PR

気を持たせてしまった相手を傷つけない断り方

思わせぶりな言動や気を持たせるような態度をとってしまい、告白されてしまった……。
気を持たせるようなことをしてしまったものの、さまざまな理由でお付き合いできないということもあると思います。

こちらの記事では、気を持たせてしまった相手を傷つけない断り方や、やめた方がいい断り方について解説します。

気を持たせてしまった相手を傷つけない断り方

気を持たせておいて告白を断ると、少なからず相手は傷ついてしまうでしょう。
しかし、その傷を最小限にとどめたいもの。
気を持たせてしまった相手をできるだけ傷つけない断り方をご紹介します。

感謝を伝える

まずは、好きになってくれたことや気持ちを伝えてくれたことに対する感謝を伝えましょう。

告白するのには勇気がいります。断られる恐怖を乗り越えて気持ちを伝えてくれたことに感謝しましょう。
「好きになってくれてありがとう」「気持ちを伝えてくれてありがとう」と、心を込めて伝えることが大切です。

丁寧にお断りする

感謝の気持ちを伝えた上で、丁寧にお断りしましょう。

曖昧な返事をしたり、ごまかしたりするのではなく、付き合えないことはハッキリと伝えるべきです。ここで答えを濁してしまうと相手に期待をさせてしまい、さらに傷つけてしまう可能性があります。

そして、ハッキリと伝えることは大切ですが、相手をできるだけ傷つけないように言葉を選ぶことも大切です。
相手の気持ちには応えられないため、お付き合いはできないということと、「ごめんなさい」という謝罪の気持ちも伝えましょう。

今後どうしたいかを伝える

今後、もし仕事仲間や友達として良好な関係を続けていきたいのであれば、その気持ちを伝えましょう。

「今後も仕事仲間として、よろしくお願いします」「もし良ければ、今後も友達として仲良くできたらいいなと思っている」など、関係性によって伝え方はさまざまです。

特に仕事仲間であれば、気まずくなるようなことは避けたいものです。
今まで通り関わっていけるよう相手の気持ちも尊重しつつ、あなたの素直な気持ちを伝えましょう。

相手から今後どうしたいかを伝えられた場合も、自分はどうしたいのかを考えた上で返事をすることが大切です。

できるだけ早めに返事をする

そもそも付き合う気がないのであれば、告白の返事はできるだけ早めにしましょう。
できればその場でするのが良いといえます。

答えが決まっているのに、期間を空けると相手を無駄に悩ませることになります。また、「ちゃんと向き合ってくれない」「思わせぶりな態度をとってきたのに……」と思われてしまう可能性もあります。

そして、期間が空きすぎると告白を断りづらくなったり、返事ができないまま終わったりしてしまうこともあるでしょう。
気を持たせてしまったと感じているのであれば、先延ばしにせず早めに返事をすることが大切です。

断り方に迷った場合は返事までの期間を決める

突然告白され、断り方に迷ってしまった場合は返事までの期間を決めましょう。

「少し時間がほしいから、明日伝えます」など、いつまでに返事をするのか、具体的に決めて相手に伝えるのが良いといえます。
その場しのぎで傷つくようなことを言うより、1日考えた上で納得してもらえるような理由で断る方が相手の傷を最小限にできるでしょう。

やめた方がいい断り方

次に、やめた方がいい断り方をご紹介します。

他に好きな人・恋人がいる

「他に好きな人がいる」「恋人がいる」という断り方は一般的にもよく使われているでしょう。

しかし、中にはそれを聞いても諦めない人もいます。恋愛に積極的な人の場合、「結婚していなければ、まだチャンスがあるのではないか」と思うこともあるでしょう。
諦めてほしいのであれば、「他に好きな人がいる」「恋人がいる」という理由はおすすめしません。

また、断るための嘘であればバレたときのリスクも生じます。可能な限り、嘘はつかない方が良いでしょう。

今は誰とも付き合う気がない

「今は誰とも付き合う気がない」というのも断るときに便利な理由です。

本当にそうであれば問題ないでしょう。
しかし、断るための嘘だった場合、後々相手を傷つけてしまう可能性があります。

断った後に誰かとお付き合いすることになり、それをもし相手に知られてしまったら、言動に一貫性がないと思われるでしょう。

今後一切関わることがないのであれば知られる可能性は低いですが、共通の知り合いがいたり、職場や学校が同じだったりする場合は注意が必要です。

理由をハッキリ言いすぎる

お断りする際に、断る理由も伝えた方が良いですが、本音をハッキリと伝えすぎるのはよくありません。

「好みでない」「タイプではない」「価値観が合わない」など、誰でも言われたら傷つくようなことは言わないようにしましょう。
それが本音だったとしても、わざわざストレートな言葉で伝える必要はありません。

気を持たせた上に傷つくような言葉でお断りをすると、相手を怒らせ、場合によっては復讐のようなことをされる可能性もあります。

答えを濁す

曖昧な返事をしたり、また気を持たせるようなことを言ったりするのもやめましょう。

「気持ちに応えられない」「お付き合いできない」ということはハッキリと伝えるべきです。
曖昧にするのは、勇気を出して告白してくれた相手に失礼です。

答えを濁すことで、これ以上相手に期待させないようにしましょう。
もしあなたが告白した側だったとしても、丁寧にハッキリと伝えてくれた方が諦めがつき、スッキリとしますよね。

理由を伝えない

相手を傷つけないために、理由を全く伝えないというのも避けましょう。

ただ、「ごめんなさい」「付き合えません」とだけ言われると、モヤモヤしてしまうでしょう。
「(恋愛的な意味で)気持ちに応えられない」「仕事仲間として関わっていきたい」など、理由を伝えた上でお断りするのが良いといえます。

LINEや電話でお断りする

相手が直接会って告白してくれた場合、返事を先延ばしにしてLINEや電話でお断りするのはやめましょう。
直接会っているその場か、先延ばしにしたのであれば後日直接会って返事を伝えるのが良いといえます。

LINEや電話で返事をすると、勇気を出して直接伝えた相手は「軽く見られている」「ちゃんと向き合ってくれなかった」と思われるでしょう。

相手に勘違いをさせる思わせぶりな言動

相手に勘違いをさせる思わせぶりな言動の一例をご紹介します。
お付き合いする気のない相手に気を持たせて傷つけないよう、思わせぶりな態度には気をつけましょう。

距離が近い

友達や仕事仲間という関係にしては近い距離感で接すると、相手に勘違いさせてしまう可能性があります。
肩が触れる距離で歩いたり、話すときに必要以上に顔を近づけたりすると「自分のことを好きなのかな?」と思ってしまう人もいます。

スキンシップ

距離が近いだけでなく、相手の体に触れるスキンシップが多い人も勘違いされやすいでしょう。

話しかけるときに肩をポンポンと叩くだけでも意識する人もいます。
人によって意識するポイントは異なりますが、手を握ったり、ハグをしたりするなど、日本では一般的に恋人にしかしないようなスキンシップをすると好意があるのではないかと思われてしまうでしょう。

その気がないのであれば、できるだけ相手の体に触れないように気をつけましょう。

名前呼びや特別な呼び方をする

例えば、みんなが名字で呼び合っている場面で名前呼びをしたり、特別なニックネームなどで読んだりすると、「自分に好意があるのでは?」と思われる場合もあります。

名前の呼び方には相手との距離感が出やすいものです。
仲の良い友達であれば話は別ですが、相手に好意がないのであれば周りの人たちと違う呼び方や、あなただけの特別な呼び方をするのは避けた方が良いでしょう。

積極的に話しかける

積極的に話しかけることも相手に勘違いをさせてしまう原因となることがあります。

あなたは友達のつもりで話しかけていても、相手は異性として意識しているかもしれません。
「こんなに話しかけてくれるのは、自分に好意があるから?」と思われる可能性があります。

話しかけること自体に問題はありませんが、頻度や距離感には気をつけましょう。

LINEを続ける

LINEをずっと続けたり、すぐに返信をしたりすると勘違いされてしまう可能性があります。

人とつながっていたいだけ、返信は早く済ませたいという理由であったとしても、相手は異性としてあなたを意識してしまうかもしれません。

もちろんビジネスでは返信は早い方が良いでしょう。
しかし、恋人のように毎日ずっとLINEを続けるなど、思わせぶりだと思われるような態度は避けた方が良いといえます。

頻繁に2人だけで出かける

何かと2人だけで出かけるのも勘違いされる原因となるでしょう。
お互いに友達として会っているという認識があるのであれば問題ありません。

しかし、「男女の友情が成立するかどうか」は人によって異なります。あなたは友達のつもりで会っていても、相手は異性として意識しているかもしれません。

間接キス

食事に行ったときなどに、相手の食べているものや飲んでいるものを「一口ちょうだい」と言ってもらうのも、勘違いさせてしまう原因となる可能性があります。
逆に、自分が飲んでいるものを「飲む?」と渡すのも同様です。

このような行為は「間接キス」ともいわれるため、人によっては意識するでしょう。

特に意識せず、気軽に食べ物や飲み物をシェアする人もいるかもしれませんが、全員がそうではありません。気のない相手なのであれば、間接キスとなるような行為は避けましょう。

誠実にお断りしよう

相手を傷つけたくないのであれば、そもそも気を持たせるような態度を取らないことが大切です。
しかし、深く考えずに思わせぶりな態度を取ってしまうことはあるかもしれません。

気を持たせてしまった上に告白を断るのであれば、誠実に向き合いましょう。

人を好きになり、その気持ちを相手に伝えるのには勇気も労力も必要です。そんな相手の気持ちを想像し、丁寧に返事をしましょう。

おわりに

気を持たせてしまった相手を傷つけない断り方や、やめた方がいい断り方について解説しました。
勇気を出して告白してくれた相手にまずは感謝し、素直に丁寧に向き合いましょう。
お断りする際には言葉を選び、できる限り相手を傷つけないように配慮することが大切です。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

恋愛(644)
Lani

コメント