PR
付き合って一ヶ月で別れたけど復縁する方法

付き合って一ヶ月で別れたけど復縁する方法

付き合って1ヶ月のカップルはラブラブな傾向が高く、一緒にいることが楽しいと感じることが多いでしょう。

しかし、中には付き合って1ヶ月で別れてしまうカップルもいますよね。

付き合って1ヶ月は、二人の関係を構築する過程になるため、ちょっとしたすれ違いが別れの原因になることもあります。

だからこそ、たとえ付き合って1ヶ月で別れても復縁できる可能性は高いと言えるでしょう。

今回は、付き合って1ヶ月で別れても復縁する方法を解説していきます。

付き合って1ヶ月のカップルの特徴

付き合って1ヶ月のカップルの特徴

まずは、付き合って1ヶ月のカップルにはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

付き合って1ヶ月の多くは、互いに気持ちが盛り上がりやすい時期でもあるため、カップルの関係は仲良しだと言えます。

まだまだラブラブな時期♡

付き合って1ヶ月であれば、付き合い初めの気持ちをキープできていることが多いです。

むしろ、彼氏や彼女ができたと実感が出てきて、より相手のことを好きになっている可能性も高いです。

カップルの付き合いの中で、もしかしたら一番ラブラブな時期だと言えるかもしれません。

デートや連絡の頻度も高く、四六時中相手のことを考えていることもあります。

関係に慣れが出てくる

付き合って1ヶ月経つと、二人の関係に慣れが出てくることもあります。

ただ、マンネリのように退屈や飽きを感じるわけではありません。

付き合い始めよりも彼氏彼女であることに慣れてくるため、一緒にいて安心感を持つようになるのです。

一緒にいて緊張するよりも、「落ち着く」と感じることが増えてくるでしょう。

少しずつ相手の嫌な部分が見えてくる

付き合って1ヶ月が経ったとき注意したいのが、少しずつ相手の嫌な部分が見えてくることです。

どんなにパーフェクトだと思っていた相手でも、必ず欠点があります

欠点がない人間はいないからです。

ただ、付き合い始めは恋人になれたことが嬉しくて、相手の嫌な部分は目に入らなくなることも多いです。

少しずつ冷静さを取り戻していくのが、付き合って1ヶ月経った頃でしょう。

この幻滅が原因で、付き合って1ヶ月で別れることもカップルにはあります。

まずは無料相談!
どうしても復縁したい! プロの工作員が復縁のお手伝い!
  • 対象者を調査・分析し、復縁のためのプランを提案
  • プロの工作員が復縁できる状況を作り出す
復縁屋M&M 探偵業届出済 全国対応 PR
  • 業界トップクラスの実績
  • リアルタイム報告で安心
匿名相談 OK

付き合って1ヶ月で別れるカップルの特徴

付き合って1ヶ月で別れるカップルには、どんな特徴があるのでしょうか

心当たりがある場合は、相手との関係を見直してみる必要があるかもしれません。

付き合って1ヶ月で別れることのないように、どんなことに注意するべきなのかチェックしてみてください。

付き合うまでの期間が短い

付き合うまでの期間が短いカップルは、付き合って1ヶ月で別れることが多いです。

付き合うまでに友達期間が長かったり、関係をしっかりと作ってきていたりする場合は、すでに相手との間に信頼関係があります。

そのため、ちょっとした喧嘩くらいであれば、別れるまでには発展しません。

しかし、付き合いが短いカップルは、そこまでの絆が二人の間にありません

関係を深める前にすれ違いが起こってしまえば、簡単に別れを選択してしまうようになるのです。

よく相手のことを知らないまま付き合ってしまった

付き合って1ヶ月で別れるカップルは、「こんな相手だと思わなかった…」と後悔して別れを決める特徴があります。

これは、相手のことをよく知らずに付き合ってしまうと、あるあるな別れの原因でしょう。

付き合いながら相手のことを知っていくこともできますが、知っていく過程の中で欠点を見たときに受け入れられないことが多くなります。

最初から相手がどんな人物か知っていると、すべてを踏まえた上で相手のことを好きになれるため、そう簡単に別れることはありません。

愛情を確かめ合いすぎている

「私ことどれくらい愛してる?」「俺のこと本当に好き?」など、カップルで気持ちを確かめ合うのは大事なことですよね。

相手の言葉や行動から愛情を確認することで、二人の関係が深いものになる効果があるからです。

しかし、愛情の確かめ合い過ぎは逆効果になることもあります。

相手の気持ちを何回も確認していると、「信じてないのかな」と相手への疑念が生まれてきてしまうからです。

また、愛情の確かめ合うやりとりを何回もしていれば、その行為自体に飽きを感じることも多くなります。

愛情の確かめ過ぎは、二人でいることがつまらなく感じるきっかけを作ってしまうと言えるのです。

付き合いにルールが多い

二人の付き合いにルールが多いカップルも、付き合って1ヶ月で別れる傾向が高くなります。

ルールが多くなればなるほど、ルールを守ることが面倒に感じてくるようになるからです。

たとえば彼氏が、休みの日は彼女とたくさん一緒にいたいからデートに誘っていたとしますよね。

でも、休みの日はデートすることが二人の間でルール化してしまえば、途端に彼氏は彼女をデートに誘うことが嫌になってしまうでしょう。

ルールは「〜しなくてはいけない」と強制を人に感じさせるため、付き合いが楽しくなくなってくるのです。

付き合って1ヶ月で別れたときの男性心理

付き合って1ヶ月で別れたとき、復縁成功で大事になってくるのが、相手の気持ちです。

男性は付き合って1ヶ月で別れたとき、どんな心理状態になっているのでしょうか

「しばらく恋愛はいい」と思う

付き合って1ヶ月で別れると、感情が超スピードで揺さぶられることになります。

付き合い初めの緊張感や、そこから相手との絆を感じる安心感、そして別れを決めるまでの不満が、1ヶ月の中で一気に変化していくからです。

特に、恋愛感情は心を大きく揺さぶられるため、精神的に疲れを感じることが多くなります。

そのため、付き合って1ヶ月の間に動いた感情面の疲れを感じて、「しばらく恋愛はいいや…」と距離を置きたくなる男性はたくさんいます。

解放感がある

彼女がいるのは楽しいものですが、付き合いにはさまざまな制限がたくさん出てきますよね

たとえば、彼女との頻繁に連絡をとらなくてはいけなかったり、休みの日はデートをしなくてはいけなかったり。

家で1日中ゴロゴロしていたくても、その時間が彼女がいることでとれないときもあります。

彼女に好かれるために、見た目を気にすることも多くなるでしょう。

また、彼女ができれば、当然他の女性を好きになることはできません。

そういった制限から、彼女がいなくなると解放されます

付き合って1ヶ月で別れた男性は、自由になった解放感を喜んでいることもあります。

「別れるのが早過ぎた」と後悔

付き合って1ヶ月で別れたとき、男性は別れを後悔していることもあります。

たった1ヶ月では、彼女のすべてを知ることはできないからです。

「もう少し相手に歩み寄ることができたかもしれない」「もう少し頑張ることができたかもしれない」と、勢いで別れたことを反省しています。

そのため、彼女から復縁をアピールされたときは、「もう一度チャンスがやってきた」と喜ぶことも多いのです。

付き合って1ヶ月で別れた元カレと復縁する方法

付き合って1ヶ月で別れた元カレとの復縁は、成功する可能性が高いです。

付き合って1ヶ月で別れるときは、そこまで思い詰めて別れているわけではないからです。

たとえ元カレから別れを告げてきたとしても、復縁の方法次第では気持ちが変わることも多いでしょう。

冷却期間を置く

付き合って1ヶ月で別れたとしても、復縁するには冷却期間が必要になってきます。

特に付き合って1ヶ月経つまでは、彼と一緒にいる時間が多かったはずです。

一度距離を置いて一人になることで、元カレにあなたへの気持ちや二人の関係について見つめ直す機会を与えてあげましょう。

基本的に、カップルが復縁するときは3ヶ月ほどの冷却期間がベストになってきますが、付き合って1ヶ月の場合はもう少し短くしても良いでしょう

冷却期間が付き合っていた期間を上回ると、彼女への気持ちが薄れてしまうからです。

2週間から1ヶ月ほどの冷却期間を置いて、元カレに連絡してみてください。

自分の新しい一面を見せる

付き合って1ヶ月で別れた元カレとの復縁を成功させるには、自分の新しい一面を見せることがポイントになるでしょう。

付き合って1ヶ月経ったとしても、二人の絆はそこまで深くありません。

しかし、1ヶ月の付き合いから、なんとなく相手のことをわかったような気持ちになることがあります。

そのため、別れても未練が残らない可能性が出てくるのです。

そこで必要になってくるのが、新しい刺激でしょう。

まだ俺が知らない一面があったんだ」と元カレに思わせることができれば、そこをきっかけにもう一度興味を持たせることができるはずです。

自分の問題点を改善する

元カレとの復縁を成功させるには、二人が別れた原因を改善する必要がありますよね。

たとえ元カレに原因があったとしても、それはあなたに対する不満から起こった可能性もあります。

元カレとの付き合いを振り返り、この1ヶ月で悪かった部分がないか見直してみましょう

連絡をし過ぎていなかったか、身だしなみに手を抜いていたか、彼の話をしっかりと聞いていたかなど、直せる部分はたくさんあるはずです。

復縁屋に相談する

冷却期間を置き、自分の新しい一面を見せても、復縁の兆しが見えない場合、復縁屋に依頼するのも一つの方法です。

復縁屋への依頼は高額になることもありますが、高い成功率を誇る実績があります。

復縁を諦めきれない方にとって、最後の手段として考えられる価値は十分にあります。

無料で相談できることも多いので、悩んでいるなら気軽に声をかけてみるのもいいでしょう。

復縁への一歩を踏み出すための、強い味方となってくれるかもしれませんよ。

付き合って1ヶ月で別れたときの復縁の注意点

付き合って1ヶ月で別れたときは、復縁するときに注意しなくてはいけないことがあります。

また別れを繰り返してしまわないためにも、チェックしてみましょう。

復縁前に体の関係を持つ

付き合って1ヶ月経てば、すでに体の関係を持つカップルもいますよね。

付き合って1ヶ月で体の関係を持つのは、平均的と言えるでしょう。

ただ、付き合って1ヶ月で別れてしまえば、他のカップルと比べて体の関係を持つ期間は短くなります

そのため、付き合って1ヶ月で別れたとしても、相手と体の関係は持っていたいと思う男性は意外といます

復縁のために会っていたのに、相手が甘い言葉で雰囲気を発展させ、そのまま体の関係に流れる可能性は十分にあります

しかし、復縁前に体の関係を持ってしまうと、復縁することなくセフレ関係に陥る危険があります。

元カレがはっきりと復縁を承諾するまでは、体の関係は持たないように注意しましょう

彼を第一優先にしない

元カレとの復縁を成功させたい気持ちが強いと、相手に尽くしてしまうことが多くなります。

しかし、相手と対等な関係にならない限りは、復縁できたとしても付き合いに幸せを感じることはありません

復縁をしたい気持ちがあっても、彼を第一優先にし過ぎないように注意してください

スケジュールを無理して相手に合わせたり、彼の言うことを何でも聞いたりするような姿を見せると、二人に上下関係が生まれるため、恋人の関係に戻れなくなってしまうでしょう。

愛情表現し過ぎない

元カレに復縁アピールをするときは、愛情表現し過ぎないことが大切になってきます。

もう一度付き合いたい気持ちを伝えるために、連絡を多くし過ぎてしまったり、何度も「好き」の言葉を使ったりしてしまうと、相手はあなたの気持ちを重く感じます

特に付き合って1ヶ月の頃は、愛情表現が過多になる時期です。

あなたの愛情は、すでに彼にしっかりと伝わっている可能性が高いのです。

元カレに復縁を迫るときは、駆け引きの「引き」部分をメインにすることが、成功するポイントになるでしょう。

まとめ

付き合って1ヶ月の頃に盛り上がりすぎたカップルは、別れるタイミングも早くなる特徴があります。

ただ、もし別れがやってきたとしても、復縁できる可能性はあります。

今回紹介した方法を参考にして、二人の関係を取り戻してみてください。

付き合って1ヶ月で別れても、復縁で別れを乗り越えることができれば、彼とあなたの絆は本物になるはずですよ。

  • 復縁成功者続出中
  • 復縁したい人におすすめの電話占い
  • 復縁相談後、すぐに効果が出た人も!
  • 音信不通からの復縁に成功
初回限定最大6500円無料で鑑定してもらえる!お得に復縁できるチャンスを逃さないでくださいね。
Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

復縁(172)
Lani

コメント