PR

別れてくれない彼氏の特徴・心理10選。上手に別れる方法も解説!

今すぐにでも別れたいのに、なかなか別れてくれない彼氏に悩まされていませんか?

お悩み女子
お悩み女子

別れたいのに全然別れてくれない!どうしたら別れてくれるの?!

彼氏に別れ話を告げても、なかなか別れてくれないことってありますよね…。

彼氏からの愛情を感じることはできますが、別れてくれない状況には困ってしまうでしょう。

今回はそんな、別れてくれない彼氏の特徴について深掘りをしていきます。

相手が危険な人物かどうかわかっていれば、付き合いを決めるときの参考にもなるでしょう。

また、別れてくれない彼氏と上手に別れる方法別れるときの注意点も一緒に解説していくので、チェックしてみてください。

別れてくれない彼氏の特徴5つ

別れてくれない彼氏には、共通した特徴があります

知り合ってからも日常の様子で気づくことができるので、後々で困ったことにならないように、チェックしておきましょう。

(1)嫉妬深い

別れてくれない彼氏には、嫉妬深い特徴があります。

付き合ってからはもちろん、付き合う前も好きになった女性には嫉妬深さを見せてくるでしょう

嫉妬されると愛情を感じるので嬉しいものですが、嫉妬の重さには注意しなくてはいけません。

例えば、嫉妬してあなたの行動を束縛するようであれば、付き合ってから辛さを感じることになるでしょう。

また、嫉妬をする相手のご機嫌取りをいつでもしなくてはいけない状態になると、付き合いを楽しいとは思えなくなります。

辛いと感じれば別れを考えるものですが、嫉妬深い相手の場合は、別れを彼氏が承諾してくれるまでに揉めることも覚悟しておかなければいけません。

付き合う前に、相手の男性の嫉妬深さはチェックしておきましょう。

(2)基本的に自分の考えを曲げない

自分の考えを曲げないことも、別れてくれない彼氏の特徴です。

何か意見が違ったときに、彼はあなたの意見を受け入れてくれるでしょうか。

もしくは、考えを変えてあなたの考えに合わせてくれるでしょうか。

もしも上記二つの態度が見られないようであれば、要注意人物かもしれません。

自分の考えを曲げない彼氏は、「別れたくない」という気持ちを貫き通す可能性が高いからです。

カップルは、どちらかが別れたいと思った時点で関係性はすでに壊れています。

しかし相手が別れてくれない彼氏だと、二人の仲は終わっているにも関わらず、彼のプライドだけで別れを承諾しないことがあるでしょう。

相手が「別れない」の一点張りでは、次の恋へと進むことができないため、頭を悩ませることになります。

(3)返信がいつも早い

別れてくれない彼氏には、LINEなどの返信が早いマメさがあります。

すぐに相手から返信がくると、それだけやりとりも長くできますし、愛情の深さを感じて嬉しく思うかもしれません。

しかし、あまりにも返信が早い彼氏には、自分もすぐに返信を返さなくてはいけないように感じて、プレッシャーを感じることもあるでしょう。

なぜなら返信が早い彼氏の目的は、相手の監視を目的としている場合もあるからです。

「今どこにいるの?」

「今何してるの?」

そんな風に相手の居場所や行動をチェックしてくる彼氏は、危険かもしれません。

また返信が遅いと、連投してくる彼氏にも注意が必要です。

(4)自分語りが多い

自分語りが多いのも、別れてくれない彼氏の特徴の一つです。

自分語りが多いのは、それだけ男性が自分のことしか考えていない行動のあらわれになります。

そのためあなたが「別れたい」と彼氏に話をしても、自分の気持ちを優先させて話を聞いてくれない可能性もあるでしょう。

別れ話をしても、彼氏は自分語りのように考えを押し付けてくるので、話し合いもできません。

自分語りが多い男性は、基本的に相手の話を聞いていないので、別れを承諾させるまでに時間がかかるのです。

付き合う前のデートで、彼がどれだけ自分のことを話すのかチェックしてみると良いかもしれません。

また自分語りが多い男性は、自慢話が多いのも特徴です。

(5)感情的になりやすい

別れてくれない彼氏は、感情的になりやすい特徴があるでしょう。

感情的になりやすいと、相手からの別れの言葉に敏感に反応して、怒りや泣きの感情が抑えられなくなります。

別れ話をされても、彼女の話を受け入れることができなくなってしまうでしょう。

また感情的になりやすい彼氏は、そのままの感情をあなたにぶつけてきます。

別れ話をしたときに、相手が怒ったり泣いたりしてしまえば、それ以上の話はできなくなりますよね

「別れたい」と言うことさえも、戸惑うようになるかもしれません。

そのため別れてくれないことで、こちらが困るようになってしまうのです。

まずは無料相談!
別れたい・別れさせたいプロの工作員が解決のお手伝い!
  • 対象者を調査・分析し、別れさせるプランを提案
  • プロの工作員が別れさせる状況を作り出す
別れさせ屋M&M 探偵業届出済 全国対応 PR
  • 業界トップクラスの実績
  • リアルタイム報告で安心
匿名相談OK

別れてくれない男の心理5つ

いくら断っても別れてくれない彼氏。どういう心境でいるのでしょう。

それだけ好きでいてくれているからか、あるいは依存されているからなのか。

はじめに、別れてくれない男の心理についてご紹介していきます。上手に別れることができるよう、彼の心理についてあらかじめチェックしておきましょう。

本当に心から好きでいてくれている

こちらが別れを切り出しても断固として別れようとしてくれない。

皆さんにとってはしつこく感じるでしょうが、それは本当にあなたのことを心から好きでいてくれている証拠とも言えます。

本気で好きだからこそ、本気で別れを止めようとしているのですね。必死に止めてくれる、必死に自分を変えようとしてくれる、それは彼の愛情の深さの表れとも捉えられます。

別れる理由に納得ができていない

そもそも、別れる理由そのものに納得がいっていないのかもしれません。

納得できないのに素直に聞き入れるのは、皆さんも難しいことはよくお分かりかと思います。

お悩み女子
お悩み女子

職場だと理不尽に上司に怒られることはあるけど、納得できない中で素直に受け入れることは難しいものね。

何も理由を言わずして別れを切り出したり、曖昧な理由で別れを伝えても相手が別れを素直に聞き入れてくれることはありません。

別れを切り出すのなら、別れる理由を明確に伝えて納得させることが大前提となるでしょう。

心の整理ができていない

好きな人から突然に「別れよう」と言われると、誰しも落ち着いてはいられなくなるでしょう。

心の整理が追いつかずに感情的に引き止めるという方も多くいます。そんな中で別れを何度も切り出されてもYESとはとても言えないでしょうね。

今まで大好きでいた彼女から別れを告げられるのですから、本人も相当ショックを受けます。直ぐには気持ちの整理はできない、この点あらかじめ知っておくと良いかもしれませんね。

プライドを傷つけたくない

男性の中には、彼女と付き合っていることをステータスとしている男性もいます。

また、プライドの高い男性は自分が振られることが許せなく感じ、別れを強く拒むことも。いずれにせよ、かなり厄介な男性と言えるでしょう。

そこに愛があるかどうかは人それぞれですが、プライドを傷つけたくないがために別れを頑なに拒む男性も少なくありません。

彼女に依存していて離れられない

「好き」とはまた違って彼女に依存していて離れられないというケースもあります。

彼女に依存してしまうと、男性はとにかく自分本位の行動にでます。これまで自分勝手な姿は見えていましたか?

とにかく自分につきっきりでしつこいくらいに優先され、その割には自分本位である場合、依存されている可能性は高いです。依存されているとしたら、「自分にとっての唯一無二の”居場所”なくなる」「生きる価値がなくなる」そんな考えのもとで別れを拒んでいるのかも。

【別れ話の準備】別れてくれない彼氏と上手く別れる方法【別れる前に確認】

別れる決意を固めよう

別れを切り出すなんて、考えるだけでもストレスですよね。でも、ここで大切なのは自分の気持ちにしっかり向き合うこと。揺れ動く心のままじゃ、どれだけ別れたいのか、気持ちを伝えられないかもしれません。

だから、一度自分と向き合ってみましょう。別れたいと思ったきっかけを思い出してみるのです。そしてこれからの人生、どんな風に歩んでいきたいか、じっくり考えてみてください。きっと前に進むための道が見えてくるはずですよ。

別れる理由を明確にする

別れ話の前に、もう一つ大事なことがあります。それは別れる理由をはっきりさせておくこと。「なんとなく合わない」なんて曖昧じゃ、彼を納得させられませんからね。

例えば、二人の価値観が合わないとか、ライフスタイルが全然違うとか、具体的な理由を挙げられるようにしておくのがポイントです。

しっかりとした理由があれば、話し合いもスムーズに進むはず。自分なりの言葉で、理由をまとめておくことが大切ですよ。

相手の気持ちを考える

いざ別れを切り出すときは、彼の気持ちにも寄り添ってあげましょう。いきなり別れ話なんて、彼だって戸惑っちゃいますからね。だから、彼の立場に立って考えてみるのが大事なんです。

彼との思い出を振り返りながら、別れを告げられた彼の気持ちを想像してみてください

そうすれば、彼を傷つけないような伝え方ができるはずです。優しさと思いやりを忘れずに、彼との別れに向き合っていきたいですね。

説得力のある別れ話を考える

彼を説得するには、しっかりと筋道立てた別れ話を考えておく必要がありますよね。感情的になるのは禁物。冷静に、でも彼の気持ちも汲み取りながら、別れるに至った経緯を話すことが大切です。

自分の気持ちを「私メッセージ」で伝えるのがポイントですよ。「あなたが悪い」と責めるのではなく、「私はこう感じている」と、自分の感情を正直に話すのです。そうすれば、彼も理解してくれるはず。説得力のある別れ話を考えて、彼に真摯に向き合いましょう。

別れ話の場所とタイミングを選ぶ

別れ話の場所とタイミングも、慎重に選びたいところです。プライベートな話なので、人目のある場所は避けるのが賢明ですね。かといって、二人きりになれる彼の家や自分の家だと、話が終わった後が気まずくなりそう。

ちょっとした喫茶店や、静かな公園など、二人で落ち着いて話せる場所がおすすめです。タイミングは、彼の仕事が一段落ついたタイミングや、休日の午後など、ゆっくり時間が取れそうなときを選ぶといいですよ。彼のことを考えて、場所とタイミングを決めてあげましょう。

別れた後の生活をイメージする

別れを切り出す前に、別れた後の生活をイメージしておくことも大切ですよ。

彼と別れた後、寂しさや喪失感で苦しむかもしれません。でも、それは新しい生活に適応するまでの辛さ。乗り越えればきっと、新たな世界が広がっているはずです。

彼がいない生活に慣れるには、時間がかかるかもしれません。だからこそ、別れた後の生活を前向きにイメージしておくことが大切なのです。シングルを満喫するもよし、新しい恋を見つけるもよし。

前を向いて、一歩ずつ進んでいけば、きっと素敵な未来が待っているはずですよ。

【別れ話を実行】別れ話の進め方は?別れてくれない彼氏と上手く別れる方法

ここからは、別れてくれない彼氏と上手に別れる方法を解説していきます。

彼氏が別れてくれないと、永遠に別れることができないように感じるものですよね。

でもそんな別れてくれない彼氏でも、ちょっとした工夫をすることで上手に別れることができるでしょう。

「彼氏が別れてくれない…」と悩んだときは、参考にしてみてください。

連絡やデートの回数を減らしていく

彼氏との別れを考えたとき、突然に別れ話をしても相手は受け入れにくいでしょう。

そのため彼氏に別れを悟らせるように、だんだんと連絡やデートの回数を減らしてみてください

まずは、自分から連絡しないことから始めてみましょう。

折り返しや返信時間を遅らせることでも、彼氏とのコミュニケーション時間を減らすことができます。

彼氏が「もしかして別れたいと思っているのかもしれない」と感じれば、別れ話をしても相手に覚悟ができているため、すんなりと受け入れてくれることもあります。

外で別れ話をする

別れてくれない彼氏と別れるときは、外で別れ話をするようにしましょう。

家など二人きりになる場所は、彼氏が感情的になって怒鳴ったり暴力を振ってきたりする可能性があります。

外で人目につく場所であれば、彼氏が感情的になっても抑えることができるでしょう。

また、何かあったときは助けを求めることもできます。

ただ、人がたくさんいる場所での別れ話はしにくいものですよね。

そうなると、どうしても二人きりになりやすい場所を選びがちになります。

そんなときは、空いている喫茶店など店員がいる場所を選ぶのもおすすめです。

別れ話をするときは、まずはあなたが安全だと思える場所で、リラックスして話をするようにしましょう。

ハッキリと別れを告げる

別れたいと思っても、別れ話は切り出しにくいものですよね。

しかし、相手が別れてくれない彼氏であれば、ハッキリと別れを告げることが大切になってきます。

彼氏の反応から気持ちが揺れて、どっちつかずの態度をとってしまうのは、別れてくれない彼氏が相手の場合は危険です。

希望があると思われて、相手の「別れたくない」といった思いを増長させてしまうからです

別れてくれない彼氏が相手だからこそ、復縁のチャンスさえないことを態度でわからせましょう。

相手を傷つけないように、別れるときは「嫌いじゃないけど別れたい」などわかりにくい言葉を選びがちになります。

しかし、それこそ相手のためにも自分のためにもなりません。

「別れたい」「二度と元には戻らない」など、自分の気持ちはしっかりと示しましょう

別れの理由は気持ちがなくなったことを強調する

別れてくれない彼氏と別れるとき、相手を納得させるためには理由が必要になってきますよね。

この理由が曖昧なものだと、彼氏は別れない姿勢を崩してくれません。

ただ、相手のことを責めても、「じゃあ直すから」と言って別れを受け入れてくれないことも多いです。

そんなときは、気持ちがなくなったことを強調するようにしてみてください。

愛情がなくなったことや好きではなくなったことを伝えることで、別れの選択肢しかないことがわかるからです。

ただ、気持ちがなくなったことの理由として、他に好きな人ができたことを話すと、彼氏の気持ちは炎上してあなたを憎むようになるため危険性が増します。

気持ちがなくなったことだけを話して、後は辛抱強く彼が納得してくれるのを待ちましょう。

別れてくれない彼氏と別れるときの注意点

別れてくれない彼氏と別れるときは、注意しなくてはいけない点があるでしょう

彼氏が別れを受け入れてくれないということは、少なからず別れるまで揉めることを覚悟しなくてはいけません。

対応を間違えてしまえば、ストーカーになったり暴力を振るってきたり、SNSなどで嫌がらせをしてきたりすることもあります。

別れてくれない彼氏と円満に別れるためにも、注意点を知っておきましょう。

一方的に別れを告げない

別れてくれない彼氏には、一方的に別れを告げないようにしましょう。

別れを受け入れてくれないからと、連絡をブロックするなどあからさまに避けた行動をとるのは危険です。

彼氏が別れに納得しない状態で無視をしてしまえば、あなたに対する愛情は憎悪に膨らんでいくからです

あの手この手を使って連絡をとろうと、家の前や職場の前に現れるかもしれません。

もしくはネットストーカーのようになって、ブロックをしてもアカウントを変えて連絡を送ってくることもあります。

彼氏が別れてくれないと、距離を置くしかないと考えがちになるでしょう。

しかし一方的な別れは、別れてくれない彼氏の気持ちを炎上させるだけなので、やってはいけないのです。

別れたい気持ちをブレさせない

別れてくれない彼氏に別れ話をするときは、気持ちをブレさせないようにしましょう。

別れたいと言ったときの彼氏の反応によっては、愛情を感じることもあるかもしれません。

しかし、そこであなたの気持ちがどっちつかずになってしまうと、彼氏と別れることはできないでしょう。

少しでも別れの気持ちが揺れたのを感じると、彼氏は別れないことを決意します

別れ話自体がうやむやになり、関係は振り出しに戻るでしょう。

そうなると、次に別れ話をしても彼氏は、「自分が別れないと決めている限りは関係は続けられる」と勘違いしてしまい、ますます別れてくれなくなります。

別れを受け入れてくれるまで諦めない

別れてくれない彼氏と別れるときに大切になってくるのが、根気です。

彼氏が別れを受け入れてくれるまで、諦めないようにしましょう

あまりにも別れてくれない期間が長かったり、話し合いに応じてくれなかったりすると、別れること自体を諦めたくなります。

しかし、気持ちがないのに彼氏との付き合いを続けることは、精神的なストレスになりかねません。

彼氏が別れてくれなくても、諦めずに何度もあなたの気持ちを伝えるようにしてみてください。

彼女の意思が変わらないと、別れてくれない彼氏も納得するしか選択肢はなくなります。

別れてくれない男へのNG行為

なかなか別れてくれない厄介な彼氏。ここでご紹介した方法で別れようとしても、おそらく長期戦になることでしょう。

そんなシビアな状況下ですから、皆さん自身が注意しなければならないポイントもいくつかあります。

では、どのような点に気をつけて彼と接したら良いのか。最後に、別れてくれない男へのNG行為についてまとめていきます。

連絡手段を断つ

何も話が進んでいない状況で連絡手段を断つのは避けるべきです。

お悩み女子
お悩み女子

どうしてダメなの?完全に連絡手段なくせば解決じゃない?

解決しているようにみえて、突然連絡が取れなくなる彼氏にとっては状況はさらに悪化しているわけなんですよね。

「別れたくないのにブロックされて連絡が取れない」そんな状況に陥って潔く引き下がるのなら、初めから諦めているはず。

しつこいくらいに別れを拒んでいた彼ですから、このままストーカー化してしまう可能性も無きにしも非ず。話し合いのもと双方が理解し合えた上で別れるのが望ましいですね。

曖昧な言い方で別れを切り出す

別れを切り出す際、曖昧な言い方で別れを告げるのも避けたいところ。

別れを告げてもそれが曖昧な言い方であると「ワンチャンいけるかも」と期待を持たせてしまいます。当然、気持ちを変えようとしつこいくらいに必死になるでしょうね。

変に期待を持たせてもあなたが困るだけ。別れを決めたのなら彼氏にはハッキリと伝えるべきです。

LINE上で別れ話をする

「別れたい」を直接顔を合わせて伝えるのとLINE上で伝えるのとでは伝わり方は大きく異なります。

なぜなら、LINE上では表情や仕草など視覚的な情報が一切ないから。その分、自分の気持ちは伝わりにくくなります。

LINEの方が手っ取り早くて楽なのは確かですが、気持ちが十分に伝わらないため、それこそ期待を持たせてしまうことになりかねません。別れを伝える際には面と向かって直接伝えるのが理想ですね。

【別れた後の対処法】別れた後の過ごし方

別れてくれない彼氏と別れることができたら、次は自分自身と向き合う時間が必要になってきます。

別れた直後は、寂しさや虚しさを感じるかもしれません。しかし、この期間を乗り越えることができれば、新しい自分として生まれ変わるチャンスでもあるのです。

自分の気持ちを整理する

まずは、自分の気持ちを整理することから始めましょう。

別れた理由や、彼氏との思い出を振り返ってみてください。

そして、これからの自分の人生について考えてみるのも良いでしょう。

新しい趣味や活動を始める

次に、新しい趣味や活動を始めてみることをおすすめします。

今までは彼氏との時間を優先していたかもしれませんが、自分の時間を有効に使えるようになったのです。

やってみたかったことや、興味のあることにチャレンジしてみましょう。新しい出会いや発見があるかもしれません。

友人や家族に支えてもらう

また、友人や家族に支えてもらうことも大切です。一人で抱え込まずに、信頼できる人に相談してみてください。客観的な意見を聞くことで、新しい視点が見えてくるかもしれません。

別れた後の過ごし方は、人それぞれ異なります。無理せず、自分のペースで前に進んでいきましょう。時間が解決してくれることもあります。

大切なのは、自分自身を大切にすること。別れてくれない彼氏との関係から抜け出せたのですから、この機会に自分らしく生きる方法を見つけていってください。

きっと、新しい自分に出会えるはずです。

別れてくれない男の心理に関するよくある質問

Q
しつこく電話をかけてくるんだけど、どうしたらいいの?
A

彼氏からのしつこい着信。連絡手段を断ちたいところですが、先述した通りここでプツンと連絡を断たせてしまうと彼の気持ちを煽ってしまうだけ。

まずは別れたい気持ちをストレートに伝え、電話もしつこくしないで欲しいという旨、きちんと伝えてみてください。

これで諦めてくれれば良いのですが、それでもなお改善が見込まれない場合は友人や家族に協力を頼みましょう。家族や第三者からの注意を受ければこれ以上はマズいと感じ、しつこく迫るのを控えてくれるはずです。

Q
好きって気持ちと依存ってどう違うの?
A

「好き」と「依存」の違いですが、分かりやすいところで言えば自分本位であるかどうかの違いですね。

恋愛感情として好きでいる場合、真に相手のことを想いやることができますが、単に依存している場合は自分を中心とした考え方をします。

自分本位であるかどうか。これを軸として考えると「好き」と「依存」の違いは見えやすくなります。

おわりに「別れても、自分の人生を大切に」

別れてくれない彼氏を見ていると、別れ話をすることは間違いだったかのように感じてしまうかもしれません。

しかし、少しでも別れたい気持ちを相手に感じているのであれば、彼氏とはお別れするべきでしょう。

別れてくれない彼氏にとらわれたままでは、新しい恋にも進めなくなります

自分の幸せを追求することが、人生では一番大事なことですよね。

彼氏と別れた後は自分磨きに励んで、より魅力的な出会いを引き寄せられるように、積極的に行動していきましょう!

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者Lani編集部
恋愛(684)
Lani

コメント