ラップ音・ラップ現象の対処法!家なりと違う?【音別対処法】

ラップ音・ラップ現象の対処法!家なりと違う?【音別対処法】

皆様も、家の中や部屋のどこかで「ミシッ」「バキッ」というラップ音を聞いたことがあるかと思われます。

ただ、ラップ音は有名な心霊現象の1つともいわれていますので、原因不明のラップ音に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、ラップ音・ラップ現象とは?ラップ音と家なりは違うのか?などについて紹介したいと思いますので、参考になさってみて下さい。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

ラップ音とは

ラップ音(ラップ現象)とは、誰もいない部屋や、何も存在しない(ように見える)空間からある種の音が発生して鳴り響くとされる現象で、自然の音とは明らかに異なっているため、超常現象や心霊現象といわれるものの1つとされています。
ラップ音には、さまざまな音があり、本来の超常現象や心霊現象なラップ音以外にも、原因不明の音が鳴る現象を示す場合もあります。
また、ラップ音は、今から約150年前にアメリカのスピリチュアリズムを始めた姉妹が住む家で起こり、これが世界的に広まっていったのではないかといわれています。

Wikipedeiaより一部抜粋

ラップ音は、家の中で聞こえる原因不明の音のことで、特定の音を示すのではなく「ドン」「バキッ」「パン」などさまざまな音のことをいいます。

どの音にも共通しているのは、なぜそのような音がするのか原因が不明な部分と、ラップ音を止める方法がないという部分です。

家で生活をしていれば、ドアを開け閉めする音や水を流す音、床を歩く音などの生活音がするものですが、ラップ音は、家に住む誰かが動いて音を立てていたりする訳ではないものとされています。

また、ラップ音は、霊感がない人でも聞こえることが多いといわれていますが、ラップ音がしたときに、心霊現象なのかどうかを確かめようとする行動は避けた方が良いとされています。

ラップ現象と家なりの違い

家なりは、建築のときに使用された木材が温度や湿度などの変化によって起きる現象で、「パキッ」というような音は、建材が馴染んでいない新築の家で起こることが多いといわれています。
また、木材だけではなく、鉄筋やコンクリートなども、温度や湿度などの変化、激しい雷雨や地震の影響などによって、音が鳴ることがあります。
ラップ音というのは、確かな原因が分かっている訳ではなく、何の前触れもなく音がするものであり、家なりとラップ音では、鳴る音も違います。
家なりは「パキッ」「ミシミシ」など、人が床を歩いているような音がしますが、ラップ音は「ドンドン」と何かを叩いていたり、近づいてくるような大きな音だったり「パン」とクラッカーを鳴らしたときのような音など、家の中で鳴るはずがなさそうな音である場合が多いとされています。

ラップ音の科学的な解釈

ラップ音の科学的な解釈としては、昼間と夜間の温度差で建材がきしむ音がしたり、金属が冷えて劣化音がするなど、建築物の構造にあることが多いとされています。
最近の住宅は、PCプレハブ工法で建設されている建物が多く、この工法を使った建物は、熱膨張が原因でパネルがずれて音が鳴ることがあります。
また、水道や排水のパイプが原因で音がすることもあるため、ウォーターハンマー現象と熱膨張がラップ音の原因であると、科学的には説明されています。
ウォーターハンマー現象とは、キッチン、浴室や洗面所などで水栓を締めたときに鳴る「ゴン」という衝撃音のことをいいます。

ラップ音の正体・ラップ現象が起こる理由・原因

この項目では、ラップ音の正体・ラップ現象が起こる理由・原因を紹介したいと思います。

幽霊による心霊現象・霊障

ラップ現象が起こる理由・原因の1つめは、幽霊による心霊現象や霊障の場合ですが、この場合は大きく分けて2つの特徴があります。

幽霊による心霊現象や霊障の場合

「ドーン」や「バーン」といった大きくて破壊的な音が連続して激しく鳴ったり、夜など決まった時間になると鳴る場合は、霊が生きている人に対して「ここにいる」「寂しい」と伝えにきているといわれています。
生きている人の中には、霊の存在に気がつかない人もいますので、ラップ音で伝えてきているということです。
この場合は、部屋の掃除をしてお香を炊いたり、神社でお祓いを行うと、ラップ音が止むとされています。

守護霊の場合

ラップ音は、守護霊からのメッセージだともいわれています。
同じ心霊現象だとしても、守護霊からのラップ音は、怖いという印象を持たないことが多いとされています。
気持ちが落ち込んでいるとき、良くないことを考えていたときなどに、ラップ音が聞こえた場合は、守護霊がラップ音を通して、あなたにスピリチュアルなメッセージを送り、守ろうとしてくれている可能性があります。
ラップ音を聞いたときに、何かを感じたり、ひらめいたり、忘れていたことを思いだしたりなど、気づきに繋がることがあるのが、守護霊からのラップ音だといわれています。

