アニマルコミュニケーターとは?怪しい?本物・有名おすすめ

アニマルコミュニケーターとは?怪しい?本物・有名おすすめ

皆様は、アニマルコミュニケーターという職業を知っていますか?

ペットは言葉で話すことができないため、体調に変化があったとき、問題行動をやめないとき、天国にいるペットがどのようにどう思っているのかなど、ペットの気持ちについて知りたいと思うことがあるのではないでしょうか?

アニマルコミュニケーターとは、そのようなときに人とペットの気持ちを通わせる職業のことをいいます。

今回は、アニマルコミュニケーターについて役割や有名な方も紹介したいと思いますので、参考になさってみて下さい。

Lani編集部
執筆者Lani編集部

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

アニマルコミュニケーターとは

日本でも、動物たちの感情や気持ちを感じ取るための講座が開かれていたり、訓練を受けたアニマルコミュニケーターが増えてきています。

動物たちにも人と同じように、感情や考え方、魂があります。

アニマルコミュニケーションとは、動物と人が魂レベルでコミュニケーションを取り合う方法のことで、アニマルコミュニケーターは、動物と人の気持ちを通わせ合い、関係をより深めるための存在とされています。

ただ、本当に動物の言葉や気持ちが分かるの?信じられないと思う方もいらっしゃるかと思われます。

人と動物とでは言葉によるコミュニケーションを取ることができませんが、人は誰でも幼少時代には動物たちの気持ちを感じ取る能力が備わっていたといわれています。

しかし、人は成長するにつれて言葉を覚え、多くの人たちは言葉を使ってコミュニケーションを取るようになるため、動物たちと話しができるということや心に耳を傾けるということを忘れていく傾向にありますので、その能力が発達することがないとされています。

アニマルコミュニケーターは、動物の感情や気持ちが映像として見えてくる、音として聴こえてくる、肌の感触や匂いで感じる人などがいるとされていて、動物たちが何を考えてどのような感情を持っているのかなどを理解できる言葉に変えて伝えてくれます。

また、アニマルコミュニケーターは、犬、猫、うさぎなどを含むさまざまな小動物、動物園で飼育されている動物たち、水族館の生き物などの感情や考え方も感じ取ることができるといわれています。

そのためアニマルコミュニケーターの多くが、対面だけではなく、電話やメールでのカウンセリングも受けることができています。

アニマルコミュニケーターの役割

現在、動物は多くの人たちに飼われていて、人と一緒に社会生活を送っています。

ただ、ペットにも感情や考え方があるのだということを忘れてしまい、自分が癒してもらうことばかりを望んでいては、ペットにストレスを与えてしまうこともあります。

また、コミュニケーションもきちんと取ることができなくなるため、人とペットがお互いに理解し合うことができないという問題も起きてしまう傾向にあります。

アニマルコミュニケーターは、人とペットがこのような問題に直面しないように、平穏に生活していくためにとても重要な役割を果たしています。

この項目では、飼い主とペットに焦点をあててアニマルコミュニケーターの役割を紹介したいと思います。

ペットの気持ちを感じ取る(読み取る)

アニマルコミュニケーターの役割の1つめは、ペットの気持ちを感じ取る(読み取る)ことです。

アニマルコミュニケーターは、飼い主の気持ちをペットへ、また、ペットの気持ちを飼い主へと伝えたり、どのようにしたら飼い主とペットがお互いに幸せに生活していかれるのかなどを教えてくれるという大変重要な役割りを持っています。

また、ヒーリングで飼い主とペットの心や魂を癒してくれるケアもおこないます。

ペットに変な癖や行動がある場合は、トラウマや怖いと感じた経験から起きている可能性が高いため、ペットの気持ちに気がつかないままでいると、ペットもストレスを抱え込み、精神的に不安定になったり、問題行動をおこすこともあるとされています。

