当サイトには広告が含まれます。
CBDは効果ない?CBDグミやリキッド等が効果なしの原因・理由や対処法を解説!

CBDは効果ない?CBDグミやリキッド等が効果なしの原因・理由や対処法を解説!

リラックスやストレス・睡眠などに役立つCBDは国内外で注目されているのですが、一方で効果ない・効果を感じないという方もいるようです。

そこで今回は、なぜCBDの効果を感じないという人がいるのか?ということを原因・理由や対処法までお伝えしていきます。

CBDを買って試してみたけれど効果ないという状況になってしまった方は、参考にしてみてください。

監修者
和泉 さがみ
和泉 さがみ
管理栄養士

病院勤務を5年経て、現在は福祉施設で18年管理栄養士として勤務しています。常に新しい情報を得るように研修等にも積極的に参加しています。みなさんが健康に過ごすことができるよう、正しい情報をお届けできたらと思います。

監修者の詳細

CBDとは?どのような効果があるの?

日々のストレスや疲労感を癒やしたいときにはどのようなことをしていますか?自分なりにどうにかストレス発散をしたり、休息を取るようにしても思いの外スッキリしないということもあると思います。

そのようなときに海外やスポーツ選手のなかでも注目されているのが「CBD」です。

CBDは麻・大麻草などに含まれるカンナビジオールの略称で、リラックス効果やストレスの緩和などに役立ってくれます。

CBDリキッド・CBDオイルやCBDグミなど様々な方法で摂取することができて、イライラやストレスを感じるようになってきたときに役立ってくれます。

CBDは効果ないと知恵袋などで言われている?

リラックス効果・ストレス緩和や睡眠に役立つと言われているCBDですが、一方で効果がないと口コミをされている方も居ます。

dohさん 2020/10/27 10:47 2回答

CBDって効果ないんですかね?
精神的に不安定になる事が多く、知人にCBDを勧められました。
ネットで見ると良さそうだったので使ってみましたが、あまり効果がない様に感じます。
今使ってるCBDが良くないのか、そもそも効果がないのか分かりませんが、詳しい人がいたら聞きたいです。
回答よろしくお願いします。

出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

なぜ、このようにCBDには効果ないという人がいるのでしょうか。

そこで今回は効果があることで人気になっている反面、効果がないと感じてしまう方がいる理由・原因や対処法についてをご紹介していきます。

CBDは効果ない?効果なしになる原因・理由

どうしてCBDが効果ないという状況になってしまうのか原因・理由をご紹介していきます。もしかすると簡単なことを変えてあげることで、効果を感じられるようになるかもしれません。

体質・体格などにCBD濃度が合っていない

CBDグミやCBDオイルなどは摂取する製品によって濃度が違います。その製品にどれくらいの濃度でCBDが含まれているのか確認して購入するようにしてください。

同じ濃度でも効果がある・効果がない人がいます。体質や体格などに合わせて、適切なCBD濃度のものを選ぶようにしましょう。

初心者の方が濃度が薄いものから試す・高濃度の場合は少量から試してみるようにしてください。思わぬ反応が起こる可能性もあるので、リスクのない程度に摂取するようにしてみるのがおすすめです。

摂取量が少ない

お酒を飲むときに同じ度数でも酔う・酔わないがあるように、同じ濃度でも効果がある・ないがあります。

初めて摂取するときは少量からはじめて、徐々に摂取する量を増やして適量を探してみるようにしてください。摂取量が少ないことで効果ないと感じてしまうこともあります。

間違えた摂取方法・使用方法をしている

CBDをどのように摂取するのかによって正しい摂取方法や使用方法は異なりますが、それぞれ効果的な使い方があります。

また、使用するタイミングなどによって効果が感じられないこともあります。

例えばCBDグミですと、すぐに噛んで飲み込んでしまうのではなくじっくりと口の中で溶かして食べると良いそうです。さらに、舌の裏に入れてゆっくり溶かしてあげると吸収力が高くなるのだそうです。

継続することで慣れてきてしまった

CBDを初めて摂取してからしばらくは少量でも効果が感じられたのに、徐々に効果が感じられなくなってくることもあるようです。

少しずつ量を増やしたり、別の製品や摂取方法を試すことによって変化を感じられることもあります。

使用している製品が粗悪品だった

きちんとしたメーカーのCBDを購入していないと、粗悪品のために表示されているだけのCBD濃度ではないこともあるようです。摂取していると思っていた濃度よりも薄いCBDを摂取していることで、効果がないという結果になってしまうことがあります。

CBDを摂取する必要がない状態である

リラックスやストレスに役立つCBDですが、現状それを必要としていない状態の方がCBDを摂取しても変化がないことがあるようです。

もしくは、タイミングによって必要のないタイミングであったということも考えられます。

飲むタイミングを変えてみたり、必要なときに摂取してみたりすることを試してみてください。

CBDが効果ないときの対処法

もしもCBDを摂取したときに効果がないという状況になったときに、どうすれば効果を感じられるようになるのか?ということをご紹介いたします。

摂取量を少しずつ増やす

はじめてCBDを摂取するときは副作用などのリスクを考えて少量からの摂取がすすめられています。ですが、体質・体格などで適量が異なります。

なので、少量で効果が感じられなかったときは少しずつ量を増やしてみてください。いきなり量を増やしたり、高濃度のCBDを摂取したりすると体調が変化してしまうこともあるので注意してください。

摂取する製品を変えてみる

  • CBDグミ
  • CBDキャンディ
  • CBDチョコレート
  • CBDクッキー
  • CBDリキッド・VAPE
  • CBDオイル

このようにCBDは様々な摂取・使用方法があります。食べ物で摂取したり、電子タバコや化粧品なども販売されています。

どのように摂取するかによって効果が変わることもあります。なかなか変化がない場合は摂取する製品を別のものに変えてみることも試してみてください。

一時的に使用を中止して再開する

長くCBDの摂取を続けていることで慣れてしまうこともあるようです。濃度を変えたり摂取する種類などを変えたりしても効果が感じられないときは、一時的に摂取をお休みしてみてください。

しばらくお休みしてみて、もう一度摂取してみると変化を感じられることもあります。

一定期間つづけても変化がない時は止める

色々試してみても効果が感じられないということは、もしかすると現状はCBDが必要のない状態の可能性もあります。もしくは、CBDを摂取すること以外に原因があるのかもしれません。

一定期間使い続けてみても変化がないときは、使用を中止してみるのがおすすめです。

CBD VAPEは効果ない?

電子タバコとも呼ばれるVAPEはニコチンやタールを含まない水蒸気を吸い込むもので、CBDを含んだワックスやリキッドを使用することになります。

VAPEで効果を感じられないという方は、使用するリキッドやワックスの濃度を変えてみるのがおすすめです。

CBDリキッドは効果ない?

電子タバコを使い気化させてCBDを吸うことができるのがCBDリキッドです。様々なフレーバーを繰り返し楽しむことができるのですが、CBDワックスと比較すると濃度が高くないこともあるようです。

CBDリキッドでなかなか変化を感じないというときは、確かな品質の濃度が高いものに変えてみることを試してみてください。

CBDワックスは効果ない?

麻そのものを凝縮して製作されたのがCBDワックスです。そのため、CBDの濃度が30~90%と高濃度であるという特徴があります。

VAPEに使用するリキッドに溶かす、専用ヴェポライザーで溶かして使用するという方法になります。

高濃度のものなのでCBDワックスを使用して効果が感じられない場合は

  • 製品が粗悪品だった
  • 濃度が低いものを選んでしまっている
  • 使い方が間違えている
  • CBDが必要ない状態だった

このようなことが考えられます。

CBDワックスを購入する際はメーカー選びなどにもこだわり、自分に合う濃度のものを選ぶようにしてみてください。そして、正しい使い方で使い続けてみてください。

それでも変化が感じられないときは、もしかするとCBDが必要のない状態、もしくはCBDワックスを使用する以外のところに原因がある可能性が考えられます。

CBDグミは効果ない?

CBDを手軽に摂取することができるのがCBDグミです。様々なフレーバーが販売されていますし、高濃度タイプも販売されているので初めての方から慣れている方までおすすめですよ。

CBDグミは食べ方を間違えると変化を感じられないことがあります。ゆっくりと口のなかで溶かしながら食べるようにしてみてください。

また、粗悪品や偽物などを購入するときちんとCBDが表示されている濃度だけ入っていないということもあるようです。人気の製品や有名なメーカーの安全なCBDグミを購入してみることをおすすめします。

CBDが効果ないときのよくある質問

CBDが効果ないときに関するよくある質問をまとめてみました。

Q
CBDはハイになる効果ないのか?
A

麻・大麻に含まれるカンナビノイドの1つがCBDなのですが、そのカンナビノイドのうち精神作用・多幸感などハイになる成分と言われているのがマリファナの主成分THC(テトラヒドロカンナビノール)です。

THCは日本だと麻薬及び向精神薬取締法により規制されていて、THCを含んだCBDグミを輸入することはできません。なので、CBDを摂取してもハイになる効果はありません。

また、THCを含んでいないCBDの摂取を続ける・高濃度のものを摂取してもハイになったり依存症になったりする効果もありません。

ただし、多量に摂取することによる頭痛・下痢・眠気などのリスクが高まるので、摂取し過ぎには注意してください。

Q
CBDは国産より海外製のほうが良いのか?
A

国産や海外製どちらのCBDにも効果の違いはありません。ただ、海外製のものにはTHCが含まれることもあるので輸入できない場合があります。

心配な方は国産のものを選ぶ、または国内で流通している海外製のCBDを購入することをおすすめします。

まとめ

CBDは摂取する種類、品質・濃度、摂取方法によって効果が感じられなくなってしまうことがあります。

まずは高品質なCBDを購入するようにしてください。そのうえで、自分に合う濃度であるのか?正しい摂取方法をしているか?ということを確認してみましょう。

違う種類のCBDを試してみると、効果が感じられることもあるのでお気に入りのものを見つけてみてください。

コメント