【無料動物占い】こじかの性格・2021年の運勢や恋愛・仕事・適職

【無料動物占い】こじかの性格・2021年の運勢や恋愛・仕事・適職

動物占いのこじかは、まるで「こじかのバンビ」のような愛らしさや無邪気さを持っています。甘えん坊で愛されキャラですが、実は本人の中に葛藤も……。動物占いこじかの基本的な性質や血液型別の性格、他の動物との相性などをまとめました。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

動物占いこじかの2021年の運勢・流れ

こじかの2021年は、新しいものに縁のある年です。

こじかにとって、新しいものや新しい人は苦手な分野です。しかし、2021年は新しい人との出会いや新しい環境に縁が深くなっています。引っ越しや異動などがあるかもしれません。もしくは、こじか自身がまったく知らない分野に興味を持つようになる可能性もあります。臆病なこじかですが、勇気を持って1歩を踏み出してみましょう。

また、今までは表面上でのお付き合いに留まっていた人の、新しい一面を知って距離が縮まることも考えられます。思いもよらぬ可能性が広がっているため、受け入れの間口を普段より広げておくと吉でしょう。

2021年は勢いがあり、対人運も良いです。2021年の人付き合いは、2022年以降に生きてきます。こじかの思い通りの展開となるようなパワーがある年なので、何事もチャレンジ精神を忘れずに取り組んでいきましょう。

動物占いこじかの基本的な性格7つ

1.臆病で人見知り

こじかの性格は、一言でいえば保守的です。警戒心が強く臆病で、初めてのことや初めての人が大の苦手。打ち解けるまでに時間がかかるのが特徴です。用心深く他人を信用しませんが、一度信じた人に対してはどこまでも信用してしまい、騙されてしまうことも。

また、こじかは周囲からの評価を気にすることも多く、大勢の人の中では萎縮してしまう、怖がりなところもあります。そのためグループでの付き合いより1対1の付き合いが得意です。本来は無邪気で天真爛漫な愛されキャラなので、打ち解けた後とそうでないときのギャップが激しいでしょう。

また、人に対してだけでなく物事や場所に対しても臆病なので、変化を好みません。「いつもと同じ」が好きなので、食事のメニューや遊びに行く場所もいつもと同じを好みます。失敗を極端に恐れるため冒険心は皆無で、変化や成長とは程遠い生活をするでしょう。

2.愛嬌たっぷりで愛され系

警戒心が強く打ち解けるのに時間がかかるこじかですが、本来は愛嬌たっぷりの愛され系。純粋で天真爛漫な子供のような魅力を持ち、周囲の人を和ませることが多いです。失敗をしても温かくフォローされ、許されてしまうような魅力の持ち主なのです。

こじかが愛されるのは、その純真さと正直さ、そして自分を律する心があるからでしょう。こじかの脳内は「良いことは良い、悪いことは悪い」といった考え方が基本となっていて、悪いことである嘘や騙しをこじかが実行することはありません。他人に対する距離には相手によって差が大きいですが、悪口や陰口を言うこともないでしょう。

また、普段からしっかり努力をしている点も、愛される要素となります。何か失敗をしても「天然だから」の一言で笑い飛ばしてもらえるのも、こじかが持つ生まれながらの利点といえるでしょう。

3.主体性がなく影響されやすい

こじかは自分で何かを決断することが苦手です。失敗をしたくない上に自信を持てないため、マイナスが生じた際のことを考えると怖くて仕方がありません。結果、自分の人生における重要な選択ですら、他人に決めてもらおうとします。例えば受験先や就職先、結婚相手なども「友達が行くところに一緒に行きたいから」「お母さんに勧められたから」など、他人に起因して道を決めてしまうのです。

また、こじかは周囲の人との関係を重視し、人との繋がりの中で生きています。周囲の人との関係が良ければこじか本人も周囲に愛想を振りまく愛されキャラとなりますが、人間関係が良くない環境では萎縮して何一つできません。影響されやすいこじかにとって、身を置く環境は何より重要といえるでしょう。

こうした性質は、こじか本人の持つ主体性やアイデンティティを喪失させることもあります。あまりにも他人任せでは、誰の人生なのか分かりませんよね。嫌われたくない気持ちやその場の空気に合わせて振舞うことは誰にでもある部分ですが、やりすぎはいけません。自分自身を失わないよう、時には勇気を出して決断することも大切ですよ。

