PR

密かな好意を抱く男性からの脈ありサイン「職場編」!

お悩み女子
お悩み女子

職場で密かな好意を抱く男性はどんなサインをみせるの?

職場ということもあり、男性は好意を抱いている相手に対してさりげない程度で脈ありサインをみせてきます。

具体的にどのようなサインをみせてくるのか。今回は、密かな好意を抱く男性からの職場における脈ありサインについてご紹介。

同じ職場の男性のことが気になっていて、自分のことを好いてくれているかどうかを判断したいという方は、ぜひ参考にしてみてください!

職場で密かな好意を抱く男性からの脈ありサイン

好意はあっても、職場内だとやはり周りの目は気にしてしまうもの。

それゆえ、好意を抱いている相手に対しては思い切れないところがあります。そんな中ですが、本人なりのさりげないアピールは何かしらみせてくれます。

どのようなサインをみせてくれるのか、早速職場内で密かな好意を抱く男性からの脈ありサインについてまとめていきます!

チラチラと視線を送る

職場であっても、想いを寄せている相手が近くにいて意識的に見ない男性は少ないでしょう。

密かな好意を抱く男性は、相手に視線を何度も送ります。好きな人の言動が気になるのは、女性の皆さんも同じでしょう。

何度も目が合うのは、お互いに視線を送っているから。職場内で目がお互いに合うことが多い、見られていることが多い場合は脈ありの可能性ありです!

飲み会の席がいつも近い

仕事仲間での飲み会、皆さんも経験はあるかと思います。注目して欲しいのは、飲み会での彼との物理的な距離。

職場の飲み会とはいえ、やはり好きな人の近くにいたいと思うもので、職場で密かな好意を抱く男性の場合、意識的に近くの席に座ろうとします

お悩み女子
お悩み女子

考えてみれば、いつも近くに座ってくれてるかも!

物理的な距離も脈ありか判断するポイントになります。飲み会において自分と近い席に座ることが多いのなら、少なくとも好感は持ってくれているといえます!

プライベートな話をよくする

男性は職場において、興味のない相手に対する会話は業務的であり、好意を抱いている相手にはプライベートな話を振る傾向にあります。

態度だけでみれば男性の脈ありサインは分かりやすいですね。関係を深めたい、自分を知ってもらいたいという思いから積極的にプライベートな話題を盛り込もうとします

業務的な話だけでなく、プライベートな話をよくしてくるという方は自分に好意や興味を向けてくれているとみてよいでしょう。

食事に誘ってくる

職場で密かな好意を抱く男性は、好きな女性を食事に誘う傾向にあります。

あなたとの時間は本人にとって幸せなひととき、相手が好きな人であれば会社での飲み会であれ個人的なお食事であれ毎度誘いはかけてくれるでしょう。

他の人にはあまり声はかけないが自分にはいつもお誘いをしてくれる、サシで飲みに誘ってくれる場合、脈ありの可能性は十分にあります。

積極的に悩みを聞いてくれる

職場のお相手があなたに密かに好意を向けてくれているのなら、仕事の悩み相談もそうですが、プライベートについても積極的に悩みを聞いてくれます

悩みを聞くことで自分に意識を向けさせようとしているのか、好きだからこそあなたのことを助けたいと感じるのか。想いを寄せている相手の悩みを積極的に聞く背景はさまざま。

いずれにせよ、あなたの悩みに寄り添ってくれるのは好意を向けているからこそ。仕事以外で悩みを聞いてくれることが多いようであれば、それだけあなたのことを本気で想ってくれているといえます。

出社・退社時間を合わせてくる

今一度振り返ってみてほしいのですが、出社時間や退社時間が同じような時間で、鉢合わせることが多くありませんか?

職場において密かな好意を抱く男性は、なるべくあなたと会話をできるタイミングを作るために、あえて出社時間や退社時間を合わせることも。

もちろん、交通の事情により同じような時間帯で出社することはあるでしょうが、退社時間に関しては合わせようがあります。残業する時にはいつも一緒に残ってくれたり、すぐ帰れるときは一緒に仕事を切り上げてくれたり。特に退社時間が合うようであれば、それは好意のサインとみてよいでしょう。

自慢話など自分をアピールしてくる

自慢話など自分のことをアピールしてくるのもまた、脈ありサインのひとつ。

職場であれば、自分の成果などについてアピールしてくることが多いでしょうね。なにせ、好意を抱いている相手にはよく思われたいものですから。

興味のない相手にはわざわざ自分をアピールすることはありません。自分の株を上げる必要性がそもそもないと言えばいいでしょうか。対して好きな人相手には自分をよくみせようと積極的にアピールしてきます。それも分かりやすいほどに!

恋愛事情について聞いてくる

職場で密かな好意を抱く男性は、プライベートな質問として恋愛事情について聞いてくることもあります。

具体的には、以下のような質問をしてくることが多いです。

  • 「〇〇って彼氏いるの?」
  • 「どんな人がタイプなの?」
  • 「この前付き合ってた人とどうして別れたの?」

たくさん質問してくること自体、あなたに興味があるサインです。恋愛に関する質問をしてくるのは、あなたとの距離を詰める参考として好みを把握するため、自分との相性を探るためでもあります。

別れの原因など特にプライベートな質問をしてくる場合は、脈ありの可能性が高いです!

勘違いしやすい職場における男性からの脈なしサイン

職場における脈ありサインはさりげないがゆえに、時折「意識してくれているのかな」と勘違いをしてしまう方もいます。

仕事場はプライベートではなく、あくまで仕事として良い人を演じる方も少なくありません。これは皆さんにも言えることですね。

仕事仲間としての振る舞いは、時に誤解を招くこともあります。皆さんがお相手の気持ちを的確に捉えられるよう、勘違いしやすい職場における男性からの脈なしサインについてご紹介していきます。

話の内容が仕事のことばかり

いくら話しかけてくれるとはいえ、話の内容が仕事のことばかりだと脈ありとはいえません。

仕事の件で相談を受けたり、何かを任せられたりするのは、あなたのことを信頼しているからですが、それはあくまで個人的な感情としてではなく、仕事場において信頼を置かれているだけ。

他の人よりも話かけてくれることが多いと期待はしてしまいますが、話の内容によってはただの思い違いであるケースもあるので、その点注意しておきましょう。

仕事のサポートをしてくれる

仕事のサポートをしてくれるのも同様に、勘違いしやすい職場における男性からの脈なしサインとしてあげられます。

相手が上司であれ同期であれ、仕事はチームワーク。お互いにサポートをしていくのは当然のことです。

仕事の悩みを聞いたり、終わらなさそうな仕事を代わりに持ってくれたり。普段他の人に対してフォローをしない男性なら脈ありですが、他の人のサポートも行う男性であれば単に仕事仲間としてサポート行っているため、期待はしすぎないでおくのが賢明です。

褒めてくる

褒めてくるからといって、それが脈ありとは限りません。

下心はなしで素直に褒めるべきところは褒めるべきだと考える男性も少なくありませんし、最悪お世辞である可能性もあります…。

いずれにせよ、男性は恋愛感情を抱いていない女性のことを褒めることはよくあること。褒められて嬉しく思うのは当然ですが、「褒める=好き」と誤解しないよう気をつけましょう。

職場で密かな好意を抱く男性の心理

職場で密かに好意を抱いてくれている男性は、内心どのように感じているのでしょう。

職場内恋愛になるわけですから、周りからの目がある中でアピールをすることになります。本人にとっては大変シビアな状況ではありますね…。

それでは、職場で密かな好意を抱く男性心理について覗いていきましょう!

周りの目が気になる

職場で密かな好意を抱く男性にとって、やはり周りの目は特に気になるものです。

バレることで本人に迷惑がかかりそう、変にからかいを受けたくないなどいろいろと懸念される点は多々あります。

それもあって、アピールするにも思いきれないところがあるのが正直なところ。本人にはアピールしつつも周りにはバレないように、絶妙なラインで好きアピールを送ってくるため、分かりやすいと言われがちな男性でもどちらかといえばさり気ないアピールとなります。

別れたあと気まずくなりそう

同じ職場である以上、付き合うことができれば同じ空間にはいられますが、別れたあと気まずくというデメリットは大きくでてしまいますね

お互い気にならないタイプならよいのですが、別れたあとのことを考えると…と踏みとどまってしまう男性も。

鈴木健太
鈴木健太

2人の問題にとどまらず、周りが気をつかってしまうことにもなりかねませんしね。

密かに想いを寄せていても別れたあとに気まずくなりそうなことに躊躇して内心前向きになれない男性もまた多くいます。

相手の恋愛事情が気になる

性別関係なく、好きな人の恋愛事情は誰しもが気になるものです。

どんな人がタイプなのか、今まで何人と付き合ってきたのかなど、職場なのでオープンにはできませんが、密かに好意を抱いている男性の本心では恋愛事情について強く興味を持っています

好意を持っている以上、好きな人の恋愛事情が気になってしまうのはごく自然な心理といえましょう。

なんとかプライベートで過ごせる時間を確保したい

職場だと周りの目もありますし、下手にアピールすることはできません。それゆえ、なんとかしてプライベートで過ごせる時間を確保したいと考えがち。

職場で密かに好意を抱く男性にとって、職場でのあなたとの関わり方は実はかなり難しいもの。積極的になると周りにバレるし、かといって控えめにいってもアピールにならない…。

そんな状況下にある彼らは距離を縮めるため、プライベートで関われる時間を確保しようとします。退社時間や出勤時間を合わせるのがまさに一例となりますね。

他の人にとられないかと焦りを感じる

職場で積極的になれないため、うだうだしている間に他の人にとられないかと焦りを感じていることも。

同じ空間にいるからこそ、余計に焦りを感じてしまいます。社内恋愛でハードルは高くあるものの、職場で密かな好意を抱く男性は内心他の人にとられまいと必死

なんとかして振り向かせようとしても直球のアプローチができない、そんな状況に悩んでいる男性も多くいます。

職場で密かな好意を抱く男性からの脈ありサインを受けたときの対処法

実際に職場で密かな好意を抱く男性から脈ありサインを受けたとき、どう対処したらよいのかと悩まれる方もいるでしょう。

結論、対処の方法は脈ありサインをみせる男性に対するあなたの気持ちによって変わってきます。

お相手のことを好きな人としてみている場合、仕事仲間としてみている場合それぞれにおける対処法について解説していきます!

脈ありサインをみせる男性に好意がある場合

職場で密かな好意を抱く男性に好意があるという方、彼の気をひくため以下の対処法を試してみてください。

脈ありサインをみせる職場の男性に好意がある場合の対処法
  • 脈ありサインを返す
  • プライベートで話せるタイミングを作る
  • 彼から脈ありサインを受けたなら、こちらもそれに応えて脈ありサインを返してあげましょう。脈ありサインを返すことで、相手の気持ちに確信を持てるため、より前向きに接してくれるようになります。

    職場だと周りの目が気になるという懸念点もあるため、そこに配慮してプライベートで話せるタイミングを作るのもありですね!

    脈ありサインをみせる男性に好意がない場合

    脈ありサインをみせる職場の男性に好意がない方は、以下の対処法をとってみてください。

    脈ありサインをみせる職場の男性に好意がない場合の対処法
  • 伝わっていないフリをする
  • 恋人がいることを匂わせる
  • 変に冷たく返して相手を不機嫌にさせてしまうと、同じ職場なわけですからお互いに気まずくなるだけ

    できるだけ自然な形で引いてもらえるよう、脈ありサインが伝わっていないフリをする、あわよくば恋人がいるこたを匂わせてみるといいかも!

    まとめ:職場における密かな好意を抱く男性からの脈ありサインはさりげなくも内心は必死!

    職場において、密かな好意を抱く男性からの脈ありサインは周りの目もあってさりげないものが多いです。

    • チラチラ視線を送る
    • 出社・退社時間を合わせてくる
    • 自慢話をしてくる

    さりげなさはあるものの、内心では他の人にとられまいと必死。ですが、話の内容が仕事ばかり、ただ褒めてくるだけである場合は脈ありとまでは断定できないため注意が必要です。

    職場の男性に自身も好意を持っているのなら、脈ありサインを返してあげるなどこちらもアプローチをかけてみるとよさそうです。

    最後まで読んでくれた
    あなたにだけ特別プレゼント!

    エキサイト電話占い

    恋愛成就で評判の
    当たる占いを体験してください

    あなたは恋愛で悩んでいませんか?

    好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

    エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

    様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

    相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

    エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

    これなら気軽に試すことができますね。

    24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

    >>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

    鈴木健太
    執筆者

    高校生時代からおよそ5年弱、学業とともにWebライターとして副業を続けてきました。大学にて心理学を専攻しているということもあり、心理学を始めとする対人関係・恋愛のライティングを中心に活動しております。

    恋愛(711)
    Lani

    コメント