電磁波攻撃によるラップ音・家鳴り

ラップ現象が起こる理由・原因の2つめは、電磁波攻撃によるラップ音・家なりの場合です。
この項目は、fam-iyagarase.com/electromagnetic-waves-3/こちらのサイトを参考に説明させていただきます。
電磁波攻撃によって、部屋から「パキッ」「ピシッ」とラップ音や家なりが生じたときに、不眠症、身体の痛みやしびれ、頭痛などの症状がでたり、精神的に追いつめられて日常生活に支障がでる場合は、専門家に相談することが大切です。
これらの症状は、電磁波過敏症と呼ばれており、電磁波の検出値が高い部屋などに住んでいる人が体調不良を起こしたり、何らかのアレルギー症状を起こしたりするケースは珍しくないといわれています。
電磁波の正体や人体への影響などは、ネット上の情報だけでは不確かなものも多く、詳しく究明されていない部分もありますし、また、日本では、電磁波に対する法律がほとんど存在しないため、人体に悪影響を及ぼすと分かっていても、法的措置を取ることは難しいとされています。
ただ、微量の電磁波は、スマホ・電子レンジ・テレビなど、あらゆるものから発生しているため、その中から原因を特定したり、対策をすることは、一般の方には不可能といえますので、専門技術と専用の機械を使って調査をすることが必要となります。

事故物件の怪奇現象で多発する

ラップ現象が起こる理由・原因の3つめは、事故物件の怪奇現象で多発する場合です。
事故物件の怪奇現象とは「ドンドン・ドタンバタン・ガシャーン」というような激しくて大きなラップ音が鳴るのが特徴で、その場所に無念を残して亡くなった霊が、怒りや憎しみの感情を発散しているという意味があります。
このような激しくて大きいラップ音を聞いたときに、恐怖を感じたり、身体が緊張状態になる場合は、怨霊や地縛霊が、自分の縄張りを主張して追い出そうとしていることが多いといわれています。
霊の中には、自分が生前に住んでいた物件に対して強い愛着や執着を持っている霊もいますので、激しく物を叩くようなラップ音や、耳にキーンと響くようなラップ音には、ここは私の縄張りなのだから、早くこの場所から立ち去りなさいというメッセージが込められていることが多いとされています。

ラップ音の江原さんの解釈は?

ラップ音の江原さんの解釈の1つとして、https://www.youtube.com/watch?v=WksqonVaq-w
こちらの動画が紹介されています。
動画の内容は「家の中で不思議な物音がひどく、祖母には新築の家だから家なりだといわれたが、ラップ音がほぼ毎日15年間も続いて聞こえ、誰かに見られているような気がするけど、自分の妄想なのでしょうか?」という相談者からの質問に、
江原さんは「これが普通。15年気にならなかったものが、今頃気になるのは、今まで忙しかったのが急に暇になったからというのもある。逆にぴたっと音が聞こえなくなったほうが、怖いと感じるかも。生活音・水道管の音・空調の音などいろんな音がある。全くの無音のほうが怖い。そう思ったら幸せなこと」と回答されています。

また、江原さんの著書「スピリチュアル プチ お祓いブック」からも一部紹介します。
物理的に説明し得る原因がなく発生する叩音のことをラップといいます。
このラップ音は、スピリチュアリズムの視点から見ると非常に深い意味があり、その目的は良くも悪くも霊が何かを知らせるために鳴らしています。
ラップ音は心霊現象ですが、ただ音が鳴るだけで実害がないため、怖がることではありません。未来を先に知らせてくれ、称賛と応援をしてくれる大変貴重で有難い音色、その意味をじっくり思考し人生を彩りましょう。
もしも嫌な感じがするラップ音なら、身体を洗い清潔にして、お風呂で湯船に浸かった後に、シャワーの水を肩の辺りをめがけて強く当てる、簡易的ではありますがとても有効です。
また、普段から、ご先祖さま、守護霊や守護神に、24時間見守っていただいて感謝していますと手を合わせることをおすすめします。

ラップ音の怖い体験談・エピソード

この項目では、ラップ音の怖い体験・エピソードを2つ紹介したいと思います。

エピソード1

20年以上も前、高校の試験勉強のため、2時過ぎまで起きていることが続いていた夜のことです。
私の部屋は2階だったのですが「ガーン!ガーン!ガーン!」とバットか何かで強く壁に打ちつける音が響いて驚いたことがあります。
その音が毎晩同じ時間に続いたため、私は怖いのと、勉強に集中したいという思いで「うるさい!」と叫んだら、音が止みました。
音が止んだ後、自分の部屋で眠りにつき、寝返りを打とうとしたら、左腕が重くて動かなくなりました。
あまりに左腕が重く目が覚めたので、ふと左側を見ると、私の左腕に焼け焦げたような茶色くなった人が乗っていて、私は、怖くて失神してしまいました。あれは一体何だったんでしょう?
(40代女性)

エピソード2

賃貸アパートに引越しをした初日の夜に、シャワーを浴びていたら、シャワーの根元の壁から「ドンドン」と音が鳴りました。
シャワーのお湯が出ているから、何かの機械の音だろうと気にしていなかったのですが、シャワーを浴び終わった後に髪を乾かしていると、シャワールームから、また「ドンドン」と音が鳴りました。
換気扇かガスのせいかな?と思い、換気扇を切ってガスの電源を切ってみても、10分〜15分おきに「ドンドン」と音が鳴るんです。
このような体験が初めてなので、音が鳴った瞬間、怖くて精神的に不安になり、アパートに帰りたくなくなってきました。
(30代女性)

ラップ音に加えてなにか影響があるなら早めに対処しよう

ラップ音の多くは生活音とは違う鳴り方がするため、ラップ音が気になってしまったり、日常生活にも支障がでてしまう場合は、専門家にお祓いしてもらうなど、早めに対処した方が良いかと思われます。

今は影響がなくても、今後起きる可能性もあるので早めの対処が大切

ラップ音は、心霊現象なのか、生活音なのか、区別がつかないこともあるかと思われます。
ただ、人によっては、ラップ音がした後に、悪寒や耳なり、頭痛、睡眠不足など身体への症状がでたり、神経が過敏になってストレスに感じたりする場合もあります。
今は影響がないと感じている方も、心霊現象の可能性がないとはいいきれませんので、今後起きる可能性も考えて早めに対処をすることが大切です。
原因不明の音というのは、心霊現象などを信じない人でも不安を感じるもので、もしかしたら部屋に霊がいる?何かに呪われている?と、悪いことを考えてしまう傾向にありますので、早めに対処をして安心したほうが良いのではないでしょうか?

除霊・浄霊・霊障か診断してもらうのもおすすめ

ラップ音は、専門の人たちにお願いをして、除霊・浄霊・霊障かの診断をしてもらったり、その家にいる霊の念や感情を浄化してもらうことが大切です。
もし、ラップ音が霊(守護霊)からのメッセージである場合は、除霊や浄霊によって、ラップ音が止むこともあります。
電話占いサイトは、安心の上場企業運営が多く、ベテラン霊能者が多く在籍していますので、怪しい壺や石を売られる心配はいっさいありませんので、おすすめです。
電話占いでしたら、自分と相性の良いベテラン霊能者を探して、ご自宅から好きな時間に電話で相談ができますし、無料特典を利用すればお得に鑑定してもらえますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ラップ音のシチュエーション別解釈・可能性

この項目では、ラップ音のシチュエーション別解釈・可能性を紹介したいと思います。
家なりなのか、ラップ音なのか、音を良く聞いて確かめてみて下さい。

夜中になるとラップ音が聞こえる

ラップ音の多くは心霊現象ではなく、水分が蒸発したときの音であるという解釈があります。
木材や壁紙などは、昼と夜の温度変化によって水分保持量が変わり乾燥することが原因で、わずかに変形して音がなることもあります。
心霊現象霊によるラップ音の場合は、午前2時~2時30分に起こることが多いといわれています。
真夜中は静かな状態で過ごしている人たちが多い傾向にありますので、ラップ音に気がつきやすい時間帯でもあります。

マンションなのにラップ音が聞こえる

マンションに住んでいる場合、音が横から聞こえてくるとは限りませんが、もし、誰も住んでいない隣の部屋から壁を叩くような音が聞こえてきたときは、ラップ音である可能性も考えられます。
ただ、マンションも、建材が温度や湿度などの関係で膨張したり収縮したりするため、家なりであるという解釈もあります。

ラップ音の音の種類

ラップ音は、ケースによっても音が違うといわれていますので、この項目では、ラップ音の代表的な音の種類を紹介したいと思います。

パンという音

クラッカーを鳴らしたり、手を叩いたような「パン」という大きな音は、何もない空間からしてくることが多いため、音が鳴ったら驚いて、聞こえてきたほうを見てしまうことがあるといわれています。
「パン」という音は、守護霊が鳴らすことが多い傾向にありますので、守護霊がスピリチュアルなメッセージを送ってきていたり、音がした方向を見て欲しいと思っているなどという意味があります。

パチパチという音

「パチパチ」と何かが弾けるような音は、刺激音といわれています。
「パチパチ」という音は、部屋にいるときに聞こえてくることが多い傾向にありますが、もし、外出先などで聞こえてきた場合は、自分だけにしか聞こえないラップ音であることも特徴の1つです。

パキッという音

木材の家で良く聞かれる「パキッ」という音は、木材が割れる音である可能性が多いため、新築の家に関しては、心霊現象だと確定はできないとされています。
自然現象や、生活をしていく内に、木材は伸縮するという特徴を持っているため、家なりである場合が多いといわれています。
ただ、テレビのボリュームに負けないくらいの大きな音で「パキッ」という音が聞こえてきた場合は、ラップ音である可能性もあります。

パチッという音

「パチッ」と少し衝撃を感じる音は、ラップ音の種類としては有名な音の1つで、良くない霊的なものが集まり、静電気のようにはじけて音をだすこともあるといわれています。
ただ、空気が乾燥している時期は、自分の身体に静電気がたまる傾向にありますので、衝撃とともに「パチッ」という音が鳴ることが良くあります。
静電気が原因のラップ音の場合は、静電気を防ぐために、髪をとくブラシを変えたり、洋服の素材を変えることで、少なくなることもあります。

ジジジという音

パソコンのデータ転送のための音波が発信されるときに「ジジジ」という音が鳴るといわれています。
また、冷蔵庫の影にあるコンセントや、換気扇のコンセントが変色してトラッキングを起こし「ジジジ」という音が鳴ることもあります。
http://www.bionet.jp/2014/03/tracking/

ドンという音

人がいないはずの壁や天井から、誰かが強く叩いているような「ドン」という音が聞こえてきた場合は、ラップ音である可能性があります。
誰かがドアを叩いたのかな?と思った瞬間に、音が消えてしまったり、何も見えないという場合が多いといわれています。

ドーンという音

「ドーン」というラップ音は、太鼓を叩くような音だといわれていて、寝る前のウトウトしたときに聞こえてくることが多い傾向にあります。
生霊は、寝ているなど無防備な状態になったときに、ネガティブな感情や念を送ってくるといわれているため、生霊によるラップ音が原因で、嫌な夢を見ることが多くなったり、睡眠不足になったりすることがあるとされています。

ラップ音がしやすい場所

この項目では、ラップ音がしやすい場所を紹介したいと思います。

ベランダからの音

ベランダは、家の中でも虐待の場という意味があるといわれていますので、悪霊による心霊現象の可能性があります。
ただ、何かがコンコンと当たっているような音が、数ヶ月に1度しか聞こえないという場合は、ベランダの柵の空洞部分の温度が上がり、金属が膨張・収縮を繰り返して鳴る音であることもあります。

壁の中から音がする

目の前の壁や、後ろにある壁から、明らかに普通ではない音が鳴るということがあります。
家なりは建築材の伸縮が原因のため、音がするのは壁の内部からですが、ラップ音は何も無い空間から聞こえることが多いため、見極めるのが難しい場合があります。

天井からきしむ音がする

天井から「ミシッ」ときしむ音がするのは、木造住宅において起こることが多いといわれています。
住宅を建てるときに柱に使う材木は、ある程度乾かしたものが使われますが、中には乾燥が十分ではなかったため、ときの経過とともに材木が乾燥して割れることがあり、そのときに「ミシッ」ときしむ音が鳴る場合があります。

部屋から音がする

自分の部屋から音がすると思っていても、本当は隣人が立てた音をラップ音だと勘違いしてしまっている場合があります。
アパートやマンションなどは、外壁が厚くても音が反響したり、壁を通りやすい音質の音が聞こえてきたりします。
ただ、部屋が汚いと低級霊を引き寄せやすいといわれていますので、気分が落ち込みやすかったり、部屋に良くない気が流れていると感じたときは、部屋の掃除や整理整頓をして、不要なものを処分するのが良いとされています。

冷蔵庫からラップ音がする

冷蔵庫から音がするのは、冷蔵庫の裏などは放熱板があるため、樹脂部分がきしむからだとされています。
エアコン、冷蔵庫、洗濯機などの大型家電のある場所は、それ以外の場所とのあいだに温度差が生じます。
木材や鉄骨が、温度や湿度によって伸縮したときに音をだすように、家電が配置されて熱を発している場所も、音が鳴るとされています。

エアコンからラップ音がする

昼間の時間帯に留守になることが多く、帰宅してからエアコンをつけて部屋の温度を下げると、エアコンのプラスチック部分が縮んで「バキッ」という音が鳴ることがあります。

テレビからラップ音がする

テレビは、電波を受け取って映像に変換しているため、テレビから音がするのは、電波などに関わりがあるからだとされています。
テレビや電気ストーブなどのスイッチをオフにした後に「パキン」「パン」などの音が鳴ることがありますが、金属が冷えていくときに音を発していることが多いため、ラップ音ではない可能性が高いといわれています。

ラップ現象が心配ならプロの占い師に相談しよう

ラップ音は、心霊現象である場合、守護霊である場合、家なりと勘違いする場合などがあり、原因や音の種類によって対処法もさまざまです。

ラップ現象が心配な場合は、心霊現象に強いプロの占い師に相談して悩みを解決する方法をおすすめします。

この項目では、心霊現象に強いプロの占い師を口コミとともに紹介したいと思います。

Venus 占い師

Venus(ヴィーナス)占い師は、プロ占い歴19年、電話占いの総合ランキングにも入る人気占い師です。

Venus占い師の類いまれな霊視は評判が良く、霊感霊視霊聴、ヒーリング、サイキック、除霊浄化、守護霊などに特化しており、ついているものを除霊するパワーをお持ちです。


ラップ音は、自宅で寝ているときに、何度か聞いたことがあります。
私は他にも悩みごとがあったため、ラップ音もお祓いしてもらえればと、Venus占い師にお願いしました。
少々良くない霊がついてるということでお祓いしていただきましたが、その日の夜は、寝ようとすると今までに聞いたことがないラップ音が鳴り響きました。
その翌日にVenus占い師に聞いてみたところ、お祓いしてもらった霊が喜んで立てている音ですといわれ、それ以降はラップ音を聞くことはなくなりました。
不安や心配なことがあっても、Venus占い師がいらっしゃると思うと心強いです。
(40代女性リピーター)

口コミ1


誰もいない台所から、トントンと包丁の音が聞こえてくるのですが、目を向けるとピタッと止むんです。気のせいかなと思っていると再びトントンと音が鳴るの繰り返しで、怖くなり、Venus先生に視てもらいました。
Venus先生に除霊浄化してもらったら、次の日から音がしなくなりました。
お礼が遅れて申し訳ございません。私や家族みんなが助けられ、感謝しかありません。
(30代女性)

口コミ2

白龍占い師

鑑定歴14年、霊感・霊視・霊聴・霊障・霊障浄化に特化している白龍(ビャクリュウ)占い師は、生粋の霊能力者といえます。

霊感が強く勘が鋭かった曾祖母に厳しくも大きな愛に包まれて育ったこと、神聖な場所が周囲に多い地域ということと、神と深く関わることができたという環境が関係しているようです。


夜中の2時頃に録画していたホラー映画を観ていたところ、部屋すみからパチっというラップ音が聞こえました。
普段はそのような音が全くしないので気になりはじめ、白龍占い師に初めて相談しました。
白龍占い師は、説明が分かりやすく、声も聞き取りやすかったです。
とりあえず、夜中2時に静かにして様子を見て、また、白龍占い師に報告させていただきます。
(30代女性)

口コミ1


私は、普段からラップ音をよく聞くほうで、怖いという思いはなかったのですが、無料相談があったため白龍占い師に視てもらいました。
自分の周囲に霊感の強い人がいたりすると、その人に霊が交信しようとしてラップ音が聞こえることもあるので、一緒に住んでいるご家族や友達に霊感があるかどうか聞いてみると良いかもしれませんとアドバイスいただきました。
もしかしたら私自身が霊感を持っているかもしれませんね。先日は暖かくアドバイス下さりありがとうございました。
(40代女性)

口コミ2

まとめ

今回は、ラップ音・ラップ現象とは?ラップ音と家なりは違うのか?などを紹介してみましたが、いかがでしょうか?

ラップ音(ラップ現象)とは、誰もいない部屋や、何も存在しない(ように見える)空間からある種の音が発生して鳴り響くとされる現象で、自然の音とは明らかに異なっているため、超常現象や心霊現象といわれるものの1つとされています。
家なりは、建築のときに使用された木材が温度や湿度などの変化によって起きる現象で「パキッ」というような音は、建材が馴染んでいない新築の家で起こることが多いといわれています。

また、ラップ音には種類や原因がありますので、怖がらずに落ち着いて見極めることが大切です。
ただ、どうしても気になる場合は、自分で判断せずに、プロの占い師や専門家に相談することをおすすめします。

この記事が少しでも、皆様のお役にたてれば幸いです。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント