当サイトには広告が含まれます。
邪気をもらいやすい職業23選

邪気をもらいやすい職業23選

邪気は、私たちが普段意識しないままに受けているマイナスのエネルギーです。

一見すると悪いものとして扱われがちですが、実は私たちの生活において避けて通れないものかもしれません。

私たちがどんな職業に就いていようと、人間関係の中で生きる限り、邪気に触れる瞬間は必ずあります。

麦が踏まれて強く育つように、邪気との出会いが、私たちをより強くし、ポジティブな変化へと導く一助になるかもしれません。

今回の記事では、特に邪気に触れやすい職業をピックアップしていますが、実際にはどのような職業であっても邪気に触れる可能性があります。

邪気をどのように受け止め、それを自分の成長にどう生かすかが重要なポイントです。

邪気を防ぐ方法や、邪気に触れた際の対処法については、別ページにて詳しく解説していますので、ぜひそちらもご覧ください。

邪気をもらいやすい職業

人の体に触れる仕事

人の体に触れる仕事は、邪気をもらいやすい職業としてよく知られています。

人の体は、心の状態や健康状態を反映すると言われており、体に触れることで、その人の体や心の状態に触れることになります。

1:医療関係者(医師、看護師、理学療法士、作業療法士など)

例えば、医療関係者は、病気や怪我で苦しんでいる患者の体に触れる機会が多くあります。

2:介護関係者(介護士、ヘルパー、ケアマネージャー)

介護関係者は、認知症や要介護状態の人の介護を担い、その人の悩みや苦しみに寄り添う必要があります。

これらの職業は、人の体や心の弱さに触れる機会が多く、邪気をもらいやすいと考えられています。

3:マッサージ師、セラピスト、指圧師、カイロプラクター

マッサージ師やセラピストは、人の体の不調や心の悩みに寄り添い、その人本来の健康や心の状態を取り戻すためのサポートを行う仕事です。

そのため、人の体や心の奥深くに触れる機会が多く、邪気をもらいやすいと考えられています。

4:葬儀関係者(葬儀社、斎場スタッフなど)

葬儀関係者は、亡くなった人の最後のお世話をする仕事です。

亡くなった人の遺体に触れ、その人の家族や友人の悲しみに寄り添う必要があります。

これらの仕事は、人の死や悲しみに触れる機会が多く、邪気をもらいやすいと考えられています。

5:エステティシャン

エステティシャンや美容師は、人の外見を美しくするための仕事です。

人の肌や髪に触れ、その人の悩みや要望に応えるためのサポートを行います。

これらの仕事は、人の外見や内面の悩みに触れる機会が多く、邪気をもらいやすいと考えられています。

6:美容師

これらの職業は、人の体に触れる機会が多く、人の体や心の弱い部分に触れる機会も多いため、邪気をもらいやすいと考えられています。

人の悩みや苦しみを聞く仕事

人の悩みや苦しみを聞く仕事は、邪気をもらいやすい職業としてよく知られています。

人の悩みや苦しみは、マイナスのエネルギーを伴っていることが多いと言われており、それらを聞くことで、邪気を受けてしまうことがあると考えられています。

7:カウンセラー(臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラーなど)

カウンセラーは、うつ病や不安障害などの精神疾患を抱えている人の悩みを聞く機会が多くあります。

これらの疾患は、心の病気であり、マイナスのエネルギーに満ちていると考えられています。

カウンセラーは、そのような患者の悩みを聞き、共感し、サポートする仕事です。

そのため、カウンセラーは、患者のマイナスのエネルギーを受け取る機会が多く、邪気に触れやすいと考えられています。

例えば、うつ病の患者は、絶望感や無力感、孤独感などのネガティブな感情に苛まれていることが多いです。

カウンセラーは、そのような患者の話をじっくりと聞き、共感し、支えなければなりません。

そのため、カウンセラーは、患者のネガティブな感情を吸収してしまい、邪気に触れやすいと考えられます。

8:相談員

相談員は、消費者被害や労働問題などの悩みを聞く機会が多くあります。

これらの悩みは、経済的な損失や人間関係のトラブルなど、心身に大きな負担をかけるものです。

相談員は、そのような相談者の悩みを聞き、解決するためのサポートを行う仕事です。

そのため、相談員は、相談者のマイナスのエネルギーを受け取る機会が多く、邪気に触れやすいと考えられます。

例えば、消費者被害の相談を受けた場合、相談者は、被害を受けた商品やサービスのことで大きなショックを受けていることが多いです。

相談員は、そのような相談者の話をじっくりと聞き、解決するためのアドバイスをする必要があります。

そのため、相談員は、相談者のネガティブな感情を吸収してしまい、邪気に触れやすいと考えられます。

9:占い師・霊能者・ヒーラー

霊能者・占い師・ヒーラーは、人の霊的な悩みを聞く仕事です。

これらの悩みは、人の心の奥深くに根ざしていることが多く、マイナスのエネルギーを伴っていると考えられています。

そのため、霊能者・占い師・ヒーラーは、人のマイナスのエネルギーを受け取る機会が多く、邪気に触れやすいと考えられます。

例えば、霊能者は、人の霊的なトラブルを解決するために、霊界と交信することがあります。

その際に、霊界のマイナスのエネルギーを受け取ってしまうことがあると考えられます。

10:宗教家

宗教家は、信者の精神的な悩みや生活の問題に寄り添います。

彼らの仕事は、信者の心の支えとなることであり、その過程で重たい心の負担を共有することが多々あります。

11:教師

教師は、子どもたちの学業、人間関係、家庭環境など、様々な悩みに対応します。子どもたちの両親とも接する必要があります。

特に思春期の生徒は感情的な問題を抱えがちで、教師はこれらの悩みに日々向き合い、時には強いネガティブな感情に触れることもあります。

人々の争いや不和に触れる仕事

12:裁判官

裁判官は、法廷での争い、対立する感情に常に触れます。

正義と公平性を求める中で、時には深刻な人間ドラマに直面します。

裁判官は、感情的な緊張と、様々な人生の複雑さを理解し、それに対応しなければなりません。

この重圧は、心に大きな負担をもたらすことがあります。

13:警察官

警察官は、犯罪被害者や遺族の悲しみに寄り添い、事件の解決を目指します。

特に重大な犯罪の場合、被害者や遺族の深い悲しみや怒りに触れることが多く、これが精神的な負担となることがあります。

14:弁護士

弁護士は、クライアントの権利を守るために戦います。

時に、深刻な人間関係の問題や複雑な法的問題に取り組む必要があります。

このような状況では、弁護士自身も精神的なストレスを感じることが少なくありません。

15:政治家

政治家は、国や地域の利益を代表し、様々な利害関係者との間で均衡を保つことが求められます。

政策の決定や交渉の過程で、時には激しい対立や感情的な争いに直面することもあります。

16:マスコミ関係者

マスコミ関係者は、社会の出来事を報じる責任を負っています。

事件や事故、政治的な対立など、時にはネガティブな情報に日々触れることが多く、この絶え間ないストレスは精神的な負担となりえます。

人の精神や感情にかかわる仕事

17:芸能人

芸能人は、人々の注目を集める職業です。そのため、嫉妬や恨みなどの負の感情を向けられることがあります。

また、芸能界には、成功のために手段を選ばない人や、邪悪な思想を持つ人も存在します。そのため、芸能人は、邪気に触れやすい環境にあると言えます。

芸能人の場合、ファンからの誹謗中傷や、ストーカー被害などの経験から、心身にダメージを受けてしまうことがあります。

具体例としては、過去に、芸能人がストーカー被害や誹謗中傷を受けたり、宗教団体に勧誘されたりするなどの事件が発生しています。また、芸能人が、精神を病んだり、自殺したりするケースも少なくありません。

18:スポーツ選手

スポーツ選手は、勝利のために、厳しい練習や試合に臨みます。そのため、プレッシャーやストレスを抱えやすく、精神的に不安定になることがあります。

スポーツ選手の場合、勝負に負けたときの悔しさや、ケガや病気などの挫折体験から、心の闇に陥ってしまうことがあります。

また、スポーツ界には、ドーピングや八百長などの不正行為が存在することも知られており、その影響で邪気に触れてしまうこともあるでしょう。

具体例としては、過去に、スポーツ選手がドーピングに手を染めたり、暴行事件や薬物事件を起こしたりするなどの事件が発生しています。また、スポーツ選手が、精神を病んだり、引退後に人生を立て直せなかったりするケースも少なくありません。

19:ミュージシャン

ミュージシャンは、音楽を通して人々の心を動かす職業です。そのため、ファンからの強い支持や熱狂的な愛情を受ける一方で、嫉妬や恨みなどの負の感情を向けられることもあります。

ミュージシャンの場合、音楽を通して、人の心の奥底に触れることで、時には邪気に触れてしまうことがあります。

また、ミュージシャンの中には、薬物やアルコールなどの依存症に陥ってしまう人もおり、その影響で邪気に触れてしまうこともあるでしょう。

人の命にかかわる仕事

20:消防士

消防士は、日々、極めて厳しい状況に直面する職業です。

彼らは火災現場や災害現場で、人命救助や危険な状況への対応にあたります。

こうした環境は、自然と強いストレスや感情的な負担をもたらします。

災害現場は恐怖や悲しみといった強いネガティブなエネルギーが集中する場所です。消防士は、これらのエネルギーに晒されることで、無意識のうちに邪気を受け取る可能性があります。

救助活動中、消防士は被災者やその家族の苦痛や悲しみに直面します。このような感情は、強いエネルギーを持ち、邪気として消防士に影響を及ぼすことが考えられます。

21:自衛官

自衛官は、国の安全と市民の平和を守るために日々任務に従事しています。

この職業が邪気に触れやすいとされる主な理由は、彼らが常に高い緊張状態に置かれること、そして極めて困難な状況に直面することです。

まず、自衛官は訓練や実際の災害派遣、国際平和協力活動など、様々な厳しい状況に直面します。これらの状況は、強いストレスや感情的な負担を伴います。

特に災害現場や戦地では、恐怖、緊張、不安といったネガティブな感情が強く働きます。邪気の観点から見ると、これらの感情は強いエネルギーを持ち、自衛官に邪気をもたらす可能性があります。

さらに、自衛官は人命救助や緊急時の支援に関わることから、被災者や困難に直面している人々の苦悩に直接触れる機会が多いです。このような直接的な人間の苦痛との接触は、強い邪気の源泉となり得ます。

また、仕事が予測不可能で、突発的な状況に対応する必要があるため、常に高い警戒心を持って行動することが求められます。この持続的な心理的圧力は、エネルギーを消耗させ、邪気を受け入れやすい状態にする可能性があります。

22:航空管制官・パイロット

航空管制官とパイロットは、空の安全を守るために、常に高度な集中力と精度を要求されます。

航空管制官は、空港や飛行中の航空機を監視し、安全な運航を確保する役割を担っています。

彼らは、常に多数の航空機との通信を維持し、正確な指示を出す必要があります。

このような高度な責任と緊張感は、心理的なストレスを生み出し、ネガティブなエネルギーを引き寄せる可能性があります。また、緊急事態や異常事態への対応は、特に高いストレスを伴います。

一方で、パイロットは、航空機を操縦し、乗客を安全に目的地まで運ぶ任務を担っています。長時間にわたる集中力と、様々な気象条件や技術的な問題に対する対応能力が求められます。特に、不測の事態や難しい着陸条件などでは、強いストレスとプレッシャーに晒されます。これらの状況は、パイロットに邪気をもたらす原因となる可能性があります。

また、航空管制官とパイロットは、事故やトラブルが発生した際には、重大な結果に直面することがあります。これらの状況は、強いネガティブなエネルギーを生み出し、邪気の影響を強める可能性があります。

おわりに

邪気に触れる職業に就いている人々は、日々、目に見えない負のエネルギーと向き合っています。

ここに記載されてない職業であっても、様々な形で人々の苦しみや悩み、そして緊張と対峙しています。人間関係の中で生きていく中で、邪気と触れ合うことは必須とも言えます。

邪気の存在を理解し、適切なケアと自己保護の重要性を認識することは、これらの職業に従事する人々にとって不可欠です。

そして、私たち一人一人も、邪気に対する意識を高めることで、より健康でバランスの取れた生活を送るための一助となるでしょう。

コメント