人と関わりたくない時期のスピリチュアル意味とメッセージ・対処法

急に人と会いたくなくなるという経験は、誰にでも訪れると思います。
それは長い人生を生きていくうえで、大切な自分と向き合う時間でもあるのです。
そんな時は無理に人に会おうとせず、一人の時間を充実させることが、その後の人生のステップアップに繋がるのです。
とは言え、人に関わりたくない時は辛いものです。
大切なのは、どんな時も自分を認めて受け入れてあげることです。
これからお伝えするその理由を知ることで、きっと心が軽くなると思いますので参考にしていただければ幸いです。

執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

唐突に訪れる人と関わりたくない時期

突然訪れる人と関わりたくない時期ですが、このような時は人は精神的にも肉体的にも疲弊していることが殆どです。
取り組んできた仕事が終わり、体にどっと疲れが出たときいは家にこもりひたすら寝て回復させる人は多いものです。
また大勢の人と関わるプロジェクトが終わった様な時も、静かなところや自然の中に生き、ぼーっとすることで思考をクリアにしたくなりますよね。
少しずつ溜まった疲れがどっと出るとき、人は一人になりたくなるものなのです。

この人と関わりたくない時期というのは、悪いことではなく、心身ともにきちんと自分のバランスを取ろうとしている自然な現象です。
この現象をネガティブに捉えることが良くないので、これで良いのだと、体のメッセージをきちんと受け入れ、自分を癒す時間に当てましょう。

人と深く関わりたくない心理

誰かの言葉に傷つきやすい人というのは、人と深く関わりたくないという人が多いです。
このような人は元々自己否定しやすく、”傷つけられる恐怖”という感情を心の奥底に持っています。
同じ言葉をかけられても、それをポジティブに受け取ることが出来る人と、ネガティブに捉える人がいます。
前者は自分を否定するという植え付けがないため、その言葉を自分へのアドバイスだと受け取ることが出来ます。
後者は、小さいころから自分を否定された経験があるため、自分を認めることが出来ず、どんな言葉も自分が否定されているとネガティブに反応してしまうのです。

ただ、特に今の日本は人の間違えを許せず、思いやりにかける人が増えています。
これはあなただけの問題ではなく、この日本という国が抱える問題でもあるということを理解して、間違っても自分を責めたりするのはやめましょう。

人と合わせるのが疲れるという人も、人と会うことを遠ざけがちです。
このような時は自分軸をしっかりさせることが大切です。
自分の好き嫌いははっきりとさせ、相手の意見に合わせる必要はないのです。
人は皆それぞれ考え方が違うので、意見が違って当たり前なのです。
相手の意見を認めることは大事ですが、それを自分の意見として受け入れる必要はないのです。
その部分をきちんと理解し、自分という軸をしっかり持つように心がけましょう。

もし特定の人と会いたくないのであれば、その人と波動が合っていないということです。
波動の重い人とあった後はどっと疲れますし、その相手が人のエネルギーを吸い取る、エナジーバンパイヤの場合、体調を崩してしまうこともあります。
このような場合、あなたの問題ではなく、このような人とは関わらないようにするべきです。
また波動の低い人を寄せ付けないためにも、あなたがポジティブな思考で波動を高く保つことが大切です。

人と関わりたくないのはなにかの病気?

一時的に一人になりたくて人と関わりたくなくなるのは病気ではなく、自分のバランスをとるために必要な現象です。
ただ、これが長期間にわたる場合、また体調も悪くなる場合は、病気の可能性もあります。
ただここでいう病気とは、心の中に眠るあなたの心の傷です。
これが原因であなたはうつなど病名を付けられてしまうのです。
このうつに大切なのは薬よりも、心の癒しです。
病院で薬をもらうよりも、カウンセリングやヒーラーなどのプロに頼って、あなたの中の浄化されていない感情を手放すことが大切です。

