【リーディング例】ソード2のタロットカードの意味・特徴!正・逆位置

【リーディング例】ソード2のタロットカードの意味・特徴!正・逆位置

ソードのエースでは、険しい道を切り開き、自分の正義を見いだしました。ソードの2では、その意志を貫くために、さまざまな選択を余儀なくされます。

自分の意志を貫くために、他人を寄せ付けたくない気持ちや、一人では夢は実現できない現実。決断をせまられても大きな決定打がない様子。

いろいろなことを考え、葛藤し、漠然とした不安に包まれながらも平静を装う。このカードには、そんなメッセージが込められているのです。

タロット鑑定師。占いが大好きで二年間大学を編入し、民俗学の研究も。常に新しい講座などを受講し勉強中です。

普段は鑑定のお仕事よりもメンタルカウンセリングや占いのコラムをメインに執筆しています。個人鑑定はこちらからどうぞ。

薪雅(マキミヤビ)をフォローする

タロットソードの2の絵柄の意味

ソードの2のカードを良く見てみると、剣を胸の前でクロスさせている女性がいます。これには二つの意味があります。一つは理性と感情のバランスを保ちながら、自分の内面の世界(心)を見つめようとしていること。もう一つは、他人との関りを持ちたくないという周囲に対するアピールであり、心を閉ざしていることをあらわしているのです。
また、空に浮かぶ月は「心」をあらわす天体で、ソードは風のエレメントであることから知性や理性を示し、感情と理性のはざまで揺れている状況を暗示しています。遠くに見える大陸は目的地で、これら二つの調和が取れた時に、目的地にたどり着けるのです。

タロットソードの2のカードの意味・キーワード

タロットソードのエース「正位置」の意味

「ソードの2」は正位置では、バランス、調和、静寂、自己防衛、試練、受け身、感受性などを意味します。自己主張はせずに、表面的には周りと合わせて、調和を取ろうとしている様子をあらわしています。そのため、大きな問題の根本的な部分が解決できていない、そんな不安が付きまとうことも暗示しているのです。

タロットソードの2「逆位置」の意味

「ソードの2」は逆位置では、不安、不信、動揺、詐欺、失望、不倫、葛藤、盲目的などを意味します。理不尽や一方的に不公平な扱いを受けたことによって、相手に対して失望や諦めの感情を抱くことをあらわしています。また、そのことがきっかけとなり、これまで我慢してきた気持ちを相手にぶつける可能性があることも暗示しています。

【悩み別】ソードの2正位置のリーディング例とアドバイス

表面的なバランスをあらわす「ソードの2」。
このカードが正位置に出た場合には、どのような意味を持つのでしょうか。
シチュエーション別にリーディングの例とアドバイスを見て行きましょう。

【ソードの2正位置】恋愛相談のリーディング例

周囲の人たちからは「相手となんでも話し合え、お互いに分かり合えるカップル」と思われていそうです。しかし、実際には葛藤や悩みがあっても、それを口には出さずに、平静を装っているのではないでしょうか?どこかのタイミングで自分の意見を言わないと、恋に疲れてしまう暗示です。嫌われることを恐れずに、自分の気持ちを大切にすると良いでしょう。

【ソードの2正位置】出会いのリーディング例

あなたは今、「出会いが欲しいなぁ…」と思いながらも、実際には仕事や家庭など、他のことに時間を奪われてはいませんか?今は出会いがあっても、あなたはそれに気が付く余裕がない時期でしょう。

【ソードの2正位置】時期のリーディング例

感情を挟まずに合理的に判断する事柄には、向いている時期といえます。例えば、二者択一のような判断や、決断をしなければならない時。この時期にすることによって、より良い選択をすることができるでしょう。

【ソードの2正位置】相性のリーディング例

適度な距離を保てるカップルのようです。お互いが相手に会わせることができるので、トラブルの少ない平和な交際を続けることができるでしょう。

【ソードの2正位置】浮気のリーディング例

パートナーとの浮気を鑑定すると、その可能性は高いかもしれません。まだ、浮気とまではいかなくても、二人の異性の間で心が揺れているかもしれません。しかし、確信を持つまでは、態度にあらわさない方が良いでしょう。

【ソードの2正位置】片思いのリーディング例

あなたがもし、片思いで悩んでいるのならば、様子を見ながら少しずつ距離を縮めると良いでしょう。今の時期に衝動的な行動を取ってしまうと、後の後悔につながりそうです。

【ソードの2正位置】相手の気持ちのリーディング例

お相手は今、他の人のことを考えるほど、気持ちに余裕がなさそうです。仕事と恋愛など、やるべきこと、考えることが多すぎて、両立するのに苦労している時期のようです。今は程よく距離を保ち、親しくなれるタイミングを待つと良いでしょう。

【ソードの2正位置】結婚のリーディング例

お互いの予定や事情を考えながら、着実に結婚へと進んでいけそうです。結婚後も家族がそれぞれのプライベートを守りながら、つつがなく暮らしていけるでしょう。

【ソードの2正位置】仕事のリーディング例

仕事に私情や感情を入れずに、冷静に対応することができるので、ライバルや苦手な相手とでもスムーズに商談や協力をすることができるでしょう。ただ、その人当たりの良さが裏目に出てしまい、トラブルの多い現場へばかり派遣をされてしまうことも…。常に板挟みのような状態に陥る可能性も非常に高いので、注意が必要です。

【ソードの2正位置】健康のリーディング例

まわりには精神的に安定した穏やかな人、と思われがちですが、実際には無理をしていることが多いようです。心が疲れていると感じたら、アロマテラピーや森林浴など、自然のエネルギーを体に取り入ると良いでしょう。

【ソードの2正位置】金運のリーディング例

臨時収入などの大きなラッキーは期待できませんが、必要なお金が必要なだけ入ってくる安定した金運のようです。収支のバランスを考えて上手くやりくりする能力に長けていそうです。

【ソードの2正位置】復縁のリーディング例

あなたたちはお互いに、なぜ別れることになったのか「本当の理由」をわからないまま別れてしまったようです。もし、お相手との復縁を望むのであれば、表面上だけでなく、別れた本当の理由について考えなくてはなりません。

【ソードの2正位置】過去のリーディング例

あなたはこれまで、はっきりとしない状況のなかで、どうにかバランスを取ろうと懸命に努力してきたのではないでしょうか?それは人間関係や恋愛、物事に対しても、あなたが向き合ってきたものの中にあるようです。

【ソードの2正位置】現在のリーディング例

あなたははっきりしない状況の中で、バランスを取るために、本意ではなくても、どうにか表面上は合わせるように努力を重ねてきたようですね。それは現在も続いていて、この先も見通しがつかないことに不安を感じているのではないでしょうか?

【ソードの2正位置】未来のリーディング例

あなたが今向き待っている問題は、将来的にあなたの希望している通りにはいかないようです。そのため、表面上だけ合わせて、これでいいのだと自分自身で納得させることになるでしょう。そう言うと、残念な結果に感じられますが、そのころには心も落ち着き、感情的にも割り切れるようになっているので、そう悪い結果というわけではありません。

【ソードの2正位置】妊娠のリーディング例

あなたは今、妊娠に憧れる傍ら、現実的にはまだやるべきことがたくさんある、と感じているのではないでしょうか?仕事と妊娠など、天秤にかけるものがあるうちは、すこしタイミングは遠のいているようです。焦らずに待つと良いでしょう。

【悩み別】ソードの2逆位置のリーディング例とアドバイス

逆位置では、不審や失望をあらわす「ソードの2」。
このカードが逆位置に出た場合には、どのような意味を持つのでしょうか。
シチュエーション別にリーディングの例とアドバイスを見て行きましょう。

【ソードの2逆位置】恋愛相談のリーディング例

あなたは今、本意ではない選択をしてしまい、そのことが原因で、お相手と距離ができてしまったようです。もし、相手のことを思って、間違えた選択をしたり、嘘をついてしまった時には、正直に謝ることが大切です。このまま、嘘やごまかしを通そうとすると、他の第三者の人まで巻き込んで、事態が大きくなってしまいます。そうなる前に勇気を出して、問題について話し合うと良いでしょう。

【ソードの2逆位置】出会いのリーディング例

今の時期におとずれる出会いはあなたにとって、良い出会いとは言えないようです。それは、お相手に問題があるわけではなく、今の時期のあなたは恋に盲目的に走ってしまう可能性が高いからです。そのことから、一方的に尽くしているだけの悲しい交際に発展しかねないので、十分な注意が必要です。

【ソードの2逆位置】時期のリーディング例

何かを決定するのには、向かない時期です。今の環境で何か大きな決断をしようとすると、相手を尊重しすぎてしまい、正しい判断ができない状態を暗示しています。この時期の決断は後々にも、不公平に感じることが残ってしまうので、できるだけ避けた方が良いでしょう。

【ソードの2逆位置】相性のリーディング例

二人の相性はあまり良いとは言えないでしょう。どちらか一方ばかりが尽くして疲れてしまったり、お互いが心の中では信じあえなかったり、気持ちの揺れることが多く起きてしまいそうです。また、同じ歩幅で歩くことも難しいので、相手についていけないと感じたら、気持ちをリセットするのも良いかもしれません。

【ソードの2逆位置】浮気のリーディング例

あなたのパートナーが浮気をしている可能性は、少しありそうです。しかし、もし、パートナーが浮気をしていても、それはお互いが疑心暗鬼になってしまったことが原因でしょう。

【ソードの2逆位置】片思いのリーディング例

あなたとお相手には、心の距離があるようです。あなたが努力をして、コミュニケーションを取る機会を作ってみても、進展しづらい状況のようです。しばらくは、お相手の様子を探っていた方が良いでしょう。

【ソードの2逆位置】相手の気持ちのリーディング例

お相手はあなたを恋愛対象として見てはいるのですが、誠意という視点から見ると少し曖昧な気持ちのようです。なんでもかんでも相手の言うことを聞いてしまうと、二人の間に上下関係が成り立ってしまうので、自分を大切にすることを忘れないように注意しましょう。

【ソードの2逆位置】結婚のリーディング例

結婚運はあまり良いとは言えないでしょう。お互いを信じることができず、結婚話が進んでも途中で断念する結果になることも…。しかし、上手く結婚へとつながっても、家庭のために犠牲になる可能性が高いでしょう。

【ソードの2逆位置】仕事のリーディング例

仕事運はあまり良いとは言えないでしょう。努力しても、それに見合った報酬を受けることができなかったり、不公平な扱いを受けたり、心が折れるような出来事をあらわしています。

【ソードの2逆位置】健康のリーディング例

先の見えない不安から、精神的に不安定になる可能性が高いでしょう。ネガティブな思考が止まらない時には、躊躇せずにカウンセリングなど受けて、早めの対処を心がけると良いでしょう。

【ソードの2逆位置】金運のリーディング例

不安やストレスから衝動的に散財してしまったり、悪徳商法に騙されてしまったり、詐欺にあう危険性が少しあるようです。心が弱っていると感じたら、信頼できる友人や家族に相談すると良いでしょう。

【ソードの2逆位置】復縁のリーディング例

今は復縁の時期ではないようです。もし、復縁のチャンスがきても、この時期の復縁はあなたにとって、良い未来へとはつながらないようです。良いタイミングがおとずれるまで、焦らないことが大切です。

【ソードの2逆位置】過去のリーディング例

あなたは自分の利益や立場だけを考えてしまい、まわりとの調和を考える余裕がなかったのではないでしょうか?そのことが原因で、これまでの信頼が崩れてきてしまったようです。

【ソードの2逆位置】現在のリーディング例

あなたは利己主義的な行動を取ってしまったことが原因で、まわりからの信頼が崩れ、逆にますます悪い環境になってしまったようです。頑張って努力しても、報われないことが多いのはそのためです。

【ソードの2逆位置】未来のリーディング例

あなたはこれまで、理不尽な扱いにも耐えて、懸命に努力を重ねてきたようです。しかし、状況は改善されず、将来的には、今の状態を続けることは難しくなるでしょう。続けるのか、やめるのか、大きな決断が必要となるでしょう。

【ソードの2逆位置】妊娠のリーディング例

今の時期は先に見えない不安で、心が乱れているようです。この時期に妊娠を考えても、不安が増すばかりでしょう。今は不安を取り除くことから始めてみると良いでしょ。生活、仕事、家庭…まずは、今の自分はどれが気にかかっているのか、それを見極めることから始めてみると良いでしょう。

まとめ

「ソードの2」の意味やリーディングはいかがでしたでしょうか?
タロットには大アルカナ、小アルカナとストーリーがあります。
ワンド(棒)からスタートした物語は、カップ(聖杯)を経て、ソード(剣)へときました。そして、この剣の物語は知性を象徴する「思考の世界」です。
私たちは生きて、生活をする限り、常に「選択をすること」に直面しています。
朝起きて服を選ぶのも、出かけるときに傘を持つか持たないかを決めるのも、すべて小さな選択をしているのです。小さな選択から、人生を揺るがすような大きな選択まで、この「ソードの2」は私たちが日常的にしている行為、そのものなのです。

コメント