パパ活女子は気持ち悪い?パパ活女子のイメージが悪い理由と対処法

パパ活女子は気持ち悪い?パパ活女子のイメージが悪い理由と対処法

メディアで度々取り上げられ、最近注目を集めている「パパ活」。しかし、パパ活をしている女性に批判的な意見も寄せられています。パパ活女子はなぜ「気持ち悪い」と思われてしまうのでしょうか?

パパ活女子のイメージが悪い理由と、パパ活をしている女性が「気持ち悪い」と思われないようにするための対処法、そしてパパ活をするメリットについてご紹介していきます。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

パパ活女子は気持ち悪いと思われている?

そもそも「パパ活」とは?

そもそも「パパ活」とは何でしょうか?

パパ活とは、経済的に余裕のある大人の男性と身体の関係になることなく、一緒に食事をしたり、デートをしたりして、その対価として金銭を得る活動のことを指します。

パパ活は犯罪ではない!

「パパ活って犯罪じゃないの?」「パパ活をして捕まらないの?」と疑問に思う方も多いでしょう。しかし、パパ活は犯罪ではありません。パパ活をしているからといって法律で罰せられる心配はありません。

「パパ活」は身体の関係を持たずに、一緒に食事を楽しんだり、デートをしたりといった、健全なお付き合いをしているので仮に金銭を受け取ったとしても犯罪にはなりません。

パパ活は「売春」とは全く異なるものです。

パパ活女子は気持ち悪い?

パパ活はテレビや雑誌などでも取り上げられ、大きな注目を集めています。しかし「パパ活」が世間に認知されるほど、パパ活をしている若い女性への批判の声も大きくなっています。パパ活をしている女性を「気持ち悪い」と批判するネットの投稿も数多く見かけます。

しかし、「パパ活」は本当に気持ち悪いことでしょうか?

「パパ活」では身体の関係に発展することはありませんし、不倫をしているわけでもありません。食事をしたりデートをしたりと、あくまでも “健全” なデートを楽しんでいるだけなので、法律に反するようなことは何もしていないのです。にもかかわらずパパ活女子への批判は一向に減りません。どうしてこんなにも「パパ活女子」のイメージは悪いのでしょうか。

パパ活女子が気持ち悪いと思われてしまう6つの理由

パパ活=援助交際だと思われている

『パパ活』という言葉は聞いた事があるけれど、あれって『援助交際』を別の言い方に変えただけでしょ?」と思っている人は大勢います。「パパ活」の定義をきちんと理解している人は少なく、世の中の大半の人は「パパ活=援助交際」と思い込んでいます。

これが「パパ活女子=気持ち悪い」と思われてしまう最大の要因となってしまっているのです。

こういう人たちに「パパ活は身体の関係は持たずに、純粋に食事をしたりデートをしたりして楽しむ活動のことだよ」といくら説明しても聞く耳を持ってくれません。

むしろパパ活を理解してもらおうとするほど、「必死に援助交際の言い訳をしている」と余計に悪い印象を与えてしまうのです。

パパ活していることを自慢する人がいる

年配の方の間では「パパ活=援助交際」というイメージが根付いてしまっていますが、若い女性の間では案外パパ活は肯定的に受け取られていることも多いようです。若い世代ほど「別に悪いことをしているわけじゃないんだし、パパ活するのは個人の自由」と考えている人が多い傾向にあります。「友達がパパ活をしているからといって自分に何か迷惑をかけているわけでもないから、パパ活したい人はすればいい」という意見が多いようです。

「パパ活」そのものが気持ち悪いのではなく、「パパ活していることを周囲に自慢気に言いふらす人」が気持ち悪いと思われているのです。

楽してお金を稼いでいると思われている

お金を稼ぐのは大変なことです。若い学生さんであれば、学校の合間を縫って必死にアルバイトをしてお金を稼いでいることでしょう。大変な苦労をしてお金を稼ぐ人が世の中の大半であるのに対し、パパ活女子は、楽してお金を稼いでると思われているのです。

「大人の男性と少しの時間おしゃべりして、高級なレストランに連れて行ってもらえて、美味しい食事もご馳走してもらえる。それだけでなくおこずかいを貰えて、さらには高級なブランド品までプレゼントしてくれることもある。ただ遊んでいるだけなのに、そんなに良い思いをしているなんてずるい」

と、「パパ活していることが気持ち悪い」というよりも「ただ遊んでいるだけなのに、自分よりも遥かにお金を稼いでいてずるい」という “嫉妬” から嫌われている側面もあります。

「パパ活」をしてる男性が気持ち悪い

「パパ活女子が気持ち悪い」というより、「パパ活をしている男性が気持ち悪い」と思われているケースもあります。若い女性をお金で釣って食事に誘う男性は、やはり周囲から見て印象は良くありません。

若い女性との時間を楽しみたいなら、キャバクラなどのお店に行けばいいのです。それなのにわざわざ一般人の女の子をSNSで探してアプローチをかけるところが、若い女の子との疑似恋愛を楽しんでいるようで気持ち悪いと思われているのです。自分の娘と年齢が変わらないくらいの若い女性とデートをして楽しむパパ活男性への批判の声も多く寄せられています。

パパ活を甘く考えている

メディアでパパ活が取り上げられる機会が増え、若い女性からは「パパ活はアルバイト感覚で気軽にできるもの」というイメージを持たれていますが、実はパパ活には犯罪に巻き込まれる危険性もあります。

デートだけして帰るつもりだったのに身体の関係を迫られたり、パパ活していることを学校や職場にバラすと脅されたり、食事中相手の男性がお手洗いに行くふりをして先に帰ってしまい、食事代金を支払えなくて警察沙汰になってしまったりと、パパ活をしていて何らかの被害に遭った方もたくさんいらっしゃいます。

そういったリスクを一切考えずに、「最近パパ活が流行っているから」「周りの友達もパパ活をしているから」といった安易な理由でパパ活を始める女性は良い印象を持たれないようです。

パパ活していることをカッコいいと思っている

女性は「ワル」に憧れる時期があります。学生時代はクラスのヤンキーがカッコよく見えたり、ヤンチャな男性に惹かれたことがある女性も多いのではないでしょうか。その延長で、決して犯罪ではないけれど、少し危険な雰囲気が漂う「パパ活」に惹かれる女性もいます。

「金銭的に困っていて、どうしてもパパ活をせざるを得ない」などのやむを得ない事情があるわけでもないのに、「パパ活をすることはカッコいい」という価値観のもと、パパ活を始める女性もいます。

パパ活をするには、大人の男性に選んでもらえるだけの容姿の美しさなどが必要になってきます。つまり、こういった女性たちからすると、パパ活は「選ばれた女性しかできない、ステータスがあること」だと考えているのです。

「パパ活をしている私はすごい」と、パパ活をしている自分に酔っている姿が気持ち悪いと思われてしまうのです。

パパ活女子が気持ち悪いと思われないようにする方法

パパ活していることを誰にも言わない

そもそもパパ活していることを誰にも知られなければ、気持ち悪いと思われることもありません。女性はどうしても共感して欲しい生き物なので、自分のことを友人や周りの人に話してしまいますが、やはり周囲の人みんながパパ活に賛成してくれるわけではありません。

「信頼できる人にだけパパ活していることを打ち明けたのに、いつの間にか噂が広まっていた」というケースもあります。

「パパ活していることを周りからどう思われても構わない」と思っているのなら別ですが、パパ活していることを周囲から気持ち悪いと思われているんじゃないかと心配な方は、親や親友も含め、誰にも言わない方がいいでしょう。

SNSでパパ活を匂わせない

パパ活をしていると、自分の収入では到底できないような良い体験ができる機会も多いでしょう。「パパ活していることは誰にも話すつもりはないけれど、パパ活での経験はSNSに投稿したい」と、高級ホテルのレストランで食事した様子を投稿したり、ブランド品を所有していることをアップしているうちに、周囲も「もしかしてパパ活しているからこんなにお金がかかることができるんじゃないか」と気付き始めます。すると「SNS映えのためにパパ活をしている」と周囲に思われてしまう可能性があります。

パパ活していることが気持ち悪いのではなく、SNS映えのためにパパ活に手を出すほど自己顕示欲が強い人なのだと思われて、周囲から引かれてしまうのです。

パパ活をするのであれば、誰にも言わないことに加え、決してSNSでも匂わせないようにしましょう。

パパ活を自慢しない

「パパ活している女性」ではなく「パパ活していることを自慢する女性」が気持ち悪いと思われているケースがあります。

自分の収入では買えないような高級ブランド品をパパに買ってもらっただの、おこずかいとしていくら貰っただの、パパ活女子の自慢話が周囲を不快にさせているパターンが多いのです。

案外「自慢してこないなら周りがパパ活をしていても気にならない」という意見も多いので、パパ活の自慢話さえしなければ、周囲から気持ち悪いと思われることもなくなるでしょう。

パパ活をせざるを得ない事情があることを分かってもらう

「自分で学費を稼がなくてはならない」「働けない両親のかわりに自分が少しでも生活費を稼がないといけない」などの、やむを得ない事情でパパ活をしている女性に対しては気持ち悪いという声はほとんどなく、むしろ「パパ活をしないといけないくらい追い詰められている女性を応援したい」という肯定的な意見の方が多いです。

「楽して良い思いをしたいから」という理由でパパ活に手を出す女性は軽蔑されてしまいますが、「誰かのため・自分の将来のため」にパパ活をしてお金を稼ぐ女性に対しては周囲も理解を示してくれるでしょう。

パパ活にはメリットもある!

パパ活のデメリットばかりクローズアップされて何かと批判されがちですが、ここではパパ活の良い面についてご紹介していきます。

社会勉強になる

社会的に成功している男性とパパ活でデートをすると、それなりに社会的地位のある人しか入れないお店に連れて行ってもらえたり、上質なサービスを受けたりすることができます。若い頃にこうした上の世界を見ておくことは、とても良い社会勉強となるでしょう。

若くて感性が豊かなうちに一流のサービスを受け、様々な体験をして、色んな世界を見ておくことは、その後の人生に良い影響を与えます。

自分磨きに繋がる

パパ活をする男性は「若い子なら誰でも良い」と考えているわけではなく、「ある程度容姿が良い子」「話していて知性のある子」など、自分の好みのタイプの女性を選ぼうとします。

もし相手の男性に気に入ってもらえなければ、一回のデートで終わってしまうことも十分にあり得ます。つまり、パパ活で継続的なお付き合いをしていくには努力が必要なのです。

大人の男性の会話についていけるように世界情勢や時事問題について勉強したり、大人の男性に受けるような清楚で上品なメイクを研究したりと、内面・外見両方を磨いていくうちに、自分自身が素敵な大人の女性へと成長していることがあります。

またそういったパパ活のためにした努力が、就職活動の際に活かされることもあります。パパ活のための自分磨きは、その後の人生に役立つことがあります。

自分の都合に合わせて稼げる

学生がアルバイトをするときは、お店の都合でシフトを決められることが多いでしょう。「この日は休みたい」と思っても、お店が忙しい時期は休ませてもらえなかったり、反対に「もっとシフトを入れて稼ぎたい」と思っても、お客さんが入らない時間帯はシフトを減らされたりと、自分の都合で働けない上に収入も安定しません。

しかしパパ活は自分の好きなときに活動できるので、スケジュールの都合を合わせやすいというメリットがあります。

相手を選べる

接客の仕事は相手を選ぶことができません。どんなに嫌な相手であろうと、“お客様” として丁寧に対応しなければなりません。そのことが大きなストレスとなっている人も多いでしょう。

しかしパパ活は相手を選ぶことができるのです。何度かデートをして「この人とは合わない」「この人にはもう会いたくない」と思ったら、関係を断ち切ることができます。

パパ活は一般の接客業と比べたら、比較的人間関係のストレスを感じることなく続けられます。

まとめ

パパ活女子のイメージが悪い理由や、その対処法についてご紹介しました。

パパ活をしていることに罪悪感を抱いたり、後ろめたさを感じることもあるでしょうが、パパ活自体は犯罪ではありません。どんな手段でお金を稼ごうと個人の自由です。

しかしパパ活にはリスクもあります。犯罪に巻き込まれる危険性もあるので、パパ活をする際はくれぐれも注意して自分の身は自分で守るようにしましょう。

コメント