当サイトには広告が含まれます。
負の連鎖のスピリチュアル意味とは?

負の連鎖のスピリチュアル意味とは?

失敗続きの負の連鎖、皆さんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。人生の全てが上手くいかない、行動が全て裏目に出て失敗してしまう絶望の期間。世間一般では停滞期やスランプなどと言われる期間です。

負の連鎖が起きている最中は何もかもが思い通りに行かず、絶望してしまうこともあるでしょう。

スピリチュアルの観点から見てもプラスエネルギーの低下や波動の減衰、オーラの消滅などとも関係しているため、活力の低下やストレスなどで心身ともに大きなダメージを受けてしまいます。

負の連鎖が起きている最中は進行中の現実にだけ目を向け考えてしまうと自身にとってマイナスな出来事になってしまいますが、スピリチュアルの視点から見ると、実は生きていく中では誰にでも訪れる期間であり、魂の成長には欠かすことのできない大切な時期となります。

この記事では負の連鎖という事象についてスピリチュアルの観点から見た時の意味や実際にその期間が訪れた時の対処法などを詳しく紹介していきます。

実は負の連鎖が起こることは良いサイン!

負の連鎖

負の連鎖が起きてしまい行動の全てが裏目に出て人生が上手くいかないとき、いわゆる停滞期やスランプですが、実はスピリチュアルの視点から見ると、高次元の存在がこれから起きる良い出来事を教えてくれている場合があります。

実際には負の連鎖が起きており、あなたには不幸が続いている最中なので中々気づきにくいかもしれません。

ここではプラスの意味や啓示となる代表的なものをいくつか紹介していきます。

負の連鎖を感じていながらも当てはまる項目があれば、今起こっている負の連鎖は良い出来事が近づいてきているサインとなりますのでポジティブシンキングに切り替えていくことが重要です。

自身の潜在意識からのメッセージ

潜在意識
潜在意識とは・・・

自分自身に認識がない状態で行動や思考に影響を与える心の奥深くに眠っている意識のこと

スピリチュアル的観点から説明するならば、本当の自分や本来の自分を意味しています。自分自身が欲しているものや本当に目指すべきものが現実の思考や行動とかけ離れている時に潜在意識は心の奥底からメッセージを出すことがあります。

簡単に説明すると、潜在意識の中には本当に目指しているあなたの姿があるとします。しかし現世での言動は目指す姿とは真逆の言動をしています。この様な場合に潜在意識がメッセージという形で警告を出し失敗という事象を引き起こします。

何をやっても上手くいかない、負の連鎖が続いてしまう時は、自分自身の潜在意識による引き寄せが原因になっているかもしれません。一度落ち着いて立ち止まり、本当の自分の意識、潜在意識と正面から向き合い

  • 何を目標とするのか
  • 達成するためには何をすれば良いのか

などを自問自答すると良い結果を引き寄せることができるはずです。

高次元の存在が本来進むべき道を指し示している

負の連鎖が起きているということは、あなたの潜在意識の中で変革が起こり行動を起こしている最中であるということです。新たな目標に向け日々挑戦し、自身を取り巻く環境に変革を起こそうと努力しているところなのです。

変革を起こす最中に負の連鎖が起きてしまうと一見マイナスの出来事のように思われますが、実際は高次元の存在があなたが本来進むべきだった道を指し示している重要なサインの意味があるのです。

目標に向け挑戦を続けているとがむしゃらになってしまい、どうしても周りが見えなくなってしまいます。そんな時、失敗や停滞という形で一度立ち止まり冷静になって現実を見渡すと自分が進むべき道が見えてくるはずです。

本当に目の前にある道を進んで良いのか、誤った方向を向いてはいないか。負の連鎖とは自身の真に進むべき道を模索する時間を高次元の存在が与えてくれているタイミングなのです。

新しい未来の可能性

未来

負の連鎖が起きて行動の全てが裏目に出てしまう時は、高次元の存在から大きな試練が与えられている可能性があります。失敗は成功の母という教えもありますが、人は試練にぶつかって初めて本来の潜在能力を自覚し魂の成長期に入ると考えられています。

そしてスピリチュアルの考え方では必要なタイミングで必要な難易度の試練を用意するのが高次元の存在、神様や守護霊であると考えられています。高次元の存在は決して越えることのできない試練は与えません

負の連鎖が続いている最中かもしれませんが、それはあなたの魂の成長にとって欠かすことのできない養分となるのです。そしてその試練を乗り越えた時、あなたの中に隠されていた新しい未来の可能性が発現します。

ターニングポイントが近づいているサイン

ターニングポイント

負の連鎖が続いている時期は停滞期やスランプとも言われており悪いイメージを持つ人が多いのですが、実はターニングポイントの予兆としての良い意味も持ち合わせているのです。

ターニングポイントとは人生において大切なことが変化し、決まっていく時期のことであり、身体や精神にも様々な変化が現れます。そしてこのターニングポイントの前には、物事が思い通りにならないような負の連鎖が現れることが多々あります。

言動の全てが負の連鎖に繋がっていくため、自分自身の思考や意識に疑問や疑いを持ち再考や変革のタイミングであるターニングポイントが近いことを教えているのです。

負の連鎖が起きるときの悪い意味

negative-chain

上記では負の連鎖が続いている時の良い意味・良いサインをお話しましたが、逆に悪い意味も確かに存在しています。事実として負の連鎖が起きて全てが失敗しているわけですから、当事者の感覚としてはこちらの悪い意味の方が捉えやすいはずです。

例え悪い意味であっても正しく理解し行動することができれば、対策を取ることも出来ますし無暗に慌てる必要もなくなります。対策を取ることに成功すれば反対に良い事象を引き寄せることにも繋がるはずです。

自身の現状が悪い時ほど「正しいことを知る」ことが大切になってきます。

過去のトラウマや失敗が原因

トラウマ

人の心身の状態は、波動などのスピリチュアルなエネルギーによって大きく左右されると考えられています。そしてそのスピリチュアルエネルギーは過去の失敗やトラウマ、心の傷などが大きく関係していると考えられています。

特にインナーチャイルドと言って幼少期の頃の精神状況は重要されており、インナーチャイルドに大きなダメージを抱え大人になった現在でも忘れることができず、傷がふさがっていない状態だと波動の上昇やプラスエネルギーの増幅が阻害され進んで行きません。

努力が良い結果として実りにくいとも言えます。この事象が結果的に負の連鎖を呼び寄せ、失敗続きとなっていくのです。難しいことにインナーチャイルドのダメージは成長するにつれて自覚が希薄になっていきます。

インナーチャイルドに刻まれたトラウマやダメージが負の連鎖の原因となっているのに、自覚が希薄になっているので本人は簡単には気づくことが出来ません。

負の連鎖が続いているなと少しでも感じた時は、自分自身の潜在意識とリンクしてインナーチャイルドと正面から対話をしてみてください。過去の失敗やトラウマの克服が負の連鎖を断ち切る一番の近道になるかもしれません。

波動が停滞しているサイン

波動 波紋

波動やエネルギーが停滞していると負の連鎖が起こりやすくなり、言動の全てが裏目に出てしまい失敗続きとなってしまいます。波動の停滞はエネルギーや意識など、他の停滞も引き寄せてしまいます。エネルギーが停滞すると活力なども低下していきます。

活力が低下している状態で新しいことにチャレンジしても失敗して当然です。また、波動の停滞は精神を蝕んでいきます。

波動停滞の原因は内的原因と外的原因の2つがあり、内的原因であれば自身の潜在意識を活性化することで打開することが可能ですが外的原因であれば自身が身を置く生活環境を変えるしか解決方法はありません。

いくら潜在意識を高めても外部からの妨害があれば波動の停滞は避けられないのです。最近負の連鎖が続いて言動の全てが裏目に出てしまうなと感じたら、まずは波動の停滞を疑ってください。

そして自分自身の潜在意識に問題があるのか外的環境に問題があるのかを注意深く見極めてください。

今は変革を起こすべきタイミングではない

人生には

  • チャンス
  • 好機
  • ターニングポイント

などと言った変革を起こすべき時期というものが存在しています。特に新しいことにチャレンジするときや自身の生活環境を変えるときは時期が重要となり、この好機やターニングポイントで変革を起こすことが成功への必須条件であると考えられています。

負の連鎖が続きやることなすこと失敗が続くという場合は、準備不足であったり今はその時期ではないということを高次元の存在が啓示としてあなたに教えを授けてくれています。スピリチュアル的に悪い時期で新たな行動を起こすこと悪手です。

負の連鎖が続いている時は、今は耐える時期だということをしっかりと理解して「耐える・我慢」という精神を構築して好機が訪れるまで待ってください。

負の連鎖が続いている時の対応策

負の連鎖

負の連鎖が続く時期。いわゆる停滞期やスランプは誰にでも訪れる可能性があります。意識して回避出来るものでもありませんし、魂の成長過程としては欠かすことのできない試練である場合もあるため、不用意に避け続けることも得策ではありません。

しかし現実には負の連鎖に陥り失敗続きとなってしまうため、精神的にも追い詰められメンタルはすり減りやがては限界が訪れるでしょう。

そうなる前にどの様に対処すれば良いのか、どの様なマインドで負の連鎖に立ち向かっていけば良いのかなどを具体例を挙げて紹介していきます。

全てを一旦リセットする

リセット

負の連鎖が続く時期に入ってしまったなと感じた時は、全てを一旦リセットすることが効果的です。これまでの功績を全てリセットするには大きな勇気がいるでしょう。しかし停滞期に入り波動やエネルギーが低下した状態で進めても決して好転はしません。

それどころか逆に悪い方向へと突き進んでいる場合もあります。ですから、一旦リセットすることでゼロからの状態から再び挑戦していくことが必要になります。

全てをゼロにすることで自分の精神もリセットされ、負の連鎖が続く時期のマイナスの気持ちをクリアにすることもできます。

他者に助けを求める声を挙げる

負の連鎖が続く時期、スランプに陥ってしまったなと感じた時は、他者に助けを求めることが現状を打破するための一番の近道になるかもしれません。負の連鎖が起こる原因は基本的には自身の意識の中に存在しています。

外部の環境が影響している場合もありますが、それも突き詰めると自分自身の感じ方や受け取り方によって大きく意味が変わっていきます。

負の連鎖が続く時期に自分一人で頑張っても原因がその自分自身なわけなので、エネルギーは空回りしてしまって中々思うように上手くいきません。より一層悪循環にはまってしまう可能性すらあります。そんな時は他者に介入してもらうことが重要です。

自分一人では対応できないことも負の連鎖とは、無関係の第三者に間に入ってもらうことで驚くほど単純に解決できることもあります。困ったことがあれば他者に助けを求める。簡単なことのように思いますが、大人になると意外に勇気のいる行動だと思います。

しかし助けを求める声は負の連鎖を断ち切るきっかけにもなりますので、勇気を振り絞って声を挙げてください。

言動の転換

負の連鎖が続く時期に入ってしまったなと感じた時は、

  • 意識の変革
  • 能動的行動

などが効果的な対処法であると言われています。

具体的には・・・

プラス思考を常に意識する事で自らの意思で外的環境に変革を起こす

波動が極端に下がり負の連鎖を感じるのであれば、むしろこのタイミングをチャンスだと思い自己研鑽などに励み、環境の一新を目指すことが最善策です。

例えば・・・

人間関係で問題があれば嫌いな人に対して自ら積極的にコミュニケーションを取る

この様に負の連鎖感じた時には、意識を切り替えて能動的に動くのが問題解決への一番の近道となるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事では「負の連鎖のスピリチュアル意味とは?」のテーマのもと、負の連鎖が続くことについてスピリチュアル的意味や対策などを詳しく紹介してきました。

負の連鎖に陥ると実行する事全てが失敗続きとなってしまうので、事実だけ見れば負の連鎖なんてない方が良いに決まっています。しかし負の連鎖の訪れには様々な意味やサインがあり、高次元の存在が魂を成長させるために与えてくださる試練とも言われます。

負の連鎖を乗り越えることによって魂が成長し波動も上昇していきます。言い換えれば、負の連鎖が訪れない人には魂の成長も訪れないと言えます。

失敗続きで心身ともに疲弊してしまうかもしれませんが、負の連鎖は成長に欠かせない事象だということを理解して、前向きに受け止めて日々を過ごしてください。

コメント