PR

付き合って1ヶ月の別れの切り出し方とは?相手を傷つけずに別れる方法。

今の恋人と付き合い始めてまだ1カ月しかたっていないけど、別れたい。

付き合うまでの関係性にもよりますが、1カ月はお互いを深く知るには短い期間だといえます。
こちらの記事では、付き合って1カ月の別れの切り出し方や、相手をできるだけ傷つけずに別れる方法などについて解説します。

別れを考える理由

まずは、付き合って1カ月で別れを考える理由の代表例を見てみましょう。

知り合いや友達としては良かった

知り合いや友達としては良かったけど、恋人としては微妙だったという理由があるでしょう。
人としては好きだけど、恋愛関係になった途端、うまくいかなくなることもあるといえます。

価値観の不一致

価値観が合わず、お互いに歩み寄ることもできなかったというパターンもあるでしょう。
どうしても譲れない価値観があるのに、無理に相手に合わせたり、がまんしたりすると、いつかパンクしてしまいます。1カ月という早い段階で気づけて良かったのかもしれません。

将来を考えられない

付き合い始めてみたものの、一緒にいても楽しくなくなったり、結婚を考えられなかったりすると別れを考えることになるでしょう。
一緒にいてもお互いのためにならないと感じるのであれば、仕方のないことといえます。

相手の言動に耐えられなくなった

浮気や異性関係の問題、音信不通、人間性を疑うような行動を見たときなど、相手の言動に耐えられなくなったときに別れを考えるでしょう。
付き合って1カ月でそのような問題が起きたのであれば、これから長く付き合っていくことが難しいといえます。

気持ちが冷めた

相手の言動によって気持ちが冷めたり、他に好きな人ができたりした場合、別れを考えるきっかけになるでしょう。

付き合って1カ月の別れの切り出し方とは?

次に、付き合って1カ月の別れの切り出し方をご紹介します。

冷めていることを匂わせる

連絡や会う頻度を少しずつ減らして、冷めていることを匂わせるという方法があります。
よほど鈍感な人でない限り、なんとなく「冷められているのかな?」と気づくでしょう。
気づいてもらった方が別れ話を切り出しやすくなります。

いきなり話す

冷めていることを匂わせるなど、時間をかけるのが嫌な場合はいきなり話すのも良いでしょう。
「話したいことがある」と連絡をし、「単刀直入に言うと……」と切り出しましょう。

不満を伝える流れで

相手への不満を伝える流れで、別れを切り出すのも1つの方法です。
「最近、会えない日が続いたから」「こういうところがどうしても受け入れられなかった」など、普段感じている不満を伝える流れで「だから別れたい」と伝えてみましょう。

相手を傷つけずに別れる方法

相手をできるだけ傷つけずに別れる方法をご紹介します。
完全に傷つけないことは難しいですが、相手の気持ちを考え、配慮することはできます。
相手をできるだけ傷つけたくないという方は参考にしてみてください。

少しずつ距離を置く

上述したように、気持ちが冷めていることを匂わせ、少しずつ距離を置くのが良いといえます。
連絡や会う頻度を減らすことで、なんとなく「冷められているのかな?」と思わせることができるでしょう。
昨日まで仲が良かったのに、いきなり別れを切り出されるよりも、少しずつ距離を置いていった方が相手も覚悟ができます。

別れる理由を説明できるようにする

相手が納得できるような理由を考え、それをちゃんと説明できるようにしましょう。
なぜ別れたいのかが分からないまま、急に別れることになってしまうと納得感がなく、モヤモヤしてしまいます。

一方的に別れを告げない

一方的に別れを告げ、SNSをブロックしたり、音信不通になったりするのは避けましょう。
できるだけ傷つけず、円満に別れたいのであれば、お互いの気持ちを伝え合い、納得した上で別れることが大切です。

直接会って別れ話をする

直接会って別れ話をするのがおすすめです。

顔を合わせて直接別れを切り出すのは勇気がいることです。しかし、会って話すことで表情や話し方など、言語以外の情報も相手に分かるため、気持ちがより伝わりやすくなるでしょう。

また、相手がどんな気持ちなのかも読み取りやすいです。お互いが納得した上で別れられるようにするためにも、直接会って話した方が良いといえます。

時間を決めておく

別れ話は相手が納得してくれなければ長引いてしまいます。

そのため、話し合いの時間を決めておくのがおすすめです。例えば、「ラストオーダーの◯時間前に入店する」と決めておいたり、「この日は◯時まで」と相手に伝えておいたりするのが良いでしょう。

しばらく考えていたことを伝える

衝動的に別れたいと思ったのではなく、たくさん悩み考えた結果、別れを決意したということを伝えましょう。
すぐに出した答えではないため、そう簡単には揺らがないということや、真剣さ・誠実さも伝わります。

自分の思いを伝えたら相手の話を聞く

別れたいという気持ちを伝えたら、相手の話を聞きましょう。
自分だけが一方的に話してスッキリするのはNGです。相手がどう思っているのか、どうしたいのかも聞くことが大切です。

その場で決着をつけようとしない

あなたは前々から別れを考えていたとしても、相手は今ここで突然別れを告げられたということになります。

そのため、ショックを受けることもあると思います。相手も同じ気持ちだったのであればスムーズに話が進むかもしれませんが、気持ちを整理するのに時間がかかることもあるでしょう。

そんなときに、相手に同意させることを急かしたり、すぐに決着をつけようと焦ったりするのはやめましょう。
相手の気持ちが落ち着き、冷静になるのを待つことも大切です。その日はいったん切り上げたとしても、後日また改めて話す機会を作るなどしましょう。

未練が残るような優しさを見せない

別れを告げた後は、相手があなたに対して未練を残すような優しさや気遣いを見せないようにしましょう。
優しくすることで、相手が傷ついてしまうこともあります。期待させないような言動を貫きましょう。

別れたい気持ちの伝え方

別れを切り出すのには勇気がいります。ここでは、別れたい気持ちの伝え方をご紹介します。

理由を明確に伝える

別れたいと思う理由を明確に伝えましょう。
円満かつスムーズに別れるためには、相手に納得してもらうことが大切です。

自分にも原因があることを伝える

相手の欠点を指摘するだけではなく、「あなたはこういうところがあるけど、自分はこういう考えを持っているから合わせられなかった」と、自分も歩み寄れなかったことを伝えましょう。

相手に合わせることや歩み寄ることも検討したけど、どうしても難しかったということを伝えることで、すぐに別れを検討したわけではないということが伝わります。

また、相手の欠点ばかりを指摘していると、けんかに発展し、スムーズに別れられなくなる可能性もあります。どちらかだけが悪いわけではない場合、自分にも原因があるということを伝えましょう。

「自分勝手でごめんなさい」と謝る

あなたが悪いわけではなくても、「自分勝手でごめんなさい」という謝罪を添えることで、相手の気持ちが落ち着くこともあるでしょう。

「今までありがとう」と感謝の気持ちを伝える

1カ月という短い期間だったとしても、恋人として関わってくれていたことに感謝しましょう。
また、恋人としての関係が終わったとしても、今後友人や知人として関わっていく可能性もあります。
「ありがとう」と気持ちを伝えることで、お互いに気持ちよくお別れができ、良い思い出に変えていけるでしょう。

別れを切り出すときの場所

次に、別れを切り出すときにおすすめの場所をご紹介します。

話がしやすい飲食店

静かすぎず、うるさすぎない、適度に話し声がある飲食店が良いでしょう。
店内が静かすぎると周囲に話の内容が聞こえてしまいます。反対に、ガヤガヤとうるさすぎると別れ話をする雰囲気ではなくなるでしょう。

二人きりで話せる場所

関係性によっては、二人きりで話せる場所でも良いでしょう。
しっかりと話し合いたい場合は、周りに人がいない方が集中できます。飲食店の個室などもおすすめです。

人目がある場所

けんかになりそうな相手や、トラブルになりそうな相手であれば、あえて人目がある場所を選ぶのもおすすめです。
相手が怖い場合やストーカーになりそうな場合は、友人に近くに座ってもらうのも良いでしょう。

別れを切り出した後の対処法

最後に、別れを切り出した後の対処法をご紹介します。
相手によっては、泣いたり怒ったりしてしまい、話がスムーズに進まなくなることもあります。
そのときにどう対応するのが良いか、パターン別に解説します。

泣いた場合

相手が泣いた場合は、しばらく静かに見守りましょう。
ショックでパニックになったり、涙が止まらなくなったりすることは誰にでもあります。
すぐに落ち着かせようとするのではなく、相手が自然に落ち着くまで待つのが良いといえます。

怒った場合

相手が怒った場合、まずは相手の主張を聞きましょう。そして、怒りが落ち着くのを待ちましょう。
相手も言葉にしてあなたに伝えることで、徐々に冷静になるかもしれません。
言い返してしまうとけんかになってしまう可能性が高いため、反論せずに最後まで話を聞くことが大切です。

黙り込んでしまった場合

別れを告げた後、相手が黙り込み、何も話さなくなった場合は少し待ちましょう。
相手は急に別れを切り出されて、驚いているのかもしれません。気持ちの整理ができず、なんと返せば良いのか考えている可能性もあります。
少し待っても黙っているままであれば「また後日話そう」と提案するのが良いでしょう。

帰ってしまった場合

相手が帰ってしまった場合は、追いかけず、その日はあなたも帰りましょう。
ショックで思わず逃げてしまったのかもしれません。

相手の気持ちが落ち着いた頃に連絡がくる可能性もあるため、しばらくは連絡を待ってみましょう。もし連絡がなかった場合は、こちらから連絡をしてみるのも良いでしょう。
それでも返事がなかったら、「今までありがとう」と改めて別れを告げ、切り上げてしまっても良いといえます。

「別れたくない」と言われた場合

相手に「別れたくない」と言われた場合は、その日はいったん話し合いを終わらせるのが良いでしょう。
そのまま話し合いを続けても、その日は決着がつかない可能性が高いです。後日また話し合うことを提案しましょう。

次の話し合いまでは、連絡の頻度を減らし、会う約束もしないようにしましょう。ここで優しくすると相手に期待させてしまい、逆に傷つけてしまうことになります。本当に別れたいということを行動で示しましょう。

おわりに

付き合って1カ月の別れの切り出し方や、相手をできるだけ傷つけずに別れる方法などについて解説しました。

相手も同じ気持ちでない限り、完全に傷つけずに別れることは難しいかもしれませんが、伝え方次第では円満に別れることもできるでしょう。相手との関係性や相手の性格などに合わせ、切り出し方を使い分けてみてください。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

恋愛(729)
Lani

コメント