PR

冷却期間後の連絡はどんなメッセージを送るべき……?最初に送るLINEを例文つきで解説!

冷却期間後、相手がどのように想ってくれているのかわからないため「どんな連絡をすればいいのかな」「返事は来るのかな」と、深く考えては不安になってしまうもの。

LINEの内容ひとつで返事が来なくなってしまうこともあるため、言葉選びを間違えてしまうと復縁が叶わなくなってしまうこともあるでしょう。

そのため、マイナスとなるメッセージは誰もが避けたいと思うもの。

今回はそんな、冷却期間後に送る最初のLINEを例文つきでご紹介します。

冷却期間後、最初に送るLINEがとても大切な理由

冷却期間後の最初のメッセージの印象で、相手がどんなことを考えて連絡をくれたのか想いを汲み取ります。

別れても未練を抱えて早く復縁したい想いがあるため、焦ってしまう気持ちや誰かに取られてしまう不安もあるはず。

ですが、そんな自分の気持ちを抑えられずに冷却期間後、すぐに復縁したいことを伝えてしまうのはいけません。

冷却期間があけて最初から、

  • 1通目から復縁したいと伝える
  • 別れたことを引きずってネガティブなメッセージ
  • 別れ方によるものの責めたり反省していない内容

といったLINEを送って「なにも変わってない……」と、相手に受け取られてしまうと当然、復縁は遠のいてしまうでしょう。

そのため、冷却期間後は過去の自分とは違うことを伝えなければいけないこともあり、最初に送るLINEの内容がとても大切になってしまうのです。

冷却期間後にLINEの返事が来る3つのおすすめメッセージ内容

最初に送る内容によっては、相手が返事をくれるかどうか変わってしまうため、今までのように気軽には送れないはず。

別れに至った理由がケンカの場合「あのときはごめんね」と、長々と謝罪したくなりますが、あまりにもネガティブすぎたり謝罪ばかりの内容だとマイナスの印象を抱かれてしまうこともあるのです。

まずは、どのような内容のメッセージを送るべきなのかをチェックしておきましょう。

明るくポジティブ

相手とは既に別れている関係のため、以前のようにどんなことでも気軽に伝えていいということではありません。

冷却期間があけたとしても、暗くネガティブな内容なものは読む気がなくなってしまうため、明るくポジティブなLINEを心がけましょう。

復縁したい気持ちを抱いているため「あれもこれも伝えたい!」と、想いがあふれてしまうもの。

だからといってネガティブで長いメッセージは、マイナスな印象を与えてしまうこともあるのです。

そのため、冷却期間後の最初ということもあり、受け取る相手のことを考えて今は自分の気持ちを抑えた内容がいいでしょう。

返信がしやすい

自分の気持ちばかりを押し付ける内容のLINEも相手が困ってしまうため、受け取った相手が気軽に返信しやすい内容を意識しましょう。

冷却期間後の連絡は今以上にマイナスのイメージを与えないようにしなければ、復縁から遠のいてしまいます。

そのため、別れた相手にメッセージを送る際には、相手が軽い気持ちで返信しやすい文章を心がけることです。

冷却期間後に送る最初のLINEは自分の想いを伝えるのではなく、復縁につなげるための連絡のひとつ。

ゆえに今はあふれる想いはすこし抑えて、返信しやすい内容を意識しなければいけません。

連絡の目的が明確

冷却期間後の連絡は「なにが言いたいの?」というものが多い傾向もあり、連絡の目的が明確でなければ不快に感じてしまう人も少なくありません。

相手の性格によるものの、別れると関係を完全に切りたい人もいます。

そのため、元恋人からの連絡をストレスに感じてしまう人もいるため「なんで連絡してきたの?」と、受け取った相手がわからなければ結果的にブロックされてしまうでしょう。

ゆえに冷却期間があけて初めての連絡は、

  • なぜ連絡したのか
  • なにが目的なのか

こうしたことが相手にわかりやすいようなメッセージを意識することで、今後のやりとりもスムーズに行えるはずです。

冷却期間後にLINEで最初に送るメッセージの例文4つ

冷却期間があけても以前とは関係性も2人の距離感も異なるため、どんな文章でLINEすればいいのか頭を悩ませてしまう人が多いでしょう。

想いが強ければ強いほど深く考えてしまい「正解がわからない……」ということも少なくありません。

ここでは、冷却期間後にLINEで送るメッセージの例文を紹介します。

誕生日メッセージの場合

「お誕生日おめでとう◯◯にとって素敵な1年になりますように」

冷却期間後といってもなかなかタイミングが掴めないものですが、久しぶりのLINEとしてきっかけを作りやすいのが相手の誕生日です。

どんな人でも誕生日を祝われるのは「覚えてくれていたんだ!」と、嬉しいもの。

そのため、突然のLINEになってもそれほど警戒されず、素直に喜ばれるでしょう。

ですが、誕生日でのメッセージでは付き合っていたとき、または別れたときなどの過去の話や、復縁について触れないように注意が必要です。

相手に警戒されてしまうと誕生日のメッセージからLINEが続く可能性を、自ら潰してしまうことにもなりかねません。

ゆえにここではお祝いとして送ることを意識しましょう。

イベントに関するメッセージの場合

「あけましておめでとうございます。今年も充実した1年になりますように」

誕生日のメッセージと同様にLINEを送りやすいのが、新年の挨拶といったイベントに関するメッセージでしょう。

関係性や現在の2人の距離感をそれほど意識することなく送ることができ、急に送ったとしても不自然ではないため、警戒されることもありません。

そのため、冷却期間後になかなかタイミングが掴めないという人は、ぜひこのようにイベントを狙ってLINEを送ってみましょう。

体調を気遣うメッセージの場合

「季節の変わり目で体調を崩す人がいるけど、元気に過ごしていますか?」

相手の体調を気遣うメッセージも冷却期間後のLINEとしては送りやすく、警戒されることもなく受け取ってもらえるでしょう。

実際に季節の変わり目は急激な気温の変化で、体温調節がうまくできずに体調を崩してしまう人が多いもの。

そのため「あなたはいつも頑張りすぎるから心配」といった、相手を気遣う内容のLINEだと素直に喜ばれるでしょう。

どんな人でも気遣ってくれることは嬉しいため、別れても心配してくれることに意識することもあります。

懐かしさを感じるメッセージの場合

「この間◯◯の近くを通って、あなたと一緒に行ったことを思い出しました」

人はふとしたきっかけで過去の記憶が思い出されるため、一緒に訪れた場所や一緒に聞いていた曲といったことに触れるメッセージを意識してみましょう。

過去の思い出に触れたメッセージを送ることでどのような別れであったとしても「付き合っていた思い出は悪いものではなく、良いことだったよ!」と、伝えることができるのです。

そして、相手にも楽しかった記憶が思い出されると「あのときは……」と、ここから楽しくLINEが続くことも期待できるでしょう。

冷却期間後のLINEで送るとスルーされがちなNGメッセージ3つ


冷却期間後のLINEは明るく返信しやすいようなメッセージがおすすめとお伝えしましたが、想いが強すぎるメッセージはストレスを感じてしまうことがあります。

おすすめメッセージと同様に意識すべきポイントとして、どのようなことがNGメッセージとなってしまうのかチェックしておきましょう。

復縁を迫るようなメッセージ

未練が強く残っていると「早く復縁したい」と、ほかの異性に取られてしまう不安からどうしても焦ってしまうもの。

そのため、冷却期間後は「復縁したいと思っているんだけど……」と伝えたくなるものですが、すぐに復縁を迫ってしまうと警戒されてしまったり、自分勝手だと受け取られてしまうためNGです。

好きの気持ちが強いほど伝えたくなってしまうものですが、冷却期間後は少なからず警戒していることもあり、連絡が取れなくなってしまう可能性もあります。

ゆえに今は気持ちを抑え、関係を築き直すことを考えるべきでしょう。

距離感があまりにも近すぎる

過去に付き合っていたからといって、冷却期間後も今までのような距離感でLINEしてしまう人もいるのではないでしょうか。

2人はもう恋人という関係ではないため、以前のような距離感や馴れ馴れしさなどで接すると「もう別れてるのに、なんなの……」と、相手によっては不愉快に感じてしまうこともあります。

そのため、冷却期間後の連絡では、すこし距離を感じてしまうようなメッセージであったり、あまり踏み込みすぎないことを意識しましょう。

LINEが続くようになったり返事を見て距離を縮めていくことで、相手に不快感を与えずに新たに関係を築けるはずです。

相手のことを考えないLINE

過去に付き合っていたといっても今は元恋人という関係だからこそ、相手は多少なり気を遣っているもの。

そんな相手の気持ちに気づかずに、自分勝手なメッセージは「なにも変わってない」と、受け取られてしまうこともあるため、相手の都合を考えないLINEはNGです。

特にLINEだと気軽にメッセージを送りやすく通話もできてしまうため、

  • 急に通話をかける
  • 何通もメッセージを送ってしまう
  • 迷惑を考えずにスタンプばかりを送る

といったことを「冷却期間があけたし大丈夫だよね」と、気軽にしてしまう人も少なくありません。

今は元恋人という立場ゆえに自分の気持ちを優先して送ってしまうと「自分のことばかり……」と、嫌われてしまうこともあります。

そのため、LINEは分けて何通も送らない・返事が来るまで待つなど、考えてメッセージを送るようにしましょう。

冷却期間後にLINEするならこの先生に相談しよう

冷却期間が終えても「LINEしてもいいのかな」「ほかの人と付き合っていたりしないかな」といった不安を抱え、なかなか勇気が出せないもの。

想いが強ければ強いほどネガティブなことばかりを考えては、自分自身で制限をかけてしまっていることも少なくありません。

そうして不安に支配されて動けなくなったときには、専門家の先生に頼ってみましょう。

電話占いピュアリのキアナ先生は恋愛についてを得意としているため、相手がどのような想いを抱いているのか、どんなLINEで返事をもらえるのかなどアドバイスをいただけます。

悩んで答えが見つからないときは抱え込まず、相談してどのように関係を進めていけば復縁できるのか相談しましょう。

まとめ

期間があいてしまうと気まずさを感じ「連絡していいのかな」「返事をくれるのかな」と、考えすぎてはタイミングを掴めないこともあるでしょう。

ですが、今回紹介したようにイベントや体調を気遣うLINEは、友人の間では当然となる連絡のため、深く意識せずに送ることができるはずです。

再び相手とすてきな関係を作っていけるように注意点など念頭に入れつつ、勇気を出して大好きな相手とLINEが続くように頑張ってくださいね。

復縁したい人におすすめの電話占い
  • 復縁を叶えた人の共通点はこれだった!
  • 音信不通からの復縁に成功!
  • 相談後わずか6時間で効果が出た!
初回限定で2400円分無料鑑定してもらえる!お得に復縁できるチャンスを逃さないでくださいね。
柳瀬 蓮
執筆者

元キャバ嬢ライター。脚本やエッセイ・コラムなど、主にアニメ・恋愛・美容・占い・心理学・スピリチュアルについてさまざまなメディアで執筆中。夜職を約10年以上の経験していたことで、ナイトワークについての執筆も得意としています。1人でも多くの人のためになるような記事を届けられることを心がけています。

柳瀬 蓮をフォローする
復縁(176)
Lani

コメント