【神クラス】守護霊が強い人10の特徴!最強は?神様もいる?

【神クラス】守護霊が強い人10の特徴!最強は?神様もいる?

皆様は、目には見えていない守護霊という存在を信じていますか?
中には、危険や難を逃れたりするような不思議と運が良い人たちがいて、そのような人たちは守護霊に守られているといわれています。
今回は、守護霊が強い人の特徴を10つと、守護霊の種類、守護霊の中には神様もいるのか?などについて紹介したいと思います。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

守護霊が強い人の特徴10つ

この項目では、守護霊が強い人の特徴を10つ紹介したいと思いますので、自分にあてはまっていること、もしくはできそうなことがあれば参考になさってみて下さい。

①感謝の気持ちを持てる

守護霊が強い人の特徴の1つめは、感謝の気持ちを持てることです。
守護霊が強い人は、仕事の同僚、友達や家族など、全ての人たち(こと)に感謝の気持ちを持てるといわれています。
人は1人で生きているのではなく、周囲の人たちのサポートなどもあり、お互いに支えあって生きていますので、感謝の気持ちを持つことは大切なことです。
また、毎日無事に暮らせていることに感謝することができる人は、守護霊からのメッセージやサインも受け取りやすくなるとされています。

②ご先祖さまを大切にする

守護霊が強い人の特徴の2つめは、ご先祖さまを大切にすることです。
お墓参りをしたり、仏壇に手を合わせたりなど、ご先祖さまを大切にすることは、守護霊を大切にすることに繋がることもあるといわれています。
遠くてお墓に行かれない場合や、仏壇が自宅にないという場合には、ご先祖さまのことや昔のことを心の中で思い出すだけでも供養になり、守護霊との繋がりも強くなるとされています。

③命を大切にできる

守護霊が強い人の特徴の3つめは、命を大切にできることです。
人は、この世に生を受けていますので、命は1番大切にしなければならないものとされています。
全ての命を尊いものとし大切にすることができる人は、守護霊に守られやすいといわれており、逆に、人や自分よりも弱い動物の命を奪おうとしたり粗末に扱う人は、守護霊からは守られないとされています。

④綺麗好きである

守護霊が強い人の特徴の4つめは、綺麗好きであることです。
部屋が片付いていない状態は、気の流れを止めてしまいますので、風水上では運気を上昇させることができないといわれています。
守護霊の場合も同じで、守護霊から守られたい、メッセージやサインを受け取りたいと思ったときは、まずは部屋の片付けをすることが大切です。
部屋を綺麗に掃除することや、不要なものを捨てることにより、邪悪なものを浄化できたり、運気の上昇を引き寄せることができるとされています。

⑤チャレンジ精神が旺盛である

守護霊が強い人の特徴の5つめは、チャレンジ精神が旺盛であることです。
守護霊が強い人は、新しいことにチャレンジして、日々の生活をいきいきとさせることができる明るくて前向きな人が多いといわれています。
自分の人生を楽しく充実させることも、生まれてきた使命の1つですので、チャレンジ精神を忘れずに精力的に生きていくことが大切です。

⑥ネガティブな感情を持たない

守護霊が強い人の特徴の6つめは、嫉妬や憎しみなどネガティブな感情を持たないことです。
人というのは、自分と比べて誰かを羨ましく感じるという気持ちを少なからず持っていて、どうせ自分なんか、自分はこんな感じだからなどと、自分に対してネガティブな気持ちになりやすい傾向にあります。
ネガティブな気持ちでいると、守護霊からのメッセージを素直に聞き入れることができなくなるため、守護霊がいないのと同じ状態になってしまうこともあります。
守護霊から守られたい、メッセージやサインを受け取りたいと思ったときは、ネガティブな感情に心を支配されないことが大切です。

⑦素直で謙虚である

守護霊が強い人の特徴の7つめは、素直で謙虚であることです。
素直な人は、どのようなことでも疑うことなく、受け入れることができる強さを持つという特徴があります。
守護霊はいない、守護霊は守ってくれないと疑うような人には、守護霊はサポートするためのメッセージやサインを送ることはないとされています。
素直な心を持つことで、守護霊が導くままに、良い人生を送ることができるようになるといわれています。
また、謙虚な人は、感謝の気持ちを持てるという特徴があります。
自分の周りにあるもの(こと)や自然、周囲の人たちに助けられて生かされているということを理解して、感謝の気持ちを持つことが大切です。

⑧直感が鋭い

守護霊が強い人の特徴の8つめは、直感の鋭いことです。
直感の鋭い人は、不意な胸騒ぎがや、虫の知らせをよく感じる人のことをいいます。
守護霊は人の言葉でメッセージやサインを送るのではなく、直感に働きかけたり、周りの環境に送ったりするといわれていますが、直感の鋭い人は、それらを自分へのメッセージやサインだととらえることができ、自分の直感に従って行動するべきだという判断ができるといわれています。

⑨心に余裕がある

守護霊が強い人の特徴の9つめは、心に余裕があることです。
人は、何においてもミスや過ちをするものです。
周囲の人たちがミスや過ちをしたことで、自分が問題に巻き込まれてしまったとしても、許すことができるという人は、心に余裕があったり、人としての器が大きいといわれています。
また、どのようなときでも、他の人たちの成功を喜べるという人も、心に余裕がある人です。
心に余裕がある人は、警告なのか、すぐにやるべきことなのかなど、守護霊からのメッセージやサインが持つ意味について冷静に考えて、行動に移すことができるとされています。

⑩逆境に負けない

守護霊が強い人の特徴の10つめは、逆境に負けないことです。
人生は、大小さまざまなことが起こります。
問題が起きたときに、自分だけで解決しようとする人、周囲の人たちに協力を求める人、諦めてしまう人など、人はぞれぞれ違う行動を起こすかと思われます。
あなたに起きたトラブルや困難は、守護霊があなたに与えた試練である可能性もありますので、守護霊が強い人になりたいと感じている場合は、前向きに取り組んでいくことが大切です。
どのような逆境におかれても、前向きに頑張って試練を乗り越えることができれば、守護霊は幸運を授けることがあるといわれています。

守護霊とは

守護霊とは、あなたのそばにいて護ってくれている霊のことで、メッセージやアドバイスを送って正しい方向へと導いてくれたり、試練を与えることで、あなたの魂を成長させようとしてくれる存在のことを示します。
守護霊は、ご先祖さまやスピリチュアル的といわれる自然のものなどが多く、一般的に、災難や危険から護ってくれる良い霊だといわれています。
また、守護霊は、ソクラテスの危機を救ったガーデンスピリットなど、外国でも古代からその存在を信じられています。

守護霊の種類

守護霊は5つの種類に分かれているといわれています。
この項目では、5つの守護霊たちがどのような特徴を持っているのかについても紹介したいと思います。

主護霊

守護霊の中で最もパワーが強いのが、主護霊(ガーディアン・スピリット)です。
主護霊は、約400年前に他界したご先祖さまであることが多く、基本的には同性の主護霊がつくという特徴があります。
また、主護霊は、あなたが産まれる前から護ってくれている存在で、亡くなりあの世に帰ったときにも迎え入れてくれるという役割があります。
主護霊のパワーが強いといわれるのは、生前に権力やお金を持っていた主護霊がつけば、同じように権力を持ち、お金に困ることがない人生を送ることができたりなど、宿命に関わる部分が大きく、あなたの人生は、どのような主護霊がついたのかによって変わってくるからだとされています。