人と関わりたくない時期に隠されたスピリチュアル意味とメッセージ7つ

1. 寂しいけど人と関わりたくないときは「自分を癒そう」

寂しいけど人と関わりたくないときというのは、とても心が矛盾している状態です。
まずは自分の思考を整理して見ると良いでしょう。
寂しいという孤独感というのは他人が埋めることは出来ません。
誰かと一緒にいることで、一時的には寂しさが埋まりますが、根本的な解決にはなっていません。
その寂しさは潜在意識に眠る、インナーチャイルドから来ていることが殆どです。
小さいころに寂しい思いをした人は、その感情がまだ癒されず、心の中に存在しているのです。
この部分を癒すには、自分と向き合い、日々自分を認めていくことで可能な場合がありますが、ヒプノセラピーカウンセラーなどのプロに一度頼ってみることも近道です。

また孤独感というのは、誰しもが少なからず持っています。
それは私たちが生まれるとき、大いなる存在からその一部として離れ、地球に生まれてきているからなのです。
これは魂が感じる孤独な感情なので、誰もが根底に持っている感情です。

ただ、私たちは常にエネルギーを通して、この大いなる存在につながっていて、実際には孤独ではないのです。
この地球での学びの一つに、私たちはいつも大いなる存在の愛に包まれているということを知るというものがあります。
その為に、孤独を感じるという経験をしているのかもしれませんね。

2. 人と会うと疲れるスピリチュアル意味は「自分軸をしっかり持つ」

人と疲れるというのはスピリチュアル的には、エネルギーが足りていなかったり、エネルギーのバランスが崩れている、またはその会った人にエネルギーを吸われているという可能性があります。
エネルギーは思考によって左右されますから、普段あなたがネガティブな思考でいると波動が下がり、免疫力も下がってしまい、疲れやすくなります。
エネルギーがバランスよく循環しているときというのは、思考もポジティブで、疲れを知らず何かを楽しんでいる状態です。
そのようなときは、誰かと会っていてもその人の影響を受けたりせず、自分のエネルギーを高い状態で保つことが出来ますから、疲れたりしません。
逆に同じように波動の高い人との交流は、その人とのエネルギー交換がされて、すっきりすることもあります。

またエナジーバンパイヤといって、人のエネルギーを吸って自分のパワーをアップさせる人も存在します。
そのような人は、話していても自分だけの意見を押し付けたり、あなたの可能性を否定したり、ネガティブな思考の人だったりします。
このような人とは出来るだけ関わらないようにするか、自分の波動を高い状態に保ち、誰かに影響されることが無いように、自分軸をしっかり持ちましょう。

3. 面倒くさいから人と関わりたくないときは「運を逃している」

面倒くさいという言葉は、何かをしたくないときの言い訳としてよく使われますが、
この面倒くさいということをやめて、それを行動に移すことが流れに乗る秘訣なのです。
何かを思いつくとき、それは高次元からのメッセージであるということが多いです。
それをすぐに行動に移す人というのは、日々物事がスムーズに進みます。
面倒くさいと言ってやらないということは、ラッキーなことや、良い出会いを逃していることと同じです。
面倒くさいという言葉が癖になっている人は、出来るだけその言葉を使わないように心がけましょう。きっと流れが良い方向に向かいます。

4. 誰とも話したくないときは「自分と対話しよう」

誰とも話したくないときは、自分との対話をすることが大切です。
自分との対話を忘れると、人との関係にも影響が出てきます。
自分の考えとは、自分の意見とはという自分の軸を日々確認しておくことで、
人に影響されることがなくなり、人と話すことが苦痛でなくなるのです。
良い意味で適当に人の話を聞くことが出来たり、相手の意見を認めることが出来るようになり、人との関わりはぐっと楽になります。

5. 誰とも話したくないときは「自分と対話しよう」

人と関わりたくなくて、引きこもりたいときはあたなのエネルギーが不足している状態です。
一時的に引きこもることは悪いことではなく、自分と向き合う時間にしたり、瞑想をしたり、自然の中に身を置いたりして、時間を自分のために使うことでエネルギーを取り戻すことが可能です。
一番してはいけないことは、自分を責めたり、否定したりすることです。
人には誰でも運気が落ちる時期があります。人生が常に良いことばかりという人はいませんし、そのような人は成長が出来ません。
運気が落ちるときこそ、その時の過ごし方で次に来る幸運気を掴むことが出来るのです。
そんなときもあるさと、自分を受け入れてあげてください。

6. 誰とも話したくないけど、特定の人や彼氏とだけは話せるのは「依存している可能性大」

誰とも話したくないけど、特定の人とだけ話せるのは、その人たちを信用しているか、または依存している可能性があります。
信用しているからこそ話せるということはもちろんありますが、その人たちがいないと自分が保てないような場合は、依存してる可能性が高いです。
この見極めはとても難しいですが、その特定に人に会わなくても精神的や金銭的など全てにおいて自立出来ているのならば問題ありません。

またそのような人たちは、自分の承認欲求を満たしてくれる人たちではありませんか?
というのは、自分より下だと思っている人や、この人なら自分のダメなところを見せても大丈夫な人だジャッジしているのです。
人をジャッジしているということは、つまりあなたも自分自身のことをいつもジャッジしているのです。
完璧でないといけない、ダメなところを見せてはいけない、という制限を自分にかけている人でもあります。
完璧主義の人は良い自分だけしか受け入れないので、失敗したときや人に批判されたときには精神的にダメージを受けてしまうのです。
本来私たちの魂は完璧であるのに、人にはできて自分には出来ない部分を認められないのです。
このような生き方をしていると、いつか行き詰まり、うつなどの病気になる場合もあります。
魂には個性があり、それぞれの使命は違います。
それを理解し、自分にしかできないことに自信を持ち、進んでいけばよいのです。
自分にしかできないことというのは、自分が楽しくできる得意なことです。
これが人にとっては苦痛であったりするのです。
自分の良さを見つけることがとても大事なことなのです。

7. 一生誰とも関わりたくないときは「運気アップの前兆」

一生誰とも関わりたくないと思っていても、必ず今の状況は変わりますし、感情も変わります。
今はずっと出口のないトンネルの中にいるように感じるかもしれませんが、永遠に続くものはこの世にないのです。
唯一永遠なのは私たちの魂だけなのです。
そして真実もこの世にはないのです。あなたが今信じているものも、形を変え、少しすれば真実ではなくなるのです。
つまり、一生人と関わりたくないと思っていたことが、時間がたつと全く別の感情になっていることがあるということです。

スピリチュアル的な世界には、『陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる』という言葉がありますが、これが良く当てはまります。
人生のどん底を経験した人ならわかると思いますが、絶望まで行き、もうだめだというところまで行くと、必ず状況は陽転します。
そして、このどん底を経験した人だけが、それをバネに大きく活躍できるのです。
人は辛い経験がないと土台がもろく、少しの障害で簡単にあきらめてしまいます。
もし、今とても苦しい状態であるのであれば、あなたは何かを成し遂げる人である可能性が高いのです。
人生のバイオリズムというのは人それぞれ違いますが、そのリズムの波の高低が少ない人は、どん底に落ちるような経験も無ければ、大きく活躍することもないのです。
リズムの波が大きい人からみたら、いつも平穏で安定しているように見えて羨ましく感じますが、逆にそのような人たちは可もなく不可もなくという人生に物足りなさを感じていることが多いのです。
このリズムの波の高低が大きい人は、どん底まで落ちますが、その分人の何倍も大きな運気を掴めるのです。
それを生まれる前に決めてこの世に生まれてきた、勇気のある魂だということを誇りに思って、今の現実も諦めず前向きに進んでいってくださいね。

人と関わりたくない時期の対処法

人と関わりたくない時期は、無理に関わる必要はありません。
あなたのエネルギーを高めるためにも、自然の中に行ってみたり、海外に旅行へ出かけてみたり、ヨガをやってみたり、気分転換は必要です。
ただ、その時に自分に向き合うということも忘れないでください。
人は癒されてくると、本当の自分に戻ることが出来ます。
その時の自分と対話をして、本当の自分として生きれるように、今の自分の行動や生活をどう変えていくと良いのか、どうしたら自分らしく生きれるのか、そのような自問自答をする時間を作ることが大切です。

まとめ

人に関わりたくない時というのは、誰にでもあり、それが自分だけだと思わないことが大切です。
自分を責めたりせず、自分のバランスをとっているのだと、ゆったりと構えている方がよっぽど良いのです。
またそのような時こそ、今までの自分を振り返り、自分らしく生きてい来ていたのか、無理はしていなかったか、またこれからどんな自分でありたいかなど、自分というものを見つめる良い機会だと前向きに捉えると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました