PR
復縁した方がいいパターン

復縁した方がいいパターン

恋人との復縁を迷うときってありますよね。

好きな気持ちはまだあるものの、もう一度付き合って本当にいいのだろうかと判断できなくなります。

そんなときは、復縁した方がいいパターンを参考にしてみてください。

より詳しく「元カレと復縁他方がいいパターン」「元カノと復縁した方がいいパターン」と、男女別でも解説していきます。

復縁したほうがいいパターンがある!

復縁してうまくいくカップルもいれば、別れを繰り返してしまうカップルもいますよね。

恋人と復縁した方がいいのか、それともしない方がいいのか知りたいときは、まずは「復縁した方がいいパターン」に当てはまるかどうかを見てみるのがおすすめです。

なぜなら、そもそも一度別れたカップルが復縁することは難しいとされているからです。

多くは復縁が叶わず終わるため、復縁できるチャンスがあるなら見送るのはもったいないでしょう。

復縁した方がいいパターンだと判断できるなら、もう一度恋人とやり直すことを前向きに考えてみましょう。

まずは無料相談!
どうしても復縁したい! プロの工作員が復縁のお手伝い!
  • 対象者を調査・分析し、復縁のためのプランを提案
  • プロの工作員が復縁できる状況を作り出す
復縁屋M&M 探偵業届出済 全国対応 PR
  • 業界トップクラスの実績
  • リアルタイム報告で安心
匿名相談 OK

【共通】復縁したほうが良いパターン6つ

別れ方のパターンやシチュエーションに共通点があるのが、復縁した方がいいカップルの特徴です。

復縁した方がいいと判断できるカップルは、どんなシチュエーションの別れを経験しているのか見ていきましょう。

遠距離恋愛で別れたパターン

遠距離恋愛に挫折して別れたカップルは、復縁した方がいいでしょう。

なぜなら、お互いにまだ気持ちが残っている可能性が高いからです。

遠距離恋愛で別れる原因の多くは、どちらかが寂しさに耐えきれなくなることです。

相手を恋しく思う気持ちは、好きでないと生まれてこない感情ですよね

寂しすぎて別れを選んだとしても、実際はもっと相手が恋しくなり、気持ちが強くなるのがオチです。

別れ話をしたとしても、それはお互いの気持ちを確認し合っただけに過ぎません。

もう一度復縁することで、二人の絆をもっと強くすることができるはずです。

また復縁を経験すると、お互いに信頼関係が生まれてきます。

「寂しい」と思ったとしても、相手を信じる気持ちがあれば今度は乗り越えられるでしょう。

連絡のとり方やデートの仕方など改善点に二人で気づくこともできるため、付き合いやすさも増すはずです。

遠距離が原因で別れたけれど復縁して、そのときに結婚の約束をするカップルも多いでしょう。

仕事が忙しくて別れたパターン

仕事が忙しくて別れたカップルも、復縁した方がいいパターンです。

仕事が忙しいと、どうしても恋愛はおいてけぼりになりますよね。

そのため相手に申し訳なさを感じて、別れ話に発展することがあります。

今は仕事に集中したい」という別れ文句は、カップルにはあるあるでしょう。

ただ、仕事の忙しさが原因で別れたカップルは、別れてからも互いに恋人がいない期間が続きます

そのため仕事に疲れたときや、一段落ついたときに別れた恋人を思い出しがちになります。

「元気にしてるかな」という思いが、「会いたいな」「別れなければ良かったな」に変わることは自然でしょう。

つまり、タイミングさえ間違えなければ復縁することができるのです。

復縁した場合も今度はお互いの事情をわかっているため、仕事の空き時間を使って上手に付き合うことができるでしょう。

復縁した後は、「やっぱり彼(彼女)じゃないとダメだ」と実感することが多くなります。

喧嘩別れしたパターン

別れ話をしたときは、揉めないことがありません。

大小に関わらず、喧嘩になることも多いです。

喧嘩から引っ込みがつかずに、別れ話に発展することもありますよね。

恋人と喧嘩別れした場合、復縁はした方がいいでしょう。

喧嘩別れしたカップルは、相手への未練がたっぷりと残っているからです。

「本当は謝りたいし、やり直したい」と互いが思っている可能性が高いでしょう。

なぜなら、二人とも喧嘩が別れ話にまでなるとは思っていなかったからです。

「ごめんね」「別れたくない」の言葉が言えなくて別れてしまっただけなので、仲直りとして復縁することが可能です。

冷却期間を置けば、気持ちも落ち着くでしょう。

あのとき言えなかった気持ちを復縁時に話すことで、愛情を確認し合うことができます。

以前よりも相手への気持ちは増していくので、また喧嘩になったとしても別れ話にはつながらないでしょう。

お互いに若すぎて別れたパターン

10代や20代など、「若い」と呼ばれる時期に付き合い別れたカップルも、復縁した方がいいでしょう。

好きな気持ちがあっても、若いときは自分のことでいっぱいいっぱいになりがちです。

連絡頻度で愛情を図ったり、少しでも他の異性と話すとヤキモチを妬いたりと、相手への余裕がありません。

そのときは別れを選択するしかなかったとしても、別れてからさまざまな経験をしたことで、今度はもっとうまく付き合うことができるはずです。

また若いときに付き合った相手は「初めての経験」として記憶に強く残るため、忘れることができません。

顔を合わせれば当時の思いが再燃する可能性が高いため、復縁もスムーズにいきやすいでしょう。

関係のマンネリで別れたパターン

カップルが別れる原因として一番多いのが、関係のマンネリ化ですよね。

しかし倦怠期で別れたカップルも、復縁した方がいいパターンに入ります。

倦怠期は相手への気持ちが冷めたように勘違いしがちですが、二人の関係に飽きがきただけで愛情がなくなったわけではありません

そのため別れた後に、相手を恋しく思う気持ちを自覚するようになります。

失ってから大切な存在だとわかった」というあるあるなセリフは、関係のマンネリで別れたカップルは実感しやすいでしょう。

このパターンは別れてからの方が相手への愛情が増していくので、冷却期間後に復縁することが多くなります。

一度別れを経験したことが刺激になり、倦怠期を乗り越えることができるでしょう。

別れてから時間が経っているパターン

別れてから時間が経っているカップルも、復縁した方がいいでしょう。

別れてから顔を合わせずに数年が経っていたり、別れてから友達関係が数年続いていたりすると、新しい恋愛として関係を作っていくことができます。

別れ際にどんなに揉めたとしても、時間が経つことで過去の思い出になっているでしょう。

別れてからお互いの知らない経験がある方が、復縁してからうまくいきやすいのも特徴です。

自分が知らない相手の一面を見ることで、興味を持ちやすくなるからです。

例えば、学生時代に付き合っていた恋人と社会人になってから復縁したり、1年程付き合った昔の恋人と10年後に再会して復縁したりすると、付き合っていた当時よりも関係がうまくいくはずです。

元カレと復縁したほうがいいパターン

あなたが元カレに気持ちが残っているパターン

元カレと復縁するか迷ったときは、自分の気持ちと向き合ってみましょう。

まだ彼のことを好きな気持ちが残っているのであれば、復縁しても関係をうまく作っていくことができます。

ただ、元カレという存在には愛情だけでなく情も残りやすいため、勘違いしないように注意しなくてはいけません。

友達からOKが出たパターン

元カレと復縁していいか自分だけの判断に自信がないときは、友達に聞いてみるのも手です。

友達は、これまでの彼とあなたの付き合いを知っていますよね。

そのため元カレがどんな人物で、あなたを大切にしてくれるかどうかの判断を客観的にすることができるでしょう。

友達のOKが出た場合は、復縁した方がいいと考えましょう。

元カレが未練を匂わせてくるパターン

元カレが復縁に積極的なときは、復縁した方がいいでしょう。

復縁するときはどちらが「復縁したい」と言ってきたかで、多少の上下関係ができます。

元カレの方から復縁を迫ってきている様子があれば、あなたのことを大切にしてくれるはずです。

男性は、女性から追いかけられて付き合った相手よりも、自分から追いかけて付き合った相手を大切にする傾向があるからです。

次の付き合いでは、あなたが主導権を握ることができるでしょう。

元カノと復縁したほうがいいパターン

別れた後もいい関係が続いているパターン

別れた後も元カノといい関係が続いているパターンであれば、復縁した方がいいでしょう。

女性は男性よりも恋愛での切り替えが早く、別れてから彼氏は過去の存在となります。

前に進もうと、出会いに積極的になる女性もたくさんいます。

ただそうなると、元カレとは距離を置いてしまうことが多いのです。

元カノがあなたと別れた後もいい関係を続けているのは、あなたと復縁したいと思っていたり、まだ好きな気持ちがあったりするサインです。

復縁が成功する可能性は高いと言えるでしょう。

別れた原因がすでに解決されているパターン

カップルが別れるときは、必ず原因がありますよね。

二人の間にあった原因がすでに解決されているようであれば、元カノと復縁した方がいいでしょう。

好きな気持ちがあっても別れの原因がそのままで復縁すると、別れを繰り返すことになります。

また原因が解決できているのは、相手ともう一度付き合いたい気持ちがあるあらわれです。

復縁をしたとしても、今度はうまくいくはずです。

もしもまた別れに発展するようなトラブルが起きたとしても、二人で原因を解決した経験があるため、乗り越えられるでしょう。

別れたときより自分が成長できているパターン

元カノとの復縁を迷ったときは、自分の生活を振り返ってみてください。

付き合っていた頃よりも、自分の生活がグレードアップしていたり、精神的に成長できていると感じたりした場合は、復縁した方がいいでしょう。

復縁がうまくいくのは、付き合っていた頃よりもお互いが成長していることが条件です。

気持ちに余裕があるほど、恋愛は上手に付き合うことができるからです。

復縁しない方がいいパターンは?

復縁した方がいいパターンもあれば、復縁しない方がいいパターンもありますよね。

どんなに好きな相手でも次の2パターンに当てはまるようだと、幸せにはなれないでしょう。

相手のDVやモラハラで別れたパターン

付き合っていた相手が暴力を振ってきたり、人格否定をしてきたりと、DVやモラハラの気質があった場合は、復縁を避けるべきです。

相手が「反省している」「自分は変わった」と主張して復縁を迫ってきても、頷いてはいけません。

基本的にDVやモラハラをする人は、自覚がないことがほとんどです。

他人に指摘されて気づいたとしても、無意識に以前のような態度を繰り返しとってしまうことがあります。

場合によっては話すことさえ危険な可能性があるため、連絡はブロックしましょう。

相手が既婚者のパターン

相手が既婚者のパターンも、復縁はしない方がいいでしょう。

不倫関係に陥ると、抜け出すのは難しくなります。

すでに不倫関係を持っていた相手であれば、別れてもすぐに復縁を迫ってくることがあります。

寂しい気持ちや相手を思う気持ちがあったとしても、強い意志で跳ね返しましょう。

復縁しない方がいいパターンの恋人は、別れた時点で連絡先を削除するだけでなく、ブロックしておくことが大事でしょう。

どうしても顔を合わす機会がある場合は、二人きりにならないように注意することもポイントです。

おわりに

復縁した方がいいパターンのカップルは、復縁することで以前よりも深い愛情を互いに抱くことができるでしょう。

一度別れたとしても、復縁として二人で乗り越えたことで絆はグッと強くなります。

復縁からそのまま結婚に進むカップルも多いため、復縁のチャンスは逃さないようにしてくださいね!

復縁したいと感じるけれど、どう進めて良いかわからない時のアドバイス

復縁に向けて、できることを準備しておきましょう。

具体的には、以下のようなことが挙げられます。

  • 自分の気持ちや考えを整理する
  • 相手の気持ちや考えを理解する
  • 復縁のメリットとデメリットを検討する

自分の気持ちや考えを整理することで、復縁したいという気持ちが本物かどうかを確かめることができます。

また、相手の気持ちや考えを理解することで、復縁に向けてどのようなアプローチをすればよいのかを判断しやすくなります。

さらに、復縁のメリットとデメリットを検討することで、復縁を本当にしたいかどうかを再確認することができます。

復縁屋や電話占いを利用するのもひとつの手段

復縁したいけれど、どうすればよいかわからない場合は、復縁屋や電話占いを利用するのもひとつの手段です。

復縁屋は、プロのノウハウを駆使して、復縁を成功に導いてくれます。

復縁屋の利用を検討してみる

また、電話占いは、占い師からアドバイスやサポートを受けることができますよ。

電話占いで相談してみる

復縁屋や電話占いは、どちらも気軽に相談することができます。

ぜひ、一度利用してみてはいかがでしょうか。

あなたの復縁を祈っています。

コメント