当サイトには広告が含まれます。

毎日のLINEを突然やめるとどうなるの?得られる効果や男女別の心理を解説!

性別関係なく好きな人ができると相手とは時間が許す限り、コミュニケーションを取りたいと思うため、好きな人とは毎日LINEをしたいと思うもの。

特に社会人となれば学生のように時間を自由に使えないこともあり、会えないからこそLINEでのつながりを大切に感じている人も多いのではないでしょうか。

ですが、毎日のようにLINEをしていても関係がなかなか進展しないと「意味あるのかな……」と、不安を感じてしまう人も多いはず。

恋愛ではタイミングと駆け引きでうまく進展することもあるため、毎日のLINEをやめてみようと考える人もいるでしょう。

今回はそんな、毎日のLINEを突然やめると得られる効果や心理について解説します。

毎日のLINEを突然やめると起こる3つ効果

好きな人はもちろんカップルという関係であったとしても、毎日続けているLINEを突然やめてしまうと「どうしたのかな」と、相手に不安や心配を与えてしまうもの。

互いに好きという想いがなければ特別なにかを感じることはありませんが、相手がカップルや好きな人ということもあり、LINEをやめたことで「もうLINEが来なくなったらどうしよう……」と、悩んでしまうもの。

ですが、突然LINEをやめることで自分の想いに改めて気づくことができ、相手からLINEをもらうこともできるでしょう。

まずは、毎日のLINEを突然やめると起こる効果をご紹介します。

お互いに相手への想いを再確認する

毎日続けていたLINEをやめることは相手との距離を取ることを意味するため、互いに相手への想いを再確認できます。

LINEを続けることが当たり前になると、相手があなたに向き合ってくれていることも当たり前に感じ、あなた自身も相手がいて当然と思ってしまうもの。

ですが、LINEをやめることで自分の気持ちに時間ができるため、互いに存在の大きさに気づくでしょう。

すでに付き合っているカップルの関係であれば離れていた時間、さまざまな想いを抱いては「もっと大切にしなければ……!」と、今までの言動を振り返るきっかけになります。

まだ付き合うまでに至っていなくてもLINEが途切れたことがきっかけとなり、離れて自分の想いが明確になって告白されることもあるかもしれません。

寂しさや不安などネガティブな気持ちを与える

LINEを続けていた期間にもよりますが特に女性は依存してしまう人が多いため、突然LINEをやめてしまうと「なにかあったのかな」「嫌いなったのかな」と、ネガティブな想いを抱いてしまいます。

性別や性格によってLINEの捉え方は異なるため、必ずしもといった断言はできません。

ですが、突然にもLINEの返信をやめてしまうと寂しさや心配はもちろん、

  • 「なにか失言をしたのかもしれない」
  • 「嫌われちゃったのかな」
  • 「ほかに好きな人ができたのかも……」

といったネガティブな想いを与えてしまうでしょう。

カップルや付き合っていないことは関係なく、スムーズにやりとりをしていたならLINEをやめてしまうと相手に誤解を与えてしまい、関係が悪化することにもなりかねません。

2人の関係性が大きく変化することもある

毎日続けていたLINEをやめることでつながりが切れてしまうため、2人の関係性が大きく変化してしまうこともあります。

カップルであれば相手の素直な想いを引き出したり、相手からLINEをくれるきっかけになるでしょう。

ですが、まだ付き合う前の段階の場合は「返事が来ないならいいや」というように気にしない人も多いため、駆け引きでLINEをやめたことで関係が終わることもあります。

このように良い意味でも悪い意味でも変化してしまうため、突然LINEをやめることに対して、相手の性格やタイミングをしっかりと考える必要があるでしょう。

毎日LINEを突然やめる効果が逆効果になることもある!?

