【無料・動物占い】虎の性格・2021年の運勢や恋愛・仕事・適職

【無料・動物占い】虎の性格・2021年の運勢や恋愛・仕事・適職

獰猛な肉食獣である虎ですが、動物占いでは温厚でどっしりと構えた親分タイプとされています。誰からも好かれ頼られ愛される虎について、基本的性格や恋愛傾向、向いている職業、他の動物との相性をまとめました。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

動物占い虎の2021年の運勢・流れ

虎の2021年は、出会いの多いものとなるでしょう。

虎は自分から注目を集めるのは好きではありませんが、その能力の高さや優雅さ、優しさから他人に注目されることも多いタイプ。誰からも好かれ頼られるリーダータイプといえます。虎自身も身内に優しく、困っている人を放っておけない親分肌で、世話を焼くのが好きでしょう。

2021年は、自然と気持ちがポジティブになり、行動範囲が広がるタイミングがあります。そんなときに出会う人を大事にし、友好関係を広げていくと吉です。虎は洞察力があり冷静なので、相手の本質を見抜く能力に長けています。自分と合わないと判断した相手に対してドライに接することが多いですが、2021年はドライさを抑えてみてください。合わない相手から合う相手へと縁が繋がることもあり、そのチャンスを生かすべきです。

動物占い虎の基本的な性格8つ

1.親分肌だが自分に厳しい

虎は面倒見が良い性格で、典型的な親分肌。人情に厚く、義理堅く、礼儀正しい性格です。正義感が強くて筋の通らないことは大嫌いです。そのため、周囲からは信頼を集め何かと頼られるのでしょう。虎本人も頼られるのが好きなので、困っている人がいればすぐに手を差し伸べたり声をかけたりする性質です。その分自分のことは後回しなので、実はストレスが溜まりやすいです。

心が広く大らかで、他人に対する思いやりに溢れる虎ですが、自分に対してはとても厳しいです。ストライクゾーンが狭いので、少しでもはみ出ると自分を責めて追い込んでしまいます。理想が高いため、虎が本当の意味で満足することはほとんどないでしょう。

2.真面目で堅実

真面目で堅実な性格の虎は、何事にも手を抜きません。決めたことを最後までやり遂げる上、最小限のリスクで済む安全策を取ります。危険性が高いと判断すれば無理に手を出さず、自分の能力を超える範囲には足を踏み入れないでしょう。とても堅実かつ困ることのない性格といえます。

その誠実な性格から、信頼され、多くの人から愛されます。礼儀にうるさく正義感も強いため、トラブルが起きた際にも味方してくれる人がたくさんいるでしょう。

3.自分の世界を大事にする

虎は独自の世界を持っています。自立心が強く、頼られるのは好きですが頼ることは苦手。自分の世界に踏み込まれそうになると途端に逃げ出し、その人には二度と近づかないでしょう。他人に対してもズカズカと近づくことはなく、あくまで頼られたときにだけ手を差し伸べます。基本的に単独行動が好きで、群れたりつるんだりすることもありません。

虎はすべての物事の判断基準を、「自分が納得するか否か」で決めています。周囲がどれだけ賞賛しても自分が納得していなければ良しとしません。また、虎は道理やルールを大事にするため、道を外れることには納得できず、結果、堅物とも取れるほどに生真面目で誠実な行動を取るでしょう。虎は自分が決めたルールの中で生きていくことに喜びや安心感を覚えるため、他人がルールや価値観に口を出すことを極度に嫌います。

4.理性的で感情のコントロールが上手

虎は知的で理性的。感情に流されることがなく、いつも冷静に物事を見ています。そのため誰かと揉め事を起こすことはまれで、自分のテリトリーに侵入されたりプライドを傷つけられたりしない限りは怒り出すことはありません。

また、虎は感情に支配されることがないため、誰に対しても公平に接します。えこひいきや肩入れすることがないので誰からも好かれ信頼されるでしょう。いつも落ち着いているので余裕があり、「威風堂々」という言葉がピッタリなのが虎なのです。

5.自信家で人付き合いが上手

虎は自信家で、プライドが高いです。虎の自信やプライドは、過去の努力や成功経験、自分の能力に裏打ちされたもの。努力をして目標を達成するという成功体験が多いのも虎の特徴で、それゆえに自信があるのでしょう。精神的な余裕があり自信があるからこそ、虎は他人のことを包み込む優しさを持っているのでしょう。

虎は穏やかで温厚な上に知的な雰囲気を持ち、他人に威圧感を与えません。おとなしそうに見えて実はデキるタイプでありますが、華やかさに欠けるため目立つことがなく敵は少ないです。周囲の人に対しても誠実で生真面目に接するため、誰からも慕われる、人付き合いの上手なところがあります。

6.責任感があり忍耐強い

虎は忍耐力と責任感があり、1度決めたことは最後までやり遂げます。どんな困難が合ってもじっと堪え、コツコツと努力を重ねます。中途半端なことを嫌うため、途中で投げ出したり手を抜いたりすることはありません。

また、虎は能力が高く自信がある上に責任感が強すぎて、他人の任せることが非常に苦手です。周囲の人を信用しないわけではありませんが、「自分でやれば確実」「自分でやった方が早いから」と、他人に任せたがらないのです。結果、自分1人でアレコレと抱え込みすぎてストレスになることもあるでしょう。

7.自分のことは後回し

虎は面倒見が良い親分肌ですが、その分自分のことは後回しにしてしまいがち。優しくお人よしなので余計なトラブルを抱え込みやすく、思い悩んでしまうこともしばしばでしょう。

生真面目で自分に厳しい虎は、そんなときにも「抱え込む自分が悪い」「手を出した自分が悪い」と自分を責めてしまい、余計に深みにはまってしまいます。何でも1人で片づけようとする性質も、虎の悩みに拍車をかけてしまうでしょう。ときには周囲の人に助けを求め、自分を守る必要があります。自分のことをよく分かっている虎のことですから、ダメなときには素直に認め、声を上げましょう。

8.器用だが極められない

トラは器用貧乏といわれることが多いです。それは、虎は生まれついて能力が高く、たいていのことをソツなくこなすことができるからです。反面、何か1つのことを極めるのが苦手。オールラウンダーとしたの能力は高いですが、1つ1つの能力値を見ると平均程度でしょう。

虎は何かに夢中になることが少なく、熱中し辛い性質を持っています。自分の感情に左右されないからこそ、寝食を忘れてのめり込むことがないのです。周囲からは「何でもできる人」と評価されますが、虎は合格基準が高く自分に厳しいため、ソツなくこなすだけの自分に対して不満を持つでしょう。

動物占い虎の男性の性格

虎の男性は、縄張り意識が強くプライドが高いです。

虎の男性は、自分の周囲の人を守りたい気持ちが強いです。ある種支配欲が強く「自分の友達に手を出すなんて許せない」「誰の恋人だか分かっているのか」という、自己アピールの1種でもあります。そのため虎の男性のパートナーに近づこうものならとんでもない目にあう可能性も。自分の縄張りに侵入されることは、虎の男性にとってプライドをヘシ折られることなので、メンツにかけて相手を追いつめるでしょう。

また、自分の周囲の人だけでなく困っている人や弱者の味方で、筋が通らないことや納得できないことには相手が誰であろうと猛然と噛みつく人情派。自分が納得しない相手には頭を下げることはありませんが、義理堅い性格なので決まった相手には誠心誠意尽くします。女性に対しては紳士的で、見た目より中身を重視するでしょう。

動物占い虎の女性の性格

虎の女性はバランス感覚に優れ、堅実かつ愛情深い性格をしています。

虎の女性は地味にしていても華やかさがあり、注目を集めがち。派手ではないのに「ただ者ではない」オーラを出しているのです。しかし、その性格は誠実かつ働き者で、周囲からは信頼される人気者となるでしょう。愛情深く世話好きですが、やりすぎてしまうこともあります。

また、相手のことをしっかり見ているため、おだてやお世辞を真に受けません。ニコニコ笑いながら毒舌を吐くこともあり、相手をけん制するのも得意です。そのため軽々しい気持ちで近づいてくる男性は少なく、もしいたとしてもすぐさま追いやることができるでしょう。好きになる相手は中身を重視します。

動物占い虎と血液型別の特徴・性格

動物占い虎×A型の特徴

警戒心が強い

動物占い虎×A型は人当たりがよく誰からも好かれるタイプですが、本当に心を許せる人はごくわずか。警戒心が強く「こんなことを相手に話して引かれないだろうか」「こんな話題を出して迷惑じゃないだろうか」と、気にしすぎてしまうのです。

友好関係が広い

典型的な親分肌の動物占い虎×A型は、面倒見の良さから交友関係が広く、色々な人から頼られます。嘘や不正が嫌いなので他人に不快感を与えることが少なく、どんな人とでも仲良くやっていけるでしょう。

動物占い虎×B型の特徴

個人主義

動物占い虎×B型は自分の感覚や価値観がもっとも正しいと考える自信家です。頑固で周囲からの口出しを激しく嫌い、場合によっては修復不可能なほどの大ゲンカを繰り広げることも。基本的にサッパリした性格なので、ケンカが終わればすべてを水に流すことも多いでしょう。

頑固

動物占い虎×B型はオンとオフをしっかり分ける個人主義者。他人のことに首を突っ込まない代わりに、自分のことにも踏み込んで欲しくないと思っています。「自分のことは自分でやる」をモットーとしているため、何かあっても助けを求めることはないでしょう。

動物占い虎×O型の特徴

温厚かつフレンドリー

気さくで屈託のない性格が特徴の動物占い虎×O型は、フレンドリーな対応で周囲の人の心を掴みます。話し上手かつ聞き上手なのでどんな相手にも対応でき、人気は高いでしょう。

ポジティブ

動物占い虎×O型はポジティブで思い込みが強いので、自分の信じた道をどんどん進んでいくため、ときには周囲を置いてきぼりにすることも。大きな失敗をしても落ち込むことはなく、素直に反省します。

動物占い虎×AB型の特徴

責任感が強い

ひょうひょうとしたクールな印象を与えがちな動物占い虎×AB型は、実は責任感が強く努力家。ソツなくなんでもこなしますが、その裏には努力や忍耐力が隠されています。自分のことはしっかりこなし、他人の面倒もある程度までは見てあげますが、いかんせんクールな雰囲気なので冷たく思われて人が寄り付かない傾向があります。

理性的

動物占い虎×AB型は竹を割ったようなサッパリした性格で、ドロドロとしたところがなく豪快です。感情に支配されることがなく理性的な動物占い虎×AB型は、なるだけ面倒ごとを避けたいと考え、他人に対して感情的になることはまれ。もし動物占い虎×AB型が感情をあらわに怒り出したりしたら、よほど頭にきていると考えましょう。

動物占い虎の恋愛

虎の恋愛観は、堅実かつ誠実です。

親分肌で真面目、人付き合いが上手でフレンドリーな人が多い虎は、男女ともにモテる傾向があります。しかし、本人は恋愛に対していたって真面目で、外見より中身を重視します。恋に落ちるまでには時間がかかりますが、好きになったら猛然とアタックし、「狙った獲物は逃がさない」を地で行く肉食系となるでしょう。

虎は男女ともに世話焼きで嫉妬深いですが、特に男性は所有欲が強いためパートナーを自分だけのものにしたがります。行動を制限したり自由を奪ったりしないよう、自制する必要があるでしょう。女性は相手の世話を焼きすぎてダメにしてしまったり鬱陶しがられることがありますので、気をつけてください。

生真面目で筋の通らないことが許せない性格は、恋愛においても健在です。浮気の心配はなく、パートナーを一途に愛する素晴らしい夫・妻になるでしょう。

動物占い虎の仕事・適職

虎はコツコツと真面目に努力するタイプ。しっかりとした計画を立てたらそれに沿って一心不乱に突き進み、困難があっても耐えられる忍耐力があります。自分に厳しくストイックなので、ワーカホリックになりやすいタイプともいえます。頑固で自信があるため何でも自分1人でやろうとしますが、ときには周囲に頼ったり仕事を振り分けたりすることも覚えましょう。

虎は何でもできるオールラウンダー。そのためどんな仕事に就いてもソツなくこなせますが、突出したものがないことが多いです。適職があるとすれば、知性や合理的なところを活かし、法曹界や警察などがよいでしょう。親分肌で誰かを導く能力が高い点から、教師も向いています。

動物占い虎の人間関係

虎は親しみやすく温厚で、人好きのする性格です。親分肌で頼られることが好きな上、曲がったことが大嫌いで感情的になりにくい点も、相手に安心感を与えます。自分には厳しいですが他人に対する器は大きく、たいていのことを笑って許せる豪快さも持っています。

虎本人は、他人の心の中にズカズカと入って行かず自分のテリトリーへの侵入も許さないため、ある程度距離を置いた付き合いを好みます。ベッタリと依存してくる相手やマウントを取ってくる相手は苦手。相手の本質を知ってから仲良くなろうとするため、本音を出せるまでには時間がかかるでしょう。

動物占い虎の種類・色

動物占いには12種類の動物がいますが、それぞれがさらにカラーによって細分化されます。虎の対応カラーは6種類。各虎の性格について、見ていきましょう。

ブラック〈愛情あふれる虎〉

理的で冷静

虎のブラックは感情に流されず、しっかりと頭脳で考えて決断を下すタイプ。冷静かつ合理的な人といえるでしょう。周囲の人がなるだけ損をしないよう、多方面のことを考えた決断を下します。

反面、即決断することが苦手で、保守的。リスクを避けたがるため新しいことに思い切って飛び込むことは滅多にありません。

博愛主義者

「愛情あふれる虎」と呼ばれるように、虎のブラックは器が大きく優しいです。自分のことを後回しにしてでも他人のために動くため、ボランティア活動をしている人も多いです。

虎のブラックはみんなに平等な博愛主義者。誰か1人を贔屓したり自分が得しようとしたりしません。そんなところが周囲に信頼と安心を与え、敵はほとんどいないでしょう。

レッド〈動きまわる虎〉

フレンドリー

虎のレッドは明るくフレンドリー。人見知りせず初対面から気さくに接します。人の嫌がることをすすんでやり、困っている人がいれば世話を焼くでしょう。

虎のレッドは「頼られる自分」が大好きなので、勝手にアレコレと気を回し手を出します。しかし、時と場合によっては「お節介」と思われ疎まれることも。状況をよく見てから手を出すようにした方がよいでしょう。

向上心がありフットワークが軽い

虎のレッドは「動き回る虎」と呼ばれるように、フットワークが軽いです。色々なことを知りたがり「今よりもっとよい未来」「今よりもっと成長した自分」を求め、パワフルに活動します。

自分に自信があるからか、虎のレッドは無理をしがち。時間的な余裕がないスケジュールを組むこともしばしばでしょう。無理やり突破できるものとそうでないものの区別をつけ、自分がピンチにならないよう配慮した方がよいですよ。

ブルー〈ゆったりとした悠然の虎〉

ストレート

虎のブルーは頭の回転が早く、ゆったりおっとりした雰囲気ながらもキツい一言をズバっと放つことがあります。自分がどう思われようと関係がなく損得勘定もしないので、物事の本質を明るみにします。あえて隠されていることがあっても「でも、本当のことでしょ」といわんばかりに発言してしまうので、場面によって煙たがられたり逆に重宝されたりするでしょう。

堂々としている

虎のブルーは「ゆったりとした悠然の虎」と呼ばれるように、堂々としています。自分に自信がある上に他人からの評価をまったく気にしないため、他の人に左右されることがありません。虎のブルーにとってはどんな場面でも信じるのは自分で、自分だけが判断基準なのです。芯が強いともいえますが、他人の気持ちに無頓着ともいえます。我が道を行くにしても他人との軋轢を避けるようにしなければ、孤立してしまうでしょう。

オレンジ〈楽天的な虎〉

ポジティブ

虎のオレンジは「なんとかなる」を信条にし、ピンチに強い性質です。実際に能力が高く、また、事態が収束するまで放り出すことがないため、周囲からはよく頼られるでしょう。

また、失敗をしてクヨクヨすることを時間の無駄とし、失敗を次回のチャレンジに生かそうとするタイプ。そんな性格から虎のオレンジは「楽天的な虎」と呼ばれています。

開放的

虎のオレンジは開放的であけっぴろげな人が多く、周囲に安心感を与えます。誰にでも平等に接し、初対面から気さくなので自然と人が集まるでしょう。

虎のオレンジは、虎グループの特徴である「判断するのは他人ではなく自分」という意識がとても強いです。悪評ばかりの人でも自分から話しかけてジャッジし、その後の付き合いを決めます。常に中立の立場で他人と接するため人気がありますが、上司など上役からは生意気と思われ出世とは無縁の人生を送る傾向があります。

ブラウン〈パワフルな虎〉

芯が強く頑固

虎のブラウンは争いごとを避ける平和主義者です。しかし、自分の意見を変えることがなく、しっかりと芯を貫きます。自己主張が強く自分の考えや感性に従って行動するため、物おじしません。

プライドが高く自分のことを信じているため、他人の意見は聞き入れません。よく言えば芯が強い、悪く言えば頑固な人だといえるでしょう。

行動力がある

虎のブラウンは思い立ったら即行動する、パワフルな性格です。しかし無鉄砲なわけではなく、しっかりと頭の中で計画を立てたらすぐに実行に移っているのです。また、頑固で芯が強いため、自分で決めたことは必ず成し遂げようと最大限の努力をします。途中で諦めることはないでしょう。

しかし、自分の考えや感性を元にジャッジした結果を周囲に伝えずいきなり動き始めるので、周囲の人からは「思いつきでは」と思われがち。理解を得られることは少なく、置いてけぼりにしてしまうでしょう。

パープル〈慈悲深い虎〉

他人を批判しがち

虎のパープルは自分の意見こそが正しいと信じて疑いません。そのため違った意見を持つ人を批判してしまいがち。自分と他人とそれぞれが別の考えを持つのは当然であり、それぞれに真実があると分かっているのに、どうしても攻撃性が出てしまうのです。

対人関係に問題が生じる可能性が高いので、他人を批判するのはやめましょう。

計算高い

虎のパープルは「慈悲深い虎」と呼ばれるほどに優しく、調和を重んじます。誰かが損をしないよう他人に気を配り、自分の感情に支配されることもありません。周囲からはまるで聖母のように愛情深い人だと思われているでしょう。

しかし、実は自分の体面や評価を気にして相手に優しくしているだけのこともあります。周囲の人の感情や自分への評価を冷静に見極め、どうすれば自分が心地よい空間にいられるかを計算しているのです。

動物占い虎の主な芸能人・有名人

ブラック〈愛情あふれる虎〉

江口洋介(1967年12月31日生まれ)
大泉洋(1973年4月3日生まれ)
井ノ原快彦【V6】(1976年5月17日生まれ)
中村アン(1987年9月17日生まれ)

レッド〈動きまわる虎〉

木梨憲武【とんねるず】(1962年3月9日生まれ)
国分太一(1974年9月2日生まれ)又吉直樹【ピース】(1980年6月2日生まれ)
星野源(1981年1月28日生まれ)

ブルー〈ゆったりとした悠然の虎〉

福山雅治(1969年2月6日生まれ)
井川遥(1976年6月29日生まれ)
松田翔太(1985年9月10日生まれ)
増田貴久(1986年7月4日生まれ)

オレンジ〈楽天的な虎〉

久米明(1924年2月8日生まれ)
徳光和夫(1941年3月10日生まれ)
山口紗弥加(1980年2月14日生まれ)
伊藤淳史(1983年11月25日生まれ)

ブラウン〈パワフルな虎〉

森田剛【V6】(1979年2月20日生まれ)
井上真央(1987年1月9日生まれ)
波留(1991年6月17日生まれ)
高畑充希(1991年12月14日生まれ)

パープル〈慈悲深い虎〉

タモリ(1945年8月22日生まれ)
明石家さんま(1955年7月1日生まれ)
中谷美紀(1976年1月12日生まれ)
長谷川博己(1977年3月7日生まれ)

動物占い虎の相性

愛情深く世話焼きな虎は、心を許した相手に対して誠実に接し、困っていればすぐに手を差し伸べます。反面、自分が世話を焼かれることは嫌い、独立心に溢れています。また、人当たりが良く人気がありますが、自分だけの世界を持っていて、その中に招き入れる人はごくわずか。時間をかけて距離を縮める付き合い方を好みます。

動物占い虎とこじかの相性

虎とこじかの相性は、とても良いです。

こじかは甘えん坊かつ寂しがり屋で、他人にベッタリと依存したいタイプです。天真爛漫でか弱いところがあるため、世話を焼きたがる親分肌の虎の心を満たしてくれるでしょう。こじかは警戒心がとても強いですが、虎の器の広さや誠実さに心を開くことができます。

頼られたい虎と頼りたいこじかはまるで親子のような関係を築き、お互いの心を満たしていくでしょう。友人としても恋人としても、問題のない相手です。

動物占い虎と猿の相性

虎と猿は、短所を補い合う関係となります。

猿は明るく、少々おっちょこちょいなところがありますが、天真爛漫な盛り上げキャラ。まるで子供のように純粋なのでおだてに弱く、騙されたり勘違いして突っ走ったりすることが多いです。感情が見えやすいところもまるで子供のようで、虎にとっては世話をせずにはいられない、何かと気になる相手となります。

一方、虎は人当たりがよく親分肌で、なんでもこなせる器用なタイプ。周囲から信頼されますが自分に厳しいので、ストレスや孤独を抱えがちです。ズカズカと心の中に踏み込まれるのを嫌う虎ですが、猿は見ているだけで明るい気持ちになれる相手なので、いつの間にか笑顔になってしまうでしょう。

お互いに違う性質だからこそかみ合う、そんな2人になれそうです。

動物占い虎と狼の相性

虎と狼の相性は悪くありません。

狼は我が道を行くタイプで、自分の世界を大切にします。人付き合いは苦手ですが、仲間と認めれば深い愛情を注ぎます。誠実で他人を裏切ったり利己的な考え方とは無縁なので、正義感が強い虎にとって信頼できる相手となるでしょう。

一方、虎は派手さはありませんが実直で、気遣いのできる親分肌。狼をフォローし支えることで、狼の懐に入っていけるようになります。一度信頼関係を築いてしまえば、お互いに相手に真っすぐ向き合い誠実なお付き合いができるでしょう。

動物占い虎とチーターの相性

虎とチーターは、相反するからこそ助け合えます。

チーターはスピード感があり、実行力があります。突っ走りやすい性格で、その分失敗も多いでしょう。飽きっぽいところもありますが、恐れを知らずに新しいことへチャレンジします。リスクを避け安全策を取りがちな虎にとって、チーターの勇気やスピーディさに助けられることも多いでしょう。

また、虎は親分肌ですが自分のことを後回しにしてストレスを感じたり、「どうして自分はこんなことをしているのだろう?」と考えこんだりします。そんなとき、明るくサッパリとしたチーターが側にいることで、気分が晴れたり考えがまとまったりもするでしょう。

チーターにとっても堅実で生真面目な虎の存在は、ブレーキ役や調整役として頼りになります。助けを求めれば必ず手を差し伸べてくれる虎は、チーターにとって最後の砦となるでしょう。

動物占い虎と黒ひょうの相性

虎と黒ひょうの相性は、良くもあり悪くもあります。

黒ひょうは注目を浴びるのが好きな目立ちたがり屋。リーダー願望が強く、カッコつける性質があります。プライドが高い点があるため、世話焼きの虎からの干渉を鬱陶しく思う可能性があります。

虎はゆっくりと時間をかけて相手を知りたいタイプなので、黒ひょうの馴れ馴れしさに嫌悪感や警戒心を抱くでしょう。自信家の黒ひょうの振舞いについていけず、そっと距離を置くかもしれません。しかし、1度打ち解けるキッカケさえあれば、お互いに身内を守りたがる性質があるため、尊重しあい大切に思い合える関係になります。

動物占い虎とライオンの相性

虎とライオンの相性は、一定の距離を置けるなら悪くはありません。

ライオンは王様気質でリーダーになりたがります。プライドが高く頑固で、自分こそが正しいと考える傾向があります。一方の虎もリーダー気質で自信家。共通点も多いですが、相違点も多いです。ライオンは他人に厳しく自分に甘いですが、虎は真逆。また、ライオンは強いリーダーシップを発揮してみんなを引っ張って行きますが、虎はバランスを見ながらみんなを後押しします。同じリーダー気質でもかなり内容が違うため、ぶつかり合ってしまうのです。

一定の距離を置き、お互いのやり方を尊重し合えば上手くいきます。近づきすぎると相手のやり方を批判し合う関係となるので、気をつけましょう。

動物占い虎とたぬきの相性

虎とたぬきの関係は良くも悪くもありません。

たぬきは穏やかでおっとりしているタイプ。平和主義者でどんな人にも合わせようとします。虎も揉め事を嫌う温和な性格ですが、誰にも合わせることはなく独立心も強いです。

お互いに能力が高く人付き合いにおいても器用なので、問題を起こすことなく上手くやっていけるでしょう。

動物占い虎とコアラの相性

虎とコアラの相性は、コアラが虎をフォローする形で上手くいきます。

コアラは温厚で損得勘定が得意。穏やかそうに見えて実は競争心が強く、野心家です。物事を冷静にジャッジし常に自分が損をしないよう、計算をしながら動いています。人付き合いにおいては寂しがり屋なのに単独行動が好きという、相反する面を多く持っています。

虎は親分肌でお人よしですが、その分自分のことを後回しにして損をしてしまいがち。他人が損をしないように気配りをするのに、自分のことは放っておいてしまうのです。コアラは洞察力が優れているので、そんな虎のことに気づいてアレコレと口を出したくなってしまいます。口出しされることを嫌う虎ですが理解力が高いため、コアラの言うことが正しいことも理解できるでしょう。コアラが虎にアドバイスすることで、自分も損をしないやり方を見つけ、虎は今よりもっと幸福感が増します。

動物占い虎とゾウの相性

虎とゾウは共通点が多く、分かり合える関係となれます。

両者ともに努力家で忍耐力があり、身内に対して愛情深い性格です。ゾウが縁の下の力持ちなのに対し虎はここぞというときに頼れるリーダータイプ。お互いの相性は悪くありませんので、仕事仲間としても友人としても、長所を生かし合い仲良くなれるでしょう。

しかし、ゾウは繊細で気難しく心配性なところがあります。虎は世話を焼かれることが嫌いな個人主義者なので、アレコレ心配しすぎて干渉してくるゾウを良く思わないときもあります。あまりベッタリした関係にはならない方がよいでしょう。また、ゾウは怒りのポイントが分かりづらく突然爆発するため、感情に流されることのない虎からすれば不可解な存在に映るかもしれません。

動物占い虎とひつじの相性

虎とひつじの関係は、お互いの根本が似ているため上手くいきます。

ひつじは寂しがり屋で温厚な平和主義者。社交的で協調性があり、集団行動が得意です。一方、虎は争いごとを避けたがる温厚な性格ですが、単独行動が得意。他人と近づくことで平和を保つひつじと距離を取ることで揉め事を避ける虎は、行動こそ違えど望むものは同じなため、上手くいくでしょう。

また、お互いに生真面目で正義感が強く、不正や嘘とは無縁なところも、信頼や安心感を抱く要素となります。

動物占い虎とペガサスの相性

虎とペガサスの関係は、あまり良くありません。

ペガサスは究極の自由人で、自分の心の赴くままに生活をしようとします。古い慣習や価値観を嫌い、何物にも縛られません。道徳心や筋の通った生き方を大事に思う虎とは相性が合わず、虎はペガサスを自分勝手、ペガサスは虎を古臭くて不自由と思うでしょう。

適度な距離感を保てば上手くいきますが、近づきすぎるとお互いにストレスが溜まるだけです。なるだけ離れておいた方がお互いのためでしょう。

動物占い虎同士の相性

虎同士の相性は、とても良いです。

虎はリーダーになることが多いですが、自分からリーダーになりたがるタイプではありません。そのため、虎同士でも衝突せず上手くいきます。自分のことを後回しにしたり面倒見が良いあまり余計なトラブルを抱え込んでしまう虎ですが、同じ虎が近くにいることで助け合うことができるでしょう。

まとめ

虎はリーダーとしての素質が十分になりますが、目立ちたがり屋ではなく単独行動を得意とするため、自分からリーダーに立候補するタイプではありません。もしリーダーになったとしてもワンマンタイプではなく、みんなの意見を取り入れて計画を練り、誰かが損したり得したりしないよう気を配ります。みんなを引っ張るというよりは、みんなを後押しするタイプのどっしり構えたリーダーとなるでしょう。

虎は温厚で誠実、そして親分肌。さらに冷静かつ公平なので、周囲の人から嫌われにくいです。自分に自信があり余裕があるため、他人の意見を必要としないところがあります。頑固に思われることもありますが、虎は「自分が納得いくか否か」がすべての判断基準なので、他人の評価はまったく気にしません。

優しく人望がある虎ですが、他人を優先させすぎて自分を後回しにしたり、お人よしなので余計なトラブルを抱えることもあります。問題を1人で抱え込んでしまう癖もあるため、もっと自分を労わることを覚えましょう。いつも優しく人望のある虎ですから、助けてくれる人はいるはずです。自分だけでなく周囲の人のことももっと信頼し、負担をお願いしても問題ありませんよ。

コメント