PR
身近な人の死のスピリチュアル意味・メッセージ・サイン

身近な人の死のスピリチュアル意味・メッセージ・サイン

生きていれば全ての人に必ず訪れるのが、身近な人たちとの別れ、つまり死です。

祖父母・両親・兄弟・パートナー・子供・友達など、身近な人たちの死は、他人事ではなく、誰もが経験することだと思われます。

普段は自分の死を意識せずに生活をしている人たちが多いといわれていますが、身近な人たちの死は、自分に死を意識させたり、どのように生きていくのかを考えさせてくれるきっかけになるとされています。

今回は、身近な人の死のスピリチュアルな意味とは?身近な人の死には前兆がある?スピリチュアルサインなどについて紹介したいと思いますので、参考になさってみて下さい。

「身近な人の死」のスピリチュアルな意味とは

この項目では、身近な人の死のスピリチュアルな意味を5つ紹介したいと思います。

①学ぶこと

身近な人の死のスピリチュアルな意味の1つめは、学ぶことです。

多くの人たちは、人生の中で遅いか早いかの違いはあっても、身近な人の死を必ずといっていいほど経験するものです。

身近な人の死の直後は、つらくて悲しい、もういないことがまだ受け入れられないなどの気持ちがあふれますが、身近な人の死をきっかけにして、愛に気がつくことができたり、自分自身の気持ちや今後の人生について考えたり、生きることと死ぬことの意味や魂の存在のことを考えたりなど、人生に対して学びの機会を得ることができるといわれています。

②命の尊さ

身近な人の死のスピリチュアルな意味の2つめは、命の尊さです。

身近な人の死を迎えて悲しんでいる私たちも、いつかは必ず死を迎えます。
自分の死がいつ訪れるのかは、誰にも分からないため、命の尊さを感じたり、どのように生きていくのかが大切になるといわれています。

人は身近な人の死を通して、自分の死を意識するようになると、自分にとって生きるとはどのような意味を持つのか?ということを考えるようになったり、生きているうちにあれをやっておけば良かったと後悔をしないためにも、今を楽しむように生きようと思ったりなど、自分の人生において大切なことに気がつくことが多いといわれています。

今、人生がつまらない、人生において何の目標も持っていないと感じている人は、たとえば自分が1年後に死を迎えるとしたら、今、何をするべきなのか?やりたいことは何なのか?ということを考えてみてはいかがでしょうか?

家族や友達と楽しい時間を過ごすこと、自分の能力を何かに使うこと、命の尊さを感じて寿命まで人生を全うすることなど、自分の本当の気持ちが分かるとされています

③目に見えないものの存在を感じるようになる

身近な人の死のスピリチュアルな意味の3つめは、目に見えないものの存在を感じるようになることです。
スピリチュアルな観点では、人は死ぬことによって肉体は滅びても、魂は生き続けるといわれています。
身近な人が亡くなってから、チャンスや幸運に恵まれるようになったり、今まで悩んでいた問題が解決したりする人が多いといわれているのは、亡くなった人の魂がそばにいて見守ってくれているからだとされています。
人は、亡くなった人の魂など目に見えないものの存在を信じることで、自分の人生をより良くするために、しっかり生きていこうと思えるようにもなるといわれています。

④現世でのテーマ

身近な人の死のスピリチュアルな意味の4つめは、現世でのテーマです。

スピリチュアルな観点で、寿命は、生まれてくる前に決めてくるものといわれています。

もし、魂のレベルアップを目的として生まれてきているのであれば、死ぬときには、現世で学ぶべきことが終わり、魂のレベルアップが達成された状態であるとされています。

中には、まだ生きていたいと望んでいたにも関わらず、病気で亡くなってしまったという人もいるかと思われますが、その人にとって命の尊さを学ぶことが現世でのテーマだったとしたら、死ぬときにはテーマを達成できた状態となります。

また、身近な人が亡くなるのは悲しいことですが、あの世での死に対する意味は祝福や達成とされていますので、身近な人が亡くなったときは、寿命の長さに関係なく、その人の人生を生き切ったのだと信じてあげることも供養の1つとなります。

⑤心配をかけないように生きていくこと

身近な人の死のスピリチュアルな意味の5つめは、心配をかけないように生きていくことです。

人は死ぬことによって肉体は滅びても、魂は生き続けるとスピリチュアルでいわれているように、亡くなった人は残された私たちのそばにいて見守っていてくれるため、亡くなった人に心配をかけないように生きていくことが大切だとされています。

身近な人が亡くなるということはとてもつらいことですので、泣きたいときは思いきり泣いて、自分を労わることも大切です。

その後は、身近な人の死をきちんと受け止め、亡くなった人がいつもそばにいてくれていることを信じて前向きに進んでいくと、生きていた頃よりも、亡くなった人との関係が身近になるといわれています。

残された私たちにも、いつかは死ぬときが訪れますので、そのときまで精一杯生きて下さいということを身近な人の死は教えてくれています。

身近な人の死の影響

身近な人の死は、私たちに大きな影響を与えるといわれています。

人は、自分にとってかけがえのない大切な人を失くしたときに、深い悲しみやつらさ、抑えることができないほどの怒り、罪深いと感じながらも解放感を得る(長期間に渡る介護など)など、これまでに経験したことのない感情や反応があふれるとされています。

この状態をグリーフ(悲嘆・ひたん)といい、自然な感情の変化であり、誰にでも起こるものとされています。

身近な人の死の直後には、死を否定する気持ちが生まれ、その後、数週間から数カ月間にわたって、焦り、罪悪感、亡くなった人への執着など、自分ではコントロールすることができない感情が湧きあがります。

このときに、不眠や食欲不振、疲れや体調不良を感じる人もいます。

数カ月間から数年を経て、悲しい気持ちを抱えながらも、亡くなった人との楽しかった思い出を懐かしむことができるようになったり、仕事や趣味などへの興味を取り戻したりと、少しづつ自分の中に身近な人の死をとり入れて、つらい時期を乗り越えて行くという経験をします。

身近な人の死が怖い

人それぞれ違いはあっても、多かれ少なかれ死というものや、身近な人の死に恐怖心を抱くことがあるかと思われます。

スピリチュアルで気づきという言葉がありますが、気づきとは、ネガティブな感情を持ったときに、その感情を与えてくれたことに対しての意味を見つけたり、怖い経験をしたときは、次は回避できるようにしようと学ぶ考え方のことを示します

怖いと思っていた死のイメージは他人の死ではなく、身近な人の死からうまれる感情であり、その感情から学ぶものがあるということを教えてくれています。

身近な人たちが亡くなることは悲しくて寂しいことですが、絶対に避けられないことでもありますので、今は、その人たちとの時間を大切に過ごすことが重要となります。

死のスピリチュアル意味

一般的な意味での死は、生命がなくなること、死ぬこと、生きる機能を失うこと、生命が存在しないことになります。

スピリチュアル的にいう死とは、人間はさまざまな姿形で生まれかわり死にかわるという輪廻転生の思想がありますので、魂が不滅であれば、死は永遠の生に対する新しい門出であるとされています。
また、人の死によってもたらされるのは、この世でどのように生きていくのかという寿命までの時間の再認識とされています。

スピリチュアルな観点では、全ての人が寿命を決めて生まれてきているといわれていますので、どのような亡くなり方であっても、寿命である可能性が高いとされています。

寿命とは、来世で幸せを得るために、現世で徳を積み、現世での学びを見事に果たしたという意味がありますので、死後の世界から見た場合、寿命で亡くなるのは喜ばしい出来事だといわれています。

身近な人の死が続くスピリチュアル意味

身近な人の死が続くのは、世代交代や命の尊さを学ぶというスピリチュアルな意味があります。

祖父が亡くなった翌年に祖母が亡くなり、同じ年に父親が亡くなるなど、身近な人の死が続くのは、その家系が呪われているからだという説もあります。

これは、身近な人の死が続くと、残された人たちがつらく悲しい思いをするから、もしかしたら次は自分が死ぬ番かもしれないという不安に襲われるからなどの理由で、呪いを連想させたものとされています。

身近な人の死が続くのは、人生を投げやりに生きないで命の尊さを大切にして下さい、寿命までの限られた時間を大切に生きて下さいというスピリチュアルな意味も含まれていますので、身近な人の死が続くという経験をした方は、自分の生き方を見直したほうが良いとされています。

大切な人の死から立ち直れない…乗り越え方

大切な人を亡くしたつらさや苦しみは、どのようにしたら乗り越えることができるのでしょうか?

まずは、我慢をせずに、悲しいという感情を表に出して泣くことが大切です。

人の身体の仕組みは、泣くことで自律神経の副交感神経が優位になり、気持ちがリラックスできるようにつくられています。

また、人は、号泣すると泣き疲れて眠くなり、睡眠中に気持ちの整理がつくような仕組みになっているといわれていますので、よく泣いたら、充分な睡眠をとることが大切です。

この項目では、大切な人の死から立ち直れない方たちのために、乗り越え方を紹介したいと思いますので、参考になさってみて下さい。

亡くなった人が近くにいるときのサインを受け取る

乗り越え方の1つめは、亡くなった人が近くにいるときのサインを受け取ることです。

亡くなった人は、そばにいることに気がついて欲しいという思いから、さまざまな方法でサインを送ってきているといわれていますので、そのサインに気がつくことができれば、いつもそばにいて見守ってくれているのだというあたたかい気持ちになれるのではないでしょうか?

亡くなった人が近くにいるときのサインとして例をあげてみると

  • 祖父が吸っていたタバコの匂いや、祖母が愛用していた香水の匂いなど、亡くなった人がまとっていた香りを部屋の中で感じる
  • 亡くなった人の誕生日や記念日、または111、777のようなぞろ目の数字(エンジェルナンバー)や好きな数字などが、ふと時計やスマホを見たときに現れる
  • 突然何かがひらめいたり、亡くなった人との想い出の映像が頭をよぎったりする
  • 動物や虫など生き物のエネルギーを通して会いにくる
  • ラジオをつけたら、亡くなった人が大好きだった歌や曲が流れてきたり、歌詞が突然飛び込んできたりする
  • 原因不明の点滅や電化製品に不具合がでることが多くなる
  • 誰かに触れられているような感覚がある
  • 写真やジュエリーなど思い入れの強い品物が、目の届く場所に動いている

以上のサインに思いあたることはありましたか?

亡くなった人が近くにいるときのサインの中にはわかりにくいものもあるため、気がつくことができずに見逃してしまう場合もあります。

良く現れるサインの中に、あのサインの意味は何だったのだろう?と感じるものがあった場合は、プロの占い師に相談して視てもらうことも1つの方法です。

亡くなった人の気持ちを知る・話してみる

乗り越え方の2つめは、亡くなった人の気持ちを知る・話してみることです。

亡くなった人の気持ちを知りたかったり、話をしてみたいと思った場合は、イタコや霊媒師、電話占いなどに相談する方法がおすすめです。

霊媒師は、霊に交信して、直接霊と会話をする能力を持つといわれていますので、亡くなった人の気持ちを知ることができます。

イタコは、亡くなってしまった人の霊に交信して自分の身体に降ろし(憑依)、亡くなった人の気持ちを代弁して伝えたり、直接会話したりする口寄せという特殊能力を持っています。

イタコや霊媒師をどこで探せば良いのか分からない、試す方法が分からないという方には、電話占いがおすすめです。

電話占いサイトには、霊能力やチャネリング能力を持つベテラン占い師が多く在籍しています。

電話占いでしたら、自分と相性の良いベテラン占い師を探して、ご自宅から好きな時間に電話で相談ができますし、無料特典を利用すればお得に鑑定してもらえますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

瑞鳳殿 澪占い師 エキサイト電話占い
第三者の魂を呼び会話交渉
瑞鳳殿 澪先生
料金:
1分/ 電話料金 451円
占歴:
55年 11 ヶ月
透視・霊的対話(交渉)・イタコ術
【恋愛】
相手の気持ちをききだす・状況・時期・未来透視・結婚・復縁・縁結び・不倫・同性愛・浮気・年の差・遠距離・三角関係・離婚・状況・時期・未来透視
【仕事】
適職・転職・時期・未来透視…(天職・進路・夢の実現にむけて含)・経営相談・起業・ビジネスアイデア・対人関係・ハラスメント問題(霊的対話で状況を探る・対策)
【人間関係・教育】
家庭問題・夫婦問題・嫁、姑、舅、婿、兄弟姉妹・親族問題…(霊的対話で状況を探る・対策)育児・シングルマザー・子育て
・虐待・引きこもり・いじめ・不登校・学力向上対策・進路・ママ友関係・近所つきあい・部活・習い事・食育
【健康・精神・心】
体内透視はいたしますが、病気の診断は致しません。…(うつ・心の病気・ストレス
・トラウマ・依存症)
【霊的問題】
先祖供養・前世・因縁・霊障害・除霊
【その他】
失せ物・失せ人・ペットの気持ち・供養・起死回生・祈願祈祷・子宝・夢診断・引っ越し・移転・土地・パワーストーン・ハーブ・アロマ・オーラ

占い歴51年、イタコ7代目を引き継いでいる瑞鳳殿澪先生は、霊媒・透視・霊的対話・イタコ術に特化しており、すでに4万人もの方が先生に救われているという、イタコの中でもトップクラスの先生です。

瑞鳳殿澪先生は、亡くなられた方との魂との会話や交渉をし、あなたがお相手に聞きたいことを、あなたに代わって尋ね、お相手が話した一言一句を簡潔にお伝えする魂との会話のエキスパートです。

スピリチュアル系の鑑定になりますが、瑞鳳殿澪先生は霊的なお話しではなく現実的なメッセージを伝えることを徹底しています。

また、瑞鳳殿澪先生に相談された方たちの口コミも紹介したいと思いますので、参考になさってみて下さい。

(30代女性)
(30代女性)

小さい頃から両親が共働きで、おばあちゃん子として育った私は、祖母が亡くなったときは、自分の一番の味方がいなくなってしまったと思うくらいに悲しくてしかたがなかったです。
でも、インターネットで見つけた電話占いでイタコ術を得意とする瑞鳳殿澪先生に、祖母は今どこにいて、どのような気持ちでいるのだろうということを視てもらったら、祖母は、今は凄く素敵な場所にいるから心配することはないよと話してくれました。
祖母が、快適に過ごしているということが分かっただけでも、先生にお願いして良かったです。ありがとうございます。

(20代女性)
(20代女性)

私は主人を亡くしたときに、瑞鳳殿澪先生に電話で相談しました。
主人は、生前に興味を持っていた海外のある国に、魂の存在になったから自由に行って楽しく過ごしているといわれました。
ご主人が、この国に遊びにおいでと誘っていますよといわれたので、私は旅行の計画を立て始めました。
また、主人が亡くなってから、私が長年抱えてきた家庭の問題が解決したのも、主人がそばにいて見守ってくれていたからだということも分かりました。
まさか、海外に行っているとは思いませんでしたが、私も、目標が1つできて気持ちが前向きになれました。
瑞鳳殿澪先生に視てもらって、いろいろ知ることができました。本当にありがとうございます。

初回最大8500円分無料

エキサイト電話占いはこちら
PR:エキサイト
新規登録で特典プレゼント!

身近な人の死には前兆がある?スピリチュアルサイン4つ

身近な人が死を迎えるときには前兆があるのでしょうか?

この項目では、身近な人の死のスピリチュアルサインを4つ紹介したいと思います。

①ドアを3回ノックする音がする

身近な人の死のスピリチュアルサインの1つめは、ドアを3回ノックする音が聞こえることです。

玄関のドアが3回叩かれた音を聞くと、近い内に身近な人が死を迎えるといわれています。または、既に亡くなってしまったことを知らせるものだとされてもいます。

海外でもイギリスでは、窓や玄関が数分間、3回ずつノックされ続けると、身近な人の死の前兆であるとされています。

②黒い蝶を良く見る

身近な人の死のスピリチュアルサインの2つめは、黒い蝶を良く見ることです。

黒い蝶は、死をイメージさせる不吉な存在だといわれており、もし自宅で黒い蝶を見かけた場合は、身近な人や家族の誰かがまもなく亡くなる前兆であるとされています。

③真夜中に黒い猫が鳴く

身近な人の死のスピリチュアルサインの3つめは、真夜中に黒い猫が鳴くことです。

黒い猫が真夜中に鳴く声を聞いた場合は、身近な人の死が近い前兆であること意味しています。

また、葬列の前を黒い猫が横切った場合は、遺族の誰かが3日以内に亡くなるといわれており、病人のベッドに黒い猫が現れたときは、その患者が死を迎える前兆だともいわれています。

④フクロウが現れる

身近な人の死のスピリチュアルサインの4つめは、フクロウが現れることです。

フクロウは、良くない出来事の前触れと結びつけられることが多い傾向にあります。

フクロウが家の屋根で鳴き声をあげていたときは、その家の中に住んでいる人が近い内に死ぬ前兆だといわれています。

死にまつわるスピリチュアルサイン・メッセージ

この項目では、死にまつわるスピリチュアルサイン・メッセージを4つ紹介したいと思います。

早く亡くなる人のスピリチュアル意味

早く亡くなる人のスピリチュアルな意味は、早死にする学びを持った魂が集まる家系に生まれてきたことを示しています。

人は、長生きする人生か、早死にする人生か、どちらが魂の学びに最適なのかを決めて生まれてきているといわれていますので(寿命)、早く亡くなるから不幸である、長生きをしたから幸せであるという考え方は、基本的にスピリチュアルにはないとされています。

魂の幸せというのは、どのような人生を生きて、どのような苦難や苦労を乗り越えて魂のレベルアップをさせたのかということですので、例え早く亡くなってしまったとしても、魂の課題を達成しているのでしたら、それが本当の意味での幸せとなります。

父の死のスピリチュアル意味

父の死のスピリチュアルな意味には、自由・自立・自分の人生を自分で決めるなどがあります。

父親は、家族の中で権力の象徴のような存在ですので、父親と同じような力を持ち自分で働いたお金で自立することができたと潜在意識で感じている可能性が高いといわれています。

また、新しいことに挑戦したり、自分で自分の人生を決めていけるという自信がつくなど、向上心が高まるといわれていますので、前向きな気持ちを大切にすることが良いとされています。

母の死のスピリチュアル意味

母の死のスピリチュアルな意味は、内面的な変化を示しています。

人がこの世に生まれたときに、一番初めに出会う人は母親ですので、幼少期の頃の母親との関わり方や、幼少時代の想いが、今の自分の人格に大きく影響しているといわれています。

母の死を迎えた方の体験談の1つに、母親が、日本人は親子の絆が深いのよね。でも、欧米では夫婦の絆が深いといわれているの、ずっと連れ添うのは旦那だから、大切なのは今の家族よねといいました

私は、母親の死に相当なショックを受けましたが、主人との関係性をより意識したことにより、悲しみを癒すことができましたというお話がありました。

母の死を迎えたときは、自分の感情が変わる前兆を示していますので、自分自身の内面を見つめ直してみるのが良いとされています。

愛する人の死のスピリチュアル意味

愛する人の死のスピリチュアルな意味は、幸せな人生を全うして魂を向上させることを示しています。

愛する人が亡くなったときは、悲しみや喪失感から抜け出すことができなかったり、もっと優しくしてあげれば良かった、もっと話をしておけば良かったなど、後悔することがでてくることもあるかと思われます。

ですが、亡くなった人は肉体が滅びるため、痛みや苦しみ、悩みや不安などから解放されて自由になるといわれています。

また、亡くなった人は、残された人が悲しむことを望んではいないといわれていますので、気持ちが落ち着いたら、愛する人の死、いつかは自分が迎える死について考え、これからどのように生きてくのかということを考えることが大切です。

亡くなった愛する人に、このようにしてあげれば良かったという気持ちは、これから誰かにしてあげることもできますし、それが自分の魂を向上させることにも繋がります。

まとめ

今回は、身近な人の死のスピリチュアルな意味とは?身近な人の死には前兆がある?スピリチュアルサインなどについて紹介してみましたが、いかがでしょうか?

身近な人の死のスピリチュアルな意味は、

  • 学ぶこと
  • 命の尊さ
  • 目に見えないものの存在を感じるようになる
  • 現世でのテーマ
  • 心配をかけないように生きていくこと、の5つがありました。

身近な人の死には前兆がある?スピリチュアルサインには、

  • ドアを3回ノックする音がする
  • 黒い蝶を良く見る
  • 真夜中に黒い猫が鳴く
  • フクロウが現れる、の4つがありました。

身近な人の死は、自分に死を意識させたり、どのように生きていくのかを考えさせてくれるきっかけになるものですが、身近な人の死を経験したときは、我慢することなく、悲しい感情を表に出して泣くことが大切です。

また、亡くなった人が近くにいるときのサインを受け取ったり、亡くなった人の気持ちを知ったり、話をしてみることで、身近な人の死を乗り越えることもできるといわれています。

亡くなった人を思い悲しい気持ちになり、前向きに進んでいくことができない、死への恐怖感が手放せない、また、自分では亡くなった人と話すことは難しいと思われたときは、電話占いで霊能力を持つ占い師に視てもらうことをおすすめします。

霊能力を持つベテランの占い師でしたら、亡くなった人と交信する能力以外にも、これからあなたがどのように生きていけば良いのか、的確なアドバイスもくださいます。

この記事が少しでも、皆様のお役にたてれば幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント