PR

自分を好きでいてくれた女性が離れる?離れる理由や女性心理・対処法を解説!

一度好きになるといつまでも好きでいてくれる女性ばかりだと思う人もいますが、些細なことがきっかけで気持ちの変化が起きてしまうこともあるのです。

そのため「好きでいてくれてるから大丈夫!」なんて考えていると、気づいた頃には女性が離れてしまっている……ということも少なくありません。

今回はそんな、自分を好きでいてくれた女性が離れる理由や対処法について解説します。

自分を好きでいてくれた女性が離れる理由や女性の心理5つ

とても愛情深い女性ですが「相手の瞳に写っていない」「心から向き合ってくれていない」など、あなたの気持ちに気づくと離れてしまうことがあります。

女性は見えない先のことに時間を使うのはもったいないと感じる人が多いため、気持ちの変化が起きたとしてもそばにいてくれることは少ないでしょう。

まずは、自分を好きでいてくれた女性が離れる理由や女性の心理について解説します。

好きなことで迷惑をかけると思った

好きな相手だからこそ負担や迷惑をかけているのならば、相手のためと判断して離れてしまうことも少なくありません。

誰もが好きな相手の幸せを願い、困らせたいとは思っていないはず。

そのため、あなたから好意がない自分が好きでいても迷惑がかかってしまうと、あなたを気遣うあまり離れてしまったのです。

好きでいた女性からアプローチを受けていたものの、