、朝倉香、綾波樹が運がないということを見抜いていたのです。
さっそく、指宿恵徳が福良幸、朝倉香、綾波樹のことを占ったところ、やはり、3人の不運ぶりはひどいものでした。
さて、やがて、1億円が強奪されたという銀行強盗のニュースが入り込みます。
犯人は逃走中とのことで、朝倉香は、犯人は桜田卓海なのではないかと懸念することに。
一方、指宿恵徳は、福良幸、朝倉香、綾波樹は、協力すれば幸運になれるかもしれないと言うのでした。
福良幸、朝倉香、綾波樹は、不安を覚えながらも、いったん、解散します。
が、福良幸は帰宅途中にバッグをひったくられる被害に遭い、犯人を捕まえたものの、その正体は、実に意外なものだったのでした。

ドラマ『アンラッキーガール!』のネタバレ

朝倉香は指宿恵徳に、行ったらダメな方位を占ってくれと依頼します。
行方が分からなくなっていた福良幸は不運な方位にいるだろうと思ったからでした。
もっとも、その不運な方位に行けば、朝倉香と綾波樹もなにか災いに遭うことが危惧されました。
が、朝倉香と綾波樹は、それでも福良幸を捜す決意をしたのです。
指宿恵徳は、そんな朝倉香と綾波樹に、御守り代わりのサイコロをあげました。
指宿恵徳が占うと、朝倉香と綾波樹が行ったらいけない方位は北西とのこと。
実は、福良幸は誘拐されており、犯人たちに監禁されていたのです。
が、福良幸は、類をみない災難ながらも、希望を捨てませんでした。
一方、朝倉香と綾波樹は北西に行き、やはり、災難に見舞われながらも、彼女たちは止まりません。
すると、朝倉香と綾波樹に向かって、福良幸が走ってきたのです。

ドラマ『アンラッキーガール!』のキャスト

それでは、ドラマ『アンラッキーガール!』にキャストとして出演していた俳優たち、女優たちはどういった人々だったかを見てまいりましょう。
福良幸役を演じていたのは、福原遥さん。
朝倉香役を演じていたのは、若月佑美さん。
綾波樹役を演じていたのは、高梨臨さん。
指宿恵徳役を演じていたのは、生瀬勝久さん。
藤良男役を演じていたのは、岐洲匠さん。
福良重流役を演じていたのは、丸山智己さん。
福良涼子役を演じていたのは、中島ひろ子さん。
福良亮介役を演じていたのは、バカリズムさん。
桜田卓海役を演じていたのは、板垣瑞生さん。
三田亜子役を演じていたのは、新井舞良さん。
そして二石紗菜役を演じていたのは、長井短さんとなっています。
福原遥さんは、1998年8月28日、埼玉県出身の23歳。
これまでに、ドラマでは、『グッドモーニング・コール』、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』、『コーヒー&バニラ』、『ゆるキャン△』、『アンラッキーガール!』など。
映画では、『チア☆ダン』、『4月の君、スピカ。』、『映画 賭ケグルイ』、『羊とオオカミの恋と殺人』などといった作品に出演してきました。
若月佑美さんは、1994年6月27日、静岡県出身の27歳。
これまでに、ドラマでは、『初森ベマーズ』、『今日から俺は!!』、『私の家政夫ナギサさん』、『共演NG』、『結婚できないにはワケがある。』、『ユーチューバーに娘はやらん!』など。
映画では、『シグナル100』、『ヲタクに恋は難しい』、『今日から俺は!!劇場版』などといった作品に出演してきました。
高梨臨さんは、1988年12月17日、千葉県出身の33歳。
これまでに、ドラマでは、『侍戦隊シンケンジャー』、『宇宙犬作戦』、『放課後グルーヴ』、『花子とアン』、『Dr.倫太郎』、『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』、『不機嫌な果実』、『恋がヘタでも生きてます』など。
映画では、『生きてるものはいないのか』、『ライク・サムワン・イン・ラブ』、『今日、恋をはじめます』、『醒めながら見る夢』、『KILLERS キラーズ』などといった作品に出演してきました。
生瀬勝久さんは、1960年10月13日、兵庫県出身の61歳。
これまでに、ドラマでは、『TRICK』、『相棒』、『ごくせん』、『功名が辻』、『14才の母』、『龍馬伝』、『ストロベリーナイト』、『リーガル・ハイ』、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』、『重版出来!』、『べっぴんさん』、『仮面ライダージオウ』、『あなたの番です』など。
映画では、『トリック劇場版』、『ヤッターマン』、『カイジ2 人生奪回ゲーム』、『プラチナデータ』などといった作品に出演してきました。
岐洲匠さんは、1997年4月13日、愛知県出身の25歳。
これまでに、ドラマでは、『宇宙戦隊キュウレンジャー』、『チア☆ダン』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』、『ももいろ あんずいろ さくらいろ』など。
映画では、『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』、『青夏 きみに恋した30日』、『BLOOD CLUB DOOLS 2』などといった作品に出演してきました。
丸山智己さんは、1975年3月27日、長野県出身の47歳。
これまでに、ドラマでは、『NANA』、『空気人形』、『SP 野望篇』、『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』、『ミュージアム』、『サクラダリセット』、『ニセコイ』、『仮面病棟』など。
映画では、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』、『Around40〜注文の多いオンナたち〜』、『メイちゃんの執事』、『絶対零度』、『リッチマン、プアウーマン』、『世界一難しい恋』、『嫌われる勇気』、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』、『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』などといった作品に出演してきました。
中島ひろ子さんは、1971年2月10日、東京都出身の51歳。
これまでに、ドラマでは、『春よ、来い』、『すずらん』、『だんだん』、『つばさ』、『ゲゲゲの女房』、『べっぴんさん』、『いつか陽のあたる場所で』、『立花登青春手控え』、『ブランケット・キャッツ』、『家康、江戸を建てる』、『ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜』など。
映画では、『岸和田少年愚連隊』、『美しい夏キリシマ』、『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』、『バルトの楽園』、『リップヴァンウィンクルの花嫁』、『祈りの幕が下りる時』、『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜』などといった作品に出演してきました。
ドラマ『アンラッキーガール!』は、こういった俳優たち、女優たちの演技によって、盛り上がっていくに違いありません。