人と同じく、ペットもストレスによって健康を損なうこともあるということを忘れないことが大切です。

アニマルコミュニケーターは、ペットの行動を観察してから、気持ちをしっかり読みとっていきます。

ペットが飼い主に自分の気持ちを分かってもらえたと感じることができれば、信頼関係が生まれるため、飼い主とペットの絆はより深まるといわれています。

アニマルコミュニケーターが行うセッションは、飼い主がペットとともに心地良い生活を送っていくための潤滑油の役割を持つとされています。

問題行動を少しづつ改善させていく


アニマルコミュニケーターの役割の2つめは、問題行動を少しづつ改善させていくことです。

アニマルコミュニケーターが、ペットの感情や気持ちを飼い主に伝えたときに、飼い主がペットの気持ちを理解することができたり、何かしらの対応をおこなったりした場合は、ペットが抱えている不安の解消に結びついたり、問題行動や癖などが少しづつ減ってきたり、改善されたりすることがあるといわれています。

ただ、全ての問題行動や癖などがすぐに改善されるというわけではなく、改善されるまでには、飼い主とペットのお互いを理解する気持ちや、努力をすることに時間がかかるということを忘れないようにして下さい。
人が嗜好品や癖などの悪習慣をすぐにやめることが難しいのと同じように、飼い主の愛情や協力などがなければ、ペットもすぐに変わることはできないとされています。

飼い主が内面を見つめ直すきっかけになる

アニマルコミュニケーターの役割の3つめは、飼い主が内面を見つめ直すきっかけになることです。

アニマルコミュニケーターに依頼すると分かりますが、変わるのはペットだけではなく、飼い主自身も意識を変える、ペットに対する接し方やしつけの方法、コミュニケーションの取り方を見直すことが重要となります。

アニマルコミュニケーターがアドバイスをくれますので、不安な要素を手放して自分の内面を見つめ直し、ペットのためにも意識を変えていくことが大切です。

ペットの健康に関して無理はしない



アニマルコミュニケーターの役割の4つめは、ペットの健康に関して無理はしないことです。

ペットの体調がおかしいと感じたときは、アニマルコミュニケーターに依頼する前に、獣医師の診察を受けることをおすすめしています。

アニマルコミュニケーションの方法・流れ

対面方法

飼い主とペットに一緒に来てもらって、対面でおこなう方法です。

対面式でおこなうアニマルコミュニケーションは、聞きたいことがある場合、アニマルコミュニケーターにすぐに聞けたり、ペットの状態の変化を確認できたり、飼い主とペットの意思の疎通をその場ですることができるなどのメリットがあります。

アニマルコミュニケーターによっては、アニマルコミュニケーションのやり方も違うとされています(飼い主とペット、別々におこなうなど)。

また、飼い主とペットの心や魂に溜まってしまったものを浄化して癒してくれるヒーリングをおこなう場合もあります。

セッション(ペットとのコミュニケーション)

セッションというのは、アニマルコミュニケータ―とペットが顔を合わせてコミュニケーションを取ることをいいますが、飼い主の希望に応じて、対面だけではなく、電話・スカイプ・メールなどを使い、遠隔でペットの気持ちを読み取り、結果を報告する方法もあります。

アニマルコミュニケーションに行ってみたいけれど近くにない、ペットが人見知りをしたり興奮したりする場合がある・ストレスを与えたくない・すでにペットが亡くなっているなどの理由がある場合、遠隔でのセッションを受けてみるのも良いかと思われます。

遠隔の場合は、ペットの写真を使っておこなわれます。

飼い主とのカウンセリング

カウンセリングでは、飼い主から話を聞きながらコミュニケーションを取ったり、ペットのセッションから得られた情報を元にして、質問に回答してもらう形式が多いとされています。

優秀なアニマルコミュニケーターは、問題を見極めるために人の話を聞く能力を持ちあわせています。
飼い主の立場に立って親身に聞いてくれますので、安心して話をしてみてください。

飼い主のアフターケア


セッションやカウンセリングをした後に、効果を得る飼い主もいれば、理解できずに悩んでしまう飼い主もいるといわれています。

飼い主が安心してペットと過ごせるように、声をかけるなどのアフターケアをしてくれるのも、アニマルコミュニケーターの重要な仕事の1つとされていますので安心です。

おすすめアニマルコミュニケーターの探し方

飼っているペットと話しをしたり、信頼関係を築いたり、楽しく心地良く暮らすためには、アニマルコミュニケーターは必要な存在です。

ただ、ペットの気持ちや感情を言葉として人に伝えるというアニマルコミュニケーションは本当にあたるものなのかなど、気になっている方もいるのではないでしょうか?

同じアニマルコミュニケーターでも、その方が持つスキルやレベルの違いはあり、飼い主とペットとアニマルコミュニケーターの相性、また、信頼できるかどうかの感じ方は人それぞれですので、実際にセッションを受けてみないと分からないこともあるかと思われます。

インターネットで検索をしてみると、講座を開いている、動物保護シェルターが紹介している、アニマルコミュニケーター自身が飼っているペットが利用した先生など、アニマルコミュニケーターのサイトはたくさんヒットします。

また、アニマルコミュニケーションは、コロナ禍によってZOOMやメールなどのオンラインを利用したセッションがメインとなっており、サイトによって料金設定もさまざまで、リピーター割引があるところもあります。

アニマルコミュニケーターの探し方としては、実際に相談を依頼した飼い主の口コミや体験談を参考にして、自分と相性が良さそうなアニマルコミュニケーターに直接問い合わせてみるのが良いかと思われます。

アニマルコミュニケーターは亡くなったペットと話せる?

動物によって一緒に過ごしてきた年月は違うかと思われますが、飼い主とペットには、多くの思い出とともに、後悔や嬉しかったことなど、さまざまな感情も残されているものです。

もし、ペットが病気で亡くなってしまった場合は、違う治療方法があったのではないか、亡くなった原因は自分にあるのではないか、そして何よりも謝りたいという気持ちを抱えていることもあります。

ペットロスという言葉になりますが、このような感情がわくのは、飼い主がペットを深く愛していた証拠でもあります。

アニマルコミュニケーターは、ペットが伝えたいことを読み取ったり、飼い主がペットに伝えたいことを伝えるなど、亡くなったペットとの仲介をしてくれる存在です。

アニマルコミュニケーションでは、亡くなったペットたちの魂とテレパシーでコミュニケーションを取るという方法が多く用いられています。

ペットを亡くした飼い主が、少しでも前向きな気持ちになれるようにサポートをするのもアニマルコミュニケータ―の大切な役割の1つですので、悲しくて仕方がないというときは、依頼をしてみて伝えきれなかった思いを伝えてみてはいかがでしょうか?

ただ、ペットが亡くなってからかなり時間が経ってしまっている場合は、コミュニケーションが取れない可能性もありますので注意が必要です。

アニマルコミュニケーターになるには

アニマルコミュニケーターとして活躍している人たちの中には、霊能力など特別な力を持つ人もいるとされていますが、すべての人が特別な力を持っているとは限りません。

ただ、自分の努力次第でアニマルコミュニケーターという職業に就くことはできます。アニマルコミュニケーターになるためには、講座を受講するのも1つの方法です。

アニマルコミュニケーターの資格

アニマルコミュニケーターには、国家資格や検定試験など確実な基準は設けられていません。

アニマルコミュニケーター資格講座を取り扱っている学校も、その学校の基準において認定試験を設けております。

アニマルコミュニケーターになるためには、動物の行動や生態について学んだり、コミュニケーション能力を高めたり、視野を広めたりなど、学ぶこともたくさんありますが、人間性も重要視されますので自分の内面を磨いておくことも大切です。

アニマルコミュニケーターの養成講座・通信講座

この項目では、ネットから検索したアニマルコミュニケーターの養成講座・通信講座を3つ紹介したいと思います。

公式サイトもあわせて紹介しますので、講座が開かれている地域、内容や料金など、自分に合った講座を見つけるための参考になさってみて下さい。

アニマルコミュニケーションカレッジ

神奈川県川崎市のたかえす動物愛護病院に併設されたアニマルコミュニケーションカレッジは、即戦力となるアニマルコミュニケーター育成を方針としています。

(JACA)が主催するアニマルコミュニケーションカレッジでは、動物の生態や行動などを学び、より専門的な講座を受講できます。

公式サイト: http://www.alchemist-japan.co.jp/animal/animal/ より一部引用

一般社団法人アニマルヴォイスインタープリテーションアンドコミュニケーション協会(SAVIC)



東京都世田谷区にあるSAVICは、動物の声を翻訳して意志を伝達するという意味になります。

アニマルコミュニケーターの専門家を養成することを目的とした動物通訳士検定は、7の学位レベルを設け、それぞれの学位に相当する受験資格を設定しております。

オンライン教育プログラムを展開していますので、世界中どこからでもオンラインで本格的なアニマルコミュニケーション・ネイチャーコミュニケーションのスキルを学ぶことが出来ます。

中学生からシニアまでの幅広い方々を対象としており、日本初の動物通訳士(アニマルコミュニケーター/アニマルインタープリター)認定者には、動物の気持ちや体調などの情報を入手する能力として優れた動物通訳スキルを、動物愛護など様々な社会貢献に活かしていただけることが期待されます。

公式サイト: https://savic.or.jp/ より一部引用

Animal Communication spica

アニマルコミュニケーションspicaでは、アニマルコミュニケーター森永紗千による各種ワーク(アニマルコミュニケーション講座・レイキヒーリング・ドッグトレーニング)を提供しています。
また、オンライン通信講座やモニター募集もあります。

公式サイト: https://www.animalcommunicate.com/ より一部引用

アニマルコミュニケーターの有名人・本物

ハイジ・ライトさん

天才志村動物園で有名になったハイジ・ライトさん(1964年1月5日生・女性・アメリカ・カリフォルニア州)というアニマルコミュニケーターを知っている方は多いかと思われます。

ハイジさんは、子どもの頃から動物たちの声が聞こえていたといい、カリフォルニア州で警察官だった時代には、テレパシー能力を発揮して、安全の確保や事件解決に務めていたとされています。

1994年に勇敢な警察官として全米で表彰されています。

2006年にはベストセラー「動物と話せる女性ハイジ」の出版、2009年には韓国のTV番組にアニマルコミュニケーターとして出演するなど世界的に活躍しています。

公式サイト: https://critterconnections.net/英語必須

マールさん

心と心のコミュニケーションをよりいっそう深めて素敵なライフスタイルをモットーにアニマルコミュニケーターとして活躍されているマールさん(女性)は、札幌を拠点にして、対面・スカイプセッション、エネルギーワークなどさまざまな活動をされています。

ブログ: https://ameblo.jp/sap2017/ メッセージハウスアニマルコミュニケーターより一部引用

こみやちかさん

京都・大阪を拠点として活動されている動物対話士(R)のこみやちかさん(女性)は、アニマルコミュニケーターの他にレイキヒーリングなどもされています。

動物対話士(R)とは、ペットの言葉を通訳するだけではなく、通訳だけで終わらせない、カウンセラー的要素を含んだセッションができる人のことをいいます。

こみやちかさんは、動物対話基礎講座をzoom・対面などでされています。

公式サイト:動物対話(アニマルコミュニケーション)「あおぞらHoliday」  https://www.aozora-holiday.com/ より一部引用

プエオカヒさん

プエオカヒさん(女性)は、一緒に暮らしている動物との信頼関係を深め、もっと楽しく暮らしていただくために、高次なレベルで動物とのアニマルコミュニケーションをおこないます。

家系的にもつスピリチュアル能力を動物たちの幸せに活かすため、アニマルコミュニケーションの創始者の弟子や英国エリザベス女王の愛馬とのコミュニケーションで有名なアメリア・キンケード女史などからアニマルコミュニケーションメソッドを習得しています。

現在、LINE・ZOOM・FaceTime・電話などで、日本全国各地、海外からもオンラインセッションを受けつけています。

公式サイト:アニマルコミュニケータープエオカヒ https://pueokahi.com/ より一部引用

アニマルコミュニケーターに依頼する方法

インターネットで検索をしてみると、アニマルコミュニケーターのブログランキングや公式サイト、SNSなどが数多くでてきますので、アニマルコミュニケーターへの依頼は、サイトから直接申し込むことができます。

