【部位別・決定版】火傷(やけど)のスピリチュアル意味

ふとした不注意から火傷をしてしまうことがあります。偶然に火傷してしまったときにも、部位によってそのメッセージは異なります。

今回は、そんな火傷のスピリチュアル意味についてお届けします。

執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

火傷するスピリチュアル意味とは?

火傷をするスピリチュアル意味は、自分への警告のメッセージです。

いま考えている進路や考え方の癖を、もう一度見つめ直して改める必要があるときに火傷をすることがあります。

火傷のスピリチュアルメッセージ

火傷のスピリチュアルメッセージは、ワーカーホリックなどにおちいって、仕事と生活のバランスがとれていないという意味があります。

限界をむかえたサインとして、あらわれることがあります。過剰なストレスがかかっている状態です。

いったん休息をとることで、余裕を取り戻し、無意識に攻撃的に接していた家族や大切な人たちにも、また思いやりをもって接することができるでしょう。

顔を火傷するスピリチュアル意味

顔を火傷するスピリチュアル意味は、自分を受け入れず、責めてばかりいるサインです。

あなたは、自分に自信がなく、欠点ばかりが目立つように感じて、「こんなわたしだから、うまくいかなくて当たり前……。」などと思っていませんか?

魂の影響がもっともあらわれるのは、顔だといわれています。あなたは無意識に、外見や内面に対して、「もっとこうなりたい、こんな自分は嫌だ」と自分を否定しています。

お腹をやけどするスピリチュアル意味

お腹を火傷するスピリチュアル意味は、溜め込んだ怒りの感情が爆発寸前になっているメッセージです。

いまの人間関係を壊したくない、人から嫌われたくないといった気持ちから、断ることができずに、あなたの内側に溜まっていった無意識の怒り。

もしかしたら、いま、あなたは外側に怒りの原因を向けているかもしれません。

けれども、お腹に火傷をしたときは、自分がなぜ怒りっぽくなっているのかに目を向けてあげることが大切です。

そうすることで、その奥にあるあなたの悲しみに寄り添ってあげることができます。

舌を火傷するスピリチュアル意味

舌を火傷するスピリチュアル意味は、あなたに自己開示が必要なことをあらわしています。

自分がどんなことを話しているか、それはポジティブな発言なのか。それとも人を否定するような発言なのか。

また、身体に悪いジャンクフードや、外食をとる機会が最近多すぎるのではないかといった注意の意味もあります。

口の中を火傷するスピリチュアル意味

口の中を火傷するスピリチュアル意味は、自分の発言や食べるものに気をつけて、というメッセージです。

また、身体に悪いジャンクフードや、外食をとる機会が最近多すぎるのではないかといった注意の意味もあります。

手首を火傷するスピリチュアル意味

手首を火傷するスピリチュアル意味は、セルフイメージの低さによる自己否定をあらわしています。

「わたしなんて、何をやってもどうせうまくいかない」そんなネガティブな思考にはまるパターンを繰り返しているあらわれです。

けれども、本当は、チャレンジしたいし、豊かになって成功したいという願いを持っているため、無意識に葛藤を抱いています。

潜在意識から見ると、願望に対して、ブレーキとアクセルを同時に踏んでいる状態です。

また、「幸せになってはいけない」「豊かさを受け取ってはいけない」という思い込みを持っている可能性があります。

あなたの魂は、そういった葛藤から解放されて、前進できることを渇望しています。

手を火傷するスピリチュアル意味

手を火傷するスピリチュアル意味は、自分で自分を傷つけている警告です。

また、手の甲を火傷した場合は、自分の得意なことや才能を発揮したい気持ちが強いのになかなかうまくいかない現状とのギャップを感じて苦しんでいるということになります。

そういったときは、優先順位を決めるように、まず、整理してみるとよいでしょう。

右手を火傷するスピリチュアル意味

右手を火傷するスピリチュアル意味は、自分の才能を発揮したいというメッセージです。

あなたは、つい臆病になって、チャレンジすることを後回しにしてしまうことがあるのではありませんか?

けれども、右手を火傷したということは、あなたのチャレンジしようとしていることが、うまくいくのをあらわしています。

遊んでばかりいてはダメ、努力しないと、苦労しないとうまくいかないという思考ができているために、チャレンジすることが難しくなっています。

どうしても、チャレンジする勇気が出ない場合は、占い師に相談してみると、的確なアドバイスで背中を押してくれるでしょう。

左手を火傷するスピリチュアル意味

左手を火傷するスピリチュアル意味は、あらゆるものに手を出しすぎていることをあらわしています。

あなたは、豊かになりたいあまりにいろいろなジャンルに手を出しすぎて、収拾がつかなくなっているのではありませんか?

適度な休息もとれていないために、冷静な判断ができていない状態です。

優先順位を決めて、この際、思いきって、不要なものは手放してみましょう。滞っていたことも順調に進んでいきます。

右腕を火傷するスピリチュアル意味

右腕を火傷するスピリチュアル意味は、誰にも協力したくない気持ちのあらわれです。

あなたは、本当に優しい人で、いままで人を多く助けてきたことはあっても、なかなか報われなかったのではないでしょうか。

もしも、あなたが人助けをしても報われないと感じているなら、相手のために思って行動したそのこと自体が、実は相手のためにならなかった可能性があります。

まず、自分のやりたいことや自分の願いに意識を向けてみましょう。

自分が満たされることで、今度は、人の役にたって、社会に貢献していくことができるようになります。

左腕を火傷するスピリチュアル意味

左腕に火傷をするスピリチュアル意味は、人に頼ることを悪いことだと思っているということです。

「わたしなんかが助けを求めても、誰も助けてくれない」とか「誰かに頼るなんて、わたしのプライドが許さない」などと、人から助けを受ける自分をイメージすると、つい見下してしまうのではないでしょうか。

左腕に火傷をしたときは、人と協力して助け合うことを経験するとき。

どんな小さなことでも、かまいません。まず、あなた自身が、誰かが喜ぶ行動を起こしてみましょう。

そうすることで、人からの援助に感謝の気持ちを持てるようになっていきます。

右足を火傷するスピリチュアル意味

左足を火傷するスピリチュアル意味は、安心して過ごせる場所がなく、自分の居場所がどこにもないと感じている潜在意識からのメッセージです。

何か過去に起こったできごとが原因で、あなたは前へ進むことも、後ろへ戻ることもできずに立ち止まっているのではありませんか?

本当は、あなたがどうしたいと思っているかに、耳を傾けてあげることが、とても重要になってきます。

自分では、感覚が麻痺していて、自分のやりたいことがわからない。もし、あなたがそういった状態なら、占い師に相談することで、あなたの魂からの声を聞いてあげることができます。

あなたの魂は、深い癒しを必要としている状態です。

左足を火傷するスピリチュアル意味

左足を火傷するスピリチュアル意味は、失敗を恐れて行動できていないサインです。

「まだ準備ができていないから」「間違った選択をしないように」と、考えるだけにとどまってしまい行動に起こせないのではありませんか?

もし、そうなら一歩踏み出してみることで、これまでと全く異なった新しい体験ができるでしょう。

まとめ

火傷をしたときのスピリチュアル意味について、お届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

火傷したときは、魂からあなたに聞いてほしい本当の気持ちがあるサインです。

自分ひとりで向き合うことが難しい場合は、占い師に相談してみるとよいでしょう。

占い師は、あなたが自覚していない魂の苦しみでさえも理解してくれる存在です。安心して相談してみましょう。

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました