天照大御神を徹底解説!スピリチュアル・繋がる方法・最高神の理由も解説

天照大御神を徹底解説!スピリチュアル・繋がる方法・最高神の理由も解説

日本神話の大御所とも言える最も有名な神様と言えば天照大御神ではないでしょうか。あまてらすおおみかみと読みます。大(おお)という文字がより強さと広大さを轟かせている様に感じます。年末になると氏神様と一緒に天照大御神のお札が届けられます。どんな神様なのでしょうか。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

天照大御神とは

日本神話の中の主神です。高天原を統治する神様で皇室の祖でもあり現在の伊勢神宮の祭主は元皇族(元紀宮様)です。
伊勢神宮内宮に祀られています。
天照大御神は女神とされています。その証拠に大日孁貴神、大日女尊、大日孁、大日女と言った別名が神社に残っているそうです。
父である伊邪那岐神が最後に産んだ3人の子供が最も優秀だとして、最後に産まれた天照大御神を高天原や日本の主神として統治させたと言われています。

天照大御神は実在した?

父が伊邪那岐神(いざなぎ)、母が伊邪那美命(いざなみ)。
父である伊邪那岐神(いざなぎ)によって三貴子に選ばれ、弟に月読命(つくよみ)と須佐之男命(すさのお)がいます。
古事記や日本書紀といった最古の文献に書かれているのですから、実在したと考える方が正しいのではないでしょうか。ただ神話とするならば、もしかすると実在していなかったのかも知れません。神話なのだから神様は人間ではないから、と考える事も出来るのです。しかし皇室の開祖は天照大御神とされ伊勢神宮に主神としてお祀りされているのですから、実在という事なのではないでしょうか。実在とされています。
普通の人間ではなく特殊な能力を持っているからこそ神話として記録されたのかも知れませんね。

天照大神はイザナギの左目から生まれた

父である伊邪那岐命が亡くなった妻の伊邪那美命に逢いに黄泉国に行くが、妻は八雷神の側で腐敗していたそうです。伊邪那岐命は現世に戻り、
黄泉国の穢れを落とそうと水浴していると様々な神が生まれたそうですが、最後に、左眼から生まれたのが天照大御神だったそうです。穢れを水で洗い落とすと良い事が起こるという事を意味する様です。神社ではまず手水舎で手を洗いますが、それも穢れを落とす行為で神話の時代からあったのですね。

天照大御神の性格

太陽神でもあり明るく温和な性格とされています。主神として君臨している通り力強くプライドも持っていたそうです。女神ですが、神の世界には明確な性別はなく男性神としての部分も持っていたと言われています。現代でも天照大御神はやはり優しく私達を守ってくれる女神の印象が強い様です。

天照大御神の性別は男?

神話の世界の神様は明確な性別はないと言われていますが、男性的な部分も持ち合わせる女神と言われています。元々男性神だったが女性神に変身したという説もあるそうです。それは初期の頃の話で、その後各地の神社には女性を思わせる天照大御神の別名がいくつか残っています。
巫女の原型が天照大御神とも言われています。そして太陽神は元来男性ですので、その辺が男性と言われる所以なのかも知れません。太陽神の妻の役割としての太陽神を司る、と言った方が正しい様です。性質は男性であっても天照大御神は女神、女性と見るのが一般的の様です。

天照大御神の誕生日

誕生日はどこにも記されていない様です。

天照大御神はなぜ最高神と呼ばれているのか

天照大御神は父である伊邪那岐命と母である伊邪那美命の最後の子供とされています。何故その最後の女性神が最高神と呼ばれているのでしょうか。彼女には弟が2人います。現代においてはヨーロッパの王室に男女関係なく第一子が王位継承権を持つという法律があり、次期国王は王女である王国が多いのですが、そういう意味もあるのでしょうか。最後の3子が最も有能だったからだと言われています。その中の年長者である天照大御神が最高神に抜擢されたのでしょうか。
確かに能力が高かったとされています。しかし実はその後ろには高御産巣日神(タカミムスヒ)という実力者がいたというのです。
タカイムスヒという言葉、スピリチュアルに詳しい方であればカタカムナウタヒをご存知だと思います。神代文字ホツマツタエと共通点があると言われるカタカムナ。このカタカムナで書かれたカタカムナウタヒの中に出て来る神様です。この高御産巣日神は今注目されている神様です。このカタカムナウタヒを唱えると過去を変える事が出来るとも言われています。一度唱えてみてはいかがでしょうか。天照大御神とも繋がりが深いと言われています。
天照大御神は神様の中でも最高位の主神です。高天原を統治する神様です。高天原とは天国の事ですね。古代から現在に至るまで関係の深い神様や時代背景があります。

天照大御神と各神の関係を紐解く

天照大御神ほどの最高位の神様となると影響力も広範囲に反映されるでしょう。関係者も多く現れます。広範囲に及ぶ研究の結果様々な説が存在し、また新しい事実が見つかったりします。

天照大御神と卑弥呼の関係

2世紀頃日本にあったとされる国、邪馬台国の女王が卑弥呼ですが、実は太陽神信仰の巫女(シャーマン)であった説が有力と言われています。本当に卑弥呼が存在しているならば古事記や日本書紀に記録残されているはずですが、誰が卑弥呼なのか不明との事です。そこで天照大御神が卑弥呼ではないかと議論されているとの事です。もしも卑弥呼が天照大御神であれば、高天原は邪馬台国となり、その後の大和朝廷に続いたとする説もある様です。確かに卑弥呼と天照大御神は弟がいる事も共通しています。中国の史書には「天照大御神は九州に居住していると書かれているとの事です。ですが卑弥呼は巫女として邪馬台国を統治していたという説が有力で天照大御神とは別人であるだろうとの事です。

天照大御神と龍神の関係

古事記によれば、天照大御神が隠れていた天の岩戸が飛来してきた為、戸隠神社と言われる神社があります。長野県の戸隠山です。
天照大御神がお隠れになった為真っ暗になった高天原と葦原の中国。戸が開かれ太陽の女神天照大御神が出てきた事を祝い戸隠神社が祀られたそうです。これが天の岩戸開きです。この戸隠神社には龍神もいると言われています。山には湧き水や滝が存在しますが、そこには龍神がいます。天照大御神は度々お隠れになった事があるそうですが、太陽が隠れる場所と言えば山の彼方に暮れる太陽。山脈の水系には龍神がいます。天照大御神と龍神は繋がりがあるのですね。

天照大御神と天皇の関係

天照大御神は皇室の開祖と言われています。天皇陛下の祖先なのです。天照大御神をお祀りする伊勢神宮内宮には皇族の方々が参拝されています。そして現在の伊勢神宮の祭祀は元皇族の黒田清子さんです。
※第二次世界大戦終結までは天皇も神?
伊勢神宮には天照大御神をご先祖としてお祀りしている皇室。それが第二次世界大戦終結で天皇陛下は1946年1月1日「人間宣言」をされます。「五箇条の御誓文」には、神話や伝説である日本書紀や古事記を否定しないし、皇室制度は続きますが、「天皇は神様ではない」と神である事を否定されたのでした。しかしながら古代の初代天皇は神様から始まっています。第二次世界大戦後のポツダム宣言が影響している様ですが、諸外国に取って皇室は不思議な存在で理解出来ない部分もあったのかも知れません。

天照大御神が持つエネルギーとは

お正月の神様と言えば天照大御神のお札ですね。

そして氏神様のお札を神棚にお祀りします。

清々しいお正月様をお迎えするという事は神様のエネルギーを感じるという事です。全能の神様ですのでそのエネルギーは強大だと言われています。太陽神であり光のエネルギーで隅々まで殺菌してくれます。

そして天照大御神の肖像画や絵からもエネルギーが発散されているそうです。

太陽光発電という技術がありますが、スピリチュアルでは人間の方が余程太陽エネルギーを取り込む力に長けており、ヒーリングで自由自在に太陽エネルギーを満杯にする事が出来ます。

伊勢神宮に直接行く事が出来なくても、遠隔ヒーリングを受ける方法もあります。何れにしても太陽エネルギーと言えば天照大御神です。

天照大御神にはスピリチュアルなご利益や深い意味が存在しています。

天照大御神のスピリチュアルな意味・ご利益

最高位の神様のご利益について見てみましょう。

恋愛

子安神社が伊勢神宮の内宮にあります。その名の通り良縁、安産、子育てなど女性の人生を守り良き道に導いてくれます。恋愛での悩み、両思いになりたい、結婚相手を探している人は天照大御神に参拝し恋愛パワーを浴びましょう。お守りを持つ事でも同じくパワーを頂けます。そして恋愛中は天照大御神の画像や絵を見るだけでも効果がある様です。

国土平安

皇室の開祖が天照大御神です。日本をお創りになったという事は国土平安を願っているという意味にもなります。その子孫である天皇陛下は神道の祭司でいらっしゃり日本の繁栄と国民の幸せを祈って下さっています。故に国土は安定し国民は元々幸せな民族であったと言われています。現代皇室があるのも天照大御神からのご利益が流れ続けているからなのでしょう。

五穀豊穣

天照大御神は五穀豊穣も一緒に実現して下さいます。国土平安と同時に必要な国民の食料満足。自然の恵みを齎してくれます。

生命力向上

太陽の女神でもある天照大御神。燃え続ける太陽と同様に生命力は尽きる事なく永遠の魂を導いてくれます。心身共に健康で長寿へのご利益があります。

開運

国を創り統治された天照大御神。運気を上昇させ何事も開く方向に導いてくれるご利益があるとされています。何かを始める時は天照大御神ににお祈りしましょう。

困難打破

国を治める実力に不安を感じながらも困難を乗り越えて現代の皇室まで発展させてきた天照大御神にあやかる事で困難を乗り越える英知を頂けるでしょう。苦慮している人がいれば助けてくれる神様です。

新規事業祈願

国を開拓した天照大御神は同じく新しく事業を始めようとする者にご利益を授けて下さいます。また新規事業は自然に成功する事になっています。注意しながら経営すれば守られると言われています。新規事業に取り組む意気込みを後押ししてくれる事でしょう。

勝負に勝つ

霊宝に守られて国を守る事に成功した事で、味方を得て勝ち進むご利益を得られると言われています。

試験に合格する。

最後に産まれた優秀な三貴子の1人が天照大御神です。優秀な能力の持ち主でもあり、ある時はお隠れになり1人で努力を続けてきた後再び姿を表して最高神で居続けた勤勉さ。試験合格を達成するご利益も頂けると言われています。
資格試験や難関試験に臨む時も参拝し信仰する事で合格のご利益があると言われています。

立身出世

社員として役職を得たり、社会人として伸びていくご利益があるそうです。太陽エネルギーは立身出世を促し祈る者を輝やかしい成功へと導いてくれるでしょう。

天照大御神と繋がる方法

太陽神である天照大御神と繋がる為には太陽の存在にまず感謝する事だと言われています。日本人は昔より日の出を拝んできました。日の出と共に起き出し太陽の光で衣食住を営み、日の暮れと共に就寝などと昔話などにも書かれています。古来より行ってきた生活方法を記憶し今でも同じ様に規則正しい古き良き生活をしている人は少なくないはずです。これも天照大御神のご利益だと思われます。この様に太陽を拝む事で天照大御神と繋がる事が出来ます。難しい事をしなくても構いません。天照大御神は太陽の神様です。太陽の光に感謝し太陽の光を浴び、エネルギーを感じる毎日を送っていれば自然と繋がります。
更に高次元な天照大御神の波動を受ける為には瞑想が効果があると言われています。

天照大御神の真言・マントラを唱えるとどうなるの?

天照大御神のお名前そのものがマントラであるとも言われています。言霊であるのは間違いありません。「あまてらすおおみかみ」と繰り返し唱える事で天照大御神のパワーを取り込む事が出来るそうです。パワーとは波動の事なので目には見えません。特に日食の日にマントラを唱えながら瞑想すると浄化されると言います。

天照大御神と繋がりの深い神社

天照大御神をお祀りしている神社を神明神社といいます。総本山は伊勢神宮の内宮(皇大神宮)となります。全国に沢山の神明神社があります。

伊勢神宮の内宮に天照大御神が祀られています。

天岩戸神社(宮崎県高千穂町)天照大御神が隠れられた洞窟を御神体としてお祀りしている神社です。

全国の天祖神社も天照大御神をお祀りしている神社となります。

天照大御神とスピリチュアルのよくある質問

天照大御神はなぜ引きこもりだったのか

天石屋戸にこもったり何度か引きこもり生活を送っていた様です。

また天照大御神は最も有名な神様ですが、大き過ぎる期待に押しつぶされそうな精神状態に陥る事もあったのではないでしょうか。休養を取られる事もあったはずです。

その間は側近や他の神様が代行されたりしたのかも知れません。実は実際に実権を握っていた神様が他におり、それが高御産巣日神(タカミムスヒ)と言われています。

最初は高御産巣日神が最高神でしたが、天照大御神に交代したというのです。古事記には天照大御神が表に出ているが他の有能な神様が後ろに控えていたとも書かれています。

高御産巣日神と言えば、最近神代文字カタカムナ文字を良く目にします。カタカムナウタヒを唱える事でスピリチュアルな次元上昇を体験する事が出来るそうです。

このカタカムナウタヒの中に高御産巣日神(タカミムスヒ 男性)、神産巣日神(カミムスヒ 女性)が出てきます。

この神様は過去と未来を行き来する素粒子だと言われています。宇宙そのものという事ですね。天照大御神の周りには素粒子が漂っていたというのなら過去も未来も自在に行き来可能、天照大御神は神様の象徴として表部隊にいらっしゃる事が多かったが表舞台から降りた時は素粒子と共に他の仕事をされていたという事かも知れません。

最近のカタカムナウタから少し考察してみました。

まとめ

天照大御神は日本の開祖であり最も有名な神様です。皇室の祖先として伊勢神宮内宮にお祀りされています。太陽神でもあり日本そのものにエネルギーを与え、日本国土国民を守ってくれている神様です。それだけ日本人にとり最もポピュラーな存在の神様ですが、パワーも最高の神様です。時には天照大御神のお名前を唱えてみましょう。

コメント