指導霊

指導霊(ガイド・スピリット)は、仕事や趣味などを指導するという特徴がありますので、あなたが、デザイナーや画家であれば芸術家の指導霊が、スポーツ選手であればスポーツ選手の指導霊がつくといわれています。
指導霊に関しては、高級から低級指導霊まで幅広い種類の指導霊がいて、あなたの才能や適性に合うご先祖さまがいない場合は、別の人が指導をするという特徴があります。
また、高級指導霊がつくと、あなたの才能や適性も高くなるといわれていますが、指導霊との相性が悪い場合は、指導霊が変わることもあります。
才能は自分の中にあるものですが、高級指導霊の指導についていける才能を維持するためには、自分自身の努力も必要になるということです。

支配霊

支配霊(コントロール・スピリット)は、どの土地で、どのような環境で暮らすのか、パートナーとの出会いや結婚など、あなたの人生や運命をコントロールするという特徴があります。
あなたの人生や運命をコントロールするときに、あなたの魂を成長させるために必要な試練を与えることもあるといわれています。

補助霊

補助霊(ヘルパー・スピリット)は、主護霊・指導霊・支配霊の不足している部分を補い、サポートをするという特徴があります。
補助霊は、祖父母など近いご先祖さまや、あなたのことを知っている存在がつくことが多いといわれています。

自然霊

自然霊とは、精霊や天使など、この世で姿を持たない存在だといわれていて、使命によって4つに分かれます。
どのような特徴を持つ人が、自然霊に護られるのかを紹介したいと思います。

天狗(山の神)

芸術家肌で、才能に満ち溢れていますが、周囲の人たちに誤解される部分があるといわれています。また、どのようなことでも乗り越えられる強さと度胸を持っています。

稲荷(食べ物の神)

庶民的で世間から愛される人といわれています。また、好奇心が旺盛で、器用な面がありますので、同時に複数の趣味を楽しんだりできる傾向にあります。

龍神(水の神)

冷静で決断力があり、人から頼られることが多いため、カリスマ性があるリーダータイプという特徴があります。

弁財天(芸術の神)

頭脳明晰な人が多いといわれています。また、母性のような思いやりや優しさを持つという特徴があります。

強い守護霊の例

この項目では、強い守護霊の種類を紹介したいと思います。

武士

守護霊は、人をどのように教育するか、導くかという重要な使命を持ちますので、武士道でストイックに心を磨いて高めることに努めた武士階級が多い傾向にあります。
そのため武士の守護霊は、何かの目標や使命に向かって進んでいるときに、精神が強くなるように力を貸してくれたり、サポートしてくれたりするといわれています。

巫女

巫女は、日本の神に仕えることから、心身ともに健康である女性のことであり、能力は、主護霊などとの交信のために、補助霊や精霊などを自分の身体に招き入れて、霊の言葉を直接伝えるという霊媒型(憑依型)で、日本のシャーマンと呼ばれています。
古くは卑弥呼のように、国を治める地位だったこともありますので、人々の生活に必要な能力であるといわれています。

天狗

天狗は、手に天狗のうちわと呼ばれるヤツデの葉を持ち、翼を使って空を飛ぶとされていて、赤ら顔なのは酒豪であることが多く、顔つきは、人に屈することを嫌う高慢な考えの表れと伝えられています。
天狗は、各地の山岳の守護として霊的なエネルギーを持ち、人々に影響をもたらしているといわれています。

守護霊が強いとどういうメリットがあるの?

ここまで、守護霊とは、どのような霊なのか、種類や特徴について説明してきました。
この項目では、守護霊が強いとどういうメリットがあるのかを紹介したいと思います。

守ってもらえる

メリットの1つめは、守ってもらえることです。
守護霊は、事故や怪我、悪い霊がとりつきそうになったときなどに、身を守ってくれる存在です。
誰でも一度は、事故に巻き込まれそうになったり、怪我をしそうになったりしたことがあるかと思われます。
安全に車を運転していたが、相手側の車が衝突してきたなど、自分では危険なことはしていなくても、相手側から危険がやってくる場合もあります。
そのような事件や事故が毎日のように起きていますが、自分が巻き込まれなかったのは、守護霊によって守られている状態だと考えることもできます。

守護霊からの警告・サイン・メッセージを貰える

メリットの2つめは、守護霊からの警告、サイン・メッセージをもらえることです。

警告のサイン

守護霊は、警告的な意味を含むサインを送ってくるといわれています。
警告や危険のサインは、夢に現れるなど比較的わかりやすい形で送られてくることが多く、自分の感受性を高めるだけで、簡単に気がつくことができるとされています。

運気上昇のサイン

守護霊は、普段は行かないような場所で昔の友達と再会した、テレビをつけたら自分が知りたかった情報を得られたなど、偶然を用いて運気上昇のサインを送ってくることがあるといわれています。
ひとつひとつの出来事は小さなものでも、意識を集中して考えてみると、運気上昇の良い流れが自分に来ていることを感じることができますので、守護霊からのサインに感謝の気持ちを持つことが大切です。

人生の転機のサイン

守護霊は、人生の転機のサインを送ってくることがあるといわれています。
仕事、恋愛関係、日々の生活の中で、そのときはチャンスがきているとは思わずに、後から、あのときに、あのようにしておけば良かったと後悔することは誰にでもあるとされています。
守護霊は、そのようなチャンスを知らせるために何かしらのメッセージやサインを送ってくることがありますが、見逃してしまっている人が多いといわれています。
人生の転機というのは、大きなことが起きて一夜にして全てが変わるというわけではなく、いくつもの小さな出来事の積み重りが、人生の転機に繋がっているとされていますので、チャンスがきたと思ったときは、しっかりと考えて決めることが大切です。

神クラスの最強守護霊=守護神の例を○つ紹介

この項目では、神クラスの最強守護霊、守護神の例を3つ紹介紹介したいと思います。

お釈迦様

三大聖人といわれているお釈迦さまは、約2600年前に、インド北部で釈迦族の王子として生まれ、シッタルタと名付けられました。
人は、元気で楽しい日々を過ごしていたとしても、やがて老・病・死によって苦しまなければならないということを知ったシッタルタは、それらの苦しみが訪れようとも変わらない幸福を求めて29歳で出家しました。
そして6年間の厳しい修行の末、35歳で仏のさとりをひらき、80歳で亡くなるまでの45年間、仏のさとりで知らされたことを多くの人に説いてまわりました。
その45年間、お釈迦さまが仏として説かれた教えのことを、仏教といいます。
お釈迦さまが教えを説いている姿でモデルとして造られた釈迦如来は、生きとし生きるものを苦しみから救うといわれています。
右手は胸のあたりで手のひらを見せる施無畏印(せむいいん)、左手は降ろした状態で手のひらを見せる与願印(よがんいん)を結んでいます。
これは、根分別(ねふんべつ)と呼ばれるもので、恐怖を取りのぞき、相手の願いを聞き届ける姿勢を表しているとされています。
https://1kara.tulip-k.jp/buddhism/201104291.htmlより一部抜粋

天照大御神様

日本の最高神である天照大御神様は、太陽を神格化した女神様で、太陽神の性格と巫女の性格を併せ持つといわれています。
昔から米作りなどの農業が盛んな日本にとって、恵みをもたらす太陽は何よりも大切にされ、お日様という言葉にもその思いが込められています。
天照大御神様は、さまざまな福徳・招福のご利益があるとされており、主に国土安泰・子孫繁栄・五穀豊穣・開運などがあります。
日本全土が領域であり、皇室の祖神となるとともに、信仰にかかわらず日本人を一族と考えて、天照大御神様が総氏神として守ってくれています。
https://powerspot-quest.com/manners/amaterasuより一部抜粋

龍神

龍神は、選ばれた人を守る最強守護霊で、つかれた人は、運気が上昇し大成功を収めることができるといわれています。
五穀豊穣や金運など豊かさを司る神様ですので、必要なときに雨を降らせ、土壌に潤いと栄養を送り、農作物や植物を実らせるとされています。
龍神は、実年齢は関係なく、目標を達成させるためなら、失敗したとしても努力を惜しまない人、また、水を司る神様でもありますので、水をよく飲み身体を浄化させている人、雨女・雨男などにもついて守るといわれています。

より詳しく守護霊を知りたい人は電話占いで相談

電話占いでは、あなたの望む守護霊を呼ぶことまではできませんが、守護霊を鑑定したり、メッセージを受け取ることは可能ですので、より詳しく自分の守護霊を知りたい人は、自分と相性の良い霊能力を持つ占い師や鑑定士に相談してみるという方法をおすすめします。
電話占いでしたら、ご自宅にいながら、好きな時間に電話で相談ができますし、初回無料もありますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

守護霊に関するよくある質問Q&A

Q
守護霊がいないことはある?
A

守護霊がいると信じている人たちは、60%に達するとされていますが、いない、信じていない人たちは、守護霊は生きている人間が作り出し科学的に証明されていないから、目に見えない存在だからなどの理由から否定しているようです。
守護霊に守られていないくても、自分で自分の人生を選び歩んでいくという考えも、守護霊に守られていることを感じながら日々暮らしていくという考えも、どちらの考え方も間違いではないといわれています。
ただ、スピリチュアルな視点では、守護霊がいないことはあるといわれています。
守護霊は守る必要がないと判断したときに、一時的にその人から離れることがあり、また必要なときがくれば戻るとされています。

Q
強い守護霊と弱い守護霊で何が違う?
A

強い守護霊と弱い守護霊の違いの1つめは、決断力です。
強い人は、決断するタイミングが早いという特徴がありますが、弱い人は決断力があまりないという特徴があります。

強い守護霊と弱い守護霊の違いの2つめは、チャレンジ精神です。
強い人はチャレンジ精神が旺盛であるという特徴があります。
弱い人は、できるだけトラブルを回避したいという傾向があるため、チャレンジすることはほとんどないという特徴があります。

強い守護霊と弱い守護霊の違いの3つめは、失敗の捉え方です。
強い人は、失敗はチャンスのはじまりと考える特徴がありますが、弱い人は、失敗を自分のせいだと責める気持ちが強くなるという特徴があります。

また、運が良い人もいれば、運が悪い人もいます。
運が良い人というのは、守護霊との相性が良い場合が多いため、守護霊からのメッセージやサインを受け取りやすい傾向にあります。
守護霊との相性が悪く、守護霊からのメッセージやサイン受け取ることができないという人は、守護霊の強さ弱さとは関係なく、守護霊がいないのと変わらない状態であるとされています。
守護霊からのメッセージやサインを受け取ることができなければ、運気が上昇することはないといわれています。

まとめ

今回は、守護霊が強い人の特徴を10つと、守護霊の種類、守護霊の中には神様もいるのか?などについて紹介してみましたが、いかがでしょうか?

守護霊とは、あなたのそばにいて護ってくれている霊のことで、メッセージやアドバイスを送って正しい方向へと導いてくれたり、試練を与えることで、あなたの魂を成長させようとしてくれる存在のことです。

守護霊が強い人の特徴は、
・感謝の気持ちを持てる
・ご先祖さまを大切にする
・命を大切にできる
・綺麗好きである
・チャレンジ精神が旺盛である
・ネガティブな感情を持たない
・素直で謙虚である
・直感が鋭い
・心に余裕がある
・逆境に負けない、の10つがありました。

守護霊の種類は、主護霊・指導霊・支配霊・補助霊・自然霊の5つがあり、それぞれの特徴も分かりました。
守護霊の中には神様もいるのか?については、お釈迦様・天照大御神様・龍神がいらっしゃいます。

守護霊は全ての人についていて、いつも見守ってくれている存在です。
あなた自身が、直感力を磨き、前向きに生きることで、守護霊からのメッセージやサインを受け取りやすくなるといわれています。
また、守護霊から守られていると感じたときは、いつも見守ってくださってありがとうございますと、心の中で感謝の気持ちを伝えることが大切です。

この記事が少しでも、皆様のお役にたてれば幸いです。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント