ロングスリーパーのスピリチュアル意味

ロングスリーパーのスピリチュアル意味

わたしたちにとって欠かせない睡眠。眠っても眠っても眠り足りないのだけれど、ロングスリーパーといってもまわりは理解してくれない……。

そんな悩みにも、スピリチュアル的にみるとメッセージがあります。

今回は、そんなロングスリーパーのスピリチュアル意味について、お届けします。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

ロングスリーパーとは

ロングスリーパーとは、10時間以上の睡眠時間をとる人のことをいいます。

睡眠の途中で目が覚めてしまったり、睡眠自体が浅くなったり、夜の外出もすぐに疲れてしまうことがあります。

また、これとは逆に睡眠時間が4〜5時間で過ごしている人のことを、ショートスリーパーといいます。

ロングスリーパーの特徴

ロングスリーパーの特徴には、朝、疲れがとれていてスッキリと目覚めることができること、日中に倦怠感や強い眠気におそわれるようなことがないことです。

また、睡眠時間が長くても、朝スッキリ目覚めることができなかったり、日中、強い眠気におそわれる場合は、睡眠障害の可能性もあります。

天才

ロングスリーパーの特徴は、大器晩成タイプの天才が多いことにあります。

若いときに有名になる人は少ないのですが、人生の後半になってから成功したという人が多いのも、ロングスリーパーの特徴です。

また、ロングスリーパーは、周囲の環境に適応するのを苦手としているため、自分の世界に夢中になって研究したり、作品づくりをする人が多くいます。

HSP(敏感な人)

ロングスリーパーの特徴に、ストレスを感じやすくHSPとよばれる敏感な人であることがあります。

これは、睡眠のリズムが乱れることで、神経伝達のバランスや自律神経が乱れるために起こるといわれています。

フリーランスの人が多い

ロングスリーパーは、自由な時間で働けるフリーランスの職業についている人が多くいるのが特徴です。

長時間の睡眠をとることで、高いパフォーマンスを発揮できるロングスリーパーは、自分の睡眠のリズムにあったライフスタイルを送ることが大切です。

せっかく夜に外出しても、強い眠気や、倦怠感で楽しめないのはロングスリーパーにある悩みです。

遺伝

ロングスリーパーの特徴に、遺伝があります。

ロングスリーパーは、幼少期から始まっているのですが、大人に比べて睡眠時間が長いというのは、幼少期においてはごく当たり前のため、気づかないことがあります。

両親のどちらかがロングスリーパーなら、その間に生まれた子どもも、ロングスリーパーになりやすいといわれています。

また、ショートスリーパーといって比較的、睡眠時間の短い場合は、特定の遺伝子があることがわかっています。

若く見える

ロングスリーパーの特徴に、若く見えるということがあります。

スピリチュアルに携わっている人は、実年齢より若く見える人が多くいます。これと同じで、睡眠は、魂の里帰りともいわれています。

しっかり休息をとることで、マイナスのエネルギーや、不要な思考もリセットされるため、若く見えるようになります。

ロングスリーパー診断・チェック方法

ロングスリーパーかどうかを診断するには、次のようなチェックリストがあります。

以下に該当する場合は、ロングスリーパーではなく、睡眠障害の可能性があります。

また、十分な睡眠をとっていても倦怠感もなく、スッキリと過ごせ、朝の目覚めも良いのなら、あなたはロングスリーパーということになります。

・なかなか寝付けない

・途中で何度も目が覚めてしまう

・夢をよく覚えている

・休みの日は、午後になってから起きる

・睡眠リズムが整っていない

・日中に寝室で過ごすことが多い

・15時以降に仮眠をとる

・夕食の後にカフェインをとる

・夕食の時間が遅い、たくさん食べる

・寝る前までスマホやパソコンを見ている

・寝酒や寝る前のタバコが習慣になっている

・部屋着に着替えずに眠る

睡眠とスピリチュアルの深い関連性

睡眠とスピリチュアルには、深い関連性があるといいますが、どういった関連性があるのでしょうか。詳しく紹介します。

宇宙からの情報をダウンロードしている

しっかり眠っているのに、急に眠くなってしまうときは、高次元からメッセージを受け取ったり、宇宙から情報をダウンロードしているとき。

また、瞑想をすると、思考が緩やかになって意識がフラットになるため、高次元からのメッセージを受け取りやすくなります。

潜在的な能力を開発している

ロングスリーパーには、ポテンシャルの高い人が多いといわれています。

長時間の睡眠をとることで、特に意識しなくても、眠っている才能を開花させることができるのも、ロングスリーパーの特徴です。

いつの間にかできることが増えていた。急にスピリチュアルな感覚が研ぎ澄まされてきた。

ロングスリーパーは、特別なことをしなくても睡眠を通して学習、成長できる能力をもっています。

ロングスリーパーのスピリチュアル意味

ロングスリーパーのスピリチュアル意味には、どんな意味があるのでしょうか。詳しく紹介します。

人生の転機

ロングスリーパーのスピリチュアル意味には、人生の転機の訪れがあります。

あなたの魂が成長したために、これまでのエネルギーからエネルギーが大きく変わろうとしています。

エネルギーや波動を整えるために、人生の節目には、長い睡眠時間を必要とすることがあります。

無意識に念を飛ばしている

ロングスリーパーのスピリチュアル意味には、無意識に念を飛ばしてしまっていることがあります。

生霊を飛ばしている本人は、無自覚です。あまりに強い思いを手放せない葛藤や、相手に向けた執着から、生霊を飛ばしてしまっているときにも、かなりのエネルギーを消耗します。

消耗したエネルギーを回復するためにも、また、一度下がった波動を調整するためにも、多くの睡眠時間を必要とします。

低級霊に憑依されている

ロングスリーパーのスピリチュアル意味は、低級霊に憑依されているサインです。

寝ても寝ても眠り足りずに、倦怠感がある。日中でも眠くなってしまう。こんな場合は、ロングスリーパーではなく、低級霊に憑依されている可能性があります。

部屋が片付けられなかったり、急に清潔にしていることが面倒くさくなったり、原因のわからないイライラに悩まされたり。

こういったことがもし起こっているなら、憑依されている可能性があります。占い師に相談しましょう。

ロングスリーパーの有名人

アルベルト・アインシュタイン

ロングスリーパーの有名人といえばこの人というぐらい有名なのが、アルベルト・アインシュタインです。

20世紀最大の物理学者として有名なアインシュタインですが、誰にも邪魔されずに1日に10時間の睡眠をとるロングスリーパーでした。

ミハエル・シューマッハ

ドイツ人初のF1ドライバーとして有名なミハエル・シューマッハも、ロングスリーパーの有名人です。

7回も優勝し、数々の記録を打ち立てた彼は、1日に12時間の睡眠をとるロングスリーパーでした。

タイガー・ウッズ

獲得した賞金が1億ドルを超えて歴代1位となったプロゴルファー、タイガー・ウッズ。

彼は、朝5時に起きて、10時間の練習をした後、たっぷりの時間を趣味についやし、10時間ほど眠るというライフスタイルをおくっています。

練習でも、高いパフォーマンスを発揮しているロングスリーパーです。

白鵬(はくほう)

第69代横綱で優勝回数40回というギネス記録を持つ横綱、白鵬(はくほう)

彼の睡眠時間は、夜10時間に加えて昼6時間の合計16時間の睡眠をとるという、非常に長いロングスリーパーです。

まとめ

ロングスリーパーのスピリチュアル意味についてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

無理に睡眠時間をけずろうとするよりも、しっかり睡眠をとることで高いパフォーマンスを発揮できるのがロングスリーパーの特徴でした。

「長時間の睡眠をとっているのに、倦怠感が続いて辛い」なら、それは、ロングスリーパーではないかもしれません。

また、長い睡眠時間を必要とするのは、人生の転機にさしかかっているために起こっている可能性があります。

「人生の転機に関するより詳しいメッセージを受け取りたい。」もし、あなたがそう思うなら、占い師に相談してみるとよいでしょう。

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント