PR

別れてもLINEブロックしない男性心理と本音を徹底分析!

別れても相手がLINEブロックしていないと、「まだ自分に気持ちがあるのかな」と期待してしまいますよね。

でも「別れた」という事実が目の前にあるため、復縁に向けてアプローチをしても良いのか迷ってしまうでしょう。

彼を吹っ切るべきなのか、諦めずに復縁を願うべきなのか決められずに、モヤモヤすることも多いです。

そこで今回は、別れてもLINEブロックしない男性心理と本音を徹底解説していきます。

別れてもLINEブロックしない男性心理は複雑ですが、復縁が絶望的なわけではありません。

別れてもLINEブロックしない彼と復縁する方法も一緒に紹介していくので、復縁に悩んだときはチェックしてみてください。

別れてもLINEブロックしない男性心理って?

男性が別れてもLINEブロックしないのは、相手のことを嫌いになっていないからでしょう。

と言っても、相手が好きな気持ちが残っている以外にも理由がありそうです。

別れてもLINEブロックしない男性心理を深掘りしていきます。

気持ちがないからブロックする必要はない

男性が別れてもLINEブロックしないのは、未練があるのかと期待してしまいますが、実際は気持ちがないからLINEブロックする必要がないと考える心理を持つためです。

友達の気持ちしか持っていなかったり、気持ちがないことを自覚していたりすると、ブロックしてまで相手を避ける対象にはなりません。

LINEブロックは、嫌いな相手に対して行うものですよね。

ただ、恋愛においては、相手を忘れることも目的としてLINEブロックを行うこともあります。

そのため、好きも嫌いもない場合は相手のことを気にしなくなり、何か行動を起こす考えさえ浮かんでこなくなるのです。

別れても良い関係の友達でいたい

別れたとしても、相手のことを嫌いになる男性は稀です。

逆に「別れても自分のことを嫌いにならないでほしい」と思っていることの方が多いでしょう。

そのため今後は良い友達関係を築いていきたい心理を持ち、LINEブロックをしないことがあります。

関係が悪くなって別れたり、別れ際に拗れたりと、別れトラブルはつきものですが、男性はできるだけ女性とのトラブルは避けたい思いがあるのです。

恋愛感情として好きな気持ちが残っていない場合でも、人として好意的な関係を続けていきたいと考える男性は多く、よっぽどのことがない限りは、男性は別れてもLINEブロックをしないでしょう

