胸騒ぎのスピリチュアル意味・メッセージ・サイン

胸騒ぎのスピリチュアル意味・メッセージ・サイン

「なんだか胸がザワザワする」「なんとなく嫌な感じがする」そんな胸騒ぎを感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

胸騒ぎというのは、誰かが何かをあなたに伝えようとしている場合に起こることが多いものです。

そうは言っても、誰かや何かがわからないとどう対処すればいいのかわかりませんよね。

今回は、胸騒ぎのスピリチュアル的な意味や対処法、また胸騒ぎが当たりやすい人の特徴などをそれぞれご紹介していきます。

あなたの「胸のモヤモヤ」のヒントがあるかもしれませんので、それぞれ確認してみてくださいね。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

胸騒ぎのスピリチュアル意味

胸騒ぎのスピリチュアル意味

なんだか胸騒ぎがするけれど、意味がわからないと不安に感じてしまうものです。

胸騒ぎと一言にいってもさまざまな意味があります。

ここではスピリチュアル的な観点から胸騒ぎの原因となる意味を4つご紹介します。

あなたの胸騒ぎにどんな意味が込められているのか一つずつ内容を確認しながら、あてはまるものがあるかチェックしてみてください。

①胸騒ぎの基本的なスピリチュアル意味は「何かの予兆」

①胸騒ぎの基本的なスピリチュアル意味は「何かの予兆」

胸騒ぎには、何かに対する予兆という意味があります。

予兆といっても、さまざまな内容があるのですが、例をいくつかあげてみましょう。

  • 試練の予兆
  • 別れの予兆
  • 幸運の予兆
  • 体調の変化の予兆

人間には、本来言葉以外のメッセージを受け取るスピリチュアル的な能力があります。

それは、スピリチュアルに無関心な人にも関心が高い人にも同様にある能力です。

ただ、この能力を活かせるかどうかは本人次第になります。

試練、別れ、幸運、体調変化などは今後の人生が大きく変わるようなものになります。

人によっては何の準備も対策もしていないと、立ち直るのに数年かかってしまう場合もあります。

人は基本的には現状維持を好み、変化を受け入れにくい生き物です。

そのために「胸騒ぎ」というサインを通して、変化が訪れる事を告げられているといえます。

胸騒ぎの内容を理解して、心の準備や対策を講じるようにしておいてくださいね。

②守護霊・ハイヤーセルフからのメッセージ

②守護霊・ハイヤーセルフからのメッセージ

「なんだか胸がザワザワする」そう感じるとき、あなたは守護霊やハイヤーセルフからメッセージを受け取っているのかもしれません。

守護霊やハイヤーセルフはあなたを見守ってくれる存在です。

そのメッセージは、「危険だ」という脅しの意味ではなく、あなたがより良い方向に向かうため、またはあなたがより成長するためのメッセージです。

成長するために、時には痛みを伴うことが起こるかもしれませんが、それを乗り越えた時、あなたは今より一層成長しているはずです。

どんなことが起こってもあなたは守護霊やハイヤーセルフに見守られています。

自信を持ってどんな困難をも乗り越える勇気を持ってくださいね。

③虫の知らせや誰かの死期を察知している・身内の死が分かる

胸騒ぎが起こった時、あなたの大切な誰かに死期が近づいているのかもしれません。

人は言葉でコミュニケーションを取りますが、言葉以外でもコミュニケーションをとっているのです。

それは目には見えない魂レベルでのコミュニケーションであり、私たちがその内容を正確に認識できることはほぼありません。

ただ、「何かが起こる」という胸騒ぎとして受け取る場合があるのです。

人は死んでも肉体から離れて魂は永遠に生き続けるということを聞いたことはありませんか?

そのため「死」を迎えると一旦肉体を離れて、魂は元居た場所に戻ることになり、一時的にお別れする状態になるのです。

そのお別れを告げるメッセージをあなたが「胸騒ぎ」として受け取っている場合があるのです。

その対象があなたの身内であったり、身近な存在であったり、あなたの親愛の情が大きい人ほどこのメッセージを受け取ることが多くなります。

この時は、胸騒ぎの対象がはっきりしていることが多くなります。

できることなら、お相手の方に直接連絡を取ってみましょう。

もしかしたら、最期のお別れの言葉を届けることができるかもしれませんよ。

「あの時連絡していれば」と悔やむほどつらいことはありませんから、できる限りの行動は起こすようにしてくださいね。

④直観力を鍛える練習

直観力を鍛える練習

私たちは本来誰でも第六感という能力が備わっています。

そのため、事前に危険を察知したり、近い将来を予見することができるのです。

これがはっきりと知覚出来る人は霊能者のような極一部の人ですが、そこまではっきり知覚できていなくても、直観として受け取っているのです。

その直感の一つとして「胸騒ぎ」があります。

大半の人は胸騒ぎを感じても、「気のせいだろう」と気にも留めずに日々の生活に戻ってしまいます。

それを繰り返す内に第六感はほとんど機能しなくなってしまうのです。

胸騒ぎを感じるというのは大きなチャンスです。

その胸騒ぎを感じた時にどう対応するかで今後のあなたの人生は変わっていきます。

せっかく胸騒ぎに気付いたのなら、「気のせい」ですませてしまうのではなく、チャンスをとらえて直観力を鍛えられるいい練習だととらえてください。

それを繰り返すことで、あなたは何かが起こる前に気付きやすい体質となり、自然に幸せなことを引き寄せやすくなっていきますよ。

【恋愛編】胸騒ぎがするスピリチュアル意味

【恋愛編】胸騒ぎがするスピリチュアル意味

胸騒ぎがする理由として、恋愛面での変化の予兆を察知している場合があります。

恋愛は、人生の流れを大きく変化させるものです。

そんな大きな変化をキャッチして、胸騒ぎとしてあなたにメッセージを送っている場合があるのです。

恋愛の際に多い胸騒ぎの予兆となる事象をいくつかご紹介していきますね。

①復縁の前兆

①復縁の前兆

特に何があったわけでもないのにソワソワと胸騒ぎがするという経験はありませんか?

その経験はもしかしたら、復縁の予兆なのかもしれません。

復縁というのは、最初に付き合うよりもお互いに勇気がいるものです。

もしもあなたが振られた立場であったら、あなたから連絡するのは極力避けるようにしたり色々と気を遣うでしょう。

そして、それは振った立場でも同じような状況なのです。

一度別れた相手に「もう一度付き合って」というのは、想像以上に勇気が必要です。

あなたのお相手は別れている期間にあなたの大切さを再認識、そう決断を下して、今にもあなたに連絡しようとしているのかもしれませんよ。

いざという時に、自分勝手な言動をしてせっかくのチャンスをぶち壊してしまわないように、今から心の準備をしておいてくださいね。

②運命の人と出会っている

運命の人をあなたは信じますか?

一説によると運命の人に出会える確率は35億分の1ともいわれています。

その数字だけ聞くと途方もない数字で、出会えるのは不可能に近いんじゃないかとさえ思ってしまうかもしれません。

運命の人に出会う事に大切なことは直感や予兆のサインに気付くことです。

そして、運命の人に出会えると信じる事です。

運命の人と出会ったときに「胸騒ぎ」として予兆を受け取ることがあります。

これは特に女性に多く、頭で理解するよりも早く心が運命の相手に反応して起こっているのです。

あなたが胸騒ぎを感じていてもたっても居られなくなったのであれば、その時に出会った人があなたの運命の相手かもしれません。

すぐに関係性を築かなくても、そういう目でお相手の方を意識してみてもいいでしょう。

もしかすると、あなたは気付いてなかったけれど、あなたと波長が合い素敵な関係を気付いていける相手かもしれませんよ。

③恋が始まる予感

③恋が始まる予感

恋というのは理性で始められるものではありません。

理性的に見てどれだけ魅力的なプロフィールの持ち主であったとしても、好きになれるかどうかは別問題です。

特に「自分のタイプじゃないのに」というお相手が近くにいるときに胸騒ぎを感じる場合は、その方との恋が始まる予兆かもしれません。

理性ではなく、直感でそれを感じ取って、あなたに「胸騒ぎ」を通して気付いてとメッセージを送ってきているのです。

その胸騒ぎが嫌な胸騒ぎではないのなら、そのお相手の方と積極的に交流してみましょう。

あなたの想像以上に素敵な面を持っていて、素敵な恋に発展するかもしれませんよ。

色々な可能性にオープンにすることで素敵な恋を引き寄せることにもつながります。

時には「胸騒ぎ」を信じて、思い切って飛び込んでみる事も必要ですよ。

④彼氏や彼女ができる前兆

④彼氏や彼女ができる前兆

彼氏や彼女ができると生活は大きく変化します。

今まで一人で楽しんでいたことも二人で楽しむ機会が増えたり、誰かと一緒に過ごす時間も多くなるでしょう。

ただ、変化というのは、最初は怖いものです。

今までは自分の事だけ考えていればよかったのが、彼氏や彼女ができると相手の事も考えたり、相手の予定に合わせたりしなければならず、自然と生活にも変化が生まれます。

その変化を事前に察知してあなたに「心の準備しておいてね」というメッセージを送られているのかもしれません。

ただ、そのメッセージの内容を正確に理解することができないため「胸騒ぎ」として受け取っている場合があるのです。

生活は少し変化してしまうかもしれませんが、変化は成長の大きな糧になります。

思い切って一歩踏み出してみてください。

きっと今よりも楽しい日々を送れるはずですよ。

胸騒ぎが当たる人の特徴5つ

胸騒ぎが当たる人の特徴5つ

胸騒ぎというのは誰にでも起こりえるものですが、よく当たる人と当たりにくい人がいます。

よく当たる人にはそれぞれ特徴があります。

ここでは胸騒ぎが当たる人の特徴として5つの特徴をご紹介していきます。

①直感が鋭い・第六感が冴えている

①直感が鋭い・第六感が冴えている

直感が鋭い人やまたは第六感が冴えている人は胸騒ぎがよく当たります。

自分では意識していないけれど、直観というメッセージを小さなころから受け取り、それに従って行動した結果うまくいった経験を多く持っていることが大きな原因です。

た第六感が冴えている人も胸騒ぎが当たりやすい人と言えるでしょう。

第六感とは、「視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚」という人間の五感を超えた感覚の事を指します。

人は普段目に見えるものは自分の感じる五感を通して物事を判断します。

そのため、目に見えない第六感は当てにせず使わずにいることの方が多くなってしまいます。

第六感の特徴として「なんとなく」そう感じる、「なんとなく」そう思うというように厳密に言葉に表すことができない感覚です。

その「なんとなく」を普段から積極的に活用している人は、知覚できない現象についても第六感で事前に察知することができるため、胸騒ぎもよく当たる傾向があります。

②神通力や霊感を持っている

②神通力や霊感を持っている

神通力という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

神通力とは、仏や菩薩が厳しい修行を経た後にようやく習得できる常識を超えた能力のことをいいます。

歴史の偉人として神通力を持っていたとされるのは、ブッダ(釈迦)や安倍晴明といわれています。

神通力に関する一番古い記述が『沙門果経』であり、ブッダ(釈迦)の神通力とみられる特殊能力に関しての記述があります。

また安倍晴明も平安時代の創作作品にも登場し、そのころから有名な陰陽師として描かれています。

小説やアニメでも今でも登場することの多い安倍晴明ですが、どの作品でも神通力のような人智を超えた特殊能力を使うキャラクターとして登場しています。

そこまで強くなくても神通力を持った人は存在しています。

神通力を持った人たちは一様に人智超えた存在を認識していることが多く、胸騒ぎも当たりやすいです。

また、霊感を持っている人も同じく胸騒ぎが当たりやすい傾向にあります。

③純粋な心の持ち主

③純粋な心の持ち主

純粋な心を持っていると、妬みや恨みというネガティブな感情を抱きにくく、心に濁りがないため守護霊などのメッセージなどを受け取りやすくなっています。

純粋な人は、胸騒ぎを感じるとその胸騒ぎに対処するべく行動を起こします。

そのため、守護霊などの存在も何かが起こる前に「胸騒ぎ」を通してメッセージを送ってくれるのです。

しょっちゅう胸騒ぎを感じるという人は、心が純粋な証拠ともいえるでしょう。

④自然を大切にしている人

④自然を大切にしている人

普段から自然を大切にしている人は、自然との調和を大切にしているため、胸騒ぎなどのメッセージも受け取りやすくなっています。

自然との触れ合いは言葉を介することはありません。

言葉ではなくちょっとした自然の変化などを敏感に察知することで、自然の変化に気付くことができるのです。

このように言葉以外のコミュニケーションを普段から大切にしている人は変化の予兆などを察知しやすく胸騒ぎも当たりやすい人が多くなっています。

⑤スピリチュアルなことに関心の高い人

⑤スピリチュアルなことに関心の高い人

スピリチュアルな物事というのは、無関心な人からすると胡散臭いと感じる部分もあるものです。

そのため、スピリチュアル的なメッセージを否定的にとらえてしまい、良い面を見ようとはしません。

自分の五感が絶対で五感を超えたり人智を超えるような事に対して心を閉ざしてしまっているため、メッセージを送ろうとしても受け取り不可の状態になってしまっています。

スピリチュアルなことに関心の高い人というのは、五感以外の感覚や、人智を超えた事象も受け止められる覚悟あるため胸騒ぎなども当たりやすい傾向にある人が多くなります。

胸騒ぎがして落ち着かない!胸騒ぎのスピリチュアルな対処法

胸騒ぎがして落ち着かない!胸騒ぎのスピリチュアルな対処法

胸騒ぎが一瞬であればいいのですが、長時間続く場合は、放置しておくわけにはいきません。

その場合は何らかの対処をする必要があります。

胸騒ぎがおさまらない時の対処法を6つご紹介しますので、胸騒ぎおさまらない時に試してみてくださいね。

①瞑想する

①瞑想する

瞑想というのは、思考を遮断し、気持ちを落ち着けるには最高の手段です。

それほど本格的な瞑想ができなくてもかまいません。

一番簡単な方法は、椅子やソファーなど自分が楽になれる体制をとって、ただただ呼吸に集中することです。

息を大きく吸って、大きく息を吐く。

これを繰り返すだけで思考は自然とやみ、自分の気持ちに集中することができます。

また瞑想は自律神経を整えてくれたり、普段の思考を整理しやすくなるなど効果はさまざまです。

胸騒ぎがした時だけでなく、普段から取り入れてみるのもいいかもしれません。

②お祈り・祈願祈祷する

②お祈り・祈願祈祷する

普段から何かを信じている場合は、その対象に対してお祈りしましょう。

対象は神様でも、守護霊さまでも、なんでもかまいません。

特に何かを信心しているわけではないなら、神社やお寺などでお祈りや祈願することでもかまいません。

お祈りをすることで心が穏やかになり、結果的に胸騒ぎがおさまることもあります。

「信じる者は救われる」ともいうように一心にお祈りするのも胸騒ぎをおさめる一つの方法です。

③アロマを炊く

③アロマを炊く

アロマを炊くのも胸騒ぎをおさめるのにいい方法です。

香りは脳にダイレクトに届くために香りの作用で気分を落ち着かせることができるのです。

特にアロマに使われる精油には、さまざまな作用をするものが含まれています。

  • テルペン類:消毒・鎮静・抗炎症作用
  • アルデヒド類:鎮静作用
  • エステル類:鎮静・抗炎症作用

このような作用が働き脳から鎮静を促す効果があるのです。

特に胸騒ぎがしたり、気分が落ち込んだ時には、下記のような香りがオススメです。

  • ラベンダー
  • ローズマリー
  • ベルガモット
  • ゼラニウム
  • ジャスミン

アロマの香りには好き嫌いがありますので、あなた自身に合った香りを見つけてみてくださいね。

④深呼吸をする

④深呼吸をする

瞑想ほどではありませんが、深呼吸も気持ちを静めてくれるのに効果抜群の方法です。

瞑想できるような状況ではない時などは、深呼吸するだけでも気持ちは静まりやすくなります。

深呼吸する時にはそれほど難しく考えず、息を吸ってはいてをただ繰り返すだけで大丈夫です。

胸騒ぎや心のモヤモヤをクリアにするようなイメージで深呼吸すれば、不思議と気持ちも落ち着いてくれますよ。

また深呼吸であれば、場所を選ばないのでいつでも利用できるというのも大きな魅力ですね。

⑤素数を数える

⑤素数を数える

瞑想しようにも、深呼吸しようにも、どうにも雑念が湧いてきて全然気持ちが静まらないという場合は、素数を数えるのもいいですよ。

素数というのは「1・3・5・7・11」などの1以外に割り切れない数字をいいます。

素数を数える場合には、ある程度数字に集中しなければならなくなるため、雑念に邪魔される心配が少なくなります。

普段から思考のおしゃべりがひどいという人は素数を数えてみると静まってくれるかもしれませんよ。

⑥ノートに素直な思いを書く

⑥ノートに素直な思いを書く

胸騒ぎや不安などは漠然としていてどう対処していいか迷うものです。

そんなときはノートなどに自分の言葉を思いつくままに書いてみましょう。

自分の心の中の言葉を書き出し視覚化することで、内容を把握できますし、またその言葉の中にあなたへのヒントが含まれている場合もあります。

誰に提出する必要もないので、あなたの言葉を思いのままに書き出してみましょう。

書き出して胸騒ぎがおさまったならそれでいいですし、おさまらないならノートの内容を見返してみましょう。

あなたの胸騒ぎの答えが書いてあるかもしれませんよ。

胸騒ぎの種類別・感覚別で見るスピリチュアルな意味

胸騒ぎの種類別・感覚別で見るスピリチュアルな意味

胸騒ぎと一言にいってもいろいろなものがあります。

いい胸騒ぎもあれば、悪い胸騒ぎもあります。

ここでは感覚別のスピリチュアルな意味について解説していきます。

いい予感がする胸騒ぎのスピリチュアル意味は「チャンス」

いい予感がする胸騒ぎのスピリチュアル意味は「チャンス」

胸騒ぎというのは誰かがあなたに何かを伝えたという証拠になります。

そのメッセージに気付く事で幸せを引き寄せるチャンスが訪れます。

誰かがあなたに好意を寄せているけれど、なかなか伝えられないのかもしれません。

あなたに大きな変化が訪れようとしてそれを事前に察知した守護霊やハイヤーセルフがあなたに変化を事前に教えてくれようとしているのかもしれません。

いずれにせよ、気付くことであなたはその物事に対して事前に準備することができるのです。

チャンスを逃さずあなたの幸せのきっかけにしてくださいね。

嫌な予感がする胸騒ぎのスピリチュアル意味は「注意喚起」

嫌な予感がする胸騒ぎのスピリチュアル意味は「注意喚起」

注意喚起というと社内文書のようになってしまいますが、これから起こる災難に対して気を付けるようにという注意のメッセージを胸騒ぎとして受け取っているのです。

本来であれば具体的な言葉で受け取れればいいのですが、受け取る側にメッセージを解読する余裕がないため胸騒ぎとして受け取っているのです。

何が起こっても大丈夫なように、まずは心を落ち着けましょう。

心に余裕がないと些細なトラブルでも動揺してしまい、思わぬ失敗をしでかしてしまうこともあるからです。

嫌な予感を感じた時は、第一にあなた自身の気持ちを落ち着けるよう心がけてくださいね。

動悸を伴う胸騒ぎのスピリチュアル意味は「霊的トラブル」

動悸を伴う胸騒ぎのスピリチュアル意味は「霊的トラブル」

胸騒ぎだけではなく、動機も伴う場合には少し注意が必要です。

何か霊的なトラブルに巻き込まれてしまっている可能性があるからです。

最近、心霊スポットや何か嫌な感じがする場所に行ったことがある場合には、高い確率で何か霊的なトラブルを引き起こしています。

早急に神社やプロの方に相談するようにしましょう。

また健康面にも不調が出ている場合には、病院の受診をするなど現実的な対処も忘れないようにしてくださいね。

まとめ

まとめ
  • 胸騒ぎのスピリチュアル的な意味は、予兆、守護霊からのメッセージ、誰かの死期を察知、直観力のトレーニングなどがある。
  • 恋愛面での胸騒ぎには、復縁の前兆、運命の出会い、恋の予感などの意味がある
  • 胸騒ぎが当たる人の特徴は、直観力・神通力が高い人、純粋な人、自然を大事にする人、スピリチュアルに関心がある人の5つ
  • 胸騒ぎの対処法は瞑想、お祈り、アロマ、深呼吸、素数を数える、ノートに書き出す方法が有効

今回は胸騒ぎがする場合のスピリチュアルな意味についてご紹介していきました。

胸騒ぎと一言にいっても色々なものがあります。

あなたの状況やあなた自身について一度ゆっくりと見つめなおしてみてください。

胸騒ぎというのは危険を知らせる場合もありますが、一ついえるのは危険はまだ起こっていないという事です。

事前に然るべき対処をすれば未然に危険を防ぐことができるかもしれません。

今回の記事の内容を参考にして、一度あなた自身を見つめなおす機会にしてみてくださいね。

コメント