氏神様とは?調べ方やお参り・スピリチュアル効果など徹底解説!

氏神様とは?調べ方やお参り・スピリチュアル効果など徹底解説!

皆様は、氏神様の存在を知っていますか?
氏神様とは、その地域に住む人たちを守ってくれるといわれている神様のことです。
氏神様には、さまざまなスピリチュアル効果があるとされていますので、お参りをするときに、より効果が得られる方法を知ることができれば、願いごとが叶う可能性も高まるかと思われます。
今回は、氏神様とは?氏神様の調べ方やお参りの仕方、スピリチュアル効果などを徹底解説していきたいと思いますので、参考になさってみて下さい。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

氏神様とは

氏神(うじがみ)は、自分の住む地域にある神社のことや、その地域に住む人たちを守る神様のこととされています。
氏神様は氏(一族)姓(身分・地位を表す称号)が同じ人たちで祀った神様であり、一族の守護神でもありました。
現在は、転勤や引っ越しなどで、自分が生まれた地域の氏神様を祀っている氏神神社にお参りすることは難しいという人たちの増加により、そのときに住んでいる地域の神様を氏神とすることが多い傾向にあります。
ただ、生まれた地域の氏神様にも守っていただいた時期はあるため、近くに寄ったときにお参りをしてみたり、感謝の気持ちを持ち続けることが大切です。

氏子とは

氏神様を祀っている氏神神社には氏子区域があり、その区域に住む人たちが氏子となるため、日本に住んでいる人たちは基本どこかしらの神社の氏子になるといえます。
氏子になる条件としては、その区域に住んで氏神様を信仰し、神社のお祭りに参加したり、お神輿を担いだりすることです。
また、子どものお宮参りをすると、神社に祀られている氏神様から認められて、氏子になることができるとされています。
ただ、氏神様に対する考え方や氏子になる条件などは、住む地域や神社によってさまざまな違いがあります。

氏神様の調べ方

新居に引っ越しをする前に家祓い(やはらい)を行いたい、初詣や子どものお宮参りに行きたいなど、自分が住む地域の氏神はどこなのかを知りたいと思ったときのために調べる方法を3つ紹介したいと思います。

神社庁などに聞く

日本全国の神社8万社を管理している神社本庁が東京・代々木にあります。
各都道府県の神社庁の連絡先は、
神社本庁公式サイト:https://www.jinjahoncho.or.jp/ に掲載されていますので、問い合わせをすれば住んでいる地域の氏神を教えてもらうことができます。
電話の他にもインターネットで調べてみると、郵便番号から氏神を検索することができたり、住んでいる市にある神社名と電話番号が記載されていたりもします。

近くの神社に聞く

自宅近くに神社であっても、住宅地の開発によって新しい町が生まれたり、区や村が合併して地名の改称があったりしますので、地図などで神社を調べたら、電話か口頭で「氏子地域はどこでしょうか」と神社に直接確認するのが良いとされています。

町内会の人や個人商店に聞く

町内会の人や何代か続いている個人商店の店主に聞くという方法もあります。
町内会や自治会の役員の人たちに聞いてみると、お祭や初詣、お宮参りや七五三などで行く神社が分かる場合があります。
酒店や青果店でしたら、神社にお供え物を配達している可能性もありますので、お買い物の途中で聞いてみるのも良いとされています。

氏神様は怖いって本当?

ネット上で検索をしてみますと、氏神様の境内が怖くてお参りをしたくないと思うのですが、お参りをしないとバチが当たったり、怖いことが起こりますか?などの質問がされています。
氏神様が怖いというのは本当のことなのでしょうか?
氏神様は、その地域に住んでいるからといって、必ずお参りしなければいけないというわけではなく、氏神様が怒ったり、怖いことが起こることもないといわれています。
これは、氏神様に限ったことではなく、自分と波長が合う神様、縁があると感じ相性が良さそうな神様にお参りするのが良いとされています。
自分と波長が合う、縁があると感じる神様は、神様の方も同じことを感じているとされていますので、ご利益を得られやすい傾向にあります。

本当に怖い、嫌な感じがする神社・神様というのは
・鳥居がない(結界が張られていないため)
・神社内に低級霊や動物霊など不浄なものがいたりする可能性がある場合
・お参りのコースにお墓が入っている(成仏していない霊がいる場合がある)
・社務所に誰もいない
・長い間手入れがされていないため、祠が壊れている
・草や木々の手入れがされていなかったり、境内に落葉やゴミが散らかっている
・手水舎の水が汚く濁っている
・建物にホコリが積もっている、ガラスが曇ったり割れたりしている
・お参りをすると体調が悪くなる、などが考えられます。
このような場合は、無理をしてお参りをしなくても良いとされています。

氏神様に呼ばれると起こるサイン2つ

この項目では、氏神様に呼ばれると起こるサインを2つ紹介したいと思います。

世の中を良くしていきたいと思う

氏神様に呼ばれると起こるサインの1つめは、世の中を良くしていきたいと思うことです。
氏神様は世の中を見守り良くしていきたいと思っていますので、同じような思いを抱えている人をサポートするために、パワーを与えるからと呼ぶことがあるといわれています。
氏神様がパワーを与えるために、必要だと思う神社に行くように導くこともあれば、神社の氏神様が直接呼ぶこともあるとされています。

神社に行くべきだと感じる

氏神様に呼ばれると起こるサインの2つめは、神社に行くべきだと感じることです。
何となく気になる神社があるときに、友達から誘われた場所に行ってみたらその神社が近くにあった、出張先に神社があった、本やテレビなどで何度も同じ神社を見るということが続く場合は、氏神様に呼ばれているサインだといわれています。
自分の直感に従って気になっていた神社にお参りをしてみて、神社の雰囲気や相性が自分と合っていると感じた場合は、氏神様から何かしらのメッセージを受け取ることもあるとされています。

氏神様が持つスピリチュアルな効果3つ

この項目では、氏神様が持つスピリチュアルな効果を3つ紹介したいと思います。

浄化作用が起こる

氏神様が持つスピリチュアルな効果の1つめは、浄化作用が起こることです。
氏神様にお参りをした後に、お金をなくしてしまった、車をぶつけてしまった、仲良くしていた友だちと疎遠になってしまったなど、良くないことが続くのは、縁切りや浄化作用が起きているからだといわれています。
また、悩みごとや問題が解決に向かい行動力が出てきたり、今まで抱えていた不安な気持ちが消えて前向きな気持ちになれたりするのも、氏神様の心の浄化作用だとされています。
このときは、氏神様を信じて行動をしてみると、穏やかに過ごせるようになったり、自分の波動が高まるといわれています。

アイデアがひらめくようになる

氏神様が持つスピリチュアルな効果の2つめは、アイディアがひらめくようになることです。
氏神様にお参りをした後に、家族や友だちからの言葉や、テレビや雑誌などで見たり聞いたりした情報からアイデアがひらめくことがあるといわれています。
このときは、氏神様の効果に頼るだけではなく、自分の周りで起こる出来事の中から感じ取るようにしていくと、良いことが起こりやすくなったり、人生が良い方向に進むこともあるといわれています。

懐かしさや安心感などを感じる

氏神様が持つスピリチュアルな効果の3つめは、懐かしさや安心感などを感じることです。
氏神様にお参りをした後に、懐かしさや安心感などを感じた場合は、金運・仕事運・人間関係・恋愛運などが上昇したり、自分にとって良い環境を引き寄せることができたり、他の神社にお参りをしたときにも願いごとが叶いやすくなるといわれています。

氏神様にお参りするべき理由

氏神様にお参りをするべき理由の1つに、その土地に感謝をすることが挙げられます。
どのような土地でも人々が安心して住めるようにと、土地をならして道路の整備をしてくれたり、電気を通してくれたり、ガスや水道を引いてくれたりなど、誰かの努力の積み重ねがあるものです。
氏神様へお参りをするときは、過去の歴史は分からなくても、今、自分たちの周りにあるものや、誰かの努力に対して感謝をしてみてはいかがでしょうか?
いつも見ている当たり前の風景の中には、多くの人たちの努力がありますので、感謝の気持ちを伝えることが、氏神様とのつながりをより強めるといわれています。

氏神様のお参りの仕方

この項目では、昔から伝わる氏神様のお参りの仕方を紹介したいと思います。

鳥居をくぐる・参道を歩くとき

鳥居をくぐる前に一礼をします。
鳥居に足を入れるときは、参道の左側を歩く場合は左足から入る、参道の右側を歩く場合は右足から入るようにします。
参道の真ん中である正中は神様の通り道とされていますので、参道を歩くときは、左側か右側の端を歩くようにしましょう。
もし、参道を横切る場合は、神様の通り道を横切らせていただきますという気持ちをもち、頭を少し下げて歩くことが大切です。
また、参道に敷かれている玉砂利には、霊にも通じている・美しい・大切ななどの意味があります。
玉砂利が参道に敷かれているのは、お参りをする前に心を清めるためだといわれていますので、玉砂利をしっかりと踏みしめられるように、ヒールがある靴は避けたほうが良いとされています。

手水舎で両手と口を清める

①右利き・左利きに関わらず、右手でひしゃくを持って水をすくいます(この1杯で両手と口を清めていきます)。
②まず左手を洗い流します。
③ひしゃくを左手に持ち変えたら右手を洗い流します。
④右手にひしゃくを持ち変えて、左手に少し水をためたら口を清めます(ひしゃくに口をつけないよう注意して下さい)。
⑤口を清めた後の水は、溝になっているところにそっと流しましょう。
⑥ひしゃくの柄の部分は、柄を立てて残った水で洗い流して清め、元の位置に戻して下さい。

神殿前にて

お参りの基本は「二礼二拍手一礼」「二拝二拍手一拝」です。
①姿勢を正して深いお辞儀を2回おこないます。
②少しだけ右手を下にずらして手指をそろえたら、手のひらの部分を少し丸め、ゆっくりと強く2回打ち鳴らします(大きな音は神様を敬う気持ちと、邪気を祓うともいわれています)。
③手を合わせて心を込めて祈ります。このとき、氏神様に感謝の気持ちを伝えましょう。
④深くお辞儀をします。
人が多いときなどは、ニ拝ニ柏手一礼が済みましたら、横にずれて祈るようにしましょう。

祝詞

願いごとを叶えるためには、願いごとの内容を言葉にした後に、祝詞を唱えるのが良いといわれています。
ただ、祝詞を覚えることは難しいため、こちらでは簡単な略拝詞を紹介しますのでお参りのときに唱えてみて下さい。
「祓(はら)え給(たま)え、清め給え、神(かむ)ながら守り給え、幸(さきわ)え給え」で、お祓い下さい、お清め下さい、神様のお力によりお守り下さい、幸せを与えて下さいという意味になります。

お賽銭

縁起の良いお賽銭の金額は、5円(ご縁)20円(二重に縁)25円(二重にご縁)45円(終始ご縁)などがありますが、金額よりも感謝の気持ちのほうが大切だとされています。

おみくじ

おみくじは運を試すものではなく、神様からのメッセージを受け取るという意味がありますので、引くのは1回となります。
おみくじを引く前に心の中で「今年中に○○(夢や目標)をしたいのですが、どうすれば良いですか」などと具体的に聞きたいことを唱えましょう。
大吉が出れば運勢が良いと感じて嬉しいものですし、凶が出れば良くないことが起きそうだと感じてしまうこともあるかと思われますが、おみくじに書かれている言葉を神様からのアドバイスとして受け止めることが大切です。

帰るとき

帰るときも参道の真ん中は通らないように注意しましょう。
鳥居をくぐったときに、再び一礼します。

お参りをする時間

お参りをするのは、基本的に12〜14時くらいの間に行くのが良いとされています。
神社は真夜中に清められるといわれていますので、朝の早い時間が最もパワーが強いとされています。
時間が遅くなってしまうと、お参りに訪れた人たちにパワーを取られて効果が弱まることもあるといわれています。

お参りをした後の過ごし方

お参りをした後は、買い物や人が多いにぎやかな場所に行くことを避けたり、自宅でもパソコンやスマホの使用はしないほうが良いとされています。
お塩をひとつまみ入れてお風呂に入り、お風呂から出たら綺麗なパジャマを着て早めに眠るようにしましょう。

氏神様にお参りする頻度はどれぐらい?毎日お祈りしたほうがいいの?

氏神様にお参りする頻度は、毎日でも良いですし、忙しくてなかなか時間が取れない場合は1年に1度でも良いなど、特に決まりはないといわれています。
この項目では、お参りする頻度として代表的な例を紹介したいと思いますので、参考になさってみて下さい。

初詣

氏神様にお参りをするには、1年の始まりである初詣は大変良いとされています。
家族や親しい友だちと有名な神社にお参りすることも多いかと思われますが、もし時間があるようでしたら、住む地域の氏神様にお参りしてから行くのが良いとされています。
初詣は元日から三が日の間、または松の内(関東は1月7日、関西は1月15日まで)の間に行くのが一般的とされてはいますが、自分の予定や体調などを見てお参りするのが良いといわれています。

節分

初詣に行かれなかったという方は、節分に氏神様にお参りをすると運勢を上昇させることができるといわれています。
節分とは季節を分けるという意味があり、1年に4回、立春・立夏・立秋・立冬の前日が節分となりますが、立春は陰陽のパワーが平等になる日ですので、悪い気も引き寄せやすくなるとされています。
また、立春は季節の変わり目にあたり体調を崩しやすいことから、節分の豆まきは健康を願って悪い気を祓う行事としておこなわれています。
節分の日は、近くの氏神様にお参りをして、身心ともに浄化させることが大切です。

お宮参り

お宮参りとは、赤ちゃんが無事に生まれたことの感謝の気持ちを伝えたり、健やかな成長をお祈りする行事のことをいいます。
住む地域によっては、氏神様へのお宮参りが氏子の仲間入りの儀式を兼ねていることもあるとされています。
お宮参りは、生後1カ月ころにおこなう地域が多いとされていますが、100日以内なら問題ないとする地域もありますので、無理をせずに母子ともに体調が良いときに日程を組むようにして下さい。

七五三

七五三も、氏神様にお参りするのが良いとされています。
7歳までは神の子と呼ばれており、3歳、5歳、7歳の節目を迎えた年にお祝いをするというしきたりが受け継がれたものが、七五三の由来だといわれています。
有名な神社にお参りするのも良いですが、お子さんが長時間着慣れないものを着ることなどを考えると、近くの氏神様にお参りするほうが負担が少なくて済むのではないでしょうか?

合格祈願

合格祈願は、学問の神様である菅原道真公を祀っている神社にお参りする人が多い傾向にありますが、地域に住む人たちを守る氏神様も合格祈願の効果は期待できます。
無事に合格できましたら、感謝の気持ちを込めてお礼のお参りもするのが良いとされています。

護符(お神札)を取り換えるとき

1年の終わりには神棚も掃除をして、新しいお神札を飾り新年を迎えるのが良いとされています。
氏神神社から前の年にお受けしたお神札を納め、新しいお神札をお受けするときに、氏神様にお参りをするのも良いのではないでしょうか?

毎月決まった日

1か月を始まり(毎月1日)と中間(15日)で区切って氏神様にお参りすることも多い傾向にあります。
また、新月や満月の日を選んでお参りをするのも良いとされています。
1か月無事に過ごせますように、良い毎日になりますようにお守り下さいという願いを感謝の気持ちとともするのが良いとされています。
氏神様にお参りをして強く願えば、人は意識や行動が変わるようになるといわれています。

恋愛がうまくいかない…氏神様にお参りしてみよう

恋愛成就や縁結びなどで有名な神社にお参りしたことがある女性は多いのではないでしょうか?
恋愛成就や縁結びの場合も、有名な神社にお参りをする前に、自分が住む地域の氏神様にお参りをするのが良いとされています。
恋愛がうまくいかないと感じたときは、自分から積極的に氏神様と関わっていくことも大切です。
この項目では、恋愛成就のために氏神様をお参りするときの重要なポイントを紹介したいと思います。

まずは自分のことを知ってもらう

初めてお参りをする氏神様に、自分の願いだけを祈るのは良くないとされています。
お願いごとをする前に、自分の名前や今の状況などを心の中で話し、氏神様に自分のことを知ってもらうことが大切です。

見守って下さいと願う

普段からなにも努力をせずに、氏神様にお願いに行っても、願いが叶う訳ではありません。
恋愛の成就や良縁を願う人は、服装、言葉づかい、行動、絶対にパワーを手に入れるという強い思いなど、日頃から気をつけていることが多くある傾向にあります。
氏神様にお願いをするだけで、自分から行動を起こさない人には、良い運気は訪れないといわれています。
良縁に出会うために自分も努力をしますので見守っていて下さいという姿勢が氏神様には好まれるとされています。

効果があるときにお参りをする

氏神様の場合、お正月や節分、花が咲く季節などは、普段よりも効果が得やすくなるといわれています。
また、護符やお守りなど、お祭りがあるときに買ったものを常に持ち歩くようにすると、より効果が高まり運気の上昇につながるとされています。

願いごとの実現には時間がかかることもある

氏神様の場合は、願いごとの実現には1週間〜1カ月くらい時間がかかることもあるといわれています。
願いが叶うと信じて努力をし続けていくと、氏神様の効果を得ることができるとされていますので、自分の気持ちを強く持つことが大切です。

縁結びの神様とも呼ばれている氏神様!電話占いで氏神様に詳しいプロに相談しよう

氏神様は縁結びの神様とも呼ばれています。
氏神様にお参りに行く時間がどうしても取れないという方には、電話占いで相談することをおすすめします。
電話占いでは、
・氏神様について詳しく知りたい
・氏神様のパワーで縁結びをしてもらいたい
・片思いが成就するのか、復縁の可能性があるのかを知りたい
などの相談をすることもできます。
電話占いサイトは安心の上場企業運営が多いため、厳しい審査を通過した霊能者や占い師が多く在籍していますので、自分と相性の良い霊能者や占い師を探して視てもらうのも1つの方法です。
電話占いは24時間対応してくれますので、ご自宅にいながら、好きな時間に電話で相談ができますし、初回の新規登録で無料特典を利用すればお得に鑑定してもらえますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ピュアリPR【Lani限定初回15分無料】

電話占いピュアリには、実力のある霊能者や占い師が200名以上在籍しています。
Laniからの登録限定で、全ての占い師に適用される初回15分無料相談や、総額10,000円以上のプレゼントなどもありますので、初めて電話占いをしてみたいという方でも安心して始められます。

電話占いピュアリの登録の仕方はとても簡単で、登録料、年会費などはかかりません。
「初めての方、無料会員登録」をタップして新規無料会員登録をします。
会員登録画面になりましたら必要事項を入力し「次へ進む」をタップします。
確認画面で確認したら「上記内容で仮登録する」をタップするとメールが送られてきますので、メールに記載されているアドレスをクリックして登録完了となります。

電話占いピュアリは、自分と相性の良いベテランの霊能者や占い師を検索することも間単にできます。
登録完了後は、在籍占い師検索にある「相談の種類」にチェックを入れて検索します。
悩みに強い占い師がピックアップされますので、任意の占い師を選んで相談します。
誰に相談しようか迷ってしまった場合は、在籍占い師検索にある「印象・話し方」で「優しく話しやすい」や「親身深く暖かい」など好みの印象にチェックを入れて更に絞り込んで検索します。

電話占いピュアリ公式サイト: https://pure-c.jp/

エキサイトPR【初回最大3500円分無料】

エキサイト電話占いは、電話やメールで24時間いつでもスマホからご利用いただけます。
エキサイト電話占いには、厳しく審査された100名以上の占い師が在籍しており、利用者が選んだ「占い師の人気ランキング」が公開されていますので、口コミやプロフィールを参考にしながら自分に合う占い師を選ぶことができます。
また、月額料・会員費などはかかりません。
公式サイトから新規会員登録をしますと初回最大3500円分が無料になりますので、お試しで鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

新規会員登録特典、最大3,500円分相当のコインプレゼント
① 新規会員登録完了で「1,000コイン」
② 初めてのクレジットカード登録で「1,500コイン」
③ エキサイト電話占いの公式LINEと友だち登録後、電話占いのIDを初めて連携するとさらに「1,000コイン」

エキサイト電話占い公式サイト: https://d.excite.co.jp/

電話占いランキングPR【無料体験のはしごだけで楽しめる】

電話占いには、
・新規登録の無料特典を利用して気軽に試せる
・複数の電話占いサイトに登録すれば自分と相性の良い占い師を探せる
・恋愛・結婚・復縁・出会い・縁結び・縁切り・不倫・お金・仕事・人間関係・家庭・ペットの気持ち・将来・前世・開運方法・守護霊など、さまざまな悩みの相談を24時間自宅から鑑定してもらえる
・スマホから気軽に老舗電話占いや、メディアに出演した経験豊富な一流の占い師に相談ができる
・電話占いサイトによって初回登録で3,000円分、初回最大4,000円分(最大20分間)の無料鑑定があるのではしごだけで楽しめる、などのメリットがあります。
各電話占い会社のイベントや割引・初回特典の有無などについては、こちらの電話占いランキングで詳しく紹介しておりますので、無料お試しはしごの参考になさってみて下さい。

開運の懸け橋で開運しよう

さまざまな運を引き寄せる奇跡の開運鑑定「開運の架け橋」は、実力のある占い師が30名以上在籍しているメール占いで、PCやスマホから気軽に悩みを相談することができます。
開運の架け橋は、1回のやり取りで最大1,000文字まで悩みを相談でき、それに対し、当たると評判の占い師から2000文字弱のボリュームで初回無料鑑定をしてもらえます。
・恋愛運(2人の相性・浮気・復縁)
・金運(借金のお悩み、これからの金運)
・仕事運(適職、転職、人間関係)
・健康運(健康でいられるために)
・結婚運(良縁に恵まれる時期、それまでの試練)
・総合運(訪れる転機、重要な出来事)など
さまざまなお悩みに対応していますので、ぜひ開運のお役に立ててみて下さい。

開運の架け橋公式サイト: https://kbrg.jp/?pr=gkyk04

まとめ

今回は、神様の種類や守護神、自分の神様を調べる方法などについて紹介してみましたが、いかがでしょうか?

氏神(うじがみ)は、自分の住む地域にある神社のことや、その地域に住む人たちを守る神様のこととされています。
氏神様を祀っている氏神神社には氏子区域があり、その区域に住む人たちが氏子となるため、日本に住んでいる人たちは基本どこかしらの神社の氏子になります。

氏神様の調べ方
・神社庁などに聞く
・近くの神社に聞く
・町内会の人や個人商店に聞く

氏神様が持つスピリチュアルな効果
・浄化作用が起こる
・アイデアがひらめくようになる
・懐かしさや安心感などを感じる

お参りの仕方
・鳥居をくぐる・参道を歩く
・手水舎で両手と口を清める
・神殿前にて二礼二拍手一礼をする
・祝詞を唱える
・お賽銭(金額よりも感謝の気持ちのほうが大切)
・おみくじを引くのは1回
・帰るときも参道の真ん中は通らず、鳥居をくぐったときに再び一礼
・お参りをする時間は、基本的に12〜14時くらいの間
・お参りをした後の過ごし方は、買い物や人が多いにぎやかな場所に行ったり、パソコンやスマホの使用を避ける。早めに眠る

氏神様にはさまざまな効果があることが分かりましたので、自分の身近な神様としてお参りをするのも良いかと思われます。
また、氏神様は恋愛成就や縁結びにも効果が期待できる神様ですので、なかなかお参りに行く時間がないという方は、電話占いをぜひ試してみて下さいね。

この記事が少しでも、皆様の幸せのお手伝いとなれば幸いです。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント