PR
年上彼女やめたほうがいいと言われている理由と真相

年上彼女やめたほうがいいと言われている理由と真相

年上の女性に恋をしてしまうことってありますよね。

でも「年上彼女はやめたほうがいい」と言われてしまうと、付き合うことでトラブルがあるのかと不安になってしまうでしょう。

そこで今回は、「年上彼女はやめたほうがいい」と言われている理由について解説していきます。

もちろん個人差はあるものの、本当に年上彼女はやめたほうがいいのか、真実をチェックしていきましょう。

また、年上彼女が合う・合わない人の特徴も一緒に紹介していくので、参考にしてみてください。

年上彼女の割合

年上彼女はやめやほうがいいと言われているものの、現実では年上彼女の割合は多いです。

20歳~39歳の独身男女に対して楽天オーネットが行ったアンケートでは、男性の25.0%が年上彼女と付き合っていると答えています。1

4人に1人が年上彼女と付き合っているのに、どうして年上彼女はやめたほうがいいと言われているのでしょうか

年上彼女やめたほうがいいの5つの理由

ここからは、年上彼女はやめたほうがいいと言われる理由を解説していきます。

年齢差の壁は、やはり男女の付き合いにおいて障害となってしまうのでしょうか?

年上女性に恋していたり、年上彼女がほしいと感じていたりする場合は、参考にしてみても良いかもしれません。

彼女が支配的になりやすい

年上彼女と付き合っていると、どうしても子供扱いされる場面がやってきます

そもそも女性は、男性よりも子供の頃から精神年齢が高い傾向がありますよね。

実年齢の男性よりも、女性の精神年齢は高いです

そのため実際の年齢よりも低い男性は、付き合いの中で子供に見える部分が出てきてしまうのです。

そうなると、年上彼女が母親のように見えてきてしまうことも多くなるでしょう。

また経験値から、大人は何かと子供を支配したり管理したりするようになるものです。

年上彼女も、良かれと思って彼氏に対して行っていたアドバイスが、だんだんと命令のようになってくることがあるかもしれません。

「年上だから」という一言で、言うことを聞かせようと支配的になることがあります。

金銭感覚がズレやすい

年齢が上にいくほど、収入が増えていくのは一般的ですよね。

特に学生と社会人のカップルであれば、その差は顕著になってくるでしょう。

そのため年の差カップルは二人の金銭感覚がズレやすく、トラブルの原因になることが多いです。

年上彼女の場合、彼女のほうが収入が良い可能性も少なくないでしょう。

もらったプレゼントが高価なものだったり、彼女が行きたいデート場所に費用がかかるものだったりすることが続くと、付き合いを続けることは難しくなってしまいます。

結婚のプレッシャーを感じやすい

年上彼女はやめたほうがいいと言われる理由の多くが、結婚のプレッシャーを感じやすいことです。

女性は身体上、出産年齢を気にする傾向があります。

今は出産年齢が高くなってきましたが、それでも「30代のうちに産みたい」と思う女性は多いでしょう。

そのため年上彼女と付き合うと、責任をとらなくてはいけないように感じて、追い詰められた気持ちになることがあるかもしれません

これは年上彼女が結婚や子供について何も言ってこなかったとしても、自然と感じてしまうものです

彼女が年上であれば、どうしても年齢は意識してしまうものですよね。

年齢を意識すればするほど、結婚や出産の未来も身近に感じるようになるため、付き合いにくさを感じるのでしょう。

付き合いに背伸びして逆に疲れる

年上彼女との付き合いは、甘えられる魅力があるように見えますが、実際は対等な関係になろうと背伸びしてしまう男性が多いです。

早く大人になろうと頑張ってしまうため、結果的に疲れを感じるようになっていきます

特に、恋愛面で大人になろうと無理をすると、空回りすることが多くなります。

デート場所を選ぶだけでも、一苦労かもしれません。

なぜなら自分は初めて行く場所でも、年上彼女にはすでに経験がある可能性が高いからです。

年上彼女のために、大人なラウンジをデート場所に選んだり、ブランド物のプレゼントを選んだりしても、それを維持していく努力は続かないことが多いでしょう。

男としてのプライドを刺激される

年上彼女と付き合っていると、男としての自信を失うことが多いかもしれません。

なぜなら男性は、彼女を守ってあげたいと思う本能が強く、自分が守られる立場になることにプライドが刺激されるからです。

年上彼女は、男性よりも大人であることは間違いありません。

それは、精神面でも金銭面でも、キャリアの面でも感じることがあるでしょう。

彼女に勝てる部分が一つもないことを実感すると、男としての自信は萎んでいきます

彼女を守れないと感じれば、自分の存在価値さえもないように男性は感じてしまうからです。

年上彼女がどんなに魅力的な存在であったとしても、その魅力が二人の仲を引き裂いてしまうことになるのです

年上彼女のメリット

年上彼女はやめたほうがいいと言われていますが、年上彼女と付き合うことにデメリットだけがあるわけではありません。

デメリットを上回ると感じるメリットもあるため、知っておくと良いでしょう。

年上彼女のメリットを解説していきます。

女性の接し方がわかるようになる

年上彼女と付き合うと、女性への接し方がわかるようになります

年上彼女は精神的に大人なため、男性がわかりやすいように、上手に求めているものを伝えてくれることがあるからです。

例えば、彼女が年下だと急に不機嫌になったり連絡が途絶えたりすることがあります。

しかし、相手は理由を言ってくれないため、疑問ばかりが残って「解決法がない…」と感じるでしょう。

年上彼女であれば、「察して」と理不尽な要求をしてくることがないので、不機嫌になってもその理由を教えてくれます。

そのため付き合いを重ねていくことで、女性が何を不快に思いやすいのか、何をしたら喜んでくれるのかがわかるようになるでしょう。

年上彼女と別れることになったとしても、その経験は次の彼女で活かすことができるようになります。

また、女性への接し方がわかると、女性から好意的に見られることも多くなるでしょう。

年上彼女との付き合いは、男として自分が成長するきっかけになるのです。

プライベートに理解があるから付き合いやすい

年上彼女のメリットは、プライベートに理解があるから付き合いやすいことです。

年上彼女は、自分よりも社会的な経験が豊富ですよね。

そのため、相手の気持ちを考えることが自然とできるようになっています。

仕事や勉強など、恋人がいても自分の時間は必要であることがわかっているのです。

また、趣味に対しても理解が深いでしょう。

「仕事が忙しい」

「試験勉強をしなくてはいけない」

そういった理由で会えない時間が多くなっても、文句を言いません

それどころか、「頑張ってね」「無理しないでね」など労わりの言葉をかけてくれるでしょう。

年上彼女とうまく付き合っていくには?年齢差別の対処法

年上彼女とうまく付き合っていくには?年齢差別の対処法

年上彼女はやめたほうがいいと言われていますが、対処法次第ではうまく付き合っていくことができます。

年齢差別に対処法をチェックして、年上彼女との付き合いを実現させていきましょう

1~4歳

10代や20代前半は、一つ上でも大きな年の差があるように思えますよね。

しかし年齢が上がるにつれて、1〜4歳程度の年の差は無いに等しいものとして考えられるようになります

同年代に分類されるため、流行りや文化なども一緒なことが多いです。

そのため年の差にありがちな、価値観のズレも少ないことが特徴です。

年上彼女が1〜4歳差の場合は、同い年の相手として振る舞っても問題ありません。

先輩であっても、同級生のように付き合うことが年上彼女とうまく付き合っていくポイントになります。

5~10歳

5〜10歳の年の差があると、ちょっぴりジェネレーションギャップを感じることがあるかもしれません。

ただ、当時自分が何歳だったかの違いだけで、流行っていたものをお互いが知っていることも多く、話題を合わせることはできるでしょう。

また、社会人であれば5〜10歳差のカップルは珍しくなくなります

特に現代は、夫婦であっても5歳〜10歳離れた年上女房も多くなってきました。

世間の目を気にしないことが、二人がうまく付き合っていくポイントです。

また、5〜10歳の差があると、それなりに精神面にも収入面にも格差が出てきます。

ただ、40代など年齢がある程度上にいくと、その格差もほぼ無くなってくるでしょう。

気になっているのは今だけだと思えば、付き合い方も変わってくるはずです。

10~20歳以上

10歳や20歳以上の年の差がある場合は、二人のジェネレーションギャップを楽しむことがうまく付き合っていくポイントになります。

大きく離れた年齢差があると、周りからも恋人として見られなくなることがあるかもしれません。

しかし、本人たちが納得して付き合いをしているなら、誰も文句は言えませんよね。

自分達は他の平凡なカップルと違って特別な関係なのだと、思いきって上に見るようにしてみてください。

中途半端な年の差があるよりも、振り切ってしまえる程の年の差があったほうが、付き合いはうまくいくことも多いです。

年上彼女が合わない人の特徴

年上彼女が合わない人の特徴

年上彼女はやめたほうがいいと思うのは、その人が年上彼女との付き合いが合わない人だったからかもしれません。

ここからは、年上彼女と合わない人の特徴を解説していきます。

対等な関係で彼女と付き合いたい人

対等な関係を彼女に求めている人は、年上彼女とは合わないかもしれません。

なぜなら、彼女が年上であることはどうしようもない事実だからです。

年上であれば、当然すべての経験が自分よりも上になります。

そうなると、対等な関係を持つのは難しくなってしまうのです。

「対等でいたい」というこだわりを捨て、自分が下だという事実を受け入れられないと、年上彼女との付き合いはうまくいかないでしょう。

結婚をまだ考えていない人

現時点で結婚を全く考えていない人も、年上彼女との付き合いは難しいでしょう。

年上彼女が結婚について何も言ってこなかったとしても、ほとんどの年上彼女は結婚のことを考えています

相手がプレッシャーを感じて二人の関係がうまくいかなくなることを危惧して、言いたくても言えないだけなのです。

付き合いが長くなるほど、口にしなくとも年上彼女は彼氏に結婚を期待するようになるため、トラブルの原因になりやすいでしょう。

年上彼女がおすすめな人の特徴

年上彼女がおすすめな人の特徴

年上彼女との付き合いがうまくいく人は、どんな特徴があるでしょうか

心当たりがあれば、年上彼女とも自信を持って付き合っていけるはずです。

女性にリードされたい人

年上彼女は、自分がリードすることを嫌だと思いません

もちろん、相手にリードしてほしいと思うこともありますが、時と場合によることがほとんどで、柔軟性に富んでいます。

そのため女性にリードされたい思いがある人であれば、年上彼女とうまく付き合っていくことができるでしょう。

基本は彼女にリードを任せて、たまに自分も頑張ってみる…それくらいのスタンスでも、年上彼女は許してくれますよ。

素直に甘えられる人

素直に甘えられる人は、年上彼女との付き合いに向いているでしょう。

年上彼女は、甘えてくる男性を可愛いと思う傾向があるため、快く受け入れてくれます。

好きな女性や年上の女性だからこそかっこ良く思われたくて、弱い部分を見せることに抵抗があるかもしれません。

しかし、頑張ってしまう人は年上彼女との付き合いに疲れが出てきます。

思いきって甘えてみることが、二人の関係がうまくいくポイントになるため、意識してみましょう。

「年上彼女やめたほうがいい」は偏見!

「年上彼女やめたほうがいい」は偏見!

年上彼女はやめたほうがいいと言われていますが、それは偏見かもしれません

年齢が上がれば、周りから年の差を特異な目で見られるようなことはなくなります。

また、二人の関係がうまくいかなくなったのは、年の差が問題ではなく、性格のズレがあったからかもしれないからです。

実際、うまくいっている年の差カップルは多いですよね。

もちろんうまくいかない例もありますが、相手が年上というだけで恋心を諦めてしまうのはもったいないでしょう。

  1. (20歳~39歳独身男女)恋愛における「年の差」に関する意識調査

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

恋愛(684)
Lani

コメント