レンダートークンRender(RNDR)とは?特徴や将来性・購入方法【暗号資産・仮想通貨】

レンダートークンRender(RNDR)とは?特徴や将来性・購入方法【暗号資産・仮想通貨】

アニメーションの世界は、異なる年齢の多くのファンを持っています。

アニメーションが再生されると、無意識のうちに見て終わっていきますが、クリエイターがこれらの素晴らしいアニメーションを作る方法を疑問に思ったことはありませんか?

昨今VRや、デジタルが話題になることが多いです。

そのVRや、デジタル内の映像制作をする上で欠かせないのがレンダリングになります。

あの有名なYouTuberも、映像制作をする時にはレンダリング&エンコードをやっております。

一般の方が映像制作をするのが流行する中、より大手仮想通貨取引所であるバイナンスでレンダートークン (RNDR)が上場しました。

レンダートークンネットワークは、アニメーションのメーカーがこのプロセスを簡単にして、それらをグラフィックデバイスと接続して、簡単かつ安価に行えるようにしたいと考えて始めスタートしたのがレンダートークンと呼ばれる仮想通貨になります。

本記事では、新しく取引が開始された暗号資産 レンダートークン(RNDR)について最新情報、特徴から価格推移、購入方法までご紹介いたします。新しく映像制作される方も、ぜひ参考にしてみてください。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

レンダートークンRender(RNDR)とは?概要

トークン名称 RNDR
総発行数 523,750,506
通貨ベース ERC20(イーサリアム)
公式サイト レンダートークン公式
Twitter レンダートークンTwitter

2010年にOTOYがOctaneRenderをリリースした頃、大規模で複雑なプロジェクト(つまり、アバターやトランスフォーマーなどの長編映画)のレンダリングジョブには、高価な視覚効果スタジオへのアクセスが必要でした。 さらに、レンダリングプロセス自体は、ストレージだけでなく、膨大な時間と費用がかかる可能性があります。レンダーの創業者である ジュール・ウルバッハは、ソリューションとしてレンダートークンとレンダーネットワークを導入しています。 ジュール・ウルバッハの使命は、「創造的なビジョンを持つすべての人に世界最高品質のレンダリングソフトウェアを提供すること」です。

2017年10月よりトークン販売を行い、

2018年1月から5月までの非公開販売期間を終了しました。

プライベートセールでは、早期導入者を対象にベータテストを行い、ノードオペレーターと開発者がRレンダーチームと協力してネットワークを構築し何度もテストを繰り返し

RNDRは2020年4月27日から一般公開され公募を開始しました。

親会社のOTOY, Inc.の支援を受けたレンダーは、現在のグラフィックスと仮想未来の間のギャップを埋めることを目指しています。

クラウドネットワークとブロックチェーン技術からの接続を活用して

GPUのコンピューティングパワーを向上させることを目的として、

レンダートークンはGPUコンピューティングのパワーを接続された

3D資産の分散型経済に変える最初のネットワークです。

RNDR を使用すると、最新の GPU を使用するユーザーは、

レンダートークンと引き換えにレンダリング力を提供できるため、

アーティスト、デザイナー、研究者向けの GPU 計算の規模と可用性が大幅に向上します。

レンダートークンは画期的なクラウド対応テクノロジーを搭載し、数百万台のピアツーピア(端末同士を直接接続して行う通信方式) GPU デバイスの分散型グローバル ネットワークを構築できると言えます。

レンダートークンRender(RNDR)の最新情報まとめ

2021年4月30日:RNDRは1歳になる

2021年3月26日:RNDR がレイヤ 2 ソリューション w. ポリゴン (マティック) を発表

2021年3月25日:コインベースの親権によってサポートされているRNDR

2021年3月24日:フオビに上場しているRNDR

2021年3月18日:RNDRはカーボンドロップ募金活動でソーシャルアルファ財団に参加

2021年1月6日:クコインに上場したRNDR

2021 年1月6日:Gate.io に掲載されている RNDR

2020年12月:RNDR 2020 年末の更新プログラム

2020年11月:ビデオの説明でジュール・ウルバッハ、RNDRタイムスタンプとのモグラフインタビュー

2020年10月:OTOY GTC 2020秋のプレゼンテーション。19:00から始まるRNDR

2020年4月27日に一般公開されてから、わずか12ヶ月でレンダーネットワークは

世界で最も注目すべきNFTアーティスト、モーションデザイナー、VFXアーティスト、ゲーム開発者、製品デザイナー、建築家、科学者など様々な人が活用し

3Dコンテンツ制作の限界を押し広げるために使用されています。

世界的な映画であるスター・トレック生みの親 ジーン・ロッデンベリー 100周年を記念して、現地時間で8月19日伝記映画企画が進行中であることを発表した。

こので伝記機映画製作にレンダーの親会社であるOTOYが提携し、レンダリング技術でスタートレックの3D映像を作成しています。

OTOYではOctanRenderというレンダリングのソフトウェアを使ったレンダーの技術を今回使用しています。

世界的映画にレンダーの技術が採用されるという非常に印象的なニュースと言えます。

レンダートークンRender(RNDR)の特徴

まず初めに、レンダートークンとは、イーサリアムがベースになっており、ビットコインと目的や用途が大きく違う仮想通貨です。

イーサリアムはブロックチェーンを用いたプラットフォームとしての利用が想定されています。

レンダートークンは、GPUを使用した分散型クラウドレンダリングサービスのプロジェクトです。

Renderの親会社であるOTOY(オトイ)は、レンダリングの技術開発を行ってきており、分散型のクラウドベースレンダリングとして、レンダートークンを使った報酬設計のプロジェクトを開発しています。

レンダリングとはコンピュータを使って画像、映像、音楽などを描写することをいいますが、GPUでのレンダリング時に貢献した人にレンダートークン(RNDR)を配布する仕組みとなっているのがこのプロジェクトの内容となっています。

レンダートークンは、レンダーネットワーク、OTOYを介したOctaneRenderテクノロジー、およびインターネットネイティブのアセットとしてレンダートークンを組み込んだブロックチェーンとなっており、ブロックチェーン起業家JulesUrbach(OTOYのCEO)のプロジェクトでもあります。

また、利用者と提供者間の交換のたびに、このトークンの一部はネットワーク料金として支払われます。

簡単に言うと、レンダリングを利用する人はレンダートークンで支払い、レンダリングを提供する人は、レンダートークンを受け取る。そういった重要と供給の中で使用される仮想通貨になります。

レンダートークンネットワークサービス

業界をリードする高性能の分散GPUレンダリングネットワークOTOY(親会社)のGPUプロバイダーと GPUリクエスタ間のコンピューティングマーケットプレースを容易にするソフトウェアになります。

レンダーネットワークは、アニメーションのメーカーがこのプロセスを簡単にして、トークンは、レンダーネットワークの暗号資産であり、サービスの利用者と提供者の間のネットワーク内支払いに使用されます。

①ネットワークのスケーラビリティ

GPU レンダリングパワーのスケーリングは、従来のレンダリングテクノロジでは難しすぎます。

ローカル、ネットワーク、またはクラウドでのレンダリングに制限がある状態です。

レンダリング ジョブを追跡および管理する分散型システムがなければ、世界中の GPU を効率的に活用することは不可能ですが、レンダートークンネットワークはシステムやネットワークなどが、規模や利用不可などの増大に対応できるよう拡張しています。

②スリーピングGPUネットワーク

GPUは、最も効率的なレンダリングハードウェアで、すべての電話機とPCの標準コンポーネントになっております。しかし、現在のシステムには多くの非効率性があり、ほとんどの開発者のGPUは、自分の作業をレンダリングしていないときはアイドル状態のままで、タップされるのを待つ可能性のあるパワーが豊富に残ります。レンダーネットワークについては、GPUを使ったレンダリングの作業時に、それを貢献したユーザーに報酬としてRNDRトークンを配布する仕組みとなっています。

③GPU パワーのより良い仕様

今日では、GPUは、それぞれの暗号ネットワークの基本パワーとセキュリティを提供するために、任意の算術関数を解決するために使用される「作業実証」マイニングで大量のGPUパワーが使用されています。

しかし、PoW採掘は本質的に非効率的であり、GPUの真の力を無駄にします。レンダーは、GPUが行う作業そのもの、つまり創造的なビジョンを生き生きとさせることによって、ネットワークがより良い仕様となるよう構築されています。

④デジタル著作権管理

アーティストが自分の作品を保存し、それが自分の作品であることを知るための普遍的にアクセス可能なストレージの場所はありません。ブロックチェーンとレンダーの元帳ベースのストレージプロトコル™ネットワークを通じて、アーティストは設計や作品を保存してアクセスすることができます。

レンダリング(rendering)とは、データ記述言語やデータ構造で記述された抽象的で高次の情報から、コンピュータのプログラムを用いて画像・映像・音声などを生成することをいう。元となる情報には、物体の形状、物体を捉える視点、物体表面の質感、光源、シェーディングなどが含まれる。”render” の原義は「表現する、翻訳する、(脚本などを)上演する」などの意味。
レンダリングを行うソフトウェア、ソフトウェアパーツ、システムなどをレンダリングエンジンまたはレンダラーと呼ぶ。

ウィキペディア

アーティストは、このネットワーク上のGPUシステムを使用して、より低い価格とコストで作品を制作し、販売することができます。

このネットワークでのレンダリング操作のコストは、集中ネットワークの10倍のコストと言えます。このネットワークは OTOY と呼ばれる親会社のサブセットです。

レンダートークンRender(RNDR)の価格推移

レンダートークンRender(RNDR)の価格推移
RNDRの価格情報
RNDRの価格¥455.30
市場ランキング#220
マーケットドミナンスデータなし
時価総額¥90,588,637,728.37
過去最高額/最低価格¥1,002.85/¥4.21
最大供給536,870,912 RNDR

※価格情報は、2022年1月13日時点のCoinMarketCapを参考にしています。

レンダートークンRender(RNDR)の将来性

レンダーについては、親会社のOTOYがレンダリングの経験が豊富であるということと、アドバイザーに有名な映画監督やグーグルのCEOが含まれていたりと、現在トレンドとなりつつあるNFTの分野での3Dアートの作品で今後積極的に事業を展開していくことになるのではないでしょうか。

特にデジタルの世界には必ずレンダリングが必要な部分になっているので、それをレンダーが担うようになっていくと期待されます。

2022年にどのような展開になるのか、今後も注目したい一つだと言えます。

レンダートークンRender(RNDR)の購入方法

レンダートークン(RNDR)は、以下の取引所で扱っています。

  • Binance(バイナンス)
  • KuCoin(クコイン)
  • Gate.io(ゲート)
  • Huobi.Global(フォビ)
  • FTX(フィントルエックス)

購入方法は、2022年1月現在、日本国内にある仮想通貨取引所ではレンダートークンの取り扱いはありません。そのため、レンダートークンを購入するためには海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

海外の取引所内では日本円でレンダートークンを買うことが出来ないので、基本的には海外の取引所が対応している通貨を日本国内の取引所で日本円で購入し、日本国内の取引所から海外の取引所に送金する必要があります。

購入方法は以下のようになります。

①国内の取引所に登録をしてETHを購入する

②ETHをアルトコインの変換所(海外の取引所)に送金する

③海外の取引所でRNDRを購入する

それぞれの詳しい手順を説明します。

① 国内の取引所に登録をしてETHを購入する

RNDRはアルトコインで、国内の取引所では扱っていません。

そのため、国内取引所でETHを購入します。国内取引所は、CoincheckやbitFlyer、bitbankなどがあり、扱う銘柄や手数料が違います。

ここでは 通貨数の多いCoincheck に登録します。

ビットコイン購入なら仮想通貨取引所 | Coincheck(コインチェック)

Coincheck に登録したら、日本円を入金してイーサリアム(ETH)を購入します。

②ETHをアルトコインの変換所(海外の取引所)に送金する

ここでは、RNDRを扱う海外取引所としてバイナンスに送金します。

Bitcoin、Ether、アルトコインを売買 | 仮想通貨取引所 | バイナンス (binance.com)

Coincheck の口座から Binance(バイナンス)に送金します。

③海外の取引所でRNDRを購入する

バイナンスにETHが到着したら、RNDRを購入すれば完了です。

まとめ

この記事では、レンダートークンの概要から特徴。レンダートークンネットワークとは何か、価格推移、将来性、購入方法まで紹介しました。

レンダリング プロセスは、最もコストがかかり、最も時間のかかるプロセスの 1 つで、強力なプロセッサを搭載した堅牢なシステムが必要です。

レンダートークンは、強力な処理能力を必要とする企業や開発者のレンダリング プロセスを簡素化するために、ユーザーを相互に接続するためのプラットフォームを提供しており

使用者にとってはとても使いやすい内容になっております。

トークンのレンダリングは、分散型GPUレンダリングサービスであり、収益化することを可能にすることを目的とし、アーティストや企業は、最も低コストで世界中の何千ものデバイスの処理能力を利用することができます。

現状RNDRの通貨についてはまだまだマイナーであり、時価総額自体はそんなに高くなく、個人投資家の参入も低いため、投資する場合については事業について慎重に考慮のうえ投資するのがいいのではないでしょうか。

ただTwitterのフォロワー数も5万人と期待されているのも確かでしょう。

今後の動向に注目しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント