PR

生理中の彼女がうざい…どうすればいい?

彼女が生理のとき、イライラしていたり、情緒が不安定になっていたり……。いつもと違う彼女の言動に戸惑う人や「正直うざい」と感じてしまう人もいるでしょう。生理中のつらさは男性には理解するのが難しいものだと思います。

こちらの記事では、生理中の彼女にできることや言われたらうれしい言葉・うざい言葉などをご紹介します。
生理中の彼女への対応に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

生理中の彼女にあなたができること

まずは、生理中の彼女にあなたができることをご紹介します。
生理による症状の重さには個人差があるため、彼女の具合に合わせて対応しましょう。

体調を気遣ってあげる

生理中の症状には個人差があります。生理痛など、体の痛みとしての症状が重い人もいれば、気分の落ち込みやイライラなどメンタルへの影響が大きい人もいます。どちらの症状もある人もいて、その重さも人それぞれです。

そういった体調の変化をがまんしながら、働いたり家事をしたりしている女性も多いです。そのため、生理中の彼女の体調を気遣うところから始めましょう。

ナプキンや薬、食料などを買ってきてくれる

急に生理になったとき、ナプキンや痛み止めが足りなかったり、食料などの必要なものを買いに行く元気がなくなったりすることもあります。また、生理の影響で動けなくなるほど、腰やおなかが痛くなる人もいます。
そのようなときに、必要なものを代わりに買ってきてもらえると助かります。

家事を代わりにする

同棲中であれば、生理中は家事の担当を代わってあげるのが良いでしょう。
生理痛に苦しんだり、気分が落ち込んだりしているときに、いつも通りにテキパキと家事や仕事をこなすのは難しいことです。
家事を手伝ったり、代わりにやってあげたりすると助かるでしょう。

腰やおなかを温めてあげる

生理中は腰やおなかが痛くなったり、血流が悪くなり冷えやすくなったりすることがあります。
そのようなときに、腰やおなかをさすってくれたり、湯たんぽなどの温かいものを用意してくれたりすると助かるでしょう。
安心感も生まれ、リラックスできるかもしれません。

温かい飲み物を用意してあげる

生理中はおなかが痛くなったり、血流が悪くなり体が冷えやすくなったりします。
そのため、冷たい飲み物よりも体全体が温まるようなホットドリンクを飲むのが良いといわれています。また、体が冷える原因となるカフェインが入っていない飲み物が理想的です。
ココアやハーブティー、ノンカフェインのお茶など、温かい飲み物を用意してあげましょう。

ゆっくり過ごせるデートをする

生理中のデートは、外でアクティブに活動するものよりも、おうちでゆっくりしたり、近場でのんびりできるようなものが良いでしょう。
体調が優れない人もいれば、経血の量が多く、ナプキンの漏れが不安な人もいます。

普段はアクティブに動くのが好きな人でも、生理中は思うように動けなくなる人もいるのです。
そのため、彼女の体調や状況に合わせ、デートプランを工夫するのが良いといえます。

デート中は歩くスピードを合わせてくれる

生理中のデートで外出する場合は、歩くスピードをいつも以上に彼女に合わせてあげるのが良いといえます。

生理中、動けなくなるほどの腹痛とまではいかなくとも、おなか付近に違和感を覚えたり、やんわりとおなかが痛くなったりする人もいます。いつものスピードで歩けなくなる人もいるため、歩くスピードを調整しましょう。

生理中は適度な距離を保つ

彼女の生理痛やPMSがあまりにも重いのであれば、その期間はデートを控えるなど、適度な距離を保つのも良いでしょう。
一人でゆっくりと過ごしたいという女性もいるため、彼女と話し合って決めるのが良いといえます。

生理中に言われたらうれしい言葉

次に、生理中に言われたらうれしい言葉をご紹介します。

「何か必要なものはある?」

何か必要なものはないか、買ってきてほしいものはないかを聞いてくれるとうれしいでしょう。

実際に買いに行けないほどつらい場合は助かります。また、買い物に行く元気がある場合でも、その気遣いの言葉がうれしいと感じる女性は多いです。

「俺がやるからゆっくりしてて」

家事などを代わりにやってくれるのも助かります。
また、「ゆっくりしてて」と体調を労わってくれる言葉もうれしいです。

「何か俺にできることない?」

自分にできることはないか、考えてくれている姿勢がうれしいと感じるでしょう。
また、「何かできることない?」と聞いてくれることで、お願いしやすくなります。

「本当につらかったら言ってね」

デート中などに、体調を気遣ってもらえるのもうれしいです。

彼氏に心配をかけないよう、平気そうに振る舞っている人もいます。そんなときに、「本当につらかったら言ってね」と言われると安心するでしょう。

「体調の方が大事だよ」

生理痛などでデートに行けなくなったり、プランを変更したりすることになった場合、楽しみにしていた分、残念な気持ちになることもあると思います。

彼女も自分のせいで申し訳ないと落ち込むでしょう。そんなときに「彼女の体調の方が大事」と言ってもらえると、彼氏の優しさを感じ、安心できます。

「終わったらここに行こう」

生理が終わり、元気な時期になったらここに行こうと提案してくれるのもうれしいです。
体調を気遣ってくれているだけでなく、未来の楽しいデートを計画してくれていることが伝わってくるのもうれしいポイントです。

「ちょっと座って休憩しよっか」

デート中、こまめに休憩を入れてくれるのもありがたいです。
トイレに行きやすい雰囲気や足腰を休められる時間を作ってもらえると大変助かるでしょう。

生理中にされたら嫌なこと

生理中にされたら嫌なことも存在します。このような言動には気をつけましょう。

生理のつらさを疑うような発言をする

「本当に動けないほど痛いの?」「生理痛でしょ?」などと、生理のつらさを疑ったり、生理痛を軽視するような発言をしたりするのはやめましょう。

その人のつらさや痛みは、その人にしか分からないものです。PMSや生理痛のつらさが男性には理解しづらいものだからこそ、寄り添う姿勢を見せることが大切だといえます。

スキンシップを求めてくる

生理中、無理にスキンシップを求めるのもやめましょう。
彼女も、いつも通り接したくても、どうしても気分が乗らなかったり生理痛でそれどころではなかったりするのです。

無理にテンションを上げようとしてくる

生理でいつもより元気のない彼女を元気づけようと、無理にテンションを上げようとしたり、励まそうとしたりするのもやめた方が良いでしょう。

生理が重い日は特に、どうしても気分が上がらなかったり、いつも通り明るく接したりすることが難しい日もあります。無理に元気付けようとせず、彼女に寄り添いましょう。

嫌な顔をする

生理痛で予定通りのデートができなかったり、元気がなかったりしたときに、あからさまに嫌な顔をするのはやめましょう。
彼女もそうしたくてしているわけではありません。薬を飲んでも、痛みや感情の起伏を完全にコントロールするのは難しいのです。
あなたが嫌な顔をすることで、彼女はもっと申し訳ない気持ちになり、自分を責めてしまうかもしれません。

他の女性と遊びに行く

生理中の彼女といても楽しくないからといって、他の女性と遊びに行くのはやめましょう。
ただでさえつらい生理が、もっとつらいものになってしまいます。

生理中に言われたらうざい言葉

最後に、生理中に言われたらうざい言葉をご紹介します。

「ネガティブなことは言わないほうが良い」

生理中は気分が落ち込み、無気力になったり、うつっぽくなったりする人もいます。
普段ポジティブな人でも、女性ホルモンの変化の影響でネガティブになることがあるのです。

そのため、仕事や人間関係の口が増えてしまうこともあるでしょう。
そんなときに、「ネガティブなことは言わない方が良い」「ぐちぐち言わない方が良い」などと言われたら、さらに落ち込んでしまう可能性があります。

彼女もネガティブになりたくてなっているわけではありません。気持ちをコントロールするのが難しいのです。そのため、うまく聞き流したり、共感する姿勢を示したりするのが良いでしょう。

「せっかくのデートだったのに」

生理痛が原因でデートプランが変更になったり、キャンセルされたりすることもあると思います。
そんなときに「せっかくのデートだったのに」などと彼女を責めるのはやめましょう。

楽しみにしていたデートが中止や変更になるのは残念なことです。しかし、生理痛による体調不良は仕方のないことです。
彼女も申し訳ない気持ちや残念な気持ちを抱いていると思います。「ごめんね」と謝ってくれたのなら、責めるのではなく心配をしましょう。

「今日はエッチできないね」

彼女から「今日は生理だから」と言われたときに、「今日はエッチできないね」と言うのは避けましょう。
「できないのなら会っている意味がない」と思っていると捉えられてしまう可能性もあります。
まずは、彼女の体調を気遣うような言葉をかけることが大切です。

「本当にそんなにつらいの?」

彼女の生理痛やPMSのつらさや痛みを疑うような発言や、生理を軽視したような発言はやめましょう。
彼氏から疑われるようなことを言われると、余計につらくなるでしょう。

生理のつらさは人それぞれ

生理のつらさは人それぞれです。女性同士でも、つらさを理解できないこともあります。

仕事や学校を休むくらいしんどい人もいれば、平気な人もいます。また、休むほどでなくても、がまんして活動している人や薬を飲むことで症状を和らげている人もいます。

痛みや情緒の不安定さから、彼女の言動がうざいと感じてしまうこともあるでしょう。
しかし、彼女自身もその症状に悩んでいたり、そんな自分のことが嫌だったりするかもしれません。

生理中の彼女とはうまく距離をとったり、生理に関する理解を深め、寄り添ったりすることが大切です。

おわりに

生理中の彼女にできることや言われたらうれしい言葉・うざい言葉などをご紹介しました。

生理の症状には個人差があり、女性同士でも理解し合うのが難しいこともあります。彼女自身も生理の症状や彼氏に当たってしまう自分を嫌だと思っていて、自己嫌悪に陥っている可能性もあります。

「うざい」と突き放すのではなく、適度な距離を保ち、彼女の体調や気持ちに寄り添えるよう少しずつ理解していきましょう。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

恋愛(726)
Lani

コメント