【ワンネス経験者が語る】ワンネスとは?わかりやすく解説!

【ワンネス経験者が語る】ワンネスとは?わかりやすく解説!

「ワンネス」という言葉はスピリチュアル世界ではよく聞く言葉ではないでしょうか?すべては一つであるという意識ですね。この意識を宇宙全体にまで広げて考えます。

無償の愛に平和、幸福感、あなたは宇宙そのもので、すべてはひとつなんです。心配や不安は考える必要がないのです。

このワンネスを知ることは、スピリチュアルの中でも、究極の体験とまで言われているようですから。

しかしこのワンネスを明確に説明することは意外と難しいようなのが残念なのです。言葉ではとてもシンプルに「すべてはひとつ」と言えますが…

今回はこのワンネスの「すべてはひとつ」という概念についていろいろご紹介していきいと思います。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

ワンネスとは?意味・概念

スピリチュアルではワンネスとは、自分が宇宙そのものであり「すべてはひとつで、すべてはつながっている」という意識のことです。

すべては一つで繋がっているという意識が最も大切なようです。もともとは一つのたましいだった私たちは、地球上で生まれる時に分離したのです。この今の肉体が無くなればまた、たましいは一つに戻ります。

もともとは霊魂というエネルギー体だった私たちが、地球に生まれて、人間の肉体を持ち強い自我を持ちます。ワンネスだったという精神はどんどん忘れてしまいます。

もともとは私たちは宇宙と同じ波動(エネルギー)を持っていました。私たち人間の自我が波動を下げてしまっています。宇宙と同じ波動になるには自我から解放されないといけません。

瞑想により潜在意識を意識して宇宙と繋がっていくことでまたワンネスの概念を思い出し、計り知れない愛の大きさを感じて、心が震えるような感動を体感するのです。

瞑想により覚醒して、ワンネスを感じるという人が最も多いようですが、無心で何かに没頭してふと我に返ってワンネスを感じたり、広大な大自然の景色を見てワンネスを感じたりなど一体感を感じれる瞬間と人によって感じ方は様々のようです。

よく登山をした時に山頂からの雄大な景色を観て自分の悩みなんか小さくて無意味だという人がいますが、それもまたワンネス体験に近いのではないかと思います。ネガティブな思考を忘れたときにワンネスは感じられますから。

やはり自然からの影響は絶大だと思います。

私自身も以前に、キャンプ場で見たどこまでも広がる星空に見入り、我を忘れるような感覚がありました。

自分はこの大自然に生かされているという感覚。自我を忘れて大地と繋がり一つになるようなそんなイメージを感じました。

究極のスピリチュアル覚醒とも言われる「ワンネス体験」

ワンネスを体験するにはやはり、瞑想による覚醒(悟り)が一番だと思います。

普段から意識している顕在(けんざい)意識からの思考が私たち自身にとっては最大の敵なんです。

自分の思考が敵というのは、すごく意外かもしれませんが幸せなエネルギーも不幸なエネルギーもすべては自分が作り引き寄せたものですから。

自分自身の潜在意識に意識を集中させてあらゆる思考(邪念)を遮断する無心状態で宇宙と繋がれば「愛・喜び・平和」があふれ出してきます。

地球に存在するすべてのものとあなたが一体化することで、愛が心から満ちあふれてきます。宇宙との調和が叶います。

たましいが震えるような感動がそこにはあります。中には細胞の一つ一つが震える感動という方もいるようですからワンネスは究極のスピリチュアルと言っても過言ではありませんね。

その直感力がそのままワンネスなのです。このワンネスの精神世界は幸せな感情に満ちあふれています。今まで感じたことがないような感覚なのです。

瞑想により覚醒することはいわば、宇宙と繋がることであり、宇宙と一体化できるようですから。

宇宙との波動が自分の出す周波数と一致したとき、宇宙の波動(エネルギー)が身体に流れるような感覚が起こります。

すべてのものはもともとはひとつであり、私たちは宇宙の一部だということが、高次元の精神で体感できるのがワンネスなのです。

ワンネス体験する方法・ワンネスの感覚を掴むには?

今、瞑想を日常生活に取り入れる人は多くなっているようです。

瞑想により脳を落ち着かせて、自分の内側に意識を集中することで、メンタルのケアにもなりますからね。

瞑想は非科学的ではありますが、最近では脳波を測定するなどして瞑想中の脳波がθ波であることまで分かっています。

瞑想のメリットが科学的に認証されてると思います。

意識を一点に集中させることができる瞑想により、思考を無の状態にしてみませんか?自分の内面と向き合いたましいを磨きましょう。

瞑想する

瞑想することで得られるものは様々ですが、瞑想によって自分の心の中を内観して邪念を取り除き今に気持ちを集中できるようです。

瞑想のやり方ですが、お寺で座禅を組むようにしなくても構わないと思います。静かな清潔な場所で何も考えずに、ゆっくりと腹式呼吸して、意識を集中させれることが一番のポイントだと思います。

瞑想を始めた最初のころは「無」の状態になるのが大変です。頭の中に雑念がどんどん浮かんできますから。

何度か瞑想を続けることで、自分自身の頭の中がスッキリとクリーンな状態になることを感じれます。いわゆる無の状態ですね。

集中力が高まっているのを実感できますね。トップアスリートと言われる人たちや、名だたる起業家さんたちが瞑想を習慣にしているようですから瞑想から得られるものはメリットが多いと思います。

人間が生きているうえでは、不安や悩みがつきません。いつも不安や悩みが頭の片隅にあり、モヤモヤしているような感じはないですか?

瞑想によりあなたの雑念を取り払ってみてください。ワンネスの感覚をつかむにはまずは、瞑想を取り入れることなんです。

瞑想で見えなくなっているあなた自身の潜在意識と繋がってください。

ワンネス 潜在 意識

顕在(けんざい)意識と潜在意識を持つ私たち人間ですが、この潜在意識の中にワンネスの状態を持っているとまで言われています。

潜在意識は普段はほとんどの人が認識していない意識と言われています。普段考えていることは顕在意識と言われていますから。

顕在意識は自我とも言われています。この思考が私たちを苦しめているのですが…自分自身の思考が自身を苦しめていることはなかなか気づけていないと思います。

私たちが考えている思考が自分らしさの壁を作り、あるがままの心で生きることを拒否してしまっているのです。苦しみのほとんどは自分自身の思考によるものなんだと思います。

感情は思考がエネルギーとなってふくれあがり、爆発してしまいます。この思考をコントロールできることが課題なんだと思います。

潜在意識は心の奥底で考えていることで無意識とも言われています。この潜在意識の中にある思い込みなどのネガティブな感情(心配・不安・不満・退屈・迷い)などを手放すことでエネルギーの流れまで大きく変わってきます。

潜在意識は引き寄せの法則に大きく関係しているようですから。

ワンネス悟り

悟りとは覚醒と同じような意味なのですが、その時の状態は3次元から5次元に以降して、その意識状態のままで安定していて、脳波を調べるとθ波(シータ)を維持していると言われています。

α波よりもさらに高いθ波は深くリラックスしている状態のときだと言われています。θ波の時には光の玉が見えやすくなります。この光の玉は宇宙エネルギーであり、あなた自身のエネルギーなのです。

第三の目と言われている額の中央から白い光の玉をイメージできます。宇宙との強い一体感を感じられ、高次元の精神になります。

直感が研ぎ澄まされ、安心感に包まれて、幸福感を経験できるようです。このときに宇宙を感じられるのではないでしょうか?人生は喜びと安らぎに溢れています。不幸や苦悩は消え去ります。

これがワンネスであり、悟りの意識状態のようです。

ワンネス胡散臭い

スピリチュアルの世界や精神世界、霊的世界を必ずと言って否定する人は多数います。

目に見えないもの、現実的ではないものへの拒否反応はあると思います。科学的に証明できないことは受け入れがたいことだと思います。

ましてや自分自身の思考が、一番自分を苦しめていることなどにわかには理解できないことだと思います。

ネガティブなエネルギー(波動)では喜びや感動する心は引き寄せらません。目に見えないけど「こころ・愛・優しさ・真理」のエネルギーは高い波動となり、宇宙と繋がれ一体感を感じられます。

スピリチュアルの世界のワンネスは、説明しがたくおそらく…体感した人たちがどれだけ言葉で説明しても、おそらくは理解できないものなので、なおさらのこと信じられないかもしれませんね。

ワンネス 引き寄せ

全てを愛しありのままの自分を、受容すること、つながること、全てを赦す(ゆるす)こと、肯定すること、癒すこと、与えることで、波動は上りエネルギーも上り、意識レベルも上昇します。引き寄せの法則では思考のエネルギーが、現実を引き寄せるのだと考えられています。

まずは、ネガティブな感情である迷いや不安は手放しましょう。自愛の精神はポジティブなエネルギーとなります。

私たち人間の精神と肉体はもともとは、すべて同じひとつのエネルギーなんですね。全てを愛し、受容し、つながる…そうすることで意識レベルも上昇し、宇宙を感じられます。ワンネスを感じやすくなるはずです。

ワンネス魂

私たち人間はもともとが一つのたましいでした。

一つのたましいから地球上に誕生するときに個々に分離してしまったのです。

別々になったたましいは、地球上ではワンネスの意識を忘れて暮らしてしまいます。たましいを磨くために、地球に来た課題も忘れてしまいそうになっているのです。

私たちはたくさんの思考にとらわれ過ぎて、今のたましいのレベルでは一つだったことを思い出せなくなっているのです。

ワンネスの対義語は分離意識

ワンネスの対義語としてはセパレーションや、分離意識がありますが、分離意識とはワンネスとはかなり別の意識になります。

私たち人間は今あるこの姿が自分自身の身体だと思っています。背が低い、美しくない、太っている、瘦せたいなどのいろいろな自己評価をしますが…これが分離意識です。他人との違いがいろいろ気になってしまうのです。

この分離意識が私たち人間を苦しめます。競争に負けてしまった負け組、あるいは勝ち組と見えないレッテルを貼ることになりますから。他人と比べることは幸せなことではありませんよね?

3次元であるこの世界では、分離意識がむしろ言って普通の思考かもしれませんが、この思考はワンネスをさらに遠ざけることになります。

この分離意識は一言で、拒絶や否定、攻撃、奪うなどです。もちろん分離意識はあなたの波動を下げてしまい、エネルギーも下がります。いわゆるマイナスの思考はマイナスを引き寄せてしまいます。

この分離意識の自分と他者がなくなることで私たち人間は喜びや、感動の心をいつも大切にして暮らせるようになると思います。


ワンネス ツインレイ

ワンネスの思考では、あなたの出会う人はすべてあなとなり、それはツインレイも同じです。ツインレイはもともとは一つのたましいが二つに分離したいわば、もう一人の自分です。唯一無二の存在ともいわれています。

ツインレイと出会う目的は出会って統合することなんです。統合することがまたワンネスなんですね。同じ目的を持ってたましいを磨き、成長していくツインレイは最高のパートナーだと思います。しかし、ツインレイに出会うためにはただ毎日を漠然と送っていても出会えないんですね。

自分自身を赦し、愛せるということ、いわゆる自己愛の精神はとても重要なんです。

あなたが生まれてきた課題を思い出し、たましいを磨く準備が出来たときにツインレイはきっとあなたの前に現れるでしょう。

まとめ

今回はスピリチュアルのワンネスという言葉をなるべく分かりやすく解説してみました。いかがでしたでしょうか?

私たち自身の思考を大きく変えれば愛や平和はいつでも感じることができるようになります。

私たちがワンネスが何かということを完全に理解するのは無理だと言われています。しかし…ワンネスの真相に少しだけ近づくことは可能だと思います。なんとなくイメージできるだけでも心は安らげます。

ワンネスをすでに体感した人は、ワンネスの素晴らしさやその効果を伝えたいけど、言葉にするのが難しくなかなかうまく伝えられないというもどかしさもあると思います。ワンネスは直接体感することで、分かる概念なのですから。

あなたがまず、自分自身を内観してエネルギー(波動)を上げてください。意識が変わればエネルギーも変わります。

私たちはひとつで宇宙の一部です。いつでも宇宙のエネルギーを感じれるようになれたら幸せな世界になれると思いませんか?

コメント