PR

ブロックしてと頼む心理とは?未練がある?

「ブロックして」と頼まれたら、どういう心理で言っているのか、どうするのが正解なのか、悩みますよね。
こちらの記事では、ブロックしてと頼む心理や対処法をご紹介します。

ブロックしてと頼む心理とは?

まず、ブロックしてと頼む心理として考えられるものを見ていきましょう。

自分のことを忘れてほしい

ブロックしてと頼む心理として、自分のことを忘れてほしいというものが考えられます。

「まだつながっている」「連絡を取ろうと思えば取れる」と思っていると、忘れられないですよね。ブロックすると連絡を取り合うことはできなくなるため、忘れてもらえるのではないかと思っているのでしょう。

自分でブロックすることができない

「ブロックしてと頼んでくるくらいなら、自分でブロックすればいいのに」と思う方がほとんどなのではないでしょうか?
ブロックしてと頼む人は自分でブロックすることができないため、あなたに頼むのです。

別れ方にもよりますが、親しい関係にあった人をブロックするのには勇気がいるでしょう。また、ブロックは解除できるものの、一度相手にブロックしたことを気づかれてしまうと関係性の修復が不可能になることも考えられます。

ブロックして気持ちを切り替えたいけど、さまざまなことを考えると自分ではできないという結論に至るのです。自分勝手のようにも思えますが、そのような人もいるのです。

物理的に距離を置きたい

ブロックをしてもらうことで物理的に距離を置きたいと思っていることも考えられます。ネット社会の現代では、「ブロック=距離を置ける・縁が切れるもの」と考えている人もいるのでしょう。

SNSやLINEでつながっている状態では、またいつでも連絡を取り合ったり、近況を知れたりします。そのため、会わなくても相手が近くにいるような気持ちになってしまうでしょう。
ブロックをすれば、連絡を取り合うことも、お互いの近況を知ることもなくなるため、物理的に距離を置けると思っているのです。

自分を守ろうとしている

自分からブロックしないことで、自分の心を守ろうとしていることも考えられます。

親しい関係にあった相手をブロックするのは心が痛んだり、ストレスになったりします。また、自分からブロックしたという責任のようなものも発生するでしょう。そのような責任やストレスから自分を守るために、あなたにブロックしてと頼んでいるのだと考えられます。

あなたの本心を知りたい

ブロックしてと頼むことで、あなたがどう反応するのかを見て本心を知りたいと考えているケースもあるでしょう。
この場合は、あなたに未練がある可能性もあります。また、今後どのように関わっていくのかを探っていることも考えられます。

気持ちを切り替えたい

ブロックしてと頼むことで、気持ちを切り替えたいと思っていることも考えられます。

自分からブロックすると、いつでもブロック解除できるため、気持ちが揺らいだときに連絡してしまうのではないかという不安があるのです。また、もしかしたらあなたから連絡がくるかもと期待してしまうのも嫌なのでしょう。
あなたにブロックしてもらうことで、その道を断ち、気持ちを切り替えられると考えているのでしょう。

もう関わらないという意思を伝えている

ブロックしてと頼み、あなたにブロックさせることで「もう関わらない」という意思を伝えてきていることも考えられます。
自分からブロックした場合、あなたが何らかのアクションを起こさない限り、ブロックされていることには気づかないでしょう。
しかし、あなたにブロックをしてもらうことで「自分たちはもう関わらないし、関われない」という意思を伝えることができます。

ブロックしてと頼む人は未練がある?

ブロックしてと頼む人は未練があるのでしょうか?

その答えは、「中には未練がある人もいる」といえます。

ブロックしてと頼むことで、あなたの反応を試したり、話す機会を作ろうとしたりしている場合は未練がある可能性があります。その場合は、「ブロックはしたくない」「何でそんなこと言うの?」と言ってもらえることを心のどこかで期待しているのです。

しかし、本当に関係を断ち、気持ちを切り替えたいと思っている場合もあります。
こればかりは相手と話し、確認しなければ分からないものです。
もし、あなたも未練があって関係を修復したいのであれば、ブロックしてと頼む理由を聞き、話し合うことが大切です。

ブロックしてと頼まれたときの対処法

ブロックしてと頼まれたとき、どのように対処するのが良いのでしょうか?
二人の関係性やあなたの気持ちにもよりますが、ブロックしてと頼まれたときの対処法をいくつかご紹介します。

理由を聞いてみる

ブロックしてと頼まれたら、まず「何で?」と疑問に思う方が多いと思います。
疑問を持ち続けたまま過ごしたり、実際にブロックしてしまったりしてはモヤモヤとした気持ちが残るでしょう。

そのため、素直に「どうして?」と理由を聞いてみるのが良いでしょう。
「気持ちを切り替えたい」「本当はまだ未練がある」など、本音を話してくれるかもしれません。また、理由を聞いた方があなたも納得した上でブロックするかどうかを判断できます。

