宗像大社とスピリチュアル!実は怖いパワースポット?参拝方法解説

宗像大社とスピリチュアル!実は怖いパワースポット?参拝方法も解説

福岡市の宗像大社は全国にある宗像神社の総本宮になります。

日本最古の神社の一つになります。天照大神の三女神、第二宮には沖津宮の田心姫神(たごりひめのかみ)、第三宮には中津宮の湍津姫神(たぎつひめのかみ)、そして市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

辺津宮が祀られ、この三宮をお祀りしている神社です。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

パワースポットとしての宗像大社

宗像大社は世界遺産にも登録されています。

貿易の拠点でもあった福岡県。大和朝廷の航海安全を祈る神社だったそうです。交通安全という言葉も宗像大社から始まった言葉です。

最もパワーが強い場所が高宮祭場(たかみやさいじょう)です。

市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が降臨した場所と伝えられている場所が高宮祭場です。日本で最古の祈りの場所であると言われています。この原型が斎場の始まりと言われています。日本の儀式の始まりですね。非常に強いエネルギーを感じる場所で、訪れた人の中には感激の涙を流す人もいるほどです。毎月1日と15日に月次祭(つきなみさい)が執り行われています。また秋の季節10月3日からは高宮神奈備祭が始まります。訪れた誰もがこんな場所があったのか?と思う程感動感激する高宮祭場。

神様が現れた場所ですから、非常に強力な力が流れており最も有名なパワースポットの一つとなっています。

宗像大社光の道

「光の道」で有名な宮地嶽神社が周辺にあります。

福岡市のパワースポットとして有名な神社です。

ご祭神は息長足比売命[おきながたらしひめのみこと]《 別名:神功皇后[じんぐうこうごう] 》

勝村大神[かつむらのおおかみ]

勝頼大神[かつよりのおおかみ]

祀られている神様の名前の通り、勝利を司る神様です。開運や商売繁盛、家内安全のご利益があります。

神功皇后が朝鮮半島に遠征した折に海に向かい遠征の成功を祈り、その後無事に帰還されましたが、同行した勝村大神とを神様をお祀りする神社として建立されたのが宮地獄神社なのです。主審は神功皇后です。商売繁盛と勝利する事を祈願するビジネスマンや企業関係の参拝者も非常に多い神社です。特にこれから起業しようとする時は早い時期に、事業計画や創立の段階でお参りすると成功は約束したものになるでしょう。これから起業を考えている方、出世を狙っている方で今この記事を読んでいる方は幸運です。福岡市近辺に住んでいる方は是非参拝して下さい。また全国に宮地嶽神社がありますので、是非足を運んでみて下さい。

この神社は境内に古代の古墳が見つかる事でも有名です。地域の治める一族のお墓からは黄金の冠など金が多く出土しているそうです。この宮地獄神社で最も魅力的な場所が「光の道」と言われる参道です。神社よりまっすぐ西から海側に向かう参道を照らす夕日によって出来る道の事です。この道は1年に2回だけ現れるそうです。2月と10月に見られる素晴らしい眺めの中、「夕陽の祭り」が神社で行われます。全身に神様の光を浴びながら勝利を願ってみてはいかがでしょうか。神社の神様のパワーと光のエネルギーの波動を同時に受け取る事が出来る最高の機会とも言えます。

宗像大社の神様

福岡市の宗像大社は全国にある宗像神社の総本宮になります。

日本最古の神社の一つになります。天照大神の三女神、第二宮には沖津宮の田心姫神(たごりひめのかみ)、第三宮には中津宮の湍津姫神(たぎつひめのかみ)、そして市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

辺津宮が祀られ、この三宮をお祀りしている神社です。

宗像大社は世界遺産にも登録されています。

貿易の拠点でもあった福岡県。大和朝廷の航海安全を祈る神社だったそうです。交通安全という言葉も宗像大社から始まった言葉です。

宗像大社と龍神

宗像大社とは、元々宗像氏が信仰していた神様だったそうです。

宗像氏は貿易を大なう豪族でした。宗像という姓は海を象徴するそうです。海の近くに住んでいる宗像氏も同様です。宗像とは胸に印を付けているという意味だそうです。海の中では鮫や岩との衝突などの危険に遭遇しても守って貰える様に鱗の刺青を入れたそうです。そういう点から龍神様との関係もあると言われています。宗像大社に到着すると空に龍神の形をした雲が現れたり、参拝中に写した写真に龍神が映り込んだりする事もあるそうです。

宗像大社のスピリチュアルなご利益5つ

①交通安全の神様

宗像神社は古くからの貿易の中心地である福岡県の海を守る神様でもあります。朝鮮半島からシルクロードの先へと安全な旅が出来る様に沖ノ島で盛大な祈願をしたと言われています。海の神様龍神とも深い関係にあり今でも宗像大社に参拝すると写した写真に龍神が映し出されたり、鱗状の光が映り込んだりするそうです。また龍神が雲になって現れる事もあると言われています。宗像大社にお参りする時は空にも目を向けると龍神様を拝む事が出来るかも知れません。海を渡って参拝に訪れた人には特に龍神様が旅の安全を守ってくれる様です。

②縁結び・縁切り

大島にある中津宮は湍津姫神をお祀りしていますが、七夕伝説発祥の地であるとされ、恋愛成就では強力な神様として人気です。縁切りという新たな恋愛への後押しもしてくれるというご利益もあります。

③安産祈願

子授守も人気です。少子化と言われる現代社会では子宝に恵まれる様にと参拝する女性が多い事でも有名です。女性神をお祀りしている事からも女性にはご利益も強力であるとされています。

④商売繁盛

貿易で成功した豪族宗像氏。元々宗像氏の信仰する天照大神の三女神

をお祀りした宗像大社。地方の神様だったのですが、その後全国に広がり商売繁盛にもご利益があると全国の起業家、会社、商売をする人々に今も根強く信仰されています。

⑤お祓い・厄払い

男性25歳42歳61歳、女性は19歳23歳37歳は本厄であり、この前後を前厄後厄、男性42歳、女性33歳も含め、神社でお祓いをして貰います。お祓いもして貰える神社です。

最近体調が悪い、怪我や事故に遭いやすいなど気になる事がある様でしたらお祓いをして貰う事も、良いのかも知れません。

特に宗像大社はパワーの強い神社なので、精神的に情緒不安定に陥っている様に時はパワーを貰いに行ってみて下さい。体調が悪い時、病気治療中の方などもお祓いをする事で元気になったりする事がある様です。宗像大社は特に太古からの自然が残されている場所です。ヒーリング効果も抜群です。神社内を歩くだけでも神様のパワーと自然のパワーを貰いますが、更に神社の正式な儀式に参列する事も大事だと思います。

宗像大社は実は怖い?

宗像大社に行くと眠くなる、という人がいます。強いパワースポットに行くと眠くなる為パワーを貰っている事を意味しますが、余りにもパワーが強いと言われる宗像大社周辺には立ち入り禁止区域も多く人が足を踏み入れていない場所です。踏み入れてはいけない場所と言った方が適切かも知れません。全体的に強力なパワーが流れていますが、一部には更に強いパワーが出ているのではないでしょうか。その波動を遠くからでも受けてしまったのであれば眠くなりその先は?もしかすると目を覚ますと数世紀いや数十世紀前の世界に飛ばされているかも知れません。人が入っていない場所があるという事はそれだけ神聖さも増していきます。怖いほどのパワーを持っている神社と言えると思います。

そういう場所に立ち入るのですから、参拝マナーを守り神様の眷属に叱られない様に真摯な気持ちで参拝しましょう。発せられる浄化されたパワーを受け止める事が出来る様に日頃から修行をしていれば怖い事はありません。

宗像大社の不思議体験

強力なパワーがあると言われる宗像大社です。この場所で写真を撮るとその時は全く感じなかった異常現象が映り込むそうです。撮影している時に見ていれば眩しくてとてもカメラを向けられない様な光に覆われた写真などが良く撮れるそうです。エネルギースポットとは磁場の強い場所でもある為もしかすると時空の歪みなのかもしれません。実際に市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が姿を表した場所と伝えられている高宮祭場がはっきりと残されています。その場所に行くと別世界に迷い込んだ様な気分になるそうです。余りの神聖さに不気味で異様な雰囲気を感じる人も多い様です。また森林に囲まれた道を進む奥深まった場所にあります。磁場が狂い本当に時空の歪みに落ちて行く事もある為磁場の強い時期には近寄らない方が良いかも知れません。森林やキャンプ場などの観光地で行方不明になる人がいますが、磁場の強い時に時空の歪みが開いており、そのエネルギースポットに落ちて行ったとスピリチュアルの世界では考えられます。呪われるとか憑かれるといった不幸な目に遭うという事ではありません。スピリチュアルな世界では不思議な体験を説明する事が出来ます。エネルギースポットとは磁場の強い場所です。宇宙にもブラックホールの存在がある様に、地球にも確実に存在します。神社が代表的な場所ですが、その中でも宗像大社は強力な力がある神社の一つと言われているのです。

宗像大社の参拝方法

宗像大社 公式ホームページ

参拝は出来るだけ午前中にしましょう。

遅くても午後3時には参拝を終えて神社を後にします。

夜の神社には神様はいらっしゃらないとの言い伝えがあります。

良く深夜の神社に肝試しや遊びで行った時に恐ろしい目にあったという話を聞きますが、神様の眷属が来てはいけないと注意喚起しているとの事です。夕方から神社に行っても暗くて何も見えません。明るいうちに行きます。

