PR
復縁しない方がいいパターン

復縁しない方がいいパターン

忘れられない彼との復縁を願うことって多いですよね。

でもカップルによっては、復縁しない方がいいパターンがあります。

復縁することだけに執着しないように、復縁しない方がいいパターンを確認してみてください。

本当の幸せは、復縁ではなく新しい出会いの中にあるのかもしれません。

1. 復縁と別れを繰り返しているパターン

もしも、復縁と別れを元カレと繰り返しているようであれば、復縁はしない方がいいかもしれません。

復縁できても再度別れることになるのは、お互いに別れの原因を解決できていないからです。

また、復縁と別れを繰り返していると、相手のことを軽く考えるようにもなります。

別れたとしても、心のどこかで「また復縁できるからいいや」と安心していませんか?

別れの原因が解決できていなければ、最終的には別れることになると言えるでしょう。

そうなると、復縁と別れを繰り返していた時間が無駄に思えるようになり、後悔が大きく残ります。

特に出産を希望している女性は、年齢が上がるほど「今までの時間を返して」と相手を恨む気持ちも出てきてしまうでしょう。

復縁で後悔する前に、元カレではなく新しい出会いを見つけるべきかもしれません。

2. 周りからの復縁反対が多いパターン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

復縁したい元カレがいたとしても、周りからの復縁反対が多い場合は復縁しない方がいいでしょう。

「恋は盲目」と言うように、誰かを好きになると正常な判断をすることができなくなるからです。

特に、好きな人は良い部分しか見えなくなり、悪い部分を無意識に見ないようにすることもあるでしょう。

自分の気持ちが大事ですが、周りの意見はもっと大事です。

特に、身近な存在である友達や家族が元カレとの復縁に反対するときは、注意してください。

恋をしているときは、好きな人に何をされても許せてしまいますが、常識的に考えるとありえない扱いをされていることも多いのです。

気づいていないだけで、モラハラやDVの被害者になっているともあります。

恋愛は、あなたを大切にしてくれる人とするのが幸せになれる方法です。

元カレとの復縁を考えたときは、客観的に判断ができるように、友達や周りの意見をまずは聞いてみてください。

3. 彼氏が浮気症のパターン

彼氏との別れの原因が浮気にある場合は、復縁はしない方がいいパターンです。

なぜなら、浮気は必ずと言っていいほど繰り返される傾向が高いからです。

たとえ一度の浮気で別れることになったとしても、復縁してからしばらく経つと、結局彼氏が浮気するパターンは多いのです。

付き合っているうちから何度も彼氏が浮気をしていた場合、浮気症が治ることはありません。

結婚をしたとしても、今度は不倫に走る可能性があるので、注意しなくてはいけなくなるでしょう。

男性自身は、浮気と本気を分けています。

浮気は遊びの意識が強いため、本当に好きなのは本命のあなたでしょう。

しかし、本命だとしても浮気されたときの怒りや悲しみがないわけではありませんよね。

彼と付き合う限り、同じ思いを繰り返すことになるのだとしたら、あなただけを本気で愛してくれる男性を見つけた方が、幸せになれる確率は上がるはずです。

4. 彼氏に結婚願望が全くないパターン

もしもあなたに結婚願望がある場合は、結婚願望が全くない彼氏との復縁はしない方がいいでしょう。

「結婚願望がない」と言っていても、結婚する男性もゼロではありません。

何かがきっかけとなって、気持ちが変わることもあるからです。

しかし、そういったパターンは稀です。

結婚を希望しない男性は、女性側が望んだとしても、相手の女性のことが本気で好きだったとしても、結婚を決意しません。

結婚に対する価値観がズレていると、カップルの付き合いはうまくいかなくなってしまいます。

最終的な目的が違うため、足並みを合わせることができなくなるからです。

特に、結婚願望がある女性は、比例して出産願望が高い傾向があります。

将来の目的が違う彼氏と復縁しても、自分の人生設計が狂う可能性が高いでしょう。

「それでもいい!」と思えたとしても、長い目で見ると同じ結婚願望がある男性と付き合った方が幸せになれると言えます。

結婚願望のない彼氏と復縁できたとしても、結婚に対してのモヤつきは晴れることがないからです。

付き合いを続けていても、どこかで不満が爆発するなど限界がくるでしょう。

5. 長く付き合って別れたパターン

長い間関係が続いて付き合っていたカップルも、別れてから復縁はしない方がいいパターンに入ります。

関係が長く続いただけあり、別れたときは喪失感が大きいでしょう。

長続きしていたカップルには、それなりに強い絆と相手への信頼感があるからです。

そのため「やっぱり彼がいないとだめ」と思いやすく、相手に執着する傾向が高くなります。

しかし、長く一緒にいても関係が壊れてしまったということは、結果的に二人の相性は合わなかったと言えます。

今まで一緒にいた相手がいなくなって寂しいだけで、彼氏への愛情はすでに冷めていることもあるのです。

復縁すること自体が目的になっていて、復縁できたとしても気持ちが盛り上がらないことがあるでしょう。

付き合いにどこか不具合を感じて、早々に別れを繰り返す可能性があります。

長く付き合った元カレとの復縁を願うときは、注意しましょう。

冷却期間を置き、その間に他の男性と関わってみることが大事です。

多くの場合はこの時間で、長く付き合っていたとしても元カレへの未練や依存は断ち切ることができるでしょう。

長く付き合ったからこそ、二人の関係を元に戻そうとしない方が幸せになれるはずです。

6. お互いの環境が別れてから変わっていないパターン

お互いに、別れてから環境が変わっていない場合も、復縁をしない方がいいパターンです。

カップルの別れの原因はさまざまですよね。

特に、好きなのに別れることになると、復縁を強く望む気持ちが強くなります。

例えば環境が理由で別れたカップルは、お互いに相手への好きな気持ちがまだ残っています。

カップルが別れる原因になりやすい環境

・遠距離恋愛に耐えきれなくなり別れた
・家族から付き合いを反対されて別れた
・仕事が忙しくて付き合いがうまくいかなくなり別れた

上記のような理由で別れた場合、復縁もしやすいでしょう。

しかし、復縁をしたとしても別れることになった環境が変わっていないと、結果的に別れを繰り返すことになります。

元カレ復縁を望むときは、二人の環境が変わっていることがポイントです。

どちらか片方だけの環境が変わったとしても、同じ理由で喧嘩になったり不満が出てきたりすることになるでしょう。

環境問題が解決できないうちは、復縁しない方がいいのです。

時に恋愛は、幸せになるために「縁がなかった」と割り切ることも大事になってきます。

好きな人と復縁できたとしても、毎日不安がつきまとうようであれば、幸せとは言い難いでしょう。

新しい出会いに目を向けてみると、思ってもみなかったような世界が広がっていくこともありますよ。

7. 体の相性が良くなかったパターン 

愛情と体の相性は、必ずしも比例するものではありません。

好きな相手であったとしても、体の相性が良くない場合もあるからです。

体の相性がすべてではありませんが、相性が悪いとカップルとしては短命になる傾向が高くなります。

カップルにとって、スキンシップは欠かすことのできないコミュニケーションだからです。

エッチだけがすべてではありませんが、体をつなげることで好きな人との関係より深いものとなります。

その相性が悪いとなると、カップルの関係がギクシャクしてしまうのは仕方ないでしょう。

体の相性が良くなくて別れた場合も、復縁はしない方がいいでしょう。

体の相性はそう簡単に治せるものではありません。

そもそもがナイーブなトピックであるため、相手に改善点を伝えるのも憚られるからです。

自分が言われたとしても、自信をなくしてしまいますよね。

復縁したとしても、どちらかが我慢を強いられることになるのです。

そうなると、二人の関係は対等でなくなってしまうでしょう。

結果的には、別れしか待っていないため、復縁はしない方がいいのです。

復縁しない方がいいパターンかも…心のサインをチェック!

元カレとの復縁を考えたときは、本当に自分は復縁がしないのかよく考えましょう。

別れたときは、相手に執着や依存心が湧いていることが多く、実は愛情ではないことも多いからです。

心のサインをチェックして、復縁しない方がいいパターンかどうかを確認してみてください。

復縁した後の二人が想像できない

「元カレとやり直したい」と思ったとき、復縁した後の二人を想像することができるでしょうか?

もしも、どんな付き合いになるのか想像ができない場合は、復縁はしない方がいいかもしれません。

元カレへの気持ちがあるように見えても、それは環境の変化を怖がっているだけかもしれないからです。

人は変化を嫌う性質があるため、環境が変わるときはナイーブになります。

その気持ちを、愛情と勘違いしてしまいやすいのです。

未来の二人のイメージができないのは、その証拠でしょう。

本当は望んでいない姿だからこそ、想像することに抵抗ができているのです。

結婚への焦りがある

結婚への焦りがあるときも、元カレへの気持ちを愛情だと混同しやすいため注意してください。

元カレが好きなのではなく、結婚がしたいから復縁を望んでいる可能性があります。

結婚を焦っているときは、彼氏以外の男性ともう出会えないような気がしてしまうものです。

「彼以外に私を好きになってくれる人なんていない」

「彼を逃したら結婚できないかも」

このように感じているときは、危険です。

別れは出会いの始まりでもあります。

彼氏と別れることで、新しい出会いはたくさん見つかるはずです。

しかし、彼氏に執着してしまうと出会いのチャンスを見逃すことが多くなるでしょう。

新しい出会いがないとより自信を失ってしまい、ますます復縁を強く望むようになります。

結婚への焦りをなくすには、元カレではなく新しい出会いや他の男性に目を向けることです。

積極的に出会いの場へ足を運んでみてください。

あなたは魅力的な女性で、好意を持ってくれる男性は元カレ以外にもいることに気づけるはずです。

周りがカップルばかりで寂しく感じている

別れた後は、寂しさから元カレとの復縁を望んでしまうこともあります。

しかし寂しさと愛情は別物なため、復縁ができたとしても彼との関係に心が満たされることはないでしょう。

特に、周りがカップルばかりで自分一人がフリーであるときは、注意しなくてはいけません。

自然と彼氏や夫など、パートナーの話を聞くたびに、寂しさは強くなっていくからです。

好きな人よりも「彼氏が欲しい」と思うときは、寂しい感情になっているだけでしょう。

例えば、元カレが浮気症やモラハラ男など問題のある男性だったとしても、寂しい気持ちから連絡をとりたくなってしまいます。

彼氏がどんな人物か、また二人の関係性によっては、一人の方がよっぽど幸せなパターンもあります。

復縁をするときは、もう一度自分の気持ちと向き合ってみてください。

本当は復縁を望んでいなかったことに気づくかもしれません。

まとめ

別れた元カレは、なんとなく恋しく思ってしまうものですよね。

しかし、別れて正解だった彼氏はたくさん存在します。

せっかく悪縁と別れることができたのに、復縁で戻ってしまわないように気をつけましょう。

復縁したい気持ちになったときは、復縁しない方がいいパターンを思い返してみてくださいね。

  • 復縁成功者続出中
  • 復縁したい人におすすめの電話占い
  • 復縁相談後、すぐに効果が出た人も!
  • 音信不通からの復縁に成功
初回限定最大6500円無料で鑑定してもらえる!お得に復縁できるチャンスを逃さないでくださいね。
Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

復縁(172)
Lani

コメント