依頼するときの注意点ですが、ペットにも人と同じく個性があり、話好きで会話がうまい子がいる反面、思ったことがいえない、飼い主に気を遣って話せない子もたくさんいます。

そのため、アニマルコミュニケーションを受けたとしても、自分がペットから聞きたい思いが返ってくるとは限らないとされています。

ペットが話す言葉や感情をしっかりと受け止めて向き合える気持ちの余裕と、ともに生活していくために改善していく努力も必要となります。

アニマルコミュニケーターのサイトを見てみますと、アニマルコミュニケーションの料金設定は平均で、対面・電話対応ともに15,000円からとなっているところが多く見受けられます。

料金が高くて迷っている、まずはお試しからしてみたいという方には、電話占いでプロの占い師に相談することをおすすめします。

電話占いでは、
・ペットの気持ちを知りたい
・自分の気持ちをペットに伝えたい
・亡くなったペットと会話をしたい
・亡くなったペットは生まれ変わるのか、などの相談をすることもできます。

電話占いサイトは安心の上場企業運営が多いため、ペット鑑定に特化したプロの占い師が多く在籍しています。

霊視や透視に優れた占い師も多く、ペットの気持ちを伝えてくれると同時にヒーリングもおこなってくれますので、自分と相性の良い占い師を探して視てもらうのも1つの方法です。

電話占いピュアリ公式サイト: https://pure-c.jp/
泉恋(セレン)先生、十愛(トア)先生、桜ノ宮(サクラノミヤ)先生
エキサイト電話占い公式サイト: https://d.excite.co.jp/
沙樹 K(サキケイ)先生、Opera(オペラ)先生
電話占いヴェルニ公式サイト: https://vernis.co.jp/
優瓜(ユウリ)先生、春華(シュカ)先生、

などがペット鑑定では有名ですので、相談者からの口コミや評価も参考になさってみてください。

電話占いは24時間対応してくれますので、ご自宅にいながら、好きな時間に電話で相談ができますし、初回の新規登録で無料特典を利用すればお得に鑑定してもらえますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、アニマルコミュニケーターについて、役割や有名な方などについて紹介しましたが、いかがでしょうか?

アニマルコミュニケーションとは、動物と人が魂レベルでコミュニケーションを取り合う方法のことで、アニマルコミュニケーターは、動物と人の気持ちを通わせ合い、関係をより深めるための存在とされています。

アニマルコミュニケーターの役割
・ペットの気持ちを感じ取る(読み取る)
・問題行動を少しづつ改善させていく
・飼い主が内面を見つめ直すきっかけになる
・ペットの健康に関して無理はしない

アニマルコミュニケーターは、飼い主と亡くなったペットとの仲介をしてくれる存在でもあります。

アニマルコミュニケーションでは、亡くなったペットたちの魂とテレパシーでコミュニケーションを取るという方法が多く用いられていますが、ペットが亡くなってからかなり時間が経ってしまっている場合は、コミュニケーションが取れない可能性もあります。

アニマルコミュニケーターに依頼する方法
・インターネットで、アニマルコミュニケーターのブログランキングや公式サイト、SNSなどを検索をして、サイトから直接申し込む
・電話占いサイトで、ペット鑑定に特化したプロの占い師に視てもらう

この記事を読んでいただいた方たちの中には、ペットは家族と考えている方もいらっしゃるかと思われます。

ペットと一緒に生活をしていれば、ペットの気持ちが分からない、自分の気持ちを伝えたいと思うこともあるのではないでしょうか?

アニマルコミュニケーターも、自分のペットと会話をしたいという思いがきっかけとなり、この職業に就いた方が多いとされています。

アニマルコミュニケーターを通してペットとのコミュニケーションを取ることで、お互いの関係がより深まったり、心穏やかな生活になるよう願っております。

この記事が少しでも、皆様の幸せのお手伝いとなれば幸いです。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント