当サイトには広告が含まれます。

お風呂に入りたくなる魔法の言葉

お風呂に入りたくなる魔法の言葉があればいいのに

自分自身や家族が、なかなかお風呂に入らなくて悩んでいる人はいますよね。

この記事では、

お風呂に入りたくなる魔法の言葉」を【子供編】【パートナー編】【自分編】【高齢者編】で、それぞれ紹介していきます。

お風呂に入りたくなる魔法の言葉」が知りたい人は、ぜひ、この記事を参考にしてください!

お風呂に入りたくなる魔法の言葉

お風呂に入りたくなる魔法の言葉が知りたい!」

そのように考える人は少なくないですよね。仕事で疲れて帰ってきたときは、お風呂に入る気力がないこともあるでしょう。

また、なかなかお風呂に入ってくれない家族に苦労している人もいるかもしれません。

お風呂に入りたくなるには下記のキーワードがポイントになります!

  • お風呂に入ると楽しい
  • お風呂に入ったあとメリットがある
  • お風呂に入ると気持ちよくなる
  • お風呂に入らないとデメリットが生じる

上記のキーワードをもとに、「お風呂に入りたくなる魔法の言葉」を紹介します。

「子供編」「パートナー編」「自分編」「高齢者編」で、それぞれ紹介しますので、自分自身や家族がお風呂に入らないことで悩んでいる人は、ぜひ、チェックしてください!

お風呂に入りたくなる対処法」にも触れますので参考にしてくださいね。

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【子供編】7選!

子供をお風呂に入れるのに苦労している人も多いですよね。「なんとかすんなり入ってくれないかな」と悩んでいる人のために「お風呂に入りたくなる魔法の言葉【子供編】7選!」について解説します。

(1)「お風呂でプールの練習をしよう!楽しいよ」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【子供編】の1つ目は「お風呂でプールの練習をしよう!楽しいよ」です。

なぜなら、子供にとって「お風呂に入ると楽しい」のは「お風呂に入ればいいことがある」ということに繋がるからですね。

プール遊びという目的や楽しいことを用意することが、お風呂に入る行動に繋がります。

(2)「お風呂に入ると無敵のパワーが手に入るよ!」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【子供編】の2つ目は「お風呂に入ると無敵のパワーが手に入るよ!」です。

前述したプール遊びと同じように、お風呂に入るとすごいことが起きる、いいことがあるという思いに繋がりますね。

お風呂に入るとレベルアップできるよ?」という言葉でも良いでしょう。

(3)「お風呂のお湯が出るボタンを押してくれる?できるかな?」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【子供編】の3つ目は「お風呂のお湯が出るボタンを押してくれる?できるかな?」です。

子供が父親や母親から、お願いされたことをするというのがポイントになります。

なぜなら、「お手伝いができる」という自尊心が刺激されるからです。うまくいけば、自分から「お風呂のボタン押してこようか?」と言ってくれるかもしれません!

(4)「お風呂で一緒に歌を歌おう!」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【子供編】の4つ目は「お風呂で一緒に歌を歌おう!」です。

お風呂で歌を歌うのは子供も大人も楽しいですよね。とくに浴室で歌うとエコーがかかったようになるため、好きな歌を歌うのは楽しいでしょう。

今日は○○の歌を歌おうか?と声かけすると子供もテンションが上がるでしょう。

(5)「お風呂にバスボム(入浴剤)を入れてきてくれる?」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【子供編】の5つ目は「お風呂にバスボムを入れてきてくれる?」です。

前述したお風呂のお湯張りボタンを押すのと同じように、「お手伝いをしている」という気持ちを刺激できますよね。

また入浴剤をいれたお風呂に入ることでワクワクすることが期待できます。

子供が喜ぶ「キャラクターのバスボム」を使うのもおすすめです!

——–

(6)「お風呂で水鉄砲をしようか!」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【子供編】の6つ目は「お風呂で水鉄砲をしようか!」です。

水鉄砲や船のおもちゃを浴室に置くことで、子供は楽しんでお風呂に入ることができるでしょう。子供がお風呂で遊べるグッズは、いろいろと販売されてますよね。年齢に合わせたおもちゃを選んであげましょう。

(7)「どっちが先にお風呂にはいれるか競争しようか」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【子供編】の7つ目は「どっちが先にお風呂に入れるか競争しようか」です。

お風呂に入るまでを「遊びの延長」としてとらえることで、子供はワクワクしますよね。「行くよ!よーいどん!」とかけ声をかけてあげると、より一層楽しめますよね。

お風呂に入りたくなる法の言葉【パートナー編】5選!

パートナーが、なかなかお風呂に入ってくれないときの魔法の言葉を5個紹介します。

(1)「お風呂上がりにアイス(デザート)を食べよう!」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【パートナー編】の1つ目は「お風呂上がりにアイス(デザート)を食べよう」です。

ビールを飲むパートナーなら「お風呂上がりに冷えたビールを飲む?」でも良いでしょう。

なぜなら、お風呂に入ったあとにご褒美があると思い、行動できるからです。

(2)「今日もお疲れさまでした。お風呂お先にどうぞ」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【パートナー編】の2つ目は「今日もお疲れさまでした。お風呂お先にどうぞ」です。

パートナーから労いの言葉をかけてもらうといい気分になりますよね。いい気分になったところで「先にお風呂に入ろうかな?」と行動してくれるかもしれません。

(3)「先にお風呂に入って、ドラマ(ナイター)見よう」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【パートナー編】の3つ目は「先にお風呂に入って、ドラマ(ナイター)を見よう」です。

お風呂上がりに楽しみがあると思うと、動く原動力になりますよね。ドラマやナイターに間に合う時間帯を見計らって声かけすることがポイントです。今なら間に合う!と思って急いでお風呂に入ってくれるかもしれません。

(4)「おすすめのシャンプー(入浴剤)買ったから、ぜひ使ってみて!」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【パートナー編】の4つ目は「おすすめのシャンプー(入浴剤)買ったから、ぜひ使ってみて!」です。

おすすめのシャンプーや入浴剤といわれると、どんな感じかなと気になりますよね。

さらに、感想を聞かせてほしいと伝えることでお風呂に入ってもらいやすくなります。

(5)「そろそろ入ったほうがいいよ?(臭うよ)」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉の5つ目は「そろそろ入ったほうがいいよ?(臭うよ)」です。

ネガティブな内容にはなりますが、体臭は自分では気づきにくいものです。人から言われると「ハッ」としてお風呂に入らなければと感じやすいでしょう。

ハッキリ言うとパートナーが傷つくかもしれないので、オブラートに包んで伝えたほうが良いかもしれませんね。

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【自分編】6選!

仕事で疲れたときにお風呂に入るのが面倒なとにがありますよね。そんなときに自分のための魔法の言葉を6個紹介します。

(1)「お風呂に入ればサッパリして気持ちいい」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【自分編】の1つ目は「お風呂に入ればサッパリして気持ちいい」です。

仕事や用事で疲れていると、お風呂に入るまでがしんどかったり、面倒臭くなりますよね。

そのようなときは、「お風呂に入るデメリット」よりも「お風呂に入るメリット」を想像しましょう。

お風呂に入るまでは腰が重くても、実際に入ったあとには「サッパリして気持ちいい!お風呂に入って良かった」と感じるはずです。

(2)「明日の朝にメイクを落とすのは大変」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【自分編の2つ目は「明日の朝にメイクを落とすのは大変」です。

お風呂に入るのは面倒臭くても、入らないともっと面倒臭いことになると思えば、重い腰が上がりそうですよね。今、お風呂に入らなければ、あとでどうなるか考えると行動しやすいですね。

(3)「ネガティブなことはお風呂で流してしまおう」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【自分編】の3つ目は「ネガティブなことはお風呂で流してしまう」です。

その日あった嫌なことや、ネガティブな気持ちはお風呂に入ってスッキリ洗い流してしまいましょう。

風水においても、浴室は身体と心を清めて厄落としをする場所といわれています。

身も心もサッパリできると思ったら、お風呂に入りたくなりますよね。

(4)「今お風呂に入らないと臭くなるかも」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【自分編】の4つ目は「今お風呂に入らないと臭くなるかも」です。

体臭は自分では、なかなかわからないですよね。自分の気づかない間に「臭い」と言われないように気をつけたいですよね。「お風呂に入る面倒臭さのデメリット」よりも「お風呂に入らなくて臭くなるデメリット」のほうが嫌ですよね。

周りの人から臭いと言われるかもしれないと思ったら、お風呂に入らなくてはいけないと思えるでしょう。

(5)「読書やアロマを楽しもう」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【自分編】の5つ目は「読書やアロマを楽しもう」です。

お風呂場で読書やアロマを楽しんで、心地よい場所にすることをおすすめします。

プラスアルファの楽しみがあるとお風呂にも進んで入れそうですよね。お風呂に入りながら読書をするのは時間の有効活用にもなります。そして、浴室でアロマオイルを使用するとリラックス効果が高まるのでおすすめです。

(6)「お風呂に入るとメリットが多い」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉6つ目 は「お風呂に入るとメリットが多い」です。お風呂に入るまではしんどいときもありますよね。しかし、お風呂に入れば下記のような効果が期待できます。

  • 血行がよくなる
  • リラックスできる
  • 新陳代謝が高まる
  • デトックス効果がある
  • 良質な睡眠がとれる

お風呂に入るまではしんどくても、結果として入ったあとのほうが疲れもとれて健康にも良いのです。

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【高齢者編】6選!

高齢者が、なかなかお風呂に入ってくれないこともありますよね。お風呂に入りたくなる魔法の言葉【高齢者編】を6個紹介しますので参考にしてください。

(1)「お風呂は疲れがとれて健康にいいですよ」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【高齢者編】の1つ目は「お風呂は疲れがとれて健康にいいですよ」です。

高齢者にとって「疲れがとれる」「健康にいい」というフレーズは惹かれるものがあります。

「お風呂に入ってから、ゆっくり眠りましょう」と声かけするのもよいでしょう。

(2)「温泉に入りませんか?」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【高齢者編】の2つ目は「温泉に入りませんか?」です。

「お風呂」とはっきり言わずにあえて「温泉」ということで興味をひく可能性があります。温泉好きの人なら反応しやすいですよね。

真剣な表情で「温泉に入りましょうか。草津の湯ですよ」と誘うのも良いですね。

入浴剤も温泉シリーズを使って、雰囲気をだしましょう

(3)「お風呂の時間ですよ」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【高齢者編】の3つ目は「お風呂の時間ですよ」です。

決められた予定なら「仕方ない」と思い入ってくれやすいからです。決まった時間にさらりと「お風呂の時間ですよ」と声かけすることで習慣づいてくるかもしれません。

(4)「足湯だけしましょうか」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【高齢者編】の4つ目は「足湯だけにしましょうか」です。無理にお風呂に入りましょうと言わずに、最初は「足湯だけ」と誘ってみましょう。

なぜなら、まずは、足湯で気持ちよくなってもらうことで、お風呂にも入ってみようかという気持ちになりやすいからです

高齢者が足湯で気持ちよくなったところに「お風呂にも入りましょうか」とさりげなく声かけしてみましょう。

(5)「明日は病院だからきれいにしましょう」

お風呂に入る魔法の言葉【高齢者】の5つ目は「明日は病院だから」です。

「明日は病院」というキーワードをだすことによって「お風呂に入る必要性」を感じて、動きやすくなるでしょう。

高齢者が知人に会う前の日なら「明日は○○さんに会うから、さっぱりしておきますか?お風呂に入りましょう」と声かけするのも良いですね。

(6)「今日は、ゆず湯ですよ」

お風呂に入りたくなる魔法の言葉【高齢者】の6つ目は「今日は、ゆず湯ですよ」です。

季節にちなんだアイテムをプラスすることで、お風呂に入ることが楽しくなるかもしれません。ゆず湯以外にも、本人が好きなアイテムをプラスしてあげるとお風呂が苦ではなくなる可能性があります。

お風呂に入りたくなる対処法5選!

お風呂に入る準備やタイミングを工夫することで、面倒だと感じにくくなります。お風呂に入りたくなる対処法を5個解説しますので、ぜひ、参考にしてください。

(1)外出前にお風呂の掃除をしておく

お風呂に入りたくなる対処法の1つ目は「外出前にお風呂の掃除をしておく」です。

帰宅後の仕事や用事で疲れているときに、お風呂掃除や準備をするのはしんどいですよね。外出前に、お風呂掃除をすませてタオルや着替えを用意しておけば帰宅後が楽になります。タイマーがあれば、お風呂に入る時間に沸くようにセットしておくと、あとは入るだけですね。

(2)お風呂を楽しい空間にする

お風呂に入りたくなる対処法の2つ目は「お風呂を楽しい空間にする」です。

お風呂場が楽しい空間であれば「早く入りたい」と思えるかもしれません。

たとえば、下記のようなことがおすすめです。

  • 入浴剤にこだわる
  • アロマオイルやアロマキャンドル
  • 読書をする(防水タブレットがおすすめ!)
  • 水鉄砲や船のおもちゃ(子供向け)
  • 季節によりゆず湯を楽しむ

(3)帰宅したらすぐにお風呂に入る

お風呂に入りたくなる対処法の3つ目は「帰宅したらすぐにお風呂に入る」です。

帰宅したら、夜ごはんを食べる前に、まず最初にお風呂に入ることをおすすめします。

なぜなら帰宅したあとに夜ごはんを食べたら、お風呂に入るのがしんどくなるからです。夜ごはんを食べたら眠くなってしまい、そのまま寝てしまうことも考えられます。

帰宅後すぐにお風呂に入ることが習慣づいたら、お風呂に入ることが面倒ではなくなるでしょう。

(4)夏はメントール入り入浴剤を使う

お風呂に入りたくなる対処法の4つ目は「夏はメントール入り入浴剤を使う」です。

冬は寒さからお風呂に入ってあたたまるのに、夏はシャワーだけで済ませてしまう人も多いですよね。

夏はメントール入りの入浴剤を使うことで清涼感を得られるためおすすめです。

(5)お風呂に入ることをルーティン(習慣)にする

お風呂に入りたくなる対処法の5つ目は「お風呂に入ることをルーティン(習慣)にする」です。

「お風呂に入るのが当たり前」として習慣化したら、苦ではなくなるでしょう。

習慣化させるためには、継続することが大切です。1日空くことがあったとしても、2日以上空くことがないようにしましょう。2日以上空いてしまうと挫折しやすくなるからです。

また、継続して毎日お風呂に入れるようになったら「自分へのご褒美」を用意することもモチベーションアップに繋がりますね。

まとめ

今回は「お風呂に入りたくなる魔法の言葉」を【子供編】【パートナー編】【自分編】【高齢者編】で紹介しました。

疲れているとお風呂に入るまでは、面倒くさいときがありますよね。しかし、お風呂に入るまではしんどくても、湯船につかるとサッパリして入って良かったとおもうことがあるでしょう。

お風呂を楽しい空間にするために、子供にはおもちゃ、大人は読書やアロマ、音楽を聴くことがおすすめです。また、帰宅後は、夜ごはんを食べる前にお風呂に入るのも良いでしょう

お風呂に入るとメリットがある!」ということが想像できる魔法の言葉を紹介しましたので、ぜひ、使ってみてください。

毎日お風呂に入ることを習慣化させて、ゆっくりリラックスしたいですね。

コメント