4.正直者で白黒つけたがり

こじかは、感情をストレートに表に出します。純粋な子供のように、大人なら飲み込む言葉をついつい放ってしまい周囲を凍り付かせることもあるでしょう。しかし、ただの毒舌家ではなく純真さからくるものであることは周知の事実なので、責められることは少ないはずです。

こじかはとても正直者で、嘘をつくことは良くないことだと思っています。「悪いことをしてはいけない」という幼少期に学んだことを大人になってからも実行しているだけなので、本音で周囲を困らせても悪気はありません。また、曖昧なことが苦手で白黒ハッキリさせたがります。グレーゾーンを飲み込めない点も、まるで子供のようですね。

周囲を困らせることがあっても、裏表がなくあっけらかんとしているため、信用され愛されるのがこじかです。「あの人はそういう人だから」「あの人ならしょうがないよね」で許される、得なタイプといえるでしょう。

5.甘えん坊で寂しがり屋

こじかは甘えん坊で寂しがり屋な傾向があります。全体的に子供っぽく末っ子気質のこじかは、周囲から見れば危なっかしくて「守ってあげたい」タイプが多いです。世話を焼いてくれる人に対して「私、あなたがいないと何もできないから……」と臆面もなく言ってしまうようなところがあり、そのか弱さや儚さから姉御肌の人や年上男性から可愛がられます。年下からも「何かしら失敗してしまう、天然な先輩」と評されることが多く、愛される人生を歩むでしょう。

しかし、こじかの甘えん坊で寂しがりな点は、一部の人からすれば鬱陶しく不思議なものに映ります。「どうして自分で決められないの?」「別に1人でやればいいじゃない」とツッコまれることもあるでしょう。また、「他人に甘えてラクをしようとしている」と思われることもあるかもしれません。周囲からの好き嫌いがキッパリと分かれるのも、こじかの特徴の1つです。

6.気遣い上手な尽くし型

こじかは人一倍傷つきやすく臆病ですが、それはとても繊細な心を持っているからです。そんな繊細さからか、こじかは周囲の人に対して気配りをすることが得意です。相手を褒めて伸ばすことに長け、ストレートに誉め言葉を口にしたりするでしょう。

その愛嬌と繊細さで人間関係における潤滑油的なポジションにいるこじかですが、それは良い人間関係にいるからこそ。悪い環境に身を置いてしまうと、こじかは本来の良さをまったく発揮できず、何かにつけて悪く取られて病んでしまうことも多いでしょう。

「嫌われたくない」「良く思われたくない」こじかにとって、周囲の人との関係は何より大切。影響を受けやすいことを自覚し、自分に合った場所に身を置くようにしてくださいね。

7.打ち解けると一気にワガママになる

臆病で警戒心の強いこじかですが、打ち解けた相手に対しては一気にワガママになり、心の内を見せるようになります。愛されたい願望や甘えたい願望が強いこじかは、相手からの愛情を試す意味で、わざとワガママを言ったり束縛したりしがち。感情を隠すこともなくなるため、良いことも悪いこともそのままストレートに口に出すようになるでしょう。

また、こじかは打ち解けた相手の前では感情を爆発させてしまうこともあります。怒りや悲しみをそのまま出してしまい、相手が驚き離れていってしまうことも……。そういった点を「信頼してくれてる」とプラスにとらえてくれる相手なら良いですが、そうでなければ不和の原因にしかならないため、多少は感情を抑えるように注意しましょう感情的になりやすい

動物占いこじかの男性の性格

こじかの男性は、天真爛漫で気配り上手。場を和ませるムードメーカーとして愛されます。お調子者で周囲に警戒心を抱かせませんが、こじかの男性本人は警戒心の塊。打ち解けているようで実は距離を取っており、親しくなるには時間がかかるでしょう。ただし、一度打ち解けてしまえば本心をさらけ出し、悩みなども簡単に話してくれます。交友関係が狭く、「いつもの仲間といつもの場所で」を大切にしています。

仕事においては、本人は出世欲がなくその場を楽しくできればよいと考えています。老若男女に慕われる愛されキャラなので、難しい案件も愛嬌と人間力で乗り切ってしまいます。営業職や教職に向いています。

恋愛においても、甘えたがりの寂しがり。いつも愛情を実感していないと我慢できず、世話を焼いてくれるタイプを好みます。こじかの男性本人も世話焼きなので、上手くかみ合えば2人の世界だけで生きているようなラブラブカップルができあがるでしょう。

動物占いこじかの女性の性格

こじかの女性は、か弱い甘えん坊。どこかふわふわしていて現実的でなく、愛される天然キャラです。自主性がなく依存心が強いため、「守ってあげなくちゃ」と周囲からお姫様のように守られる人もいます。男性人気は高いですが、女性人気は低いでしょう。

褒め上手の気配り上手な上に尽くすことが大好きなので、動物や子供のお世話に向いています。介護の仕事もよいでしょう。ルーティンワークやギスギスした職場環境には不向きなので、もしそんな職場に当たってしまったら環境を変える努力が必要がです。

恋愛においては、妹タイプが好きな人に絶大な人気を誇ります。気弱で流されやすいため、グイグイ来る男性に弱く、納得していないのに関係を持ってしまったりします。また、純粋すぎて騙されやすいため、注意が必要です。

動物占いこじかと血液型別の特徴・性格

動物占いこじか×A型の特徴

純粋

こじか×A型は、とにかく純粋です。気を許した相手に対しての信頼度が高く、自分も相手を裏切りません。自分が正直者なため相手も正直だと思ってしまい、駆け引きや社交辞令は大の苦手です。

人見知りで不変を望む

こじか×A型は、こじかグループ特融の警戒心の強さを持っています。知り合いのいない場所ではびくびくおどおどしてしまい、一言も言葉を発することができないこともあるほどに臆病。相手が自分をどう思っているのかを常に気にしていて、特に、恋人など親しい人に対してはいつも愛情を感じていないと不安でたまりません。その性格から重たいと判断されて、人が離れていくこともあるでしょう。

動物占いこじか×B型の特徴

立ち直りが早い

こじか×B型は執着心が薄く、興味の対象が次から次へと変化します。長続きが苦手でチャレンジ精神がないので、少しでも面倒な空気を感じ取ったらサッと逃げ出してしまいます。失敗を恐れるこじかグループの性質と、移り気なB型の性質がミックスされているようです。

楽天的

こじか×B型はこじかグループにしては珍しく、自信家です。そのためどんな相手とでも気さくに接することができ、人当たりの良さは抜群でしょう。ただし、相手の機微に敏感なので自分にとってマイナスになると判断すれば、ササっと逃げていってしまいます。状況判断力と洞察力に優れているといえるでしょう。

動物占いこじか×O型の特徴

正義感が強い正直者

こじか×O型は、正義感が強く正直者。嘘や裏切りが大嫌いで、いつでも正直であろうとします。もしこじか×O型に対して1度でも嘘をついたり約束を破ったりしたら、一生許してもらえないでしょう。好き嫌いが激しいところもあるため、好きな人にはとことん優しく甘いですが、嫌いになった人にはとことん冷酷なのがこじか×O型なのです。

ロマンチスト

こじか×O型は感受性が豊かで、想像の世界で生きているようなところがあります。空想の世界を形にすることが得意なので、創作活動に精を出す人もいるでしょう。その発想力を活かして、芸術的な分野で仕事をする人もいます。ただし、夢物語の世界に入り込みすぎて、現実を直視できないこともしばしば。子供っぽすぎて周囲に引かれることもあるため、内面にだけ留めておいた方がよさそうですね。

動物占いこじか×AB型の特徴

合理的

こじか×AB型は面倒ごとを嫌い、人と争うことを避けたがります。物事を感情ではなく理論で考えるため、1度「もうダメだな」と判断したらすぐに別の方法を考えるなど、切り替えが早いところがあります。洞察力と観察眼があってこその切り替えなので、目標達成率は高いでしょう。

ミステリアス

人当たり良さげにニコニコしているのに、自分のことは話さず本音を言わない……、こじか×AB型は、そんなミステリアスなところが魅力です。甘え上手で周囲の人を掌握することに長け、いつの間にかこじか×AB型がすべてを手中におさめている、なんてことも。そんな不思議な能力も、こじか×AB型がミステリアスな魅力を放っているからでしょう。憧れと尊敬の目で見られると同時に、少し怖いところもあるのが、こじか×AB型なのです。