ブロックはさすがに可哀想

LINEブロックをすることに、同情的な心理を持つ男性も多いです。

喧嘩別れになったとしても、「LINEブロックまでするのはさすがに可哀想」と心理的に感じると、LINEはそのまま繋げておくでしょう。

これは、自分が振った側でも振られた側でも、男性心理に変わりはありません

承認欲求が高い傾向にある男性は、存在を否定するLINEブロックに対して敏感であり、ひどい行為だと感じていることが多いです。

そのため別れたことで、LINEブロックを付き合っていた相手に行うのは避けたがるでしょう。

ブロックする行為ってなんかカッコ悪い

LINEで相手をブロックする行為はカッコ悪いと、男性は心理的に感じていることがあります

LINEブロックは、嫌いな相手から逃げる行為にも見れるからです。

闘争本能が高い男性にとって、LINEブロックは心理的に相手よりも自分が負けていると感じる行為でもあるのでしょう。

そのため別れた相手のことを嫌っていたとしても、LINEブロックをしないことが多いのです。

また、人としてLINEブロックはマナー違反だと感じている男性も多く、相手が誰だとしてもLINEブロックをすることに抵抗があるでしょう。

共通の友達関係があるからブロックすると面倒

男性が別れてもLINEブロックしないのは、共通の友達関係がある場合は面倒だと心理的に感じているからかもしれません。

付き合いが長ければ、お互いの友達を紹介するなど共通の知人は増えていきますよね。

SNSで繋がるなど、人との輪は広がっていきます。

そこで別れたといって相手をLINEブロックしていれば、共通の知人に「ブロックされている」などと話されるかもしれません。

第三者に自分が別れた相手をブロックしていることを知られるのは、恥ずかしいものがあるでしょう

「そこまですることないんじゃない?」などと諭されてしまえば、他の友達との間に気まずい雰囲気が漂ってしまいます。

そういった人間関係のトラブルを避けるために、別れてもLINEブロックをしないことが男性にはあるでしょう。

またLINEの機能上、ブロックしていても他の友達もいるグループトークでは、相手も表示される状態でやりとりができます。

共通の友達がいる場合は完全なブロックができなくなるため、面倒な気持ちが勝ってLINEブロックをしない男性もいるでしょう。

復縁したいからブロックはしない

別れてもLINEブロックしない男性心理でもっともわかりやすいのは、復縁の可能性があると思っていることでしょう。

別れても復縁したい気持ちがあれば、連絡は繋げておきたいと考えます

別れてからも今まで通りに連絡が彼からくる場合は、この心理を持っている可能性があるでしょう。

むしろ、自分がLINEブロックされないか不安に思っているため、頻繁に連絡をくれるかもしれません。

また、今は冷却期間を置いて、いずれ復縁したいと思っている場合でも、LINEブロックはせずにそのままの状態を維持しておくでしょう。

この場合は、何かのきっかけがないと相手から連絡がくることはありません。

しかし、誕生日や共通の知人の話題、そしてアイコンを変えたときなど、LINEを送るチャンスを逃さないかのようにメッセージがきた場合は、彼に復縁の意思があることがわかるでしょう。

まずは無料相談!
どうしても復縁したい! プロの工作員が復縁のお手伝い!
  • 対象者を調査・分析し、復縁のためのプランを提案
  • プロの工作員が復縁できる状況を作り出す
復縁屋M&M 探偵業届出済 全国対応 PR
  • 業界トップクラスの実績
  • リアルタイム報告で安心
匿名相談 OK

別れてもLINEブロックしない男性の本音とは?

ここからは、別れてもLINEブロックしない男性の本音を解説していきます。

別れてもLINEブロックをしない男性心理はさまざまで、複雑なように見えることが多いです。

しかし、元々男性も女性も、人はそこまで複雑な感情を持っていることはありません。

実はシンプルな理由や目的が本音としてあるだけで、周りの状況や相手への見栄などが原因で見えにくくなっているだけなのです。

元カノに未練がある

「友達関係に戻りたい」

「好き嫌いの感情をもう持っていない」

「共通の友達関係があるから面倒」

そんな風に、LINEブロックしないことの言い訳を並べてみても、別れてからLINEブロックしない男性の本音はシンプルに一つだけのことが多いです。

それは、やはり元カノに未練があることでしょう。

男性にとって別れていてもいなくても、彼女の存在は大きいものです。

そのため元カノをLINEブロックせずに、いつでも連絡がとれる状態にしておくのは、元カノに何かしらの未練があるからでしょう。

復縁したい未練や、傷つけてしまったことで後悔する未練など、その種類はさまざまかもしれません。

しかし、今後も関わりたい思いがあるから、連絡を切ることをしないのです。

それが、別れてもLINEブロックしない男性の深層心理から見る本音でしょう。

嫌われたくない

男性は、オスの本能として女性に嫌われたくない思いが強いです。

女性に拒否されてしまえば、子孫を望むことはできなくなるからです。

そういった本能から、女性に嫌われることを恐れるようになり、自ら女性を避けるような行動は少なくなります

LINEブロックもその一つでしょう。

LINEブロックは、された側からの印象がグッと悪くなる行為ですよね。

そのためLINEブロックをすることで、相手の女性から嫌われることは確実になります。

たとえ別れて関わりがなくなる相手でも、男性は女性から嫌われる行動を本能的に避けたい思いがあるのです。

もしものときのキープ候補

男性が別れてもLINEブロックしない本当の理由は、元カノをキープ要因としてとっておきたいからかもしれません。

男性は多くの女性にモテたいと思う傾向が強く、別れたとしても元カノを「自分のことを好きでいてくれる女」として、いつまでも見続けることが多くなります。

男性の恋愛は、新しく上書き保存していくのではなく、フォルダ別に保存しておくことは有名な話ですよね。

そのため連絡さえ切れていなければ、関わりを持てると自信を持っている部分があるでしょう。

適度に連絡をとって、付かず離れずの関係を維持しておけば、寂しいときや遊び相手がほしいときに都合よく使うことができます

女性から見ると最低な言動として映りますが、実際に男性たちは悪気なくやっていることがあります。

オスとしての本能がそうさせるのかもしれませんが、男性は別れた元カノも自分のものとしてとっておきたい本音があるのです。

別れてもLINEブロックしない男性と復縁するための方法

彼が別れてもLINEブロックしないのであれば、復縁の可能性はゼロではありません。

お互いに連絡をとれる状況は整っているので、タイミングと方法さえ間違えなければ、そのまま復縁は成功するでしょう。

最後に、別れてもLINEブロックしない男性と復縁するための方法を解説していきます。

復縁成功の秘訣は、別れた後に送る最初のメッセージにあります。

ポイントをしっかりとおさえて、彼との復縁に向けて動き出してみましょう。

冷却期間を置いてからLINEしてみる

復縁したい思いが強いと、すぐにLINEを彼に送りたくなってしまいますよね。

LINEブロックされていなければ、脈ありを感じて余計にLINEを送って連絡をとりたい気持ちは強くなります。

しかし、別れてから時間が経っていないうちにLINEを送っても、彼の心に響くことはありません。

別れた直後に相手から復縁を願われても、別れたい気持ちが強くなるだけです

そのため復縁を成功させるには、どんな別れ方をしていても冷却期間を置くようにしましょう

冷却期間は最低でも1~3ヶ月はとってください。

その期間は、自分から連絡をしてはいけません

思いがけず彼からきた場合は、そのまま返信して再度コミュニケーションをとるきっかけにしても良いでしょう。

冷却期間をしっかりとることができれば、彼から連絡がくる可能性も高くなっていきます。

最初に送るLINEメッセージは短めに

冷却期間を置いたあとに、自分からLINEを送る場合は、最初のメッセージを短めにすることを意識しましょう

冷却期間で彼との連絡を我慢した分、伝えたいことがたくさんあるかもしれません。

しかし、いきなり長文でメッセージを送ってしまうと、その気持ちの重さに彼がプレッシャーを感じることがあります。

しばらく離れたことで彼はあなたを恋しく思い、印象が良くなっているのに、「やっぱり気持ちが重いな」と彼が感じれば、復縁の成功率は下がってしまうでしょう。

久しぶりに連絡をとるときこそライトなメッセージで、彼が気軽に返信できる雰囲気を出してあげましょう

例えば、「今日誕生日だったよね?おめでとう」これくらいの短さなら、彼も「ありがとう」と返信がしやすくなります。

復縁を成功させる第一歩は、まずは彼から返信がくることです

相手にどう送れば返信がしやすくなるか、そこを一番に考えてLINEを作成してみてください。

LINEのラリーは自分から終わらせる

復縁を狙っている彼とのLINEラリーが続いたときは、できるだけ自分から終わらせるように流れを作ってみてください

自分からラリーを終わらせた方が、相手はあなたのことが気になるようになるからです。

「返信くれてありがとう!また連絡するね」などある程度ラリーを続けたら、自分でトークを終了させるメッセージを送りましょう

復縁は、相手を追わせることが成功のポイントになってきます。

トーク画面の中でも、基本的に自分がラリーを終わらせて、相手が追っている擬似状況を作り出してみてください。

復縁屋を利用する

別れてもLINEブロックされていない男性との復縁を望むなら、復縁屋を利用するのも効果的な方法です。復縁屋は、復縁の道のりをプロの視点でサポートし、あなたに最適なアプローチ方法を提案してくれます。

直接連絡をとるのが難しい場合でも、復縁屋のアドバイスに従えば、軽いメッセージから復縁のきっかけをつかむことが可能です。

あなたの言葉選びや連絡のタイミングも、復縁屋が丁寧に調整を手伝ってくれるので、スムーズに関係を再構築できるチャンスが広がります。

特に、LINEでの会話は、さりげなく自分から終わらせることで彼の関心を引き続けることができるなどテクニックがありますよね。復縁屋のサービスを活用して、元彼との新たな繋がりを築いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

別れてもLINEブロックしない男性の心理は、複雑なように見えて本音はシンプルです

どんな男性であっても、元カノに未練は残るからでしょう。

相手がLINEブロックをしていないのであれば、方法次第では復縁を成功させることができます。

ただ、復縁は焦った時点で失敗する確率が高くなります。

時間がかかるものだと割り切って、ゆっくりと彼との距離を縮めていってくださいね。

コメント