既読スルー・既読無視の原因をタロット占い【完全無料タロット】

既読スルー・既読無視の原因をタロット占い【完全無料タロット】

こちらからラインを送ったのに返信がないと、ちょっと気になるという人は多いですよね。

「まだ読んでいないのかな?」と思ったら既読マークがついていた……。

なんて状況だと「気を悪くさせちゃったかな?」「私のこと嫌いなのかな?」と心配になる人もいます。

今回は、既読スルーされたときの相手の気持ちをタロットで占ってみましょう。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

既読スルー・既読無視の原因をタロット占い【完全無料タロット】

好きなタロットカードを
一つ選んでタップしてください。

カードカードカードカードカードカードカードカード
カード

あなたが選んだカードの結果は…

「気持ちが見えなくて信用できない」


月 逆位置

月のカードが逆位置で開かれた場合、お相手はあなたのことを「信用できない」「何を考えているか分からない」と考えているようです。

 月のカードに描かれるのは、横を向いた月と月を見上げる2匹の犬。月は精神性の象徴であり、2匹の犬は潜在意識と表面意識の投影とされています。月のカードは正位置では欠ける月を、逆位置では満ちる月を表し、精神的な移ろいを反映するカードとなっています。

 月のカードが逆位置で持つ意味は、「不安解消」「状況好転」「過去からの脱却」などです。お相手は、現在あなたの心が見えないことを不安に思い、どう対応したら良いのか分からなくなっています。今までのあなたは、お相手に対して受動的で、自分の意見や気持ちをハッキリ言わなかったのではありませんか?そのことが、お相手の不信感を強めてしまったようです。

 <アドバイス>

お相手と一度しっかりと話をしてみましょう。2人の時間を作り、さりげなくでも気持ちをアピールすることが大事です。

あなたから誘うことで、少なからず好意を持っていることが伝わるでしょう。

月のカードは正位置で出ると「あなたの魅力が発揮される」「疑念や不安が晴れる」意味があるため、控えめでも良いのでアピールをしていく必要があります。

そうすれば事態は好転し、より良い関係を築くことができるでしょう。

あなたが選んだカードの結果は…

「自分のことに精いっぱいで余裕がない」


吊るされた男 正位置

吊るされた男のカードが正位置で開かれた場合、お相手は「自分のことに精いっぱいで余裕がない」ため、あなたの連絡を既読スルーしていると考えられます。

 吊るされた男のカードには、後ろ手にされ木から逆さまに吊り下げられた男が描かれています。拷問のように見えますが、男の表情は穏やかで、まるで苦痛を感じていないように見えます。それは、男がこの苦行を自分と向き合う時間とし、前向きにとらえているからです。

 吊るされた男のカードが正位置で持つ意味は「努力」「試練」「苦労が報われる」などです。お相手は自分の内面と向き合うことで精いっぱいで、あなたに割く時間がないようですね。手一杯で返事がないだけで、あなたを嫌っているわけではなさそうです。

 <アドバイス>

 今現在、お相手に積極的なアプローチをしても逆効果となりそう。

なぜなら、お相手は恋愛どころではないため、あなたの言動に何の意味も生まれないからです。

むしろ、あなたがアピールすることで鬱陶しさを感じ、関係を断ってしまうかもしれません。

今はとにかく待つ時期です。

吊るされた男のカードには「苦労が報われる」意味がありますから、今を耐えることが良い未来につながると信じて耐えましょう。

あなたが選んだカードの結果は…

「何気ない言葉で傷ついているかも」


太陽 逆位置

太陽のカードが逆位置で出たら、お相手は「あなたの何気ない言葉で傷つき、連絡を断とうとしている」可能性があります。

 太陽のカードに描かれているのは、さんさんと輝く太陽と無垢な子供の姿です。天真爛漫で純粋な様子が描かれたエネルギー溢れる内容で、すべてのものを白日の下に晒すと同時に祝福を与える意味があります。

 太陽のカードは、逆位置では「落胆」「失墜」「悪化」などを意味します。恋愛においては気のゆるみからお相手を傷つけ別れに発展したり、望みが閉ざされる可能性を指摘しています。お相手はあなたの何気ない言葉で傷つき、あなたから離れようとして既読スルーしているのかもしれませんね。もしくは、お相手には別のパートナーがいて、あなたと結ばれるタイミングは今でないといったケースもあります。

 <アドバイス>

 太陽のカードが逆位置で開かれたら明確に「ノー」を突き付けられている状態のため、今のタイミングでお相手と結ばれる可能性は低いでしょう。

ただし、それは「今ではない」というだけ。

しっかりと状況を判断し挽回するための行動を心がけることで、再度チャンスを得る可能性はあります。

思い当たる節があればしっかり謝り、お相手には真摯に接しましょう。

あなたが選んだカードの結果は…

「終わりにしたい」


死神 正位置

死神のカードが正位置で開かれた場合、お相手は「終わりにしたい」と思って既読スルーしているようです。

 死神のカードには、死神が人々に死を告げて回る様子が描かれています。旗を掲げて馬に乗る死神は、容赦なく人々に死を宣告し、誰もその死から逃れることはできません。死は強制的な終わりであり、終わりから逃れることはできないでしょう。

 死神のカードが正位置で持つ意味は、「強制終了」「清算」「別れ」などです。突然の強い流れに飲み込まれ、どうあがいても物事が終わってしまいます。お相手にはあなたへの気持ちがなく、それゆえに連絡を返すこともしないのでしょう。恋愛感情だけでなく情や執着心もないため、取りつく島のない状態と考えてください。これといった原因がないことも多く、「仕方ない」と諦めるしかありません。

 <アドバイス>

 死神のカードが出た場合、正位置・逆位置に関わらず強制的な変化が訪れます。

正位置で開かれた場合は、あなたの心が別れを迎えてスッキリする結果に終わることが多いですから、安心してください。

「これでよかった」と言えるときが必ず来ます。

お相手と離れたことによって新たな出会いが転がり込んでくるため、そちらのご縁を大事にしましょう。

あなたが選んだカードの結果は…

「利用したくて駆け引きしているか、誘惑に負け心が離れている」


悪魔 正位置

悪魔のカードが正位置で開かれた場合、お相手は「あなたを利用したくて駆け引きしている」か「誘惑に負けてあなたから心が離れている」状態かもしれません。

 悪魔のカードに描かれているのは、ズバリ悪魔と囚われた男女です。2人に生えている尻尾は、理性を持たない動物の印。鎖に繋がれているのに穏やかな表情を浮かべる2人は、すでに堕落しきってしまったのか、悪魔から逃れようともしていません。

 悪魔のカードが正位置で意味するのは「誘惑」「裏切り」「破滅」などです。お相手は出会ったばかりの人でしょうか?もしそうなら、あなたを利用したくて駆け引きのつもりで既読スルーをしているのかもしれませんよ。もしくは、実は他にパートナーがいてすぐに返事を返せないのかもしれませんね。また、お相手と恋愛関係にある場合でも、お相手が誘惑に負けて関係が破城する暗示なので、別の人への心変わりが考えられます。

 <アドバイス>

悪魔のカードは誘惑を意味するため、あなたかお相手のどちらかが誘惑に負け、関係が破滅に向かう未来を示唆しています。

まずは、お相手が信頼に値する人物かを見極める必要があります。

既読スルーは相手の気を引く手段としてよく使われますから、あなたの気を引こうとしているだけかもしれません。

しかし、そこにあるのは愛情や恋慕ではなく下心である可能性が大きいでしょう。

また、お相手が誘惑に負けるパターンとしては、他の異性の出現により心変わりした可能性が考えられます。

今後の身の振り方を考え、冷静に対処してください。嫉妬に駆られてしまってはいけません。

あなたが選んだカードの結果は…

「恋愛感情はない」


女教皇 正位置

女教皇が正位置で出た場合、お相手には「恋愛感情はない」可能性が高いです。

 女教皇のカードには、青い衣装を身に着けた女性が書物を手に座っている姿が描かれています。衣装の青や書物は知性の象徴。また、被っている冠や足元に描かれた三日月は、月の女神・イシスの投影。この人物の女性性を強調する意味合いがあります。

 女教皇のカードが正位置で意味するのは、「神秘」「洞察力」「精神性」など。恋愛においてはプラトニックラブの象徴であり、欲や性愛とは離れた心理を意味します。そのため、お相手はあなたに対して恋愛感情がなく、「汚したくない」「友情を大事にしたい」と考えているのではないでしょうか。そのため、あなたからの感情に気づき、わざと遠ざけようとしている可能性が高いです。

 <アドバイス>

 現時点では、お相手の恋愛対象の中にあなたは入っていないようです。

しかし、一度打ち解ければ精神的に強く結びつき、どんな逆境でもお互いを信じて乗り越えられる、同志ともいえるカップルになれるでしょう。

一途な気持ちをアピールし続ければ結ばれる可能性はあるため、諦めないことが大事です。

あなたが選んだカードの結果は…

「何も考えていない」


愚者 正位置

愚者のカードが正位置で開かれた場合、お相手は「何も考えていない」という無頓着な心理状況と考えられます。

 愚者のカードに描かれているのは、自由気ままに旅をする男の姿です。無計画で楽観的な姿は、ときに勇敢にときに愚かに捉えられますが、未来への希望を胸に抱いていることは確かです。

愚者のカードが正位置で開かれた場合、「自由奔放」「可能性」「はじまり」などの意味があります。恋愛においてはまだ何も始まっていない、空っぽの状態であることを意味します。お相手はあなたについて何の感情も抱いておらず、既読スルーについても気に留めていないでしょう。

 <アドバイス>

 愚者のカードは正位置で出ると「始まり」「直感的」といった意味があります。

そのため、自分の直感を信じてこのまま突き進みましょう。

始まりのときはすぐそこまできています。

ただし、お相手は個性的なタイプであり、恋愛においても型にはまるのを嫌がるようです。

あまりしつこく連絡すると逃げて行ってしまう可能性が高いため、ほどほどにしましょう。

あなたが選んだカードの結果は…

「連絡を取り合うような相手と認識していない」


魔術師 逆位置

魔術師が逆位置で開かれた場合、お相手はあなたのことを「どうして連絡してくるんだろう?」と少し不審に思っているかもしれません。

 魔術師のカードに描かれているのは、四大元素のシンボルであるワンド・ソード・ペンタクル・カップ。魔術師とは錬金術師のことで、それらの要素を元に新たな何かを作り出そうとしているのです。宇宙と交信し知識を身に着けた彼らは、独創性や話術、始まりを意味します。

 魔術師のカードが逆位置で開かれた場合、「優柔不断」「混沌」「準備不足」などの意味を持ちます。恋愛においてはお相手との恋愛が真実味がないことや、そもそも信用できない相手である可能性を指摘しているため、注意が必要です。あなたを遊びの相手と認識しているため、「連絡したいときはこちらからするのに」と返事をしないのかもしれませんよ。

 また、お相手が誠実な人であった場合、あなたのことをまだそれほど知らないためどう連絡を返したらよいのか迷っていることも考えられます。恋愛に発展するまでには時間がかかるでしょう。

 <アドバイス>

 お相手に対して慎重な態度を取ることが必要です。

まずは、お相手が信用に値する人物か見極めましょう。

もしかしたら、他に本命の人がいたり遊びの感情を持っているのかもしれません。

焦らずじっくりと進むべき恋といえるでしょう。

あなたが選んだカードの結果は…

「ちょっとくらいいいでしょ」


女帝 逆位置

女帝のカードが逆位置で出たら、お相手はあなたに対して甘えがあり「ちょっとぐらいいいでしょ」と返信の遅さを許されると思っている様子が見受けられます。

 女帝のカードには、草木に囲まれ着飾った女性が腰かける姿が描かれています。腰かけた椅子に描かれた金星のマークは、愛と美の女神・ヴィーナスの投影。生い茂る草木と着飾った様子は物質的な豊かさの暗示で、ヴィーナスは女性ならではの愛情や包容力を意味しています。

 女帝のカードが逆位置で持つ意味は「嫉妬」「ワガママ」「甘え」などです。お相手はあなたに対して甘えがあり、「少しぐらい返信しなくても怒らないだろう」「どうせ許してくれるだろう」と思っているようです。あなたが自分に好意を寄せていることから、下に見ているのではないでしょうか。そうなったのはあなたが相手を甘やかしたから。世話を焼きすぎたり尽くしすぎたりして、調子に乗らせてしまったのです。いわば一方通行の愛情で、お相手はさほどあなたを重要視していないのかもしれません。

 <アドバイス>

 お相手に対して、独りよがりな愛情を押しつけていませんか?

世話を焼くことも尽くすことも、気持ちを伝えることもしばらくは避けましょう。

お相手を想うあまり、嫉妬や束縛に走るのもよくありません。

お相手はあなたからの愛情に甘え、あなたを軽んじてしまっています。

押すだけでなく引くことで、お相手があなたの大切さに気付くことに賭けてみてはどうでしょう?

あなたが選んだカードの結果は…

「ときめきが薄れた」


星 逆位置

星のカードが逆位置で開かれたら、お相手は「ときめきが薄れた」というガッカリ感を持っている可能性があります。

 星のカードに描かれているのは、乙女が大地と海に水を注いでいる姿です。注がれる水は命を育む母性を表し、空に描かれる星はチャンスや閃きの象徴。「今後何が起きても不思議でない」「何が起こるか分からない」という、希望に満ちたカードです。

 星のカードが逆位置で開かれる意味は「失望」「幻滅」「無気力」など。お相手をガッカリさせるようなことをあなたがしてしまったのかもしれません。お相手の腰が引けるような発言や言動に心当たりはありませんか?例えば「理想の恋人は〇〇な人」や「デートで××みたいな店はありえない」など、些細な会話でもお相手が冷めてしまった可能性があります。その結果、お相手に関係を進展させる気がなくなり、既読スルーされているのでしょう。お相手のやる気をあなたが削いでしまったということです。

 <アドバイス>

 あなたの中に「この人ならこれくらい言ってもいいかな」という甘えがあり、本音で色々と語ってしまった結果、お相手が引いてしまったようです。

挽回は難しいため、諦めた方がよいでしょう。

どうしても諦められない場合には、時間をかけてお互いの気持ちをすり合わせていくプロセスが大事です。

友人関係を続けることで良いところを知ってもらい、「前はこんな風に思ってたけど、今はこれもアリかなと思うようになった」など、変わった自分をアピールしましょう。

コメント