動物占いこじかの恋愛

こじかの恋愛観は、相手にベッタリの依存型です。

こじかは男女ともに愛されキャラで、何をしても「仕方ないな」で許されてしまう愛嬌があります。と同時に繊細で傷つきやすく、甘え上手な生粋の末っ子タイプ。お相手となるのは年上の人や親分肌・姉御肌の人が多いでしょう。

こじかは相手を一途に愛し、とてもよく尽くします。浮気や目移りはこじかにとっては「悪いこと」なので、モテるタイプですがお相手以外には見向きもしません。ただし、その一途さや一生懸命さがお相手にとって重荷になることもあります。

また、こじかは甘えん坊で寂しがりなので、親しくなるとまるで一心同体かのように四六時中相手といたがります。さらに、打ち解けた相手には遠慮なく感情をぶつける性質なので、お相手からは「ワガママ」「束縛がキツい」と思われることもあるでしょう。こじかにとっての「恋人としての当たり前」は、他人にとってはそうでないことも多く、すれ違いが生じて別れてしまうこともあります。

こじかのことを「何もしても許せる」というほど愛してくれるお相手か、よほど器の大きな人であれば上手くいきます。まったく同じ価値観のお相手でも、2人だけの世界を作り上げて上手くいくでしょう。ただし、その場合は周囲との関係がこじれることがあるため、バランス感覚が必要です。

動物占いこじかの仕事・適職

褒め上手で相手を尊重する点や繊細な性格、そして共感力の高さがこじかの魅力です。こうした点を生かすことができるのは、誰かを育て、特性を活かす職業。習い事の先生や幼稚園教諭、トリマーや獣看護師などが向いています。農家や園芸家もよいですね。似たような職業でも、自分で決断しなくてはならない小児科医や獣医師は向いていません。こじかには決断力やスピード感がないからです。

また、こじかは美的センスに優れている人が多く、芸術方面でも能力を発揮するでしょう。デザイナーや建築家などでも活躍で着そうです。

ただし、こじかの職種選びで何より重要視しなくてはならないのは、職種そのものよりも働く環境です。ピリピリした職場や人との関わりが薄い職場ではなく、アットホームで少人数のところを選びましょう。

動物占いこじかの人間関係

こじかに最も縁遠いのが「自立」という言葉でしょう。甘えん坊で寂しがり屋、そして周囲の意見に流されやすいところがあります。それはすべて、相手から嫌われたり周囲から浮いたりすることへの恐怖心に起因します。誰かに頼りすぎたり初対面の人との間に高すぎる壁を作ったりして、対人トラブルになることもあるでしょう。

臆病で警戒心が強いこじかは、仲良くなるまでにかなりの時間を要します。また、人に嫌われたくない・良く思われたいという気持ちが人一倍強い上に周囲に流されやすいため、一見協調性があり上手く周囲とやっているように見えます。しかし、こじかは本来芯が強く、自分の心に従う素直さを持っています。そのため、本当はやりたくないことを嫌われないためにやっていたり、合わせているうちに自分のことが分からなくなったりと、葛藤を抱えることも多いです。

こじかは生来の末っ子気質に加えて、共感力が高く気配り上手です。愛嬌があり真面目なので、周囲の人からは可愛がられるでしょう。しかし、甘えん坊で寂しがり屋なので、仲良くなった相手を束縛しがち。また、他人に頼る癖があるため時が経つにつれてよく思われなくなるケースもあります。自分で決断する勇気や実行力を身に着けましょう。

動物占いこじかの種類・色

動物占いは12種類の動物に分けられますが、そこからさらに色別に分けることができます。こじかの対応カラーは4つで、同じこじかグループでも微妙に性格が違います。4種類のこじかのタイプについて、見ていきましょう。

イエロー(正直者のこじか)

好き嫌いが激しい

こじかのイエローはトラブル嫌いですし、そもそも気が弱く誰かと揉めないように心がけて生きている人がほとんどです。相手の気持ちやその場の空気を優先させ、自分の意見や感情を飲み込むこともしばしば。

そんなこじかのイエローですが、好き嫌いが激しく、1度嫌いと判断したら見向きもしなくなります。揉めた相手が謝ってきても仲直りすることはなく、距離を取ってフェードアウトしようとするでしょう。温厚そうに見えて激しさを持っているのが、こじかのイエローなのです。

純粋で騙されやすい

こじかグループ全般にいえることですが、純粋さゆえに騙されやすいところがあります。警戒心が強い割には、一度打ち解けた相手のことを無条件に信じてしまい、それゆえに詐偽などの被害にもあいやすいのです。

ボランティア精神が強く共感力が高いのも、騙されやすい要因の1つ。おとぎ話に出てくるような「いい人」であり、周囲からは「なんでそんなウソに騙されるの?」と思われるようなウソに引っかかってしまうのです。疑うことは悪いことではありませんから、他人の話を無条件に信じないようにしましょう。

グリーン(しっかり者のこじか)

流されやすい

こじかグループ全般の特徴である周囲に流されやすい性質は、こじかのグリーンがもっとも顕著です。自信がなく嫌われたくない思いが強すぎて、なんでも相手に合わせてしまうでしょう。結果、自分のアイデンティティや人生そのものを失ってしまうこともあります。共感力が高いといえば聞こえは良いですが、洗脳や依存などの被害にあう可能性も最も高いです。

こじかのグリーン本人が「流されていたとしても幸せだからいい」と断言できるならよいのですが、こじかは本来芯が強くて感情的なタイプです。自分の中に芽生えた感情や善悪の判断結果を押し込めてまで周囲に合わせてしまうため、ストレスを感じることもしばしば。「嫌われてもいいから自分の意見を口にする」という強さを覚えましょう。

理論派

こじかのグリーンは感情ではなく理論を重視します。臆病で失敗を極度に恐れるため、物事を理論的に解明して、手を出して良いか否かの判断をするのです。感覚的なものではなく理論で安全を確認したがり、結果、チャンスを逃すこともあるでしょう。

理性的なのは悪いことではありませんが、あまりにも理論に頼りすぎると問題です。理論武装で相手とやり合うことになり、トラブルの原因となることもあるでしょう。

ゴールド(強い意志を持ったこじか)

知的

感情に流されることがありません。共感力が高すぎて流されやすいこじかグループですが、こじかのゴールドは自分と他人との間に明確なラインを引いているため、引きずりこまれることがないのです。非情のバランス感覚に優れた優しさを持っているといえるでしょう。

こじかのゴールドは、その知性と洞察力で、周囲の人のフォローをするのが得意です。争いごとを嫌うため、揉め事の雰囲気を察知して場の空気を和ませます。こじかのゴールドの周囲にはいつも和やかな空気が流れ、癒しスポットのように人々が集まってくるでしょう。

責任感が強い

こじかのゴールドは中途半端なことが嫌いで、責任感が強い性格です。途中で諦めたり投げ出すことを悪いことだと判断しているため、他人がやり遂げなかったことでも「自分はそんなダメなことはしない」とばかりにやり遂げるでしょう。

臆病で失敗を恐れるこじかグループですから、失敗しないための計画もバッチリ立てます。トラブルへの対応策も一通り頭の中にそろえているため、実際にトラブルが起きても動じることなく解決することができ、さらに信頼を厚くします。中でも、こじかのゴールドは強い責任感から実行力が高いと判断され、リーダーに任命されることもあるでしょう。

シルバー(華やかなこじか)

プライドが高い

こじかのシルバーはプライドが高く完璧主義者なので、周囲にも自分にも厳しいです。慎重派で失敗しそうなことを避けてきたため、過去に失敗した経験があまりないのです。そのことが、こじかのシルバーのプライドをより一層高いものとしているのでしょう。

ただし、こじかのシルバーはプライドが高い上に他人の視線を気にしすぎて、失敗をしても隠したり言い訳をしたりする傾向があります。そのことでよりトラブルが大きくなったり、他のトラブルが併発することもあるため、反省すべき点といえます。

美的センスがある

こじかのシルバーは繊細で感受性が強く、美的センスに優れています。また、内にこもるタイプなので、想像力が豊か。そのため、芸術的な嗅覚が優れていて、創作活動にいそしむ人もいるでしょう。芸術的に感じるものをコレクションし、密かにに眺めて楽しむ人も多いです。

芸術面で成功する人も多いですが、あまりに繊細な性格なので商業的な活動は向かないかもしれません。周囲からの批判や拒絶に傷ついてしまうからです。商業的ではなく趣味の範囲内で何かを作り出す方が向いているでしょう。

動物占いこじかの主な芸能人・有名人

イエロー(正直者のこじか)

田村淳【ロンドンブーツ1号2号】(1973年12月4日生まれ)
ムロツヨシ(1976年1月23日生まれ)
窪塚洋介(1979年5月7日生まれ)
森泉(1982年10月18日生まれ)
生田斗真(1984年10月7日生まれ)
本田翼(1992年6月27日生まれ)

グリーン(しっかり者のこじか)

香川照之(1965年12月7日生まれ)
岡田准一【V6】(1980年11月18日生まれ)
小山慶一郎【NEWS】(1984年5月1日生まれ)
中丸雄一【KAT-TUN】(1983年9月4日生まれ)
志尊淳(1995年3月5日生まれ)
V【防弾少年団】(1995年12月30日生まれ)

ゴールド(強い意志を持ったこじか)

安倍晋三(1954年9月21日生まれ)
大沢たかお(1968年3月11日生まれ)
安室奈美恵(1977年9月20日生まれ)
佐藤健(1989年3月21日生まれ)
武井咲(1993年12月25日生まれ)

シルバー(華やかなこじか)

富澤たけし【サンドウィッチマン】(1974年4月30日生まれ)
錦戸亮(1984年11月3日生まれ)
木村文乃(1987年10月19日生まれ)
安藤美姫(1097年12月18日生まれ)
指原莉乃(1992年11月21日生まれ)

動物占いこじかの相性

こじかは仲良くなるのに時間がかかりますが、仲良くなった相手には一途な愛情を向けとことん甘えたいタイプです。生粋の末っ子気質で、愛嬌があり周囲に守られ甘やかされることに喜びを覚えます。共感力があり繊細な性格なので、相手の立場に立って物事を考え、悩み解決などサポートをするのが得意です。

反面、自主性や自立心がなく流されやすいので、相手をイライラさせることも。依存型の付き合い方をするため、自立心の強い相手や自主性を重んじる相手とは合わないでしょう。

動物占いこじかと猿の相性

こじかと猿の組み合わせは、基本的に合いません。

猿は楽しいことが大好きでポジティブな性格です。基本的に陽気ですが激しく落ち込むこともあり、かと思えば立ち直りが早かったりと、喜怒哀楽の差やスピードが大きい傾向もあります。ついさっきまでこっちにいたと思ったのに今はもう遠くにいたりして、落ち着きがありません。自分の心の赴くままに行動する、純粋な子供のようなところがあるのが、猿の基本的な性質です。

対して、こじかも楽しいことが大好きで子供のように純粋です。天真爛漫で無邪気ですが、猿のようなスピーディさがありません。楽しいことを見つければそれをじっくり堪能したいタイプなので、すぐに目移りしてしまう落ち着きのない猿とはスピード感が違うのです。

お互いに似た性質もありますが、スピード感が違うため合わない相性となります。猿はこじかに対してイライラしますし、こじかは猿に対して警戒心を持ち続けるでしょう。

動物占いこじかと狼の相性

こじかと狼の相性は良い方です。

狼は自立心に溢れた職人気質。周囲の目を気にせず我が道を行き、人間関係は苦手としています。ハッキリと自分の意見を述べて孤立することもありますが、狼自身は自分が孤立していても問題と感じず、黙々とやるべきことを進めるでしょう。こじかは他人に嫌われるのが怖くて意見を言えないため、狼の姿勢に憧れを抱くことが多いです。

狼もこじかも警戒心が強く打ち解けるのに時間がかかりますが、両者ともに、打ち解けた相手には深い愛情を注ぐタイプです。仲良くなってしまえば、狼はこじかを守ろうとし、こじかは狼にアレコレと頼りながら世話を焼くでしょう。

ただし、狼が自立心が強いのに対し、こじかはベッタリと相手と付き合いたいタイプです。あまりにこじかにベッタリとされたり束縛されたりすると、狼の方が息苦しさを覚えて離れていってしまう可能性があります。距離感を大事にしてお付き合いするのがよいでしょう。

動物占いこじかとチーターの相性

こじかとチーターの相性は良くありません。

チーターは直感を重視し、自分が良いと感じれば後先考えずに飛び出してしまいます。興味を惹かれるものがあればすぐに飛びつき、その興味の対象も次々と変化していきます。チャレンジ精神が旺盛な上に強いハートを持っているため、失敗を恐れずに堂々と振舞うのです。

一方、こじかは失敗を恐れて萎縮してしまい、自分では何も決められません。気になるものがあればじっくりと楽しみ、長い時間をかけて深く知ろうとします。チーターのようなスピード感やチャレンジ精神はありません。チーターにとって、こじかのすべてが「理解不能」であり、両者が合うことはないでしょう。

また、チーターは自由にあちこち飛び回りたいタイプなので、こじかの執着心や嫉妬心、束縛願望を心底鬱陶しく感じてしまいます。こじかが大人になって精神的に自立し、甘えることをなくさなければ上手くいくことはないでしょう。

動物占いこじかと黒ひょうの相性

こじかと黒ひょうの相性は、悪くありません。

黒ひょうは親分肌で、頼れるリーダータイプ。スマートな自分に自信があり、いつでもカッコよくいたいという見栄っ張りなところがあります。グイグイと周囲を引っ張っていけるタイプなので、甘えん坊で寂しがり屋なこじかの面倒をよく見てくれるでしょう。

こじかは生来の末っ子気質で、相手に甘え頼りたいので、黒ひょうのような親分肌の相手との相性は悪くありません。こじかの性格のネックである自立心のなさや束縛願望も、黒ひょうにとっては自分の価値を高める要素の1つなので、受け入れてもらえるでしょう。

ただし、黒ひょうもこじかもプライドが高いところがあります。お互いにプライドを傷つけられると関係は修復不可能になるため、気を遣って接する必要があるでしょう。

動物占いこじかとライオンの相性

こじかとライオンの相性は、とても良いです。友人としても恋人としても相性が良く、最高のパートナーとなれるでしょう。

ライオンはリーダータイプというより王様タイプで、他人から崇められチヤホヤされるのが大好きです。堂々としていて皆を率いるリーダーシップがありますが、気性が激しすぎて反対意見が出ようものなら激怒し相手を力でねじ伏せようとすることも。それは、ライオンがとても高いプライドを持っていると同時に、極度に繊細なハートの持ち主だからです。反対や批判といったものは、些細なものでもライオンを深く傷つけてしまうのです。一方、こじかはか弱く相手を傷つけることがありません。ライオンに従順についていくため、ライオンにとっては可愛い存在となるでしょう。

また、ライオンは仲良くなった相手に対しては本心をさらけ出し、甘えるところもあります。こじかの繊細さやロマンティックなところを理解し、無理なく付き合うことができます。こじかの方も、ライオンをサポートすることに喜びを覚え、お互いに求めあい支えあえる関係となるでしょう。

動物占いこじかと虎の相性

こじかと虎の相性は、虎次第といったところです。

虎は知的で大人っぽい性格をしています。面倒見がよく悠然としていて、普段は目立ちませんがここぞというときに力を発揮するタイプ。その振舞いは周囲の人に安心感を与え、頼られることも少なくありません。一方こじかは自主性がなく誰かに頼り甘えることが大好きです。優しく親分気質な虎になら、こじかは存分に甘えることができるでしょう。

利害関係が一致しているように見えますが、お互いの性質があまりにも違いすぎます。虎は大人、こじかは子供。子供ばかり相手にしていると大人が我慢しなくてはならない場面が多くなってしまいますよね。それと同じで、こじかの子供っぽさに虎が耐えきれなくなり、対等なお付き合いができず嫌気が差すと関係が終わります。こじかの方が少しは大人っぽく振舞う必要があるため、ワガママや束縛はほどほどにしておきましょう。

動物占いこじかとたぬきの相性

こじかとたぬきの関係は、対等に付き合えるパートナーとなれます。

こじかもたぬきも相手を気遣うことが得意なサポートタイプ。先陣を切るのではなく引っ張ってもらう方が得意で、縁の下の力持ちとして有能です。「一緒に頑張っていこうね」と手を取り合える、対等な友人関係を築けるでしょう。
また、たぬきは他人に尽くすことが好きで、こじかの面倒をよく見てくれます。こじかも気遣い上手の褒め上手なので、たぬきが一方的に尽くすことにならず、お互いに優しくしあえる相性です。

動物占いこじかとコアラの相性

こじかとコアラの関係は、穏やかで長続きするものとなるでしょう。

おっとりしていてサービス精神旺盛なコアラと、甘えたがりなこじかは相性が良いです。お互いに気性が激しくなく、落ち着いた関係を築くことができるでしょう。コアラの裏表のなさも、こじかの警戒心を解く重要な要素です。他人と打ち解けるのに時間がかかるこじかですが、コアラに対しては急速に心を開くかもしれませんね。

甘え上手なこじかに尽くすことで、コアラの方も喜びを覚えます。しかし、コアラは計算高いところがあり、「こじかに甘えられるばかりで損をしている」と感じれば離れていってしまう可能性があります。こじかが感謝の気持ちを素直に表現し、コアラの心を満たすことが重要です。

動物占いこじかとゾウの相性

こじかとゾウの相性は、良くも悪くもありません。

ゾウは落ち着きがあり、生真面目です。リーダーとして皆を率いる力がありますが、普段は目立つ存在ではありません。プライドが高く、急に怒り出すような気難しいところがあります。

こじかは観察眼に優れ気遣いが上手なので、ゾウの気難しいところを上手くコントロールできるでしょう。甘えたがりなので、ゾウがこじかをリードし見守る関係なら上手くいきます。

しかし、ゾウがリアリストなのに対し、こじかはロマンチスト。自分とは真逆で惹かれ合うこともありますが、あまりに違いすぎるゆえにお互いに理解できず、最終的には離れていってしまうでしょう。

動物占いこじかとひつじの相性

こじかとひつじは似た者同士です。

こじかもひつじも、両者ともに気遣いが上手で寂しがり屋。穏やかで変化を嫌う性質も一緒なので、いつも一緒に行動するような仲の良い関係となれるでしょう。

ただし、ひつじは人に合わせるのが得意で、人の輪を大切にします。対するこじかは、親しい相手に対しては自分の感情を優先させるため、人の輪を乱しがち。束縛願望や嫉妬心もあるため、ひつじがこじかを鬱陶しく思うこともあるでしょう。良い関係を築き続けるためには、こじかがひつじを束縛せず、輪を乱さない言動を心がける必要があります。

動物占いこじかとペガサスの相性

こじかとペガサスの相性は、良くありません。

ペガサスは究極の自由人。自分の感情を最優先させ、他人に対して無頓着です。興味のある物事へと飛び回り、1つの場所に長居しません。そのため束縛が大嫌いで、気分屋です。一方、こじかは相手にベッタリと甘えたい依存型。ペガサスとは合うはずもなく、こじかは寂しさを覚え、ペガサスは不自由さに息苦しくなってしまうでしょう。

好奇心旺盛で裏表のない性格という共通点があるため、程よい距離感を保てば上手くいく間柄です。あまり打ち解けるとこじかの独り占め願望が顔を出すため、最初から距離を保っておくほうが無難でしょう。

動物占いこじか同士の相性

こじか同士の相性は、良い面と悪い面があります。

お互いに寂しがり屋で甘えん坊ですから、ベッタリとした付き合いをするには最高のパートナーとなります。しかし、どちらも相手任せで自主性がなく、遊びにいくとしても「どこ行く?」「どこ行こっか?」の繰り返し。何一つ決まらずイライラすることもあるでしょう。お互いに相手に引っ張ってもらいたいため、上手くいきません。

また、ワガママで感情的になりやすいため、喧嘩にもなりやすいです。あまり深入りしない方がよい関係といえるでしょう。

まとめ

人見知りで警戒心が強く、他人に甘えることが大好きなこじか。子供のように純粋で天真爛漫でありながら、細やかな配慮や気配りもできるため、多くの人に愛されます。失敗をしても笑って許してもらえたりと、お得な性格といえますね。

ただし、甘えん坊が過ぎて他人に頼りっきりになったり、人から嫌われたくない気持ちが強すぎて無理して周囲に合わせたりすると問題です。周囲に頼ってばかりでは怠けているように思われますし、空気を読み相手に同調してばかりではアイデンティティを失います。孤立したりストレスを感じたりすることのないよう、ほどほどにしておくべきでしょう。

こじかは自立心をやしない、周囲の人からの視線を気にしない強い心を持つようになれば、今よりもっと輝きます。「失敗してもいいや」「嫌われても思ったことを言う」という気持ちを持って、決断力と実行力を身に着けましょう。そうすることで、子供っぽく甘えるだけの人ではなく、甘え上手だけど芯が強い人へと変貌を遂げ、周囲の人と上手くやりながらも自分との折り合いをつけることができますよ。

コメント