一般的な参拝方法でお参り出来ます。

まず鳥居に入る前に一礼します。

鳥居を入ると手水舎がありますので、必ず口を清め手を清めます。

辺津宮の本殿に向かいます。

そして高宮祭場に最後にお参りします。

最もパワーの強い高宮祭場は奥まった場所まで歩くそうです。

宗像大社の沖津遙拝所や中津宮がある大島にも参拝しましょう。フェリーで行きます。

大島の中津宮には天の川があるそうです。

彦星が祀られている牽牛社と織姫が祀られている織女社があります。恋愛成就の神様です。

沖ノ島には沖津宮(おきつみや)がありますが、上陸は禁止されています。島ごと、ご神体という事です。1個の石すらそこから持ち出す事は出来ないそうです。

三女神の長女である田心姫神をお参りしたい時は大島の沖津宮遙拝所から沖ノ島に向かってお参りするそうです。

宗像大社は最も古い神社の一つと言われ、原始のままの姿で残っている場所もあり行くだけで浄化されると言われています。交通安全のお守り、商売繁盛のお守り、良縁に巡り会えるお守り、強力なパワーを持つお守りの中でも自分が必要とするお守りを買って自然の中での参拝を是非体験してみて下さい。世界遺産を巡る観光地としての楽しさもあり最高の場所です。

宗像大社とスピリチュアルのよくある質問Q&A

Q
宗像大社に呼ばれることはありますか?
A

神社に到着すると降っていた雨が嘘の様に晴れ上がるという現象が起こった時は宗像大社に呼ばれています。また晴れ間の間からまばゆい太陽の光が降り注ぐなど異常な体験をする事がありますが、そういう時もご利益が高まると言われています。またご神木を仰ごうと空の方向を見た時に小雨かの様な光のシャワーが降り注ぐ事があります。雨が降って来たと間違ってしまいそうな暖かい光の雨です。そういう時は神様が喜んでいらっしゃると考えれます。またご先祖と縁があったのかも知れません。

そして宗像大社の境内に入ると同時に体調が良くなったり、気持ちが高揚したり嬉しい気持ちになる事があります。そういう時は宗像大社の神様と相性が良いと言えるでしょう。相性が良いという事は他の神様には行かない方が良いのか?という事ではありません。願い事が宗像大社のご利益と合致しているという事です。ご利益全体に自分の願い事が当てはまる時など何度か参拝すると良いでしょう。

Q
宗像大社は行ってはいけないのでしょうか?
A

宗像大社には神様が降臨された場所があり強力なエネルギーが発散されています。参拝のルールや邪心を持ったまま行くと強力なパワーに抑制されるかも知れません。小さい頃に大人から叱られたり注意された時の感覚を思い出して下さい。やはり神様をお祀りする神聖な場所です。基本的な参拝ルールを守り、自然を大事にする気持ちを持っていれば神社が歓迎してくれるでしょう。そして血液が出ている状態で鳥居をくぐる事は禁止されています。血を流す事は御法度とされていますので注意しましょう。喪中の方も神社には入れないとされています。動物を伴っての参拝や飲食物を持ち込む事も禁止となっているので注意して下さい。そして物質文明であるこの地球より高次元の世界の神様がお祀りされている神社です。特に宗像大社は全国宗像神社の総本山です。強力なエネルギーが宿っている場所である事を忘れないで下さい。

まとめ

宗像大社について見てきましたが、宗像大社には高宮祭場があるからなのか尋常でないパワーを感じる事が出来る様です。宗像大社に行く時は高宮祭場を体験して欲しいと思います。日頃の生活の疲れや精神的な悩みから開放され心身共に浄化されると言います。また世界遺産としても登録されている宗像大社と沖ノ島。古代朝鮮やシルクロードを通る貿易が盛んとなり、航海安全祈願を沖ノ島で行ってきた事から沖ノ島には奉納された莫大な財宝が眠っていたそうです。世界遺産登録と共に立ち入り禁止となり、ますます謎の多い場所となったのでした。宗像大社と共に神様に最も近い区域の一つと言っても過言ではないでしょう。宗像大社はこの地域の豪族宗像氏が信仰する神様でしたが、今では全国に宗像神社が多数あります。それだけパワーの強い神様なのです。当時の賑わいは如何ばかりだったでしょうか。兎に角パワー溢れる宗像大社のスケールの大きさを是非体験する為にも一度参拝する事をお薦めします。神様の降臨した斎場の原型とも言われる高宮祭場の強いエネルギーと言い、全てが壮大です。今回は観光地でもあり強力なエネルギースポットでもある宗像大社をご紹介しました。

コメント