PR

恩を仇で返す女の特徴・心理とは?

人に何かをしてもらったときに、感謝の気持ちを示したり恩返しをしたりせず、逆に相手を害するようなことをする人がいます。
そんな恩を仇で返す女の特徴・心理や対処法、恩を仇で返す人にならないために気をつけることについて解説します。

恩を仇で返す女の特徴・心理

まずは、恩を仇で返す女の特徴・心理を見ていきましょう。

自己中心的

恩を仇で返す人は自己中心的な人が多いでしょう。
自分を中心に物事を考えているため、周りの人の事情や気持ちなどには意識が向いていません。

また、何かをしてもらって当たり前だと思っているところもあるため、感謝の気持ちが薄いともいえます。
「ありがとう」と言っていても心がこもっていなかったり、気に入らないことがあったら相手を害するようなことをしたりする可能性があります。

プライドが高い

プライドが高いことも考えられます。

プライドが高い人の中には、何かをしてもらったときにお礼を言えない人もいます。人に何かをしてもらうこと自体が許せなかったり、お礼を言ったら負けだと思っていたりするのです。

相手を見下している

相手を見下しているため、恩を仇で返すというケースもあるでしょう。
自分よりも下だと思っている人から助けられたり、何かをしてもらったりすることでプライドが傷つけられるのです。
プライドが傷つけられたと感じると、恩返しなどせず、恩を仇で可能性が高いでしょう。

また、自分より下なのだから「やってくれて当たり前」と思っている場合もあります。やってもらって当然だと思っているため、お礼すら言わない可能性もあります。 

責任感がない

責任感がない人は、何か問題が起きたときに人のせいにしがちです。自分に原因があると思うことはなく、周囲の人に責任を押し付けます。

そのような人に親切にしても恩返しなどなく、むしろ見下されてしまう可能性すらあります。そして、何か問題が起こったときに責任を押し付けられることもあるかもしれません。
責任感がない人は自分を守ることを第一に考えるため、恩を仇で返される可能性が高いでしょう。

面倒くさがり

面倒くさがりの人も恩を仇で返すことがあります。
人に親切にしてもらっても感謝の気持ちを示したり、恩返しをしたりすることが面倒だと考えてしまうのです。

多くの人は、人に何かをしてもらったら恩を返そうと思うものですが、面倒くさがりの人は何をするにしても「面倒くさい」という気持ちの方が勝ってしまうのです。

また、人間関係自体が面倒くさいと思っている人もいるでしょう。人と深く関わることを避けるため、信頼関係を構築しようという気持ちがない可能性もあります。

人を信用できない

恩を仇で返す人の特徴として、人を信用できないということも考えられます。
人を信じられないため、人から親切にされたり気遣いをしてもらったりしても、何か裏があるのではないかと疑ってしまうのです。
また、アドバイスをもらった際も「本当にそれを信じて大丈夫なのか?」と過度に不安になることもあります。

疑うことがベースにあるため、感謝の気持ちも薄いでしょう。また、その人のアドバイス通りにやってみてうまくいかなかった場合、攻撃的になる可能性もあります。

人を利用することに抵抗がない

人を利用することに抵抗がない人も、恩を仇で可能性が高いでしょう。
困ったときだけ助けてもらい、自分が助かったらそれで良いと思っているのです。

そして、人を利用しても心が痛まないため、恩を仇で返している自覚すらない可能性があります。
普段は関わりがないのに、困ったときにだけ連絡をしてくるような人には注意が必要です。

人の優しさに気づけない

自分のことばかりで、人の優しさに気づけない人は恩を仇で可能性が高いです。
人に何かをしてもらっても、そもそも優しさに気づけていないため恩返しなどできないのです。
そのような人には親切心や気遣いが伝わっていないため、悪気なく恩を仇で返されてしまうこともあるでしょう。

他人を認めたくない

他人の優しさや良いところを認めたくないという人も、恩を仇で可能性が高いでしょう。
自分の評価ばかりを気にしているため、他人の評価が上がるようなことは受け入れられないのです。
このような人は、自分が成功するために他人をうまく利用することもあります。

甘えん坊

何か問題が起きたときに、自分で考えて解決しようとせず、他人に任せっきりにするような甘えん坊の人も恩を仇で可能性があります。

甘えるのが上手な人でも、甘える場面を見極めたり、ちゃんと恩返しをしたりする人もいます。しかし、責任感のない甘えん坊は「やってもらって当たり前」と思っているところがあります。そのため、恩返しをしようという考えには至らないのです。

末っ子気質

末っ子気質の人は、周りの人に甘えたり頼ったりすることが自然にできることが多く、中には「助けてもらって当たり前」と思っている人もいます。

甘え上手な末っ子気質の人は可愛がられることも多いですが、行き過ぎると恩返しをせず、結果的に恩を仇で返すことになる可能性もあります。

何でも一人でこなす

何でも一人でこなすタイプの人の中には、他人に何かをしてもらうことを嫌う人もいます。
干渉されるのが嫌で、放っておいてほしいと思っているのです。

そのようなタイプの人に干渉的になると感謝されるどころか、嫌われてしまうことすらあるでしょう。こちらは親切のつもりでも相手にとっては余計なことであるため、恩を仇で返されたように感じるかもしれません。

感謝の気持ちが薄い

日頃から感謝の気持ちが薄い人も、恩を仇で可能性が高いです。
感謝の気持ちが薄い人は、人にしてもらったことに目を向けられず、自分がやってあげたことにフォーカスしがちです。

また、いろいろなことを当たり前だと思っているため、「ありがたい」と思うこと自体が少ないのです。他人からのささいな気遣いなどには気づけないため、恩を仇で返されたと感じることもあるでしょう。

恩を仇で返す女の末路

恩を仇で返す人は、人間関係がうまくいかなくなることが多いでしょう。
感謝の気持ちや「ありがとう」という言葉は、人との関係を円滑にしてくれます。

しかし、それがなく、むしろ相手を害するようなことをする人は周囲の人から嫌われたり、信頼されなくなったりするでしょう。

子どもの頃や若いうちは許されることもあるかもしれませんが、年齢を重ねていくうちに気づいたら周りに誰もいないという結果になるでしょう。恩を仇で返し続けた結果、とても寂しい人生になるのです。

恩を仇で返す女への対処法

恩を仇で返す人が身近にいる場合、どのように接するのが良いのでしょうか?
こちらでは、恩を仇で返す女への対処法をご紹介します。

できるだけ関わらない

恩を仇で返す人とは、できるだけ関わらないようにするのが安全です。
関わると嫌な思いをしてストレスがたまる上、責任を押し付けられたり攻撃されたりしてトラブルに発展する可能性もあります。

会社や学校などで、どうしても関わらなければならない場合は適度な距離を保ち、深く関わらないようにするのが良いでしょう。

証拠を残す

恩を仇で返す人とやりとりをした際は、証拠を残すようにしておきましょう。

例えば、物を貸したのに返してくれないということもあるかもしれません。物を貸す際はメッセージアプリの文面で貸したことや、返してもらうことを約束した証拠を残しておきましょう。

その他の場面でも、証拠を残すことは有効だといえます。何かトラブルが起こった際にも、証拠を残しておくことで責任を押し付けられたり、こちらが不利になったりするような展開を避けることができます。第三者が見ても分かるような証拠を残しておきましょう。

見返りを求めない

恩を仇で返す人に対しては、見返りを求めないことを徹底しましょう。
「普通はお礼くらい言うよね」「普通はお返しするよね」という気持ちは捨てて関わることがポイントです。
恩を仇で返す人には、この「普通」が通用しません。

初めから何も期待しないことで、イライラしたりストレスがたまったりすることを避けられるでしょう。

何もしない

そもそも、そのような人には何もしないようにすることも1つの方法です。
「困っているのかな?」と思ったとしても、自分から助けず様子を見ましょう。
もし、助けを求めてきたら助けるかどうか検討しましょう。過去に恩を仇で返された経験があるのであれば、断る勇気も必要です。

恩を仇で返す人にならないために気をつけること

最後に、恩を仇で返す人にならないために気をつけることをご紹介します。

いつも感謝の気持ちを持つ

いつも、どんなときでも感謝の気持ちを持ち続けましょう。
当たり前に思えることを当たり前だと思わないことが大切です。感謝の気持ちが常にあると、人の優しさや気遣いに気づくことができます。

また、人に対してだけでなく、物や日常に対しても感謝の気持ちを持ちましょう。
今日も生きていること、おいしいご飯を食べられること、雨風をしのげる家があること……当たり前のことこそ特別なことです。そのようなことに感謝できるようになると、日常の小さなことにもありがたみを感じられ、感謝の気持ちであふれるようになります。

感謝の気持ちを伝える

「ありがとう」と思うだけでなく、感謝の気持ちは言葉や行動で相手に伝えましょう。
思っていても伝わっていなかったら意味がありません。
しっかりと伝わるよう、分かりやすい言葉や行動で伝える努力をすることが大切です。

責任感を持つ

時には人に頼ったり甘えたりすることも大切ですが、責任感は持ちましょう。
人のせいにしないこと、まずは自分でやってみることはとても大切なことです。

困ったときやトラブルが起きたときに、「誰かに助けてもらえばいいや」「自分は悪くない」と考えるのをやめ、「まずは自分でやってみて、無理だったら誰かに相談しよう」「自分にも原因はなかったか?」と考えてみることが大切です。過度に責任を感じたり、自分を責めたりする必要はありませんが、責任感を持つことで人への感謝の気持ちも生まれやすくなります。

気づく力を養う

いつも自分のことばかりを考え、自己中心的に生きていては周りの人の親切心や優しさに気づけないこともあるでしょう。
自分軸で生きることは大切ですが、いつも「自分が、自分が」となっていては、周りが見えていない人になってしまいます。
一歩引いて、物事を客観的に捉え、さまざまなことに気づく力を養うことも大切です。人の優しさに気づける人になりましょう。

おわりに

恩を仇で返す女の特徴・心理や対処法、恩を仇で返す人にならないために気をつけることをについて解説しました。

恩を仇で返す人は嫌われたり、信頼を失ったりする傾向にあります。恩を仇で返す人にならないよう、感謝の気持ちを忘れずに過ごしましょう。また、恩を仇で返す人と深く関わることは避け、自分を守ることも大切にしましょう。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

恋愛(682)
Lani

コメント