龍田大社のスピリチュアル!日本を守る風を司る神社

龍田大社のスピリチュアル!日本を守る風を司る神社

風を司る神社がある事を初めて知る人もいるかも知れません。良く考えてみると風は原始の時代から地球上に存在しています。

いつもは意識しなくても人間は風の恩恵を受けて生きています。

地球創造の頃から風は吹いているのです。

龍田大社は古代からこの風に対する信仰の中心地なのです。風をスピリチュアルで解き明かす地、それが龍田大社なのです。

Lani編集部
執筆者Lani編集部

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

龍田大社とは

奈良県生駒郡三郷町に2000年以上鎮座する龍田大社。崇神天皇が疫病を鎮める為に祈願すると、龍田山に現在の御祭神をお祀りする様にと夢でお告げがあったそうです。

この事は風と共に夢を司る事にも特化している神社なのではないでしょうか。夢を起源として建立された事にも注目したいと思います。

龍田大社は何の神様?御祭神

風の神様(風神)を信仰しています。
御祭神は2柱の神様になります。

本殿の右殿に
男神の天御柱命(あめのみはしらのみこと)

本殿の左殿に
女神の国御柱命(くにのみはしらのみこと)

境内摂社
龍田比売命社の御祭神は龍田比売命
龍田比古命社の御祭神は龍田比古命

摂末社
天照大御神 住吉大神社
枚岡大神 春日大神社
高望王妃社

末社
白龍神社(白蛇が現れ、にごり池に生息していた事でこの地に白龍としてお祀りしています)
龍田恵比寿神社

三室稲荷神社(昔から商売繁盛の神様として信仰されています)
境内の外には池の中に水神をお祀りしていると思われる祠があります。

龍田大社の御神犬

ゲラゲラ笑っていそうな可愛らしい狛犬が迎えてくれます。見ているだけで幸せな気持ちになり福を呼ぶ気が充満した様に感じられます。空の様子を伺う吽形の狛犬もいます。

龍田大社の宮司

上田安德宮司は龍田大社に伝わる神道と宇宙、陰陽道のお話を講演されるなどの活動もされています。

龍田大社の歴史

日本書紀では675年天武天皇時代に現在の地に建立されたのが龍田大社の歴史の始まりになっています。

927年以降には朝廷からも神様への奉納が行われています。戦後は社会的な役割を担う神社の一つとして神社本庁の別表神社に位置しています。

2020年には龍田大社は日本遺産に登録されました。

龍田大社の眷属

龍神です。元々白蛇が白龍となり現れた事に由来します。

龍田大社の効果・ご利益

龍は空を泳ぎ全国の神社や山脈水系に移動すると言われています。龍田大社は龍の風を起こす技を司る神域となります。

風は気をコントロールします。スピリチュアルな気を意識する事を教えてくれる神社なのです。

風、大気を司り気の流れを良くする

→気の流れを良くしてくれます。

厄除

→気を整え厄難を遠ざけます。

病気平癒

→創建のきっかけは疫病撲滅祈願。崇神天皇に夢で促されて創建された神社です。病気平癒が起源なのです。

心願成就

→気を整える事で運気が上昇し心願成就されます。

航海安全

→風速が影響する船舶。風の神様に委ねる事も多々あります。

商売繁盛

→龍田恵美須神社のご利益です。

家相除け

→神様の力を借りなければ家相除けはなかなか難しい様です。

八方除け

→八方塞がりだと思う時には力を貸して下さる神様です。

五穀豊穣

→風の神様をお祀りする様になって豊作の地となったそうです。

龍田大社を観光するときのポイント・おすすめ

紅葉の季節に観光を兼ねて参拝する人も多い龍田大社。秋も深まる11月が最も見応えがあると言われています。

厄除け大祭

→3月第二日曜日に行われます。当年1月からこの日までの間に本厄除の祈祷を受けた人が招待されるお祭りです。

瀧祭(たきまつり)

→4月3日に行われるお祭りです。大和川で取った鯉を岩瀬の杜の水神様に奉告するお祭りで、この鯉は翌日4日に行われる例大祭で生きたままお供えされるそうです。

例大祭

→4月4日に行われます。明治維新までは風神祭と呼ばれていたそうです。春の農耕祭りです。

放魚祭

→4月4日、例大祭の後に行われます。お供えをした鯉を大和川に放つお祭りです。一般の人も参列出来るそうです。

夏越大祓い(なごしおおはらい)

→六月三十日に行われます。知らないうちに身に付けてしまった穢れや起こしてしまった過ち、悲しみを人形(ひとがた)に移し、心身を清めるお祓いです。

風鈴まつり

→終戦記念日の8月15日に行われるご先祖祭りです。鈴の音はお祓いの作用があり参拝者は1000個もの風鈴が風になびく音で浄化されます。風鈴の短冊は1枚100円で頂いて帰る事が出来ます。この短冊を家の中に飾ったり、風鈴に付けて風になびかせると家全体が浄化されそうです。風鈴まつりの祭典の後は参拝者も参加出来る催しが用意されています。日本古来の華道と茶道の体験が出来ます。神主さんの神社説明の後は大道芸や弓道の奉納が行われます。

龍の石像

→境内にある白龍神社は、近くに存在する、にごり池に白い蛇が出現した事で、神域である龍田大社にお招きしてお祀りした場所です。

白い蛇は龍神として現れたと言われています。大きな石像の前に龍神がいます。龍神の口から流れる水を石像に掛けて祈願します。

水も地球そのものであり水を司る龍神、何か繋がるものがある様です。水のパワー、龍神パワーが強力な龍の石像。災難除けや良縁のご利益を頂けると言われています。

風鎮大祭

→7月第一日曜日に行われます。天武天皇の頃からのお祭りです。風水から凶作などが起こらない様に祈願します。剱舞や風神花火などを神様に奉納します。

とんど

→1月15日に行われる「大とんど」「どんど焼」とも呼ばれるお正月を終えての御焚き上げの日となります。古いお守りなどを御焚き上げして貰えます。

風音祭

→秋に催される伝統芸能と洋の音楽を混合した音楽の祭典です。

龍田大社の御朱印・限定御朱印

毎月1日には「御神縁祈願祭」が行われ、参加者限定で頂ける御朱印帳があります。最もパワーが強いと言われる金色の龍神が描かれています。

スピリチュアル的にも最もパワーが強い色が金色です。この金色を施した限定御朱印帳にはこれも限定の御朱印を頂けます。

それだけこの「御神縁祈願祭」はなるだけ参加して欲しい御利益が莫大に膨らむ貴重な1日なのでしょう。龍田大社の御朱印帳、御朱印はこの日のみ頂けます。

それだけ重要な意味を持つ御神縁祈願祭でもあり、参加の意味は大きいという事なのです。祈祷料は5000円となっています。予約制となっている様です。

龍田大社のお守り「風神護符」

龍田大社の名物お守りは「風神護符」というお守りになります。気をテーマとしている龍田大社。風神護符は原始の時代に吹いていた古代風のパワーが入っていそうです。

生年月日を元に気を調べ、一人ずつ作って頂けるお守りです。こちらも予約が必要となります。

龍田大社のおみくじ

龍田大社のおみくじは歴史を感じさせる正に神社のおみくじの代表格の様な正統なおみくじです。助言を下さいますので真摯に受け止め精進したいと気が引き締まります。

龍田大社のスピリチュアル・パワースポット効果

龍田大社周辺で風が吹けば、その風エネルギーを十分吸収して下さい。神様のパワーは素粒子として舞っていると言われます。

目には見えないパワーですが風という形になって現れてくれます。この風にパワースポット効果があります。

それが「気」と言われているものなのです。夢から始まった神社建立。夢を司る神社としてスピリチュアル的に読み解く事が出来ます。

夢を司るという事は明晰夢、タイムリープを意味します。昨今、神社が出て来るアニメや映画、ゲームも存在します。

明晰夢やタイムリープに関心のある人は龍田大社に参拝すると何か得る事が出来るかも知れません。また神社には異次元への入り口があるとも言われます。

また神社と磁気嵐との関係も良く聞きます。龍田大社には太陽神天照大御神もお祀りされています。太陽フレアが起こる時は地球にも磁気嵐が到来します。

影響のない小さな磁気嵐からX級の大規模磁気嵐、大きいけれど地球に直接降り注がない箇所のフレアなど色々です。磁気が狂い時空の穴が空いてしまう事があるとも言われています。

そういう時は神社には入らない方が良いかも知れません。龍田大社には結界が張られている石像などもある様です。

参拝者が混乱しない様に守られている場所でもあるので心配しなくても大丈夫でしょう。ルールを守って参拝したいものです。

龍田大社に呼ばれた人のサイン

龍田大社は万物に影響を与える風の神様です。神様は奥内においても急に風を起こしたり、突風を起こして人々を驚かせたりします。

神社内で風もないのに突然突風が吹いた時

→神様は風を起こします。歓迎された印です。

雨が突然降り出す

→白蛇が龍神となって現れた場所でもあります。境内には白龍神社も鎮座しています。雨をコントロールし歓迎を表明してくれます。

エンジェルナンバーを見る

→参拝の日にエンジェルナンバーを見掛けた時は呼ばれているサインと言われています。

境内で声を掛けられる

→見知らぬ人に声を掛けられたり、神社では不思議な経験をする事があります。これも歓迎のサインだと言われています。

鳥居の前に猫など動物が座っている

→歓迎されている印と言われています。

参拝後にラッキーな事に遭遇

→参拝後に立ち寄ったお店や場所で幸運に遭遇した時。例えば龍田大社周辺で欲しかった物を見つけたり、好物を周辺で食べる事が出来たりする様です。

龍田大社と龍神

境内の中に白龍神社があります。ここは、にごり池と呼ばれる少し離れた場所に白蛇が現れた事で、龍神として龍田大社にお祀りされる様になりました。

龍田大社と言われる由縁は龍神の出現も関係したのです。白龍神社の鳥居をくぐると更に鳥居が続き、朱色がまぶしくパワーの強さが伝わってきます

龍神をお祀りしている白龍神社は龍田大社の中でもパワーが強く、何をも遮断する水の浄化作用を求めて参拝する人も多いそうです。

境内には数カ所に龍の石像や龍という字が目に入ります。境内に入ってきた人々を浄化してくれているのでしょう。龍神の化身からもパワーを感じます。

龍田大社の属性

風神をお祀りする龍田大社は風の属性となります。

龍田大社の不思議体験

龍田大社の境内に入り何故か空を見上げてしまう人がいます。その時に上空に龍神の姿をした雲を目撃する人も多い様です。

また晴れているのに霧雨の様な光のシャワーが降って来る体験をする事もある様です。霧雨に濡れる気配はありません。

これも龍神のいる龍田大社での不思議体験になりそうです。参拝後はラッキーな嬉しい事が起こり易い不思議な現象と言われています。

風の神様は時には暴風を起こす事もあります。そう意味では厳しく怖い神様なのかも知れません。暴風により強力な浄化が実行されたのかも知れません。

そういう時は怪我をしない様に屋内待機などで身を守りましょう。

龍田大社の参拝・お参りの仕方

龍田比売社にお祀りされている龍田姫は秋を司る神様でもあります。紅葉が名物の頃の龍田大社の紅葉にパワースポット効果があります。

JR大和路線の三郷(さんごう)駅から徒歩で約5分の場所にあります。大社までは坂道が多い為足の運動になりそうです。

参拝してから駅まで戻る道のりは下り坂となりますのでお店を見て回ったり買い物をしたり休憩しながら歩く事が出来ます。

周辺には宿泊施設も充実しています。

宿泊時に居酒屋を利用したい時は「康ちゃん」、散策しながら甘いものを探すなら「やまもと」など徒歩で歩きながら地元ならではのグルメを堪能出来ます。

龍田大社周辺は定番のグルメ店が揃っています。

三郷町には日帰り温泉もあります。信貴山観光ホテルなどが人気です。大和郡山市は天然温泉も豊富です。

「温泉」とは山のエネルギーの中に身体を浸す事ですからスピリチュアル的にも大きな意味があります。

農業公園「信貴山のどか村」では農業体験が出来ます。

龍田大社から徒歩で40分弱。龍田大社を存分に楽しみ尽くすなら周辺散策はお薦めです。

まとめ

風を司るという事は自然崇拝から始まった原始信仰が基盤にあり、地球の起源の謎が含まれているかの様な神秘を感じます。

目で捉える事が出来ない風、気、まだ人類が誕生していない地球上に存在していたものをお祀りする事の意味を考えるきっかけを与えてくれる龍田大社。風が吹く日は風に感謝し風にお願い事を学びました。

という事で龍田大社は風、気をコントロールする場所である事が分かりました。自分の持っている気を調整してくれる神様です。

調整が必要だと感じた時は参拝をお薦めします。元気で活気ある運気を与えてくれる気の神様が龍田大社です。風神(ふうじん)何とも力強い言葉です。

唱えるだけでパワーアップできそうです。

コメント