タロットカード「ワンドの6」の意味・解釈例

タロットカード「ワンドの6」の意味・解釈例

一人の人物が、誇らしげに白馬に乗っています。

その手には月桂樹のついた棒(ワンド)を持ち、頭にも月桂樹をつけています。

周囲の人たちも棒を持って従っています。

この絵柄には、一体どんな意味があるのでしょうか。

では、「ワンドの6」の正位置と逆位置の意味を、リーディング例やアドバイスと共に見ていきましょう。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

タロットカードのワンドの6とは

ワンドのカードは、情熱や生命力を表しています。

6という数字は、他の人たちと同調し、環境に適応することを示しています。

「ワンドの6」のカードは、持っている情熱が、誰かと結びつく、または環境に合った時に良い方向に進むという意味があります。

タロットワンドの6の絵柄の意味

一人の男性が白馬にまたがり、仲間を連れて凱旋の報告に訪れた様子が描かれています。

男性は片手に月桂樹のついた棒を持ち、白馬にまたがっています。

彼の頭にも月桂樹の冠がついています。

月桂樹の冠は勝利の象徴です。

男性が、戦いに勝利して帰ってきたことがわかります。

周囲の人たちは棒を持って共に行進し、彼の勝利、帰還を共に祝福しています。

このカードは「勝利」や「成功」を表します。

成功を手にし、達成感を得ることを表すカードです。

タロットワンドの6のカードの意味・キーワード

タロットワンドの6「正位置」の意味

勝利、達成、賞賛、凱旋、前進、目的達成

困難な状況を抜け出し、前向きに進める状況になります。

これまでの努力が報われ、周囲に認められ、勝利をおさめます。

人間関係において、信頼関係を築くことができる、または関係の進展が期待できます。

タロットワンドの6「逆位置」の意味

うぬぼれ、虚栄心、疑惑、油断、後退、失敗

長い間の低迷から抜け出せず、悲観的、消極的になってしまいます。

信じていた人に裏切られ、人間関係に失望してしまいます。

気が付いたら、望む方向とは違う方向に進んでしまい、逃げ出したくなってしまいます。

【悩み別】ワンドの6正位置のリーディング例とアドバイス

勝利や成功を意味する「ワンドの6」のカード。

「ワンドの6」のカードが正位置で出た場合はどのような意味を持つのでしょうか。

シチュエーション別のリーディング例とアドバイスを見ていきましょう。

【ワンドの6正位置】恋愛相談のリーディング例

恋愛に関することで良い事があるでしょう。

ライバルに勝つ、気になる人との距離が縮まる、告白の成功など、恋愛が進展するでしょう。

遠距離恋愛が良い形で終わることも考えられます。

喜びに浸ることができますが、そこで油断が生じることもカードは暗示しています。

ライバルが諦めず、邪魔されてしまうかもしれません。

足をすくわれないよう、注意が必要です。

【ワンドの6正位置】出会いのリーディング例

良い出会いがありそうです。

あなたの望むような人との出会いが期待できるでしょう。

仲間のサポートなどもあり、交際が始まるでしょう。

【ワンドの6正位置】時期のリーディング例

良い時期と言えます。

勝負運も上がっていますので、恋愛も仕事も、自信を持って進めていけるでしょう。

しかし、慢心は失敗のもとですので、謙虚さは忘れないでください。

【ワンドの6正位置】相性のリーディング例

良い相性です。

自信を持ってお付き合いしましょう。

積極的に二人で楽しもうとしていけば、良い関係が続くでしょう。

【ワンドの6正位置】浮気のリーディング例

パートナーの浮気を占った場合、心配はいらないでしょう。

パートナーはあなたのことを誇りに思っています。

また同時に「浮気をしたら捨てられてしまう」という思いも持っています。

あなたが主導権を握っているので、そう思われているのでしょうが、あまり締め付けすぎると離れてしまいますので、ほどほどにしましょう。

あなた自身の浮気を占った場合、今は思った通りに運んでいるので、心配はいらないでしょう。

【ワンドの6正位置】片思いのリーディング例

恋は叶うでしょう。

意中の人はあなたのことが気になっています。

今のあなたはやる気と自信に満ちているので、ライバルがいても怖くありません。

あなたから積極的に近づいていけば、喜んで受け入れてくれるでしょう。

【ワンドの6正位置】相手の気持ちのリーディング例

一緒に居られて嬉しいと思っているようです。

あなたのことを誇りに思っていて、周囲に自慢したいくらいのようです。

あなたをリードしていきたいようなので、立ててあげると円満にいくでしょう。

【ワンドの6正位置】結婚のリーディング例

良い暗示です。

不安が解消され、あなたの思い描いていたような結婚ができます。

周囲の人たちにも祝福された、幸せな結婚となるでしょう。

自信に満ちた新しいスタートが切れることでしょう。

【ワンドの6正位置】仕事のリーディング例

努力次第で良い結果を出せそうです。

仕事仲間にも恵まれ、大切な商談がまとまったり、目標を達成したりと、活躍できそうです。

周囲に認められ、昇進もあるかもしれません。

しかし、いい気になっていると、足元をすくわれかねませんので、謙虚な気持ちを忘れないようにしましょう。

【ワンドの6正位置】健康のリーディング例

病や怪我に対して勝利する意味があります。

もし、持病や怪我があるならば、回復する良い兆候です。

心身のバランスも取れて、安定した良い状態になります。

ただし、調子がいいからと油断すると、また持病などが悪化してしまうので、無理をしないことが大切です。

【ワンドの6正位置】金運のリーディング例

好調です。

仕事も好調なので、昇給や臨時収入が望めそうです。

友人や家族のために使うとよいでしょう。

勝負運もよいので、ギャンブルもほどほどなら良いでしょう。

しかし、いい気になって使っていると一気にピンチになるかもしれません。

お金の管理はしっかりしましょう。

【ワンドの6正位置】復縁のリーディング例

可能性は高いでしょう。

あなたには、「相手が必ず戻ってきてくれる」という自信があります。

彼も「あなたが自分のことを忘れるはずがない」と思っているようですが、プライドが邪魔をして自分からは言い出せないようです。

あなたが積極的に働きかければ、うまくいくでしょう。

【ワンドの6正位置】過去のリーディング例

競争に勝利し、大きく前進することができました。

これまでの努力が報われて、周囲の人たちに評価されました。

周囲の人たちとの信頼関係が築けて、さらに関係の進展につながりました。

【ワンドの6正位置】現在のリーディング例

勝利の時です。

自分の持つ力を十分に発揮でき、困難を乗り越えられました。

得られた結果は、周囲の人たちから賞賛を受け、自分自身も満足のいくものです。

奢ることなく、今後の展開に臨んでいきましょう。

【ワンドの6正位置】未来のリーディング例

あなたの努力で競争を勝ち抜き、成功を収めることができるでしょう。

周囲の評価も得られ、達成感を得ることができます。

しかし、気を抜くと足元をすくわれかねません。

仲間を大切にし、謙虚さを忘れないようにしましょう。

【ワンドの6正位置】妊娠のリーディング例

良い方向に向かっています。

体調は、心身ともに安定しています。

あなたが主導権を持って、妊活を続けて行きましょう。

きっとそう遠くない将来、良い報告が聞けるでしょう。

【悩み別】ワンドの6逆位置のリーディング例とアドバイス

「ワンドの6」のカードが逆位置で出た場合はどんな意味があるのでしょうか。

シチュエーション別のリーディング例とアドバイスを見ていきましょう。

【ワンドの6逆位置】恋愛相談のリーディング例

偽りの恋愛関係と言えます。

傍からみると理想のカップルに見えますが、実は不仲だったり、惰性で付き合っていたり、形だけの関係ではないでしょうか。

気を引こうと嘘をついても悪化するだけです。

嘘はつかず、秘密も持たず、素直に向き合うこと、相手の気持ちを考えることが大切です。

【ワンドの6逆位置】出会いのリーディング例

期待できないでしょう。

あなた自身が、対人関係に消極的になっています。

今はその時期ではないと諦めて、自分磨きに費やしましょう。

【ワンドの6逆位置】時期のリーディング例

今はその時期ではないようです。

結婚や仕事など、大きなことを決めるのには向いていません。

計画が進まなくてイライラしてしまいそうです。

【ワンドの6逆位置】相性のリーディング例

あまり良くないでしょう。

価値観が違ったり、話がかみ合わなかったり、一緒にいても楽しくないかもしれません。

いずれ、自然消滅もあるかもしれません。

【ワンドの6逆位置】浮気のリーディング例

パートナーの浮気を占った場合、可能性はあります。

あなたのパートナーへの干渉、束縛が強すぎることから、嫌気がさして浮気してしまうかもしれません。

あなた自身の浮気を占った場合、こちらも可能性はあるでしょう。

パートナーとの関係がうまくいっていない場合、他の異性に走ってしまうことがありそうです。

それらの結果、パートナーを他の異性に奪われることもあるかもしれません。

【ワンドの6逆位置】片思いのリーディング例

なかなか進展しないでしょう。

意中の人はあなたに興味がないようです。

あなたが自分自身を素直に出せていないことが、原因かもしれません。

その人が気になるような魅力をアピールしていかなければいけません。

じっくり焦らず、努力していきましょう。

【ワンドの6逆位置】相手の気持ちのリーディング例

二人の関係に不満があるようです。

思い描いていた恋人関係ではないことに不満があるようです。

嘘や隠し事はありませんか?

ありのままの素直な二人になることが、修復のきっかけになるでしょう。

【ワンドの6逆位置】結婚のリーディング例

進展しないでしょう。

計画を話し合っても、二人の意見が合わなくてイライラしてしまいそうです。

ケンカばかりで二人の間に溝ができてしまった場合、婚約や、挙式の予定は延期もやむを得ないでしょう。

少し冷静になるために時期をずらしましょう。

【ワンドの6逆位置】仕事のリーディング例

トラブルが続きそうです。

計画の延期、仕事仲間との不和、ライバルに先を越されるなど、様々起こりそうです。

または、あなた自身が傲慢になって、部下や後輩にあたっていませんか?

油断や慢心などから起こることもありますので、今一度気持ちを引き締めましょう。

【ワンドの6逆位置】健康のリーディング例

少し注意が必要です。

過去にかかった病気の再発や、重篤な病気が検査で見つかることがあるかもしれません。

または、症状があるのに病院に行かず、悪化させてしまう恐れがあります。

どこか違和感を覚えたら、病院へ行きましょう。

スポーツなどの怪我が、なかなか回復しないという意味もあります。

【ワンドの6逆位置】金運のリーディング例

金銭トラブルに注意が必要です。

財布を盗まれる、貸したお金が返ってこないなど、人間関係と金銭トラブルが関連して起こりそうです。

人間関係の見直しが必要かもしれません。

また、仕事上のミスから減給もありそうです。

【ワンドの6逆位置】復縁のリーディング例

なかなか進まないでしょう。

あなたが「まだ自分を好きでいるはずがない」と思い込んでいるうちに、タイミングを逃してしまいそうです。

相手の方は復縁に乗り気かもしれません。

しかし、タイミングを逃せば、諦めてしまうでしょう。

恐れずに連絡を取ってみれば、思いの他、早く復縁が叶うかもしれません。

【ワンドの6逆位置】過去のリーディング例

問題をうまく乗り越えられず、思うように進むことができませんでした。

争いの中で何とか勝利を得たものの、なくしたものも大きく素直に喜べませんでした。

周囲の人たちから賞賛も得られず、人間関係もうまくいきませんでした。

【ワンドの6逆位置】現在のリーディング例

困難や障害を克服できず、目的を達成することができません。

勝利を得ても、人間関係がうまくいかず、深い信頼を得られず、孤立してしまっています。

ちょっとしたきっかけで自信を無くし、本来の道から外れてしまい、逃げ出したくなっています。

【ワンドの6逆位置】未来のリーディング例

良い報告が来ないことで、落胆しそうです。

何とか物事をこなしても、不満が渦巻き、納得がいかないでしょう。

人間関係がうまくいっていないことが原因になりますので、人を見る目や、人への接し方を見直す必要がありそうです。

【ワンドの6逆位置】妊娠のリーディング例

あまり期待できません。

健康面で問題が出てきそうです。

また、計画を話し合おうとしても、相手の方と意見が合わず、雰囲気が悪くなってしまいそうです。

まずは心身ともに健康になりましょう。

そして、二人の協力がなければ叶わないことなので、自分の意見ばかり押し付けずに、妥協点を見つけていきましょう。

まとめ

「ワンドの6」のカードは、「勝利」「達成」を意味しています。

祝福され、達成感に包まれます。

しかし成功したからと言って、いい気になっていると足元をすくわれることも告げています。

その成功は周囲の人たちの協力があってのことです。

謙虚な気持ちを忘れてはいけないとカードは教えてくれています。

コメント