ドラマ『アンラッキーガール!』の役どころ

続いては、ドラマ『アンラッキーガール!』にキャストとして出演していた俳優たち、女優たちが演じていたキャラクターたちの役どころについても、チェックしてまいりましょう。
福良幸は、くじ売り場で働いている、金運をはじめとするさまざまな運がない女性。
朝倉香は、フリーランスのヘアメイクで、男運や対人運がない女性。
綾波樹は、無職で、仕事運がなく、再就職をめざして試験を受けるも、ずっと落ち続けている女性。
指宿恵徳は、弁護士兼占い師で、世界一不運な女性たちの人生を占いによって変えようとする男性。
藤良男は、アルバイト店員の男性。
福良重流は、福良幸の父親で、綾波樹の元交際相手だった男性。
福良涼子は、福良幸の母親である女性。
福良亮介は、福良幸の兄で、すでに亡くなっている男性。
桜田卓海は、朝倉香の交際相手で、バイトをクビになって無職の男性。
三田亜子は、くじ売り場で働いている女性。
そして二石紗菜は、幸運な人生を送っている女性となっています。
ドラマ『アンラッキーガール!』では、こういったキャラクターたちの動きも注視しておきましょう。

ドラマ『アンラッキーガール!』の監督、脚本家のプロフィール

さて、こういう内容になっていたドラマ『アンラッキーガール!』ですが、その監督、脚本家は、いったい、どういった顔ぶれになっていたというのでしょうか。
ドラマ『アンラッキーガール!』の監督は、スミスさん、吉田卓功さん、青木達也さん。
そしてドラマ『アンラッキーガール!』の脚本家は、伊達さんさん、モラルさん、となっています。
スミスさんは、1975年生まれの47歳。
これまでに、ドラマでは、『ぼくは麻理のなか』、『下北沢ダイハード』、『青と僕』、『グッド・バイ』、『文学処女』、『tourist ツーリスト』、『JOKER×FACE』、『ねぇ先生、知らないの?』、『love⇄distance』、『青野くんに触りたいから死にたい』などといった作品を担当してきました。
ドラマ『アンラッキーガール!』を鑑賞してみてよかったという方は、こういった、スミスさん、吉田卓功さん、青木達也さん、伊達さんさん、モラルさんのほかのドラマもご覧になられてみてはいかがでしょうか。
もっとドラマの世界観が広がっていくことになるかもしれません。

ドラマ『アンラッキーガール!』の感想

ドラマ『アンラッキーガール!』は、独特のふんいきのコメディーでしたね。
福良幸、朝倉香、綾波樹が不運に見舞われるものの、けっして暗くはならないのが不思議です。
また、指宿恵徳の存在感もクセがあったのではないかと思います。
そんなドラマ『アンラッキーガール!』からは、鑑賞後に感じるものが多々あるのではないでしょうか。

まとめ

というわけで、この記事では、ドラマ『アンラッキーガール!』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、役どころ、監督、脚本家のプロフィール、感想をピックアップしてきました。
福良幸、朝倉香、綾波樹といったキャラクターたちの繰り広げていく日常がシュールで何ともいえませんね。
福原遥さん、若月佑美さん、高梨臨さんといった、キャストとして出演している俳優たち、女優たちの演技も注目となりました。
もし、よろしければ、このようなドラマ『アンラッキーガール!』を、ぜひ、ご覧になってみてください。
良質なエンターテインメントとして、きっと、満足することができるでしょう。

コメント