慎重に考える

理由を聞いた上で、本当にブロックするかどうかを慎重に考えましょう。
もちろん、ブロックは解除することもできますが、一度でもブロックをすると関係が本当に終わってしまう可能性もあります。

もし、あなたにまだ未練があったり、友人として関わっていきたいという気持ちがあったりするのであれば、無理してブロックする必要はないでしょう。

また、相手も強がっていて本音を言えず、本当は関係を修復したいと思っている可能性もあります。その可能性を閉ざすのかどうか、慎重に考えましょう。

相手の意見に従うのではなく、あなたが後悔しないか、本当に納得した上でブロックするのか、という点を考えることが大切です。

「分かった」と返事をする

相手の本音が見えないときは、「分かった」と返事をしてみるのも1つの方法です。

顔が見えたり声を聞ける状況であれば、「分かった」と言ったときの反応で相手の本音が見えるかもしれません。もし、相手が寂しそうだったのであれば、強がっているだけで本当はブロックしてほしいなんて思っていない可能性があります。

「ブロックして」という要求を承諾するのには勇気がいりますが、本音を知るための1つの方法として検討してみてください。

放置する

答えを出せないときや、本当はブロックしたくないときは、いったん放置しておくのが良いでしょう。
無理にブロックする必要はありません。時間と距離を置く中で答えが出ることもあります。

また、相手が強がりでブロックしてと頼んできていただけで、本当はブロックしてほしくなかったのであれば、連絡がくる可能性もあります。時間が解決してくれることもあるため、放置するという選択肢も考えてみてください。

いったんブロックしてみる

いったんブロックしてみて、その後のことはまた考えるという方法も良いでしょう。

一度ブロックしても解除できるため、もしブロックしたままの状況は嫌だと思うのであれば、しばらく経過して解除するのも1つの方法です。

もし相手もあなたに未練があるとした場合、解除されていることに気づいたら連絡がくる可能性もあります。

ブロックしてと頼まれたけど復縁したいとき

ブロックしてと頼まれたけど、復縁したいと思っている方もいるのではないでしょうか?
最後に、ブロックしてと頼まれたけど復縁を希望しているときの考え方や対処法をご紹介します。

関係を修復するチャンスの可能性もある

ブロックしてと頼まれた場合、場合によっては関係を修復するチャンスの可能性もあります。

相手があなたの気持ちを試すために頼んできた場合や、本当はブロックしてほしくないのに強がりで頼んできた場合、関係を修復できる可能性は残されているといえます。

ブロックしてと頼まれたら、まずは理由を聞き、本音で話し合う機会を作りましょう。そうすることでお互いの気持ちを腹を割って話すことができます。
もし、未練があるのであれば、これが最後のチャンスだと思って自分の気持ちを伝えましょう。

結果がどうなっても、後悔しない選択をすることが大切です。

今すぐに答えを出さなくてもいい

ブロックしてと頼まれても、相手の言うことに必ずしも従う必要はありません。
本当にブロックするかどうかは、最終的にはあなたが決めることです。

上述したように、放置して時間を置くのも1つの方法です。白黒つけず、グレーを選択することもできます。
もし、「今すぐに答えを出せない」「今決めたら後悔しそうだ」と思う場合は、いったんこの問題から離れましょう。

流れに身を委ねる

放置しても、ブロックしてもしなくても、流れに身を委ねることが大切です。

いったんブロックしても解除できます。解除したくなったら解除すれば良いですし、放置したりブロックせずにいたりしていたら相手から連絡がきた、なんてこともあるかもしれません。

未来のことは分かりません。考えても答えが出ないこともあります。自分の気持ちを伝え、納得いくまで話し合ったのであれば、後は流れに身を委ねることも大切です。

あなたも相手も気持ちは変化していく

あなたも相手も、気持ちは変化していくものです。

あなたも今は未練があって、相手のことで頭がいっぱいでも、時間がたてば気持ちが薄れていくかもしれません。反対に「やっぱり忘れられない」と、気持ちが強くなっていくこともあるかもしれません。

相手も、今はブロックしてと頼んできていたとしても、時間がたったら「何であんなことを言ってしまったのだろう」と後悔するかもしれません。あなたへの気持ちが薄れるかもしれませんし、本当は未練があって「また連絡してみようかな」と思うかもしれません。

気持ちは変化していくものだと考えると、「今、ブロックすべきかどうか」という答えが見えてくるかもしれません。

あなたは、本当はどうしたいですか?

おわりに

ブロックしてと頼む心理や対処法をご紹介しました。

ブロックしてと頼む心理には、距離を置いて気持ちを切り替えたいという場合もあれば、本当は未練があるのに強がっているという場合もあることが分かりました。最終的に、本当にブロックするかどうかを決めるのはあなたです。後悔しないよう、慎重に考えましょう。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

恋愛(711)
Lani

コメント