上記ですこし触れてしまいましたが、相手の価値観や考え方・性格によっては、もちろん逆効果になることもあります。

たとえば受け身な性格をしていると自分からLINEを送ることはないため、互いに受け身タイプの人だと気にしつつも「返事が来ないなら……」と、諦めては2人のつながりは終わってしまうもの。

そのため、毎日のLINEを突然やめることで良い効果が得られるとは、断言できないでしょう。

また、相手が寂しがりやな性格の場合、寂しい感情で支配されるとそのあとは気持ちが冷めてしまう傾向にあるため、突然LINEをやめてしまうことは逆効果となってしまいます。

毎日のLINEを突然やめたときの男性の心理

男性の多くはLINEをコミュニケーションのひとつとして捉えていなくても、毎日続けていることで好きな女性や彼女とのLINEは楽しんでいるもの。

ですが、そんな男性であっても突然LINEが途切れてしまうと、気になってなにも手が付かなくなる人も少なくありません。

ここでは、毎日のLINEを突然やめたときの男性の心理を付き合っている場合・付き合っていない場合に分けて解説します。

付き合ってる彼氏の場合【心配と不安で落ち着かない】

付き合いの期間が長期間であったり2人の関係の状態によって異なるものの、毎日のLINEが当たり前になっている場合にやめてしまうと当然驚いてしまうでしょう。

女性よりも男性の方が付き合う直前にはすでに家族のような、近くて親しい気持ちを抱いてとても大切に想っている存在ゆえに「どうしたのかな」「なにかあったのかな」と、気になってしまうもの。

そのため、すこしでもLINEが途切れてしまうと彼女を想って不安になりますが、彼女の気持ちが離れたのかもしれないという不安もあります。

仲良く付き合っていたものの、突然LINEが途切れてしまったことで「自分だけがうまくいってると感じていたのかな」と思い込んでしまっているのです。

ゆえに彼女の気持ちはすでにないとネガティブな想像をしてしまっては、不安を引き寄せてしまっているのです。

毎日来ていたLINEが来なくなってしまうと当たり前になっていたこともあり、どうしてもネガティブな感情に結びつけては自己解釈してしまうのでしょう。

付き合ってない男性の場合【喪失感と疑問で追いかけたくなる】

男性がどのくらいの想いを抱いていたのかで変わってしまいますが、本気で好きな想いを抱いていた場合、突然LINEが途切れたことで拒絶されたと思い込んでは、落ち込んでしまうでしょう。

LINEが続いていたときにはメッセージのやりとりに満たされ、満足していた部分があったため、自分の気持ちに向き合えてなかった男性も多いはず。

ですが、突然にもLINEが来なくなったことがきっかけとなり、女性に対して寂しさを感じたことで「本当は好きだったのかもしれない……!」と、好意を自覚することも少なくありません。

そのため、連絡のやりとりが当たり前になってしまって2人の関係がなかなか進展しない場合は、一度LINEをやめることはいいきっかけにもなるでしょう。

また、単純にLINEがなくなったことを疑問に感じるものの、心変わりや遊ばれていたと思う男性もいます。

特に真面目な男性にはありがちですが「なにも言わずに終わらせるのは……」と解釈してネガティブに受け止めてしまうため、気持ちが冷めて関わりたくないと思ってしまうのです。

毎日のLINEを突然やめたときの女性の心理

男性とは異なってLINEをただの連絡ツールとは思っておらず、相手とつながりのひとつとして捉えているため、LINEが途切れてしまうと深く落ち込んでしまう女性が多いもの。

特に女性は男性がくれるLINEの頻度イコール愛情表現と思っている傾向があり、相手とどのような関係であってもネガティブな考えをしてしまうのです。

次に毎日のLINEを突然やめたときの女性の心理を付き合っている場合・付き合っていない場合に分けて解説します。

付き合ってる彼女の場合【寂しさと不安と疑心暗鬼になる】

女性はLINEを愛情表現のひとつと捉えていることもあり、付き合っている彼女へのLINEをやめてしまうと「ほかに好きな人ができたのかな」「嫌いになったのかな」など、どうしてもネガティブに受け取ってしまうことがあります。

大好きな彼氏だからこそもちろん心配はするものの、時間が経つにつれ寂しい気持ちに負けて落ち込んでしまうもの。

女性はLINEのやりとりを好む人が多く、なかなか会えないからこそ2人のつながりを大切にしています。

そのため、突然にもLINEが来なくなってしまうと男性以上に寂しさを感じて「嫌われたんだ……」と、ひどく落ち込んでしまうのです。

また、付き合っているカップルの間でLINEがなくなることは、愛情がなくなったことを判断してしまうため、彼氏の周りにいる女性を怪しんで浮気を疑い始めます。

男性の中にはLINEの回数を減らしたいと思っている人も多いため、想いがなければLINEを毎日することはないでしょう。

ゆえにLINEが途切れてしまうことで「きっと冷めたんだ」というように彼氏の気持ちを捉えてしまい、信じたいけれど疑ってしまうのです。

付き合ってない女性の場合【すべてネガティブにつなげてしまう】

カップルとは違い付き合ってなければ2人のつながりも不安定なこともあり、LINEが途切れてしまうと脈がないと思い込んでしまうでしょう。

そのため、どれほどの期間LINEが続いていたとしても「無理に付き合ってくれていたんだ……」と、どうしてもネガティブに考えてしまうもの。

特に女性の方が強く好意を抱いて毎日のLINEをポジティブに捉えていた場合、突然LINEが来なくなると深く落ち込んでしまうため、自分からLINEをすることはないでしょう。

また、女性の中には「なにか失言をしてしまったのでは……」と、今までのやりとりを振り返ってLINEが来なくなった原因を見つけようとする人もいます。

相手の男性とのつながりに関係なく、女性はLINEが来なくなることに対してネガティブに受け取ってしまうもの。

ゆえに男性の状況を考えつつも最終的には自分がなにかしたのではないかと、責めてしまうのです。

毎日のLINEを突然やめるときの注意点とリスク

好きなときに会えるわけではないからこそつながりを求めてやりとりを始めるものの、その期間が長くなってしまうとどうしても義務のように感じてしまうもの。

だからといい、突然LINEをやめてしまうと多くの場合、相手との関係の悪化につながることも少なくありません。

特に2人の関係がうまくいっているときであったり、毎日のLINEをしていてもまだそれほど関係が築けていない場合は、逆にリスクが大きくなってしまうため注意が必要になります。

そのため、毎日LINEを続けることが負担に感じているのであれば、1日にやりとりをする回数を減らすなど工夫をして、既読スルーや未読無視には気をつけましょう。

毎日のLINEを突然やめることに不安なら専門家に相談がおすすめ!

SONY DSC

毎日のLINEを突然やめてしまうと「どうなってしまうのかな」といって不安に感じてしまったり、反対にLINEが来なくなった理由がわからずにネガティブな想いを抱えている人もいるはず。

そのようなときにはひとりで抱え込んでしまわずに、専門家の先生に相談してみましょう。

エキサイト電話占いのリーア占い師は恋愛全般の鑑定を得意としているため、どのようなことを不安に感じていてもあなたに寄り添ったアドバイスをくれるはず。

そのため、相手とのLINEで感じていることがあるならばネガティブな想いに支配されてしまう前に、ぜひリーア占い師に頼ってみることです。

まとめ

カップルであっても付き合っていなくても突然LINEをやめてしまうことは、相手を不安にさせてしまったり傷つけてしまう場合もあります。

そのため、毎日のLINEをやめる際にはタイミングや2人の関係性が重要になるものですが、相手の性格によっては抱いている想いを再確認するきっかけにもなるため、必ずしも悪いことが起きるとは断言できません。

ですが、毎日のLINEをやめることで良い悪いどちらにも関係が変化するため、相手との関係性を変えたいときにはしっかりと考えて一時的にやめてみることも良いのかもしれません。

柳瀬 蓮
執筆者

元キャバ嬢ライター。脚本やエッセイ・コラムなど、主にアニメ・恋愛・美容・占い・心理学・スピリチュアルについてさまざまなメディアで執筆中。夜職を約10年以上の経験していたことで、ナイトワークについての執筆も得意としています。1人でも多くの人のためになるような記事を届けられることを心がけています。

柳瀬 蓮をフォローする
未分類(40)
Lani

コメント