PR
家を建てると人が亡くなる本当の理由6つ

家を建てると人が亡くなる本当の理由6つ

家を建てると人が亡くなるという言い伝えがあることを皆さんはご存じでしょうか。

マイホームの建築と言えば幸せの絶頂というイメージですが、実は様々な要因が重なると家を建てることで不幸が訪れてしまうことがあります。

実際に家を建てた直後に大きな事故に遭ってしまい亡くなったり、新築を建てた途端にガンが見つかったり、など様々な話を耳にします。

偶然だと言い切ってしまうことは簡単ですが、スピリチュアルの観点からみると家を建てた後に訪れる不幸には必ず理由が存在していることわかります。

この記事では「家を建てると人が亡くなる本当の理由」というタイトルのもと、その理由を6つに分類し紹介していきます。

家を建てると人がなくなる本当の理由6つ

理由を考えている男女

冒頭で家を建てると人が亡くなるという言い伝えには、偶然ではなく必ず何かしらの理由が存在していると述べました。

実際に家を建てた直後に亡くなってしまった方や、大きな不幸に襲われてしまった人の話も耳にします。

皆さんもご近所の噂話などで耳にしたこともあるのではないでしょうか。

夢のマイホームとも言われるぐらい幸せ絶頂のはずのイベントでいったい何故、不幸に襲われてしまうのでしょうか。

スピリチュアルの観点から調べてみるとそこには共通点があり、決定的な理由が存在していることがわかります。

①家を建てることによって運気が変わるから

家を建てる計画

マイホームの建築は人生の中でも1度あるか無いかの最大のイベントと言えます。

その人の人生に大きく関係し、その後を左右するような大きなイベント(ターニングポイント)には波動やエネルギーが大きく関わってきます。

家を建てることによって波動やエネルギーに大きな影響を与えてしまう可能性があります。

それ自体は決して悪い事ではなく、全員に平等に起きる事象になります。

しかし、いくつかの負の要因が重なってしまうと波動やエネルギーへの悪影響を引き起こしてしまいます。

この悪影響のせいで本人が元々持っていた運気が急激に低下してしまい、災いを呼び寄せることになり最悪の場合死期を早めてしまうのです。

②本能が死期が近いことを察知しているから

死期が近い

家を建てると人が亡くなる理由を調べると、当人が死期が近いことを本能的に察知しているからという話が出てきます。

これは家を建てたから人が亡くなるのではなく、人が死期を感じ取るから最後に家という大きな形ある物を残そうとする。

という考え方です。

スピリチュアルの世界では死は寿命であると考え、寿命は宿命という形であらかじめ定められていると言われています。

魂は刻み込まれた寿命を認識しているので、死期が近づくと魂が察知し本能的な行動を促します。

その結果、マイホームという形ある大きな資産を残された家族のために建てようと行動に移すことになります。

③家を建ててはいけない年齢がある

ターニングポイント、ダメ

マイホームを建てるということは、人生において非常に大きなターニングポイントとなります。

ターニングポイントでは波動の大きな変化やエネルギーの消費などが大きなふり幅で発生するため注意が必要になります。

特に年齢的なタイミングは重要視されており、スピリチュアルの世界では「家を建ててはいけない年齢」も存在しています。

日本古来の年回りの算術法で導かれるもので、有名なものは「厄年」「天中殺」「大殺界」などが挙げられます。

「厄年」とは20代、40代、60代に訪れると言われる災厄が起きやすい周期のことです。

男性は42歳、女性は33歳が大厄と言われているため家を建てるなどの大きなターニングポイントを設けることは避けるべきと考えられています。

「天中殺」は12年に1度訪れると言われる、私利私欲で行動を起こすことを避けるべき年のこと言います。

「大殺界」は運命学を元に算出されるもので12年のうちの3年間、何をやっても上手くいかない期間のことを言います。

これらの家を建ててはいけない年齢を無視してしまうと波動やエネルギーが大きく低下してしまい、生命力まで悪影響を与えてしまう可能性があります。

④家を建ててはいけない場所がある

家を建てる場所、地図、土地

家を建てると生活の拠点が完全に定められます。

一番長い時間居る空間がマイホームになるわけなので、家のある土地が空間からの影響に大きく関与してきます。

スピリチュアルの世界で空間や土地のエネルギーを整えると言えば「風水」を思い浮かべるかと思います。

風水学上で良くない土地・空間に家を建てるとそこで生活を営むだけで波動やエネルギーの低下を招き、活力や生命力にまで悪影響を与えてしまいます。

具体的な例を挙げると「三角地」「行き止まりの場所」「高い建物に囲まれている場所」などが良くない土地として言われています。

三角地はスピリチュアル的には不安定な土地と考えられ、三角地に三角形の家を建ててしまうと住民の心身まで不安定にしてしまいます。

病気がちになったり転職ばかりで職が定まらなかったりなどの影響が現れます。行き止まりの土地は、家の中で邪気が停滞しやすくなります。

したがって家庭内に問題が起きても解決できず、問題が停滞する家になってしまいます。

高い建物に囲まれている土地は精神的に圧迫感を覚えてしまい、心身が休まらない家になってしまいます。

どれも寿命を削る要因になり得るので、家を建てると人が亡くなるという言い伝えに繋がっていきます。

⑤ 身の丈に合わない家を建ててしまうから

モータゲージ、家の価値、資産、

身の丈に合わない家を建ててしまうと心身に大きな負担を強いることになります。心身への負荷は家庭不和を招き家族間の関係性も悪化させてしまう恐れがあります。

分不相応な所有物は身を亡ぼすことにつながると言われ古来より忌避されてきました。

スピリチュアル的には心身への負担は人間関係の悪化を招くと考えられそれが原因でストレスが蓄積し身を削る羽目になると言われています。

現実的な話をすると身の丈に合わない家を建ててしまったが故に、無理な住宅ローンに追われてしまったり、自尊心を保つために見栄を張り続けてしまったりと負のサイクルに突入してしまいます。

この負のサイクルから抜け出すことができず結果的に自ら命を絶ってしまうという話も少なくありません。

⑥ 家を建てるタイミングではないから

家を建てるのは今かあとか

波動が落ち込んでいる時はマイホームの購入などのような大きな環境の変化を起こしてはいけないと言われています。

タイミングを見誤るとターニングポイントの出来事に全てのエネルギーを吸い尽くされてしまい、更なる波動の低下を招いてしまいます。

波動は人生の中で絶えず上下しています。

マイホームの購入や結婚、転職などの人生を左右するような大きなイベントは可能な限り波動が上昇しているタイミングで迎えたいです。

自身の小さな環境の変化からでも波動の上下は読み取ることが出来ます。

上昇のサインを見逃さないよう気を配ることが重要です。

また、家を建てることなどの良いタイミングは、風水や占星術などの専門家に相談してみるのも良いかもしれません。

家を建てないほうがいい人もいる

誰もが一度は夢見るマイホーム建築ですが、実は家を建てない方がいい人も存在しています。

まずは「資金力に不安がある人」です。

家を建てるということは大抵の方はローンを組むなどして大きな借金を抱えることになります。

身の丈以上の行動は文字通り身を亡ぼすことになりかねません。

ローンの返済に追われてストレスをためこんでしまい、最終的に悲惨な結末を迎えるといった人も少なくはありません。

2つ目は、波動が低くインナーチャイルドが大きく傷ついている人、これは物事に対しての執着が希薄になっている場合が多々あります。

この様な人が家を建てると家庭不和を発生させ、執着もないため離婚やマイホームを手放すと言った悲惨な結末を招く可能性があります。

家を建てる際に注意すること3つ

ここまで家を建てることへのデメリットばかり説明してきましたが、本来マイホームの建築は大いに喜ばしい事であり、人生の中では良いターニングポイントとなります。

下記に挙げる様な注意すべきポイントをしっかりとおさえて、満を持して決断に踏み切ることが出来れば必ず幸福を呼び込むことにつながります。

① 身の丈に合った選択をする

夢のマイホーム建築にあたり、理想の全てを詰め込みたくなる人は多いでしょう。

しかし、理想を追い求めればそれだけ費用も膨れ上がっていきます。

住宅ローンも要は借金になります。

理想ばかりを追い求め身の丈に合わない住宅ローンを組んでしまうと、常に借金返済に追われることになり心身に悪影響を及ぼすことになります。

金銭問題は心からゆとりを奪うため家庭内も次第にギスギスしていくでしょう。

身の丈に合わない家を建ててしまうと、自分はもちろん周囲の人まで巻き込んで不幸な結末となってしまいます。

夢のマイホームで浮かれてしまう気も分かりますが、身の丈に合った堅実な選択を心掛けてください。

② 風水や家相をしっかりと考える

風水

家は家族全員が同じ空間で過ごす場所であり、帰ってくる場所でもあり非常に重要な場所になります。

よく家の主のことを「一家の大黒柱」と表現しますが、まさにその通りであり家は自分の分身と言っても過言ではありません。

風水や家相を軽視して悪い土地や、良くない方角に家を建ててしまうとそれは自身の体の中に邪気を取り込むことと同義になってしまいます。

風水学ではよく鬼門に玄関を設置してはいけないと言われています。

その他にも風水や家相には様々なルールが存在しています。

全てを忠実に守った家を建てるのは難しいと思いますが、マイホーム建築の前には風水などを少しでも勉強しておき最低限のルールを守ることが絶対条件となります。

③ 地鎮祭を執り行う

マイホーム建築に伴って地鎮祭も重要な行事になります。

「地鎮祭」とは、建築工事や土木工事が行われる前に神主様を招き、その土地の神様に対して工事の安全を祈願する儀式です。

地鎮祭には3つの大きな意味があると言われており、「土地を守っている氏神様に土地を利用する許可を取る意味」「工事の安全を祈る意味」「住む人の繁栄を祈る意味」これら3つの祈願を施主と施工業者がそろって行うものです。

地鎮祭は義務として決まっていることではありませんので、中には手間や費用を惜しんで地鎮祭を執り行わない人もいるようです。

もちろん義務ではありませんので各自の判断による形になりますが、地鎮祭を執り行わないということはこれから先ずっと住み続けることになる土地の神様に挨拶をしないということになります。

挨拶もなしに勝手に大きな建造物を建てられたらどうでしょうか。

良い気持ちにはならないはずです。

地鎮祭をしないということは神様に対して礼節を欠くことになりますので、特別な理由がない限りは地鎮祭を執り行うことをおすすめします。

家を立てていいか気になる場合はこの人に相談してみよう

占い、風水

ここまで、家を建てることに際しての様々な注意事項を説明してきました。

家を建てても良い年齢や時期、風水などは自分の力だけでは調べるのは中々ハードルの高いことだと思います。

マイホーム建築を考えていて不安を感じる様なことがあれば、プロに相談してみることをおすすめします。

ここでは特に専門性の高い御二方を紹介します。

安喜良占い師 エキサイト電話占い
横浜中華街の伝説占い師
安喜良 先生
料金:
1分/ 電話料金 297円
占歴:
33年 7 ヶ月
霊感、霊聴、チャネリング、オーラ鑑定、守護霊判定、前世鑑定、全ての命占、相占(手相、人相、風水等)
☆恋愛(お相手の気持ち、相性、片思い、不倫、略奪婚、出会い、婚期、縁結び、再婚、復活愛、離婚、三角関係、年の差恋愛など)
☆人生相談(夫婦関係、介護、育児、子育て、嫁姑問題、職場、ご近所、学校、いじめ、学業成績アップ、就職、転職、適職/天職、進路、キャリアアップ、経営、開業、起業、ストレス、不安、心身症、鬱、対人恐怖症など)
☆スピリシュアル(オーラ&チャクラ診断、チャクラ波動修正、守護霊メッセージ、過去生リーリング、祟り、霊障、ものの怪、呪咀返しなど)

一人目は占い師の「安喜良さん」です。

安喜良さんは占い歴31年の実績を有しておられ、風水にも高い専門性を持っておられます。

八宅風水や玄空風水などに精通され、自宅の間取り図の画像を送ることでリモートでも鑑定も可能です。

電話占い師「安喜良 」のプロフィール|当たるエキサイト電話占い初回最大8500円分無料
https://d.excite.co.jp/prof/509130/

えびすや真朱さん

2人目は占い師の「えびすや真朱さん」です。

えびすや真朱さんも占い歴42年の実績を有しておられ経験豊富な占い師さんです。

風水・家相などの開運相談を得意としておられ吉方位にも精通しています。

上記に挙げたお二人の様な本物の力と知識を持つ専門家の方に相談することで、マイホームを建てるにあたり自分自身に合った土地や時期の正しいアドバイスをもらえるはずです。

中でも電話占いは実際に足を運ぶ必要もなく自宅にいながら専門家に相談することが出来るので、ハードルも低くおすすめです。

まとめ

幸せ家族、家、建築

この記事では「家を建てると人が亡くなる本当の理由6つ」のテーマのもと、マイホーム建築に関する噂の真相や注意点などをお話してきました。

家を建てると人が亡くなるという言い伝えもあながち嘘ではなく、注意すべき点やおさえるべき点を疎かにしてマイホームを建築してしまうと災いが降りかかりますよ、ということの暗喩なのかもしれません。

逆を言えばこの記事でも紹介したような注意点さえしっかりとおさえれば夢のマイホームで幸せな家庭を築くことができるということです。

コメント

  1. 占い師や風水師は胡散臭いのが多い より:

    うーーーーん、正直こじつけに思えた。
    そもそも家を建てたら人が死ぬって言われる所以てさ、元々はやっかみ僻み嫉妬から来てるものがほとんどだよね。そもそも身の丈に合わない家建てたら借金苦とか当たり前だし、風水的に立てちゃイケナイ場所っていうより地盤の問題や自然災害に見舞われ易い地形ってのはあるからねぇ…そしてそれは風水というより、土地に詳しい人に検査してもらうしかないよねぇ…。あとは海の近くは大きい地震があったた時、津波被害に合うこともあるから海の近くは良くないとか山の近くは豪雨で土砂災害とかね…。まあ、そういうことが起きないように昔の人は神頼み(地鎮祭)をして(挨拶したよーだから見守ってねー)ってやる事で不安を解消させてたんだろうし。
    まぁ、人の力の及ばない事柄(自然災害)は神様に挨拶するくらいしか避ける方法なんてないからソコはケチるべきではないと思うけど、占い師とかに風水的に方位等を調べてもらうのは胡散臭いと思う。そもそも風水が絶対なら先ず風水師はお金を貰った後に仕事をするのは変だよ。未だ結果が出て無いのに風水でお金が入ってくる家とか言うけど風水本見てやっても思う様にお金入って来ないと占い師達は決まって言う言葉に(心から信じて無いから、正確な知識ではないから専門家に見てもらわないと返って良くない)等の誤魔化しをする。だったらお前ら専門家が無償で風水をしてあげて、その結果お金がいっぱい入る家になってからお金請求する様にしたりすれば良いよね!風水が絶対なら!後からなら、やって貰った人もお陰様でたくさんお金が入ってくる様になりましたのでってお礼を確りしてくれると思うよ!地鎮祭をケチらない律儀な人ならさ!