【無料・動物占い】ゾウの性格・2021年の運勢や恋愛・仕事・適職

【無料・動物占い】ゾウの性格・2021年の運勢や恋愛・仕事・適職

ゾウは群れで生き、おっとりさんに見えて実は力強い性質を持っています。では、動物占いのゾウは、どんな性格なのでしょうか?男女別、血液型別、そしてカラー別の基本的な性格から、相性、2021年の課題までまとめました。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

動物占いゾウの2021年の運勢・流れ

ゾウにとって、2021年は力を貯めておくとき。興味のあることを追求することで、新たな分野への可能性が広がるかもしれません。資格を取得するのにも向いているタイミングなので、この機会に考えてみてもよいでしょう。

特に大きな変化は訪れる兆しはありませんが、前半は穏やかでも後半はバタバタしてしまいそう。人付き合いで精神的にも肉体的にも疲労が溜まる可能性が高いので、健康面にはしっかり気を配ってください。終わってみれば実りを感じられる1年となるため、実力をつけ交友関係を広げておくと来年以降の飛躍が期待できますよ。

動物占いゾウの基本的な性格9つ

1.職人気質

ゾウの性格を言い表すのに使われる言葉の1つに「職人気質」があります。最大の特徴といっても過言ではないでしょう。

ゾウは生真面目で実直、そして手先が器用。さらに、自分の信念を曲げないタイプです。ゾウはおっとりとした穏やかな印象を持たれがちですが、中身は昭和の頑固おやじや職人気質で間違いないでしょう。人当たりが良く人付き合いが上手なので、一見すると職人気質とは思えませんが、付き合いが深まるうちにギャップに気づかれることも多いです。

派手に成功をアピールするタイプではありませんが、その分、周囲からは信頼を得ます。頼りにされることも多く、ゾウ自身、頼られることを嬉しく思いより一層自分を高めていくでしょう。

2.忍耐力がある努力家

ゾウは、コツコツと頑張る努力家です。多少のことがあってもヘコたれず、1歩1歩着実に歩みを進め、時間をかけてでも目標地点に到達します。それは、ゾウが類いまれな忍耐力を持っているから。地味ですが大切な能力をしっかり発揮できるため、長期のプロジェクトや受験勉強などで成果をあげられます。

さらに、ゾウは計画性があり、目標を定めたら綿密な計画を立てます。チェックポイントをいくつも用意し日々努力することで、自分の計画通りに事を運ぼうとするのです。周囲からは「すごいね」「よく続けられるね」と言われても、ゾウ本人は「目的地に行きたいなら計画を立ててその通りにするのは当たり前でしょ?」と思っています。ゾウにとって、地道にコツコツ努力をすることは苦ではなく、当然のことなのでしょう。

3.協調性があり面倒見が良い

ゾウは協調性が高く、集団の中で生きるのに適しています。群れたがりではありませんが、社会性を重んじ自分を律することができるのです。ただし、自分を律すると同じように相手にも同レベルを求めます。普通なら「厳しい人」「細かい人」と敬遠されますが、ゾウの場合は顔に出さないため周囲には気付かれにくく、結果、ゾウの中でストレスが溜まる一方となるでしょう。

また、ゾウは面倒見が良い親分肌で、困っている人がいないかいつも気を配っています。自分が繊細なため周囲の人の機微に敏く、問題解決だけでなく精神的な癒しとしても多くの人に求められ慕われる傾向があります。

4.繊細で心配性

ゾウはおっとりしていてのんびり屋のイメージがありますが、実は心配性で繊細。傷つきやすく細かいところに気がつくため、他人対して細やかな気配りができる反面、ストレスが溜まりやすいです。「悪い方向へ進んでいったらどうしよう」「本当にこれで正しいの?」と心配して夜も眠れなくなってしまうことも少なくありません。

ゾウは、その細やかさや忍耐力、努力などで自分を安心させています。心配性で繊細な心を持っているからこそ、しっかり計画を立てて持続的に努力を続けないと不安なのでしょう。そんなゾウの胸の内を知らない周囲からは「実直な努力家」「細かいことも得意」と能力を買われますが、そのことがさらにゾウの神経をすり減らすことも多いです。

5.キレると怖い

おっとりのんびりしているイメージがある野生のゾウですが、腕力と体重、そして激しい気性を持っています。その気の荒さは肉食動物を蹴散らすほどで、人間を襲うこともあります。長い鼻を使って草を食んでいる様子からは想像できませんよね。動物占いのゾウも、普段の穏やかさからは想像できないほどの気性の激しさを持っています。

機嫌を損ねたら最後、怒ったゾウは誰も手がつけられません。怒りが解けるには時間がかかるため、誰もがゾウの様子をうかがいながら過ごすこととなるでしょう。しかも突然怒り出す上に普段とのギャップが激しいため、周囲からは腫れもの扱いされることもしばしばです。

6.堂々としていて我が道を行く

ゾウは神経質で繊細な性格をしているのに、どこか堂々とした雰囲気を漂わせています。若いのに貫禄があったり落ち着いていたりと、周囲からは一目置かれる存在の人も多いでしょう。

また、ゾウは自分で考え納得したことを最優先させ、他の人の意見を取り入れることはまれです。繊細で心配性ですが自信がないわけではなく、心配性だからこそ自分の考えに忠実に動きたがるといってよいでしょう。自分の立てた計画を曲げずに実行する姿は、ときに頑固で融通が利かないと思われることもあります。しかし、その堂々とした振舞いが周囲に安心感を与え士気を高めるのも事実です。リーダーとしての能力が高く、本人にその気がなくても祭り上げられることもしばしばです。

7.1つのことに集中しやすい

ゾウはストイックな努力家で忍耐力があります。そのため、あれこれと手を出したりマルチタスクをこなすより、1つのことを時間をかけて極めていくのが向いています。仕事でも趣味でも、気に入った事柄を掘り下げ、いつの間にかその世界のトップクラスにいることもあるでしょう。

そんなゾウの人生にとって、「好きなことを見つけられるか否か」が重要なカギとなります。ライフワークともいえる趣味や仕事に出会えれば、人生が一気に豊かになるでしょう。内向的であちこちに顔を出すのが苦手なゾウですが、ぜひ自分に合ったものを見つけてください。高い集中力と忍耐力を持つゾウですから、幸福を感じることができるでしょう。

8.束縛したがりの束縛嫌い

ゾウは協調性があり誰とも上手くやっていけますが、あまり本心を見せたがりません。プライドが高く弱みを見せたくないため、他人との間に一線を引きたがるのです。知り合いの数は多くても本音で話せる友人は少ないでしょう。

また、ゾウは仲良くなった相手に対しては束縛をしたがるといった一面も持っています。友人でも恋人でも、自分を最優先させないと拗ねたり傷ついたりするでしょう。かといって、自分は相手に束縛されるのを嫌い、自分の世界に浸りたがります。少々ワガママで難しい性格ですが、寛大な心を持った相手や束縛を気にしない相手となら上手くいくかもしれませんね。

9.プライド高く頑固

穏やかで緩そうに見えるゾウですが、実はプライドが高く自分の考えに確固たる自信を持っています。批判や否定をされるとそれまでの努力をバカにされたと感じ、猛然と怒り出すか殻に閉じこもって相手を一生許しません。表面上は穏やかに過ごすこともありますが、心の中では激しい憎悪の炎を燃やしています。

ゾウは過去の体験から未来を予想し計画を立てることが得意で、その通りに動こうとします。ゾウが自分の考えで動いているときに横から口を出すと、例えアドバイスや親切心であっても怒らせることが多いため、気をつけましょう。とても繊細で気難しいところがあるのも、ゾウの大きな特徴なのです。

動物占いゾウの男性の性格

ゾウの男性は、基本的に一本気。目標を定めたら真っすぐに突き進み、力業も合わせながら周囲に根回しをして、最終的には成功を収めるでしょう。忍耐力があり努力家で、一度決めたことは最後までやり遂げます。ただし、世の中には上手くいかないことや途中でダメになることもあります。ゾウの男性はそんなときにも諦めようとしないので、周囲から「いい加減に現実を見ろ」と怒られてしまうこともあるでしょう。

また、ゾウの男性は洞察力があり、危ない橋には近寄りません。失敗を嫌うため計算高く、長いものに巻かれるタイプ。反面、気が短く派手にキレてしまい失敗することも多いです。

動物占いゾウの女性の性格

ゾウの女性は、おおらかで前向きな努力家。「頑張れば何とかなる」をモットーに、しっかりと計画を立てて目標へと向かいます。最初から無理なことはせず、しっかりと着実に成功体験を重ねる堅実家で、周囲からの人望も厚いでしょう。

穏やかでおっとりとしているのに、怒らせると怖いのがゾウの女性です。温厚で愛情深く、「〇〇さんって怒ることあるんですか?」と聞かれるほどなのに、怒ると誰も手がつけられず恐怖におののいてしまうでしょう。普段は面倒見の良いお母さんタイプなだけに、そのギャップから恐れられます。基本的には優しく繊細な女性なので、約束を破ったり不用意な発言で傷つけない限り、怒られることはないでしょう。

動物占いゾウと血液型別の特徴・性格

動物占いゾウ×A型の特徴

真面目で穏やか

動物占いゾウ×A型は穏やかで協調性があるゾウグループの中でも、その特徴がもっとも顕著。ゆったりとしていて落ち着いた雰囲気があり、自然と周囲から頼られる人です。コツコツと真面目に努力を続けることができ、時間がかかっても目標を達成することができるでしょう。

打たれ弱い

心配性で繊細な動物占いゾウ×A型は、傷つくとなかなか立ち直れないという短所があります。自信家ではないのでいつも不安がつきまとい、周囲の人に「大丈夫」といって欲しくてたまらないのが本音。よき理解者や応援者を得ることで、のびのびと能力を発揮できるでしょう。

よく気がつく性格だからこそ細かいところまで心配してしまい、あれこれと考えているうちに自信がなくなり失敗するケースもあります。「案ずるより産むが易し」の精神で突き進む強さが身につけば、より目標達成率が上がりますよ。

動物占いゾウ×B型の特徴

純粋で努力家

動物占いゾウ×B型は「頑張ればなんとかなる」を信じる純粋な努力家です。負けず嫌いで有言実行タイプなので、一度決めたらてこでも動かず、困難に襲われてもびくともしないでしょう。その粘り強さは吉と出ることもありますが凶となることもあります。

スタンドプレイが目立つ

直感を信じたり早とちりで動きやすいのも、動物占いゾウ×B型の特徴です。結果失敗を読んでしまい顰蹙を買ったり、自分の立場を危うくすることもあるでしょう。傷つきやすくヘコたれやすいゾウグループの中では珍しく、動物占いゾウ×B型は打たれ強く、すぐに復活します。しかし、前回の失敗を忘れて同じことをしてしまうことも……。失敗を生かし成長することを覚えれば、持ち前の忍耐力や誠実さで大きな成果を成し得ることができるでしょう。

動物占いゾウ×O型の特徴

正直者でハッキリしている

動物占いゾウ×O型は、正直すぎるところがあります。自分の感情に素直で敵と味方を区別することがあり、味方には優しいですが敵には厳しく接するでしょう。損得勘定は苦手ではありませんが、感情に正直すぎて問題発言も多いです。場を凍りつかせる余計な一言を発して顰蹙を買うこともあるでしょう。

生来のリーダータイプ

おおらかで面倒見が良く、自然とリーダーポジションに収まるのが、動物占いゾウ×O型の特徴です。人見知りしない上に本人もリーダー願望が強いため、仕切りたがり屋の一面も。自己中心的なところもありますが、他人に厳しい分自分にも厳しいため、信頼は厚いでしょう。

動物占いゾウ×AB型の特徴

自分の直感に自信がある

自信家な上に自分本位なところがある動物占いゾウ×AB型は、直感を信じてスタンドプレイに走りがち。もちろん、自分の力量はきちんと分かっているため、失敗しそうなことには手を出しませんが、周囲からは「自分勝手な行動」「先に相談して欲しい」と不満が出ることもあります。しかし、動物占いゾウ×AB型は頭が良くソツなく根回しができるので、最終的には許されてしまうことが多く、敵を作りづらい傾向があります。

気遣いと器用さで世を渡る

動物占いゾウ×AB型は、気遣いが上手です。キッパリハッキリと物を言うため疎まれることがありますが、落ち込んでいる人を励ましたり優しく包み込む包容力があり、後輩や部下から慕われることも多いでしょう。また、自分の本音を他人に明かさずソツなく人間関係をこなすため、ボロが出にくく世渡りが上手です。

動物占いゾウの恋愛

おっとりした印象を持たれがちなゾウですが、恋愛に関しては押しの一手。実直に、真っすぐに相手にアプローチをします。

ゾウは繊細で周囲を良く見ています。洞察力に優れているため、すぐに誰かを好きになったりはしません。優しく堂々としているためモテますが、ゾウ本人は慎重派で、長く友人づきあいをしてから恋愛感情が芽生えるタイプです。

一度決めたら譲らないゾウですから、好きな相手には真っすぐに向き合います。といっても闇雲に誘うだけでなく、周囲の人に協力をお願いするなどの根回しも含めて、全力を注ぐのです。実直なゾウは、浮気や不貞とは無縁でしょう。愛情深く頼りがいのあるパートナーとして、相手としっかりした関係を築きます。

ただし、ゾウは相手を束縛したいのに自分は束縛されたくないといった、少々厄介な心理の持ち主。広い心で合わせるか上手くかわせる相手でないと、長続きは難しいかもしれませんね。

動物占いゾウの仕事・適職

ゾウの特性としてあげられる忍耐強さは、仕事面でも生きてきます。長期のプロフェクトや単調な作業でも難なくこなし、職場の人間関係においても、目立つことはないものの堂々とした振舞いと気遣いの上手さで安心感を与えるタイプ。リーダーポジションにいなくても頼りにされるため、影のリーダーとなり計画を立てて周囲を導くこともあります。口下手で内向的な人が多いため取り立てられることはありませんが、成果が目に見える職種なら、上役の覚えも良くなります。

また、ゾウは仕事面では完璧主義者。妥協という言葉はなく、ミスの1つも許さない意識の高さがあります。そのため、周囲から信頼され仕事を任されることが多く、実は繊細で心配性はゾウはストレスを溜めることもあるでしょう。

ゾウの適職は、打ち込める分野。ゾウは職人気質なので、夢中になれる分野を見つければよい結果を得られます。集団行動も得意ですがペースを乱されるのは嫌うので、スタンドプレイを要求される研究職や医療職などがよいでしょう。

動物占いゾウの種類・色

動物占いは12種類の動物に分けられますが、さらに色別に分けて60種類となります。ゾウのカラーは4種類。それぞれの特徴を見ていきましょう。

グリーン

正義感が強い

ゾウのグリーンは正義感が強く曲がったことが大嫌い。不正をしている人を見つければ、相手が誰であろうと猛然と追求します。自身も筋の通った生き方をするため、他人からの信頼は厚いでしょう。

自分の信念を曲げず他人の意見を聞き入れないため、独りよがりになることもあります。いくら周囲から信頼を得たところで、頑固すぎると敬遠されます。少し柔軟な姿勢を持つようにしましょ

知的探求心が強く凝り性

ゾウのグリーンは知的探求心が強く、1つのことに集中します。忍耐力があり凝り性でもあるので、夢中になったものを究めようとする職人のようなところがあります。妥協や甘えは許さず、自分が納得のいくまでこだわります。

そのため、仕事面では研究や開発などが向いています。時間はかかりますが一定の成果をあげることができ、楽しみながら仕事ができるでしょう。

イエロー

合理的でスピーディ

ゾウのイエローは、合理的に物事を考え、スピーディに実行する気質があります。1度決めたことを最後までやり遂げる芯の強さもあり、信頼を得るでしょう。

また、ゾウのイエローには白黒ハッキリさせたがりで、短気な一面も。周囲がついていけなくなって、孤立することもあります。ストレスを溜めやすい性格なので、適度に発散することが大切です。

プライドが高く弱みを見せない

ゾウのイエローは、「リーダーとなるゾウ」と呼ばれるとおり、根っからのリーダータイプ。ストイックな性格で、自分にも他人にも厳しいです。頭の回転が早く計画を立てるのが得意で、さらに決断力があるため人を導く立場になることが多いでしょう。

プライドが高く努力する姿を見せたがらないばかりか、ストイックすぎて痛々しく見えることもあるほどひたむきな努力をします。弱音を吐くことは苦手とするゾウのイエローですが、愚痴を言ったりしてストレス発散できるようにならないと、精神的に潰れてしまいますよ。

ゴールド

自己犠牲を厭わない平和主義者

ゾウのゴールドは思いやりに溢れた性格で、揉め事が大嫌い。他人の立場に立って考えることができるため、人から好かれ頼られるでしょう。

優しいのは素晴らしいことですが、他人に感情移入しすぎる癖があります。悩んでいる本人よりゾウのゴールドの方が考え込んでしまうなんてことも。自分より他人を優先させやすいので、少しくらいは自分本位になってもよいのではないでしょうか。

芯が強い

ゾウのゴールドは「まっしぐらに突き進むゾウ」と呼ばれるように、決めたことを最後までやり通す芯の強さがあります。周囲から何を言われても考えを曲げず、途中で諦めることもなくまっすぐに突き進んでしまうのです。美点でもありますが、頑固ともいえるでしょう。

争いごとを好まないゾウのゴールドですが、自分の考えに口を出されると本気で怒り、殻に閉じこもってしまう性質です。柔軟な姿勢を取り入れることを覚えましょう。

シルバー

理想が高く完璧主義者

シルバーのゾウは自信家でプライドが高いです。「自分ならできる」と思っているからこそ理想から外れることが許せず、自分を追い込んでしまう完璧主義者。実際に能力が高い人も多いのですが、上手くいかなくなると落ち込んでなかなか浮上でないという、打たれ弱いところがあります。

また、ゾウのシルバーは自分にだけでなく他人にも理想や完璧を求めます。ストイックすぎて鬱陶しがられることもあるでしょう。自分のことだけに集中した方が、精神衛生上良いようです。

感情が顔に出やすい

「デリケートなゾウ」と呼ばれるように、ゾウのシルバーは繊細で感情が表に出やすいです。ゾウグループは感情を押し込めるタイプが多い中、ゾウのシルバーは本音をさらっと口にするため分かりやすく、口に出さない場合でも表情に表れるので読み取りやすいでしょう。

とても繊細なので周囲からは分かりやすい反面、取り扱いに注意が必要と思われる傾向があります。しかし、繊細だからこそ他人の機微にも敏く、さりげない気遣いが得意。人の気持ちがよく分かる、優しい性格なのです。

動物占いゾウの主な芸能人・有名人

グリーン(人気者のゾウ)

松任谷由実(1954年1月19日生まれ)
伊集院光(1967年11月7日生まれ)
吉田羊(1974年2月3日生まれ)
池松壮亮(1990年7月9日生まれ)
剛力彩芽(1992年8月27日生まれ)

イエロー(リーダーとなるゾウ)

石原慎太郎(1932年9月30日生まれ)
陣内智則(1974年2月22日生まれ)
吉瀬美智子(1975年2月17日生まれ)
ローラ(1990年3月30日生まれ)
山崎賢人(1994年9月7日生まれ)
生駒里奈(1995年12月29日生まれ)

ゴールド(まっしぐらに突き進むゾウ)

LiLiCo(1970年11月16日生まれ)
木村多江(1971年3月16日生まれ)
谷原章介(1972年7月8日生まれ)
DAIGO(1978年4月8日生まれ)
山田優(1984年7月5日生まれ)
神木隆之介(1993年5月19日生まれ)

シルバー(デリケートなゾウ)

吉永小百合(1945年3月13日生まれ)
田中直樹【ココリコ】(1971年4月26日生まれ)
中居正広(1972年8月18日生まれ)
篠原涼子(1973年8月13日生まれ)
前田敦子(1991年7月10日生まれ)

動物占いゾウの相性

協調性に優れ優しく気遣いができるゾウは、たいていの相手と上手くやっていけます。きちんとした人柄で老若男女に好かれるでしょう。

ただし、口下手なところがあり内向的なので、自分から交友関係を広げようとすることはまれ。しかし排他的ではなく、仲間に対しては深い愛情を注ぐ人情派です。反面、自分の考えを曲げることがなく、許せないと感じたら突如として怒り出す気性の激しさも持っているため、取り扱い注意の人物かもしれませんね。

動物占いゾウとこじかの相性

ゾウとこじかの相性は、こじかがゾウを頼り甘えることで上手くいきます。

ゾウは面倒見が良い親分肌。対して、こじかは甘えん坊で寂しがり屋な上、誰かに頼りたいタイプです。ゾウがこじかの面倒を見て、「自分がいないとダメだな」と思えるようなら上手くいくでしょう。

しかし、仲が深まるにつれ、こじかは相手に対してワガママになります。相手の愛情を試す行為でもあり、ゾウがそんなこじかに呆れてしまう可能性もあるでしょう。また、こじかは自立心が薄く誰かに頼りっきりの人生を希望するところがあるため、ゾウが「理解できない」と感じれば離れてしまう可能性もあります。軽い友人程度のお付き合いがもっとも揉めずに済むでしょう。

動物占いゾウと猿の相性

ゾウと猿の相性は、お互いの短所を許し合うことで上手くいきます。

ゾウは繊細で実直ですが、気難しいところがあります。心配性な上に他人に厳しく、普段はそれを表に出さない分だけストレスを溜めてしまうのです。猿は明るくポジティブで、少しいい加減なところがあります。仕事上の付き合いでは、猿のいい加減さや忘れっぽさにゾウがイライラしてしまいます。猿は指摘や注意されるとヘソを曲げてしまいますが根が単純なので、ゾウが上手く猿をおだてて手のひらで転がすことが大切です。

また、猿は愛嬌があり周囲を楽しませるのが得意。相手の気持ちを読むのが上手なので、ゾウが言葉を発しなくても上手く誘導してくれます。どちらかといえば内向的なゾウをリードし、同じ時間を楽しく過ごさせてくれるでしょう。ただし、恋愛関係では束縛したいゾウと自由にしたい猿では上手くいきません。

動物占いゾウと狼の相性

ゾウと狼は、似た者同士です。

ゾウは優しい性格で面倒見が良く、実直な性格です。狼もゾウと同じく職人気質で口下手ですが、実は仲間思いという一面を持っています。ゾウと狼の違いは、協調性の有無や根回しの上手さだけでしょう。

お互いに誠実で自分の信念を大事にし、口下手でおとなしいという共通点があるため、よき理解者となるでしょう。特に、人付き合いが苦手で孤立しがちな狼にとって、ゾウの人当たりの良さは救いとなることが多々あります。ゾウは面倒見がよく頼られると嬉しいため、狼のフォローをすることを喜びとし、信頼関係で結ばれた付き合いができるでしょう。

ただし、ゾウも狼も自分の世界を大事にしています。べったりとした関係ではなく、お互いを尊重しあえる距離感でお付き合いするとよいでしょう。

動物占いゾウとチーターの相性

ゾウとチーターは、正反対の性格を持っています。

ゾウが慎重派で計画性重視なのに対し、チーターは思い立ったら即行動する感情優先タイプ。また、ゾウは忍耐力がありコツコツ努力することを厭わないのに対し、チーターは持続力がなく飽き性です。そのため、仕事面では正反対画ゆえにぶつかり合うこともあるでしょう。しかし、ゾウはチーターの行動力に、チーターはゾウの堅実さに尊敬や憧れを抱き、尊敬し合える関係です。長所を生かし合うことができれば、とても良いビジネスパートナーとなれるでしょう。
プライベートでは、世話を焼き束縛したいゾウと打たれ弱く癒されたいチーターは、非常に相性が良いです。お互いに長所を生かし短所を補い合える、役割分担のハッキリした付き合いとなるでしょう。

動物占いゾウと黒ひょうの相性

ゾウと黒ひょうは、お互いにプラスになる良い相性です。

黒ひょうはプライドが高く見栄っ張り。自信家でいつでもスマートで華々しくいたいと思っています。人当たりが良くリーダー気質で、内向的でおだやかなゾウをリードしてくれるでしょう。仕事関係では、ゾウが黒ひょうを支えることで上手く回ります。

プライベートでも、黒ひょうの「求められたい」願望が、ゾウの束縛心や嫉妬心と上手くかみ合い、良い関係を築けるでしょう。友達でもカップルでも上手くいく相性で、ベストパートナーとなれます。

動物占いゾウとライオンの相性

ゾウとライオンの相性は、似た者同士ですが喧嘩は派手です。

ゾウもライオンも、我が道を行く性格です。しっかり者で浮ついたところがなく、面倒見の良いリーダータイプといえるでしょう。向上心もプライドも高いのでお互いに良き理解者となり高め合えますが、傍若無人なところがあるライオンに対し、ゾウが突然キレることも多いです。ライオンは繊細な心の持ち主なので、ゾウを怒らせてしまうとどうしようもなくなり、そのまま疎遠になってしまうこともあるでしょう。

プライドが高い性質同士なので、怒りのままに怒鳴り合うこともあり、上手くいくときとそうでないときの差が激しいです。ゾウが優しい心でライオンを包み込んであげるか、ライオンがゾウの指摘を素直に聞けば末永くお付き合いできますが、なかなか難しいでしょう。

動物占いゾウと虎の相性

ゾウと虎の相性は、心地よい時間を共有できる間柄となります。

ゾウも虎も堅実で穏やかな性格です。堂々としているところや、真面目な努力家なところも似ています。しかし、プライドが高いところも一緒なので、一度喧嘩をすると長引くかもしれません。

また、虎はスピーディに物事を進め、他人との距離の詰め方も素早いです。おっとりしていて内向的なゾウは、そんな虎に驚いてしまうでしょう。しかし、一度打ち解けてしまえば互いの共通点が多いこともあって、心地よい関係を築くことができるでしょう。

動物占いゾウとたぬきの相性

ゾウとたぬきの相性は、たぬきがゾウを支えてくれます。

たぬきは思いやりに溢れ、愛情深い性格です。ゾウの繊細さをフォローし、優しく包み込んでくれるでしょう。両者ともにアクティブではないため時間はかかりますが、たぬきの優しさや穏やかさはゾウに安心感を与えて、ゾウの信頼を得ます。たぬきも、ゾウの堅実さや人当たりの良さに惹かれ、良い関係を築けるでしょう。

ただし、お互いに負けず嫌いなので、一度揉めてしまうと仲直りに時間がかかります。ですが、怒りを収めるのが苦手なゾウに対したぬきは良い意味で忘れっぽいので、最終的には仲直りできるでしょう。

動物占いゾウとコアラの相性

ゾウとコアラは、仲良くなるまでに時間がかかります。

ゾウは慎重派で気難しいところがあります。協調性は高いですが、すぐに相手を信用することはありません。コアラも相手をよく見てから仲良くなろうとするため、距離を縮めるには長い時間を要するでしょう。ただし、仲良くなればお互いの気遣いや穏やかさによって、時間をかけて確かな関係を深めることができます。

ただし、ゾウが束縛したがるのに対し、コアラは奔放に生きたいタイプ。計算高く冷静な視点を持つコアラが「これ以上一緒にいても良いことはない」と判断したら、友達であれカップルであれ、2人の関係は終わるでしょう。

動物占いゾウとペガサスの相性

ゾウとペガサスの相性は、残念ながら良くありません。

たいていの人と上手くやっていけるゾウですが、ペガサスとだけは上手くやることができません。というのも、ペガサスは究極の自由人。自分の感情を最優先し、他人の評価や感情に無頓着なので、堅実で計画性を重視するゾウにとっては理解できない要素しか持ち合わせていないのです。

ゾウは協調性を大事にし1つのことに集中するタイプなので、空を飛ぶように自由にあちこちへ行ってしまうペガサスと合わないのは当然でしょう。ゾウはペガサスに苛立ちを、ペガサスはゾウに不自由さを感じ、お互いに拒絶する関係となります。恋人としても相性は悪く、別世界に生きているような相手に息苦しさを感じ合う関係となります。

動物占いゾウとひつじの相性

ゾウとひつじは、共通点が多く良い関係を築けます。

ひつじは生真面目で頑固な学級委員長タイプ。協調性がありますが礼儀を重んじるがあまり、他人とすぐに打ち解けることはありません。本音を出すことはほとんどなく、表面上でしか他人と付き合えない性質と言ってもよいでしょう。

対するゾウも、堅実で協調性があり、人を簡単に信用しません。他にも気配り上手で粘り強い点など多くの共通点があるため、時間はかかりますが安心できる関係を築けるでしょう。

動物占いゾウ同士の相性

ゾウ同士の相性は、仕事面では良いですがプライベートではあまり良くありません。

ゾウは1つのことに打ち込みたい職人気質で、協調性はありますが傷つきやすく繊細。ゾウ同士ならそんな心理を理解し合え、尊重し合うことができます。

ただし、恋人や友人関係となると、束縛したいのにされたくないゾウ同士は上手くいきません。怒りのスイッチが急に入るところも似ているため、派手な喧嘩が多くなり、距離が出来てしまうでしょう。

まとめ

協調性があり物静かなゾウは、目立たないものの周囲から頼りにされ好かれるタイプ。コツコツと努力し能力も高いので、縁の下の力持ちとして重宝されることが多いでしょう。

普段はおっとりしていて心優しいゾウですが、怒ったときには手が付けられないほどの激しさを見せます。子供を狙われて怒り狂いライオンの群れを蹴散らす、野生のゾウと同じですね。また、デリケートなハートの持ち主なので、周囲の人と軋轢を生むこともあるでしょう。

ゾウの持ち味は、何よりその誠実さと芯の強さです。頑固すぎるレベルではいけませんが、そうでなければ、その正しさと強さはゾウ最大の魅力となるでしょう。怒りや落ち込みをコントロールし柔軟さを得ることで、今よりもっと輝く未来が待っていますよ。

コメント