嫉妬させて復縁する方法は危険!正しいテクニックとNG行動とは?

嫉妬させて復縁する方法は危険!正しいテクニックとNG行動とは?

別れた恋人とヨリを戻すためのテクニックの一つとして、「相手にヤキモチを妬かせる」という方法があります。

この方法は適切なシーンで有効的に使えば最強の復縁手段になります。しかし、少しでも間違うと相手に対して悪印象を与えてしまう諸刃の剣のテクニック。数ある復縁方法の中でも最も難しいといっても過言ではありません。

ここでは相手に嫉妬させて復縁する方法と、基本的に相手を嫉妬させる方法は辞めておいたほうがいい理由を説明していきます。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

嫉妬させて復縁する方法が難しい理由

嫉妬というのは言葉の通り「妬み(ねたみ)と嫉み(そねみ)」の感情です。

妬みというのは、羨ましく思う気持ちと同じ文だけ憎らしいという感情です。

愛憎(あいぞう)という言葉があるように、愛は憎しみにも変わってしまうものです。

嫉妬させて復縁するというのは、その相手に憎しみという感情から、愛に気付かせるから至難の技なのです。

素人が闇雲に嫉妬させるというのは、ただ相手に憎しみという感情だけを残すことになってしまうのです。

一時的な嫉妬心で復縁してもその後が厳しい

一度別れてしまった二人がよりを戻したとしても、そのきっかけが嫉妬心だとその後の関係を維持していくのが難しいと言われています。

嫉妬というのは感情ですから、あなたが意識していなくともふとした時に嫉妬心を抱くでしょう。そうすると相手は不安になります。

恋愛に本当に必要なのは安心感なのです。

嫉妬させて復縁する方法・テクニックの使い方

しかし、嫉妬させて復縁させる方法は、うまくいけば復縁の成功率を高めてくれます。

ここでは嫉妬させることにより、どのように復縁につながっていくのか説明していきますね。

嫉妬させることにより相手の気持ちを確かめることができる

相手を嫉妬させるというのは、別れた後もできる相手に対するアクションの一つです。

その反応を見ることが最も大切なのです。

相手に嫉妬させることによって、相手に復縁したいという気持ちがあるか知ることができるのです。

しかし、先ほども言ったようにただやみくもに嫉妬させるだけでは、相手は不安感が募ったり復縁から遠ざかってしまいます。

完全に気持ちが離れている場合は悪化する

そして、これを忘れてはいけないのが、相手が完全に気持ちが離れている場合は関係が悪化します。

もしかしたら復縁できるかもという可能性を潰しかねない方法でもあるのです。

どうしても嫉妬させたい場合は?さり気なく嫉妬させる方法

どうしても嫉妬させたい!そんな時におすすめなのが、さり気なく嫉妬させる方法です。

大きなリスクもないので手軽に実行できるのでおすすめですよ。

彼女に好意を気付かせない・未練を見せない

「私に未練はないのかな?」と少しでも自分のことを考えてもらうきっかけを与える方法の一つです。

嫉妬させたいのであれば絶対に相手に好意や未練を見せてはいけません。

もし相手に好意を気付かれたら、「自分次第でいつでも戻れるんだ♪」と思って安心してしまうでしょう。そのうちあなたをキープしつつ、次の相手を探すといった行動にも繋がりかねません。

かといって、無理に元カノを避けてはいけません。それ自体が「彼女を意識している」と見えてしまいますし、肝心の嫉妬させる方法を試せなくなってしまうからです。

「別れた後、私のことをどう思っているんだろう?」と、自分のことを考えさせる時間が増えるように軽く気付かせることが大切です。

POINT

行動するときはきちんと行動し、でもその行動の中で未練を見せないように気をつけましょう。

わざとプライベートを隠す(SNSの投稿など)

元カノや、元カノの耳に入るような場所では、わざと隠し事を作るのもオススメです。

付き合っているときは家族のことや仕事のこと、休日のことなどなんでも隠し事なく話していたと思います。

そうして自分のことを知ってもらうというのも好きな人相手なら楽しいものですが、嫉妬をさせたい!という時にはあえて隠してしまった方が効果的なのです。

嫉妬は、相手の本心などがよく分からないからこそ生まれてしまう感情。

そこで、元カノが「(あなた)のことがよく分からない」と思える部分を作ってしまうのです。「最近何をしているんだろう」

「この人ってどんな人だったっけ」

という印象を与えることができ、ドキドキさせることができます。

自分を磨く・次のステージに行く

嫉妬心とは、自分が劣等感を感じるものに対して生まれます。

ですので、「手放して損をした」と思わせるくらい、魅力的な人になることもとても効果的です。

こう考えるとバリバリにお金を稼いで女の人にモッテモテになって・・・と極端なイメージをしてしまいがちですが、そんなのは現実的に出来る範疇を超えています。

もちろん、そうなれるように自分を磨くことも必要ですが、それよりももっと手短に相手に嫉妬させるためには、相手の理想像になることです。

例えば、元カノが優しい男性に心を惹かれるようなタイプなのであれば、元カノ以外の女性にはとことん優しくする。

元カノが頼りがいのある男性を好きな人なのであれば、いろんな人から相談を受けたり、お願いをしてもらえるような実績を作る。

元カノが家庭的な男性を好きなのであれば、料理をするようになったことを周りの人に話し、元カノの耳に入るようにする。

このようなことで十分なのです。

もちろん、これらを誰からも認められるくらい完璧にする必要もありません。

そこまでしてしまうとプロの領域になりますし、そんな風に「手の届かない存在」には嫉妬心は生まれにくいものだからです。ポイントあくまでも一般人として、人よりちょっと秀でるくらいで問題ありません。

復縁したいならNG!相手に嫉妬させてしまう行動

新しい人と付き合う

意外とやってしまいがちなのが、寂しさを埋めるためや嫉妬させたいからという理由で「新しい人と付き合う」ことです。

その場しのぎで付き合った相手にも失礼ですし、相手は嫉妬するかもしれませんが、相手の心は離れていき復縁できる可能性はゼロに近くなってしまいます。

どうしても復縁したい相手がいる場合は、復縁できる可能性を残しておくためにも、誰とも付き合わないことをおすすめします。

元カノ以外の女性を褒める

異性を褒める、というのはヤキモチを妬かせる常套手段ですよね。

復縁したい場合は相手にわざとらしいと感じさせてしまうので、控えましょう。

さいごに

嫉妬をさせて復縁するテクニックをご紹介しました。

割と簡単に取り組めることもあり、お勧めなのですが、もちろんこの方法にはデメリットもあります。

こういった嫉妬させたり、短期戦で終わる復縁方法の場合、

  • 手順や加減を間違えると余計に嫌われる
  • 復縁できても、信頼関係がしっかり構築されていないのでまたすぐに別れてしまう
  • 周囲から「簡単に別れ、簡単にヨリを戻すカップル」と思われる
  • 同じ手を何度も使えない

このようなデメリットがあるのです。

ただ、あくまでもこれらのデメリットは「そういう可能性がある」という認識でいてください。

必ずしもそうなるとは限りません。

失敗をしないためには、元カノの性格を熟知した上でのアプローチが肝心です。

今回ご紹介したような嫉妬からの復縁を進める方法などを、あなたの元カノに応じてアレンジしたい場合には、その道のプロに聞きながら進めていくことをオススメします。

コメント