【リーディング例】ワンドの2のタロットカードの意味・特徴!正/逆位置

【リーディング例】ワンドの2のタロットカードの意味・特徴!正/逆位置

身なりのきちんとした男の人が、片手に棒を、もう片手に地球儀でしょうか、球体をもって眺めています。

表情は良く見えないのですが、考え事をしているように感じられます。

その姿や棒(ワンド)には、一体どんな意味があるのでしょうか。

では、「ワンドの2」の正位置と逆位置の意味を、リーディング例やアドバイスと共に見ていきましょう。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

タロットカードのワンドの2とは

ワンドのカードは、情熱や生命力を表しています。

2は「調和」や「バランス」の意味があります。

「ワンドの2」のカードは、小さな達成と、それに伴う責任、更なる目標のための決意を表すカードです。

タロットワンドの2の絵柄の意味

一人の良い身なりの男性が、右手に地球儀を、左手に杖(ワンド)を持ち、遠くを眺めています。

城壁の上のような、山や湖を一望できる高い場所にいることから、この人物がある程度の地位にいる人物だということができます。

右手の地球儀は、過去に自分が収めた成功、小さな自分の世界を意味しています。

彼はそれを誇りに思いながら、夢が叶ってしまって少し寂しく思っています。

杖は二本あり、一本は左手で持ち、一本は壁に立てかけてあります。

壁の杖は彼が手にした世界を守る役目を意味し、持っている杖は、次の目標や野望を支えるもの、情熱を意味しています。

ワンド2のカードは、安定と不安定の二面性があります。

タロットワンドの2のカードの意味・キーワード

タロットワンドの2「正位置」の意味

達成、野心、熱意、目的、満足、小さい願望成就

自分の能力や努力が、周りから認められ、将来の可能性が無限に広がり始めます。

新しい人間関係が作られていき、その中で能力や才能を発揮する機会を得られます。

望みを叶えるためのチャンスが訪れ、果敢に挑戦することで、大きな一歩を踏み出すことができます。

タロットワンドの2「逆位置」の意味

障害、焦燥感、自信喪失、孤立、不安、苦難

周囲の状況が先に進んでしまい、自分の心がついていけません。

周囲の環境は次第に落ち着いていきますが、状況に満足できずに悩んでしまいます。

思ったように進まないことから、気力がなくなり、心が満たされずに不安になってしまいます。

【悩み別】ワンドの2正位置のリーディング例とアドバイス

守るか攻めるかを悩む「ワンドの2」のカード。

「ワンドの2」のカードが正位置で出た場合はどのような意味を持つのでしょうか。

シチュエーション別のリーディング例とアドバイスを見ていきましょう。

【ワンドの2正位置】恋愛相談のリーディング例

目標達成の暗示です。

自分を磨くのに適した時期ですので、それによって自信が付き、告白する勇気が出るでしょう。

または、進むかやめるかを選択するという意味もあります。

恋人候補をはっきりさせたり、パートナーと未来について真剣に話し合ったりする、いい機会になりそうです。

【ワンドの2正位置】出会いのリーディング例

これまでの努力がカギになります。

あなたが素敵な恋愛をするために、自分に磨きをかけてきたのなら、良いパートナーに出会えるかもしれません。

自信を持つことが、恋愛を引き寄せてくれるでしょう。

【ワンドの2正位置】時期のリーディング例

良い時期だと言えます。

このカードは目標を達成、ステップアップという意味を持ちます。

結婚や転職など、一つのゴールから次のステージに向かうようなことに、適した時期といえるでしょう。

【ワンドの2正位置】相性のリーディング例

良いと言えるでしょう。

二人で同じ理想を描くことができる関係です。

告白すれば両想いになれたり、連絡やデートの回数が増えたりと、一歩前進しそうです。

相手の方は、自分が主導権を握っていたいタイプのようなので、ほどほどに相手を立ててあげるとうまくいくようです。

【ワンドの2正位置】浮気のリーディング例

パートナーの浮気を占った場合、可能性がないとはいえません。

出世の為や、仕事の為など、何か自分にメリットがある場合、浮気をするかもしれません。

あなたが一番の理解者であり、いつも相談に乗るなどしておけば、その心配はなくなるかもしれません。

あなた自身の浮気を占った場合、望む恋愛が手に入るため、浮気の心配はないでしょう。

【ワンドの2正位置】片思いのリーディング例

告白のチャンスです。

自分を磨いてきたおかげで、今のあなたは自信にあふれています。

告白する勇気が沸き上がっていることでしょう。

相手の方も、あなたから声がかかるのを待っているようです。

行動力を発揮して、思い切っていきましょう。

【ワンドの2正位置】相手の気持ちのリーディング例

もっとあなたのことを知りたいと思っています。

相手の方は、あなたのことをとても魅力的な人だと思っていて、お互いを高めあって行けるような関係だと思っているようです。

ただし、自分がリードしていきたいタイプの人なので、ある程度、意見を尊重してあげると良いでしょう。

【ワンドの2正位置】結婚のリーディング例

とても良い運気です。

「ワンドの2」には、一つの目標の達成と、更なるステップアップの意味があります。

結婚という目標の達成と、そこから始まる新しい生活を意味しています。

周囲の人たちの祝福もあり、明るい未来への一歩を踏み出せそうです。

【ワンドの2正位置】仕事のリーディング例

うまくいくでしょう。

あなたの実績が認められ、出世やボーナスなど、目標を達成できます。

今のあなたはそれだけでなく、更に次なる目標に向かって努力ができます。

また、転職するのにも良い時期でしょう。

【ワンドの2正位置】健康のリーディング例

健康状態はバランスが取れていて良好です。

もっと健康になろうと、いろいろな健康法を取り入れてみたくなるでしょう。

新しい健康法によって、体質改善など、良い面も多いのですが、ストイックになりすぎると逆に疲労がたまってしまうので、そこは要注意です。

【ワンドの2正位置】金運のリーディング例

なかなかよいでしょう。

今まで積み重ねてきた努力に見合った報酬が得られるでしょう。

それは満足のいくもので、自分の頑張りを実感できるものとなります。

そのお金で、投資をするのもよいでしょう。

一つの成功が、次の成功へとつながります。

【ワンドの2正位置】復縁のリーディング例

あなたの努力次第で叶うでしょう。

周囲の人に協力してもらったり、マメに連絡したり、謙虚に振舞うなど、コツコツと努力しましょう。

誠実な思いを熱心に伝えれば、きっと相手の方に伝わります。

【ワンドの2正位置】過去のリーディング例

自分の能力や努力が評価され、将来の可能性が広がりました。

新しい人間関係が作られ、その中で自分の能力を発揮できる機会を得ることができました。

望みを叶えるためのチャンスに挑むことで、大きな一歩を踏み出すことができました。

【ワンドの2正位置】現在のリーディング例

理想と現実のバランスが取れています。

ようやく、将来の可能性が見えるところにいます。

まだ、先は長いですが、自信をもってスタートしましょう。

【ワンドの2正位置】未来のリーディング例

そう遠くない将来、目標を達成できるでしょう。

そのことによって、自分に自信が持てたり、更に先の目標が見つかったりするでしょう。

または、安全な現状をとるか、危険を承知で先の目標を目指すかの選択に迫られるかもしれません。

【ワンドの2正位置】妊娠のリーディング例

可能性はあるでしょう。

一つの目標達成という意味から、出産の意味にとることもできます。

二人の仲も順調で、健康状態も良い事から、妊活を続ければ可能性はあるでしょう。

【悩み別】ワンドの2逆位置のリーディング例とアドバイス

「ワンドの2」のカードが逆位置で出た場合はどんな意味があるのでしょうか。

シチュエーション別のリーディング例とアドバイスを見ていきましょう。

【ワンドの2逆位置】恋愛相談のリーディング例

うまくいかず、悩んでしまいそうです。

相手の方に対して、傲慢な態度をとったり、支配的な言動をとったりしてしまいそうです。

二人が続くよう、わかりあう努力をするのか、諦めて関係を終わりにするのかの選択を迫られるかもしれません。

【ワンドの2逆位置】出会いのリーディング例

あまり期待できないでしょう。

焦って探しても、いい人は見つかりません。

本当に自分を大切にしてくれる人が現れるまで、自分を磨いて待ちましょう。

【ワンドの2逆位置】時期のリーディング例

努力しても結果が出ない時です。

焦って物事を決めても、うまくいきません。

自分の中で、どうしたいのか、答えが見つかるまでは大きな決定はしない方が良いでしょう。

【ワンドの2逆位置】相性のリーディング例

あまり良くありません。

何かトラブルが起こって、悪い方向へ進むかもしれません。

気持ちがすれ違い、思うように恋愛が進まないでしょう。

【ワンドの2逆位置】浮気のリーディング例

パートナーの浮気を占った場合、要注意です。

あなたとの関係がうまくいっていないことから、憂さ晴らしに他の異性に走ってしまいそうです。

あなた自身の浮気を占った場合も、同様の理由から可能性はあるでしょう。

目先の快楽にとらわれることなく、お互いの不安を解消できるよう、話し合うなど、努力が必要です。

【ワンドの2逆位置】片思いのリーディング例

ショックな出来事があるかもしれません。

意中の人には既に恋人がいたり、あなたに気があるようでいても、実は単なる好奇心だったりしそうです。

相手をよく見極めましょう。

そのうえでアプローチすることはあなた次第ですが、なかなか思い通りにはいかないことは覚悟しましょう。

【ワンドの2逆位置】相手の気持ちのリーディング例

相手の方は、あまり良く思っていないのかもしれません。

一緒にいても意味がないと思っていたり、ひどい場合は見下されていたりするかもしれません。

長くお付き合いしている場合はマンネリなのかもしれません。

関係が悪くなる前に、話し合うなど改善する必要があるでしょう。

【ワンドの2逆位置】結婚のリーディング例

結婚に対して焦っています。

友人が次々と結婚したり、周囲に色々言われたりすることで、あなたの価値観が揺さぶられているのでしょう。

周りに何を言われても気にしないことです。

その人には、その人のタイミングがあります。

まずは自分の中の答えをしっかり持ちましょう。

【ワンドの2逆位置】仕事のリーディング例

あまり良い運気ではありません。

いくら努力しても、結果がついて来ないかもしれません。

計画が途中で打ち切りになったり、仕事相手の都合で断念することになったりと、結果の出ない仕事に悩まされそうです。

また、今は転職には向かないでしょう。

【ワンドの2逆位置】健康のリーディング例

突発的な痛みや違和感から病気が見つかるかもしれません。

通いなれたお医者様だけでなく、セカンドオピニオンも検討しましょう。

また、治療や手術の予定が変わる可能性があり、ストレスになる恐れがあります。

不調の時はまず、休息をしっかりとりましょう。

【ワンドの2逆位置】金運のリーディング例

あまり良くありません。

手にしたものを失う恐れがあります。

事業の失敗での損失や、突然の怪我や病気への出費など、予定外の出費に悩まされそうです。

お財布を紛失することもありそうですから、注意しましょう。

【ワンドの2逆位置】復縁のリーディング例

失敗してしまいそうです。

感情をコントロールできず、冷静な行動が取れなくなっています。

失うことが怖くて、前に進むことに恐怖を感じるようになっています。

復縁を諦めるか、または時間をおいて、冷静になる努力をしてから、また考えてみましょう。

【ワンドの2逆位置】過去のリーディング例

状況が先に進んでしまい、自分の気持ちが、周囲から取り残されてしまいました。

状況は次第に落ち着いていきますが、心から満足できませんでした。

思ったように進まず、心が満たされず、悩みや不安が募ってしまいました。

【ワンドの2逆位置】現在のリーディング例

手にしたものと実力が伴っていません。

後悔、焦り、孤独感に悩まされています。

望まない環境に身を置くことになり、自分の求めていたものと違い、空虚感を覚えています。

【ワンドの2逆位置】未来のリーディング例

失うことの怖さを知るでしょう。

手放さなければならないものへの執着で、身動きが取れなくなってしまいそうです。

その恐怖心が自分の成長を阻んでしまうでしょう。

【ワンドの2逆位置】妊娠のリーディング例

あまり期待しない方が良いでしょう。

焦ったり不安になったりしてしまいますが、それでは逆効果です。

まずは、ゆったりとした気持ちになりましょう。

こだわりすぎると頑固になり、思考が固くなりがちです。

周りに何があっても、何を言われようとも、焦らず、マイペースに心身ともに健康になりましょう。

まとめ

「ワンドの2」のカードは、小さな達成と、更なる目標のための決意を表すカードです。

今の成功を維持することで満足するか、危険を冒して新しい成功を求めるのか。

守るのも、攻めるのも大変なことです。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

コメント