PR

2回目のデートで手を繋ぐのはあり?女性心理を解説!

「何回目のデートで手を繋ぐのがいいのか?」「デートで手を繋ぐタイミングは?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
好きな人や恋人との仲を深めるために、手繋ぎデートはおすすめです。
しかし、手を繋ぐタイミングを間違えたり気遣いができていなかったりすると、引かれてしまう可能性もあります。

こちらの記事では、「2回目のデートで手を繋ぐのはあり?」という疑問や手を繋ぐタイミング、注意点などについて解説します。

2回目のデートで手を繋ぐのはあり?

2回目のデートで手を繋ぐのはありなのでしょうか?

付き合う前なら2回目以降のデートがおすすめ

付き合う前の関係性であれば、2回目以降のデートで手を繋ぐのがおすすめです。
1回目のデートで、お互いのことを知り、2回目以降のデートで親密度を深めていくのが良い流れといえます。

初めてのデートでいきなり手を繋ぐと、「まだ知り合ったばかりなのに?」「体目的なのかな?」と引かれてしまう可能性が高いです。相手との距離感を見極め、慎重に手を繋ぐようにしましょう。

距離感によっては3回目以降の方が良い

2回目のデートでも2人の距離感によっては手を繋ぐのをやめた方が良いです。
あまり親密になれていなかったり、距離を感じたりするのであれば、3回目以降に様子を見て手を繋ぐようにしましょう。

とはいえ、そのまま手を繋がず、デートの回数を5回、6回と重ねていってしまうとタイミングを逃してしまう可能性もあります。恋人というより友達のような関係性になってしまうことも考えられます。

そのため、3〜4回目のデートでは手を繋げるよう、デートの度に距離を縮められるようにしましょう。または、手を繋ぐ前に告白をして付き合い始めるのも良いといえます。

交際後なら1回目から

交際を始めた後であれば、お互いに好意があるということが分かっているため、1回目のデートから手を繋いでも問題ないといえます。
しかし、中には異性と触れ合うことに苦手意識を持っている人もいるため、相手の様子を見ながら手を繋ぐことが大切です。

付き合う前のデートで手を繋ぐ女性心理

次に、付き合う前のデートで手を繋ぐ女性心理を見てみましょう。

好きな人に触れていたい

付き合う前に手を繋ぐ女性心理として、好きな人に触れていたいというものがあります。
好きな人に触れていたいと思うのは自然なことです。
女性から手を繋いできたり、あなたが手を繋いだときに握り返してくれたりするのであれば、あなたに好意がある可能性が高いです。

好意をアピールしたい

手を繋ぐことで好意をアピールしたいという心理もあるでしょう。
言葉で「好き」と言えなくても、手を繋ぐことでその気持ちを表現することができます。
また、男性に「告白してほしい」と思っており、そのきっかけを作っている可能性もあるでしょう。

女性からの手を繋ぎたいサイン

続いて、女性からの手を繋ぎたいサインをご紹介します。

手が触れるほど距離が近い

手が触れるほど距離が近い場合、女性も手を繋ぎたいと思っている可能性が高いでしょう。
自分から手を繋ぎたいけれど、恥ずかしいため、あなたから繋いでくれるようにきっかけを作っているのだと考えられます。

袖を少し引っ張る

男性の服の袖をちょんちょんと引っ張ったり、歩いているときに袖や裾を持ったりすることで、手を繋いでほしいことをアピールする女性もいます。さりげなく手を繋ぐのが良いでしょう。

手を繋ぎたいと伝える

男性がなかなか気づいてくれない場合、「手繋ご」「手、繋ぎたい」と伝える女性もいるでしょう。
ストレートに言われると照れるかもしれませんが、女性も勇気を出して伝えているため、スマートに手を繋ぎましょう。

手を繋ぐタイミング

次に、デートで手を繋ぐタイミングをご紹介します。

待ち合わせをしたとき

待ち合わせをしたときに、「行こっか」と言って自然に手を繋ぐのがおすすめです。
デートの途中に手を繋ぐタイミングを探すのは大変そうだと思う人は、最初から繋ぐのが良いといえます。

関係性にもよりますが、笑顔で手を伸ばせば安心感を与えられるため、女性も応じてくれる可能性が高くなるでしょう。
もし、手を繋いでくれなかったら、その日のデートで距離を縮めましょう。

人混みを歩くとき

人混みは、自然に手を繋げるチャンスです。
休日の人気スポットや都心でのデートは人混みを歩く可能性も高いです。
「人混みで離れ離れにならないように」という理由もあるため、手を繋ぐベストタイミングといえます。

階段や段差があるとき

階段や段差がある時も手を繋ぐチャンスといえます。
「気をつけて」「転ばないように」と言って、手を差し伸べましょう。
人混みと同様、下心というよりは「安全のため」という理由があるため、ベストタイミングといえます。

歩くスピードが合わないとき

2人の歩くスピードが合わないときも、手を繋ぐチャンスといえます。
男性と女性では身長や体格の違いにより、歩幅や歩くスピードが異なります。そのため、男性のペースで歩くと、女性にとっては速く、小走りのようになってしまうこともあります。
そんなときに、手を繋ぐことができれば、お互いにとってちょうどいいスピードで歩けるでしょう。

手が触れ合ったとき

並んで歩いていて、2人の距離が近づき、手が触れ合ったときに手を繋ぐのもおすすめです。
手が触れているのに、相手が離れようとしないのであれば、手を繋いでもいいと思っている可能性が高いです。さりげなく手を繋いでみましょう。

寒いとき

冬のデートなど、寒いときに手を繋ぐのもおすすめです。
「寒いね」「手が冷える」といった会話の流れで、「手、あったかいよ」と言って繋ぐのも良いでしょう。

(c)KenRockwell.com 858 453-2099

いい雰囲気になったとき

夜景やイルミネーション、恋愛映画を見ているときなど、いい雰囲気になったときに手を繋ぐのもおすすめです。
薄暗い場所であれば、表情が見えづらく恥ずかしさが紛れるため、手を繋ぎやすくなるでしょう。

手を繋ぐときの注意点

手を繋ぐときの注意点をご紹介します。手を繋ぐときは、以下のことに気をつけましょう。

「繋いでもいい?」と聞き、相手に決断させない

「繋いでもいい?」と聞き、女性に決断させるのは避けた方が良いでしょう。
また、「嫌」と言われて断られた場合、気まずくなってしまいます。
「手、繋ごっか」「行こっか」と、男性から堂々と言われた方が好印象といえます。

最初から恋人つなぎをしない

初めて手を繋ぐときには、恋人繋ぎをしない方が良いでしょう。
恋人繋ぎは密着度が高いため、付き合い始めた後やかなり親しくなったときにするものだという感覚の女性もいます。
そのため、普通に繋いだ方が安全だといえます。

手汗を拭き取ってから手を繋ぐ

暑い日や緊張しているときには手汗をかいてしまう人は多いでしょう。
特に、デート中や手を繋ごうとしているタイミングは緊張で手汗も出やすいと思います。手汗が出ること自体は仕方のないことです。

しかし、手汗をかいた状態で手を繋ぐと、相手はびっくりしたり、不快感を覚えたりします。
そのため、手汗をハンカチやタオルで拭いてから手を繋ぐようにしましょう。

手荒れしたまま繋ぐ

乾燥や仕事の影響などで手荒れしやすい人もいるでしょう。
手荒れは仕方のないことといえますが、あまりにもガサガサしていると手を繋ぐときに痛いかもしれません。

普段から、ハンドクリームや薬を塗って手のケアをしておきましょう。完全に治らなかったとしても、相手が痛いと思うほどのカサつきは改善できるといえます。

手を繋ぐのを拒否される理由

手を繋ごうとしたときに、拒否されてしまうこともあると思います。
拒否されるとショックですが、拒否されるのには理由があります。理由を知っておくことで、前もって対策もできるかもしれません。
ここでは、手を繋ぐのを拒否される理由をご紹介します。

好意がないから

付き合う前のデートで、相手に好意がない場合は手を繋ぎたいと思いません。
そのため、手を繋ごうとされたときに拒否するのです。

「まだ」好意がないだけかもしれないため、相手の様子を見て判断することが大切です。早い段階から手を繋ごうと焦るのではなく、少しずつ距離を縮めましょう。

付き合う前から手を繋ぎたくない 

付き合う前から手を繋ぎたくないと考えている女性もいます。
なんとなく手を繋ぎ、ハッキリとした告白もなく付き合っているような状態になるのを避けたいと思っていることもあるでしょう。無理に手を繋ごうとするのではなく、相手の価値観を尊重しましょう。

恥ずかしいから

好意がある相手であっても、手を繋ぐことや知り合いに見られるかもしれないことが恥ずかしいという理由で拒否することもあるでしょう。
デートをしている場所が自宅や職場の近くであれば、知り合いに見られる可能性も高いです。
「そんなの気にしなくてもいいじゃん」と思うかもしれませんが、相手の気持ちを大切にしましょう。

手汗や手荒れが気になるから

手汗や手荒れが気になるため、今は手を繋ぎたくないと思っている可能性もあります。
好意がある相手にこそ、手汗や手荒れのことは知られたくないものです。

拒否されると「脈なしかも」と落ち込むかもしれませんが、人にはさまざまな事情があります。さまざまな事情を想定し、すぐに脈なしだと判断しないようにしましょう。

手を繋ぐタイミングは2人の関係性による

付き合う前のデートでの手を繋ぐタイミングには、正解がありません。

手を繋ぐタイミングは2人の関係性によります。

好きな人と手を繋ぎたいと思うのは自然な感情ですが、相手も同じ気持ちでなければ難しいものです。引かれたり、嫌われたりする原因になります。

早く距離を縮めたいからといって焦って手を繋ぐのではなく、相手の気持ちを尊重することが大切です。
焦ることなく、自分たちのペースで関係を深めることで、自然なタイミングで手を繋げるようになるでしょう。

おわりに

「2回目のデートで手を繋ぐのはあり?」という疑問や手を繋ぐタイミング、注意点などについて解説しました。

手を繋ぐのにおすすめのタイミングはいろいろありますが、結局は2人の関係性によります。自然に手を繋げるように、少しずつ関係を深めていきましょう。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

恋愛(711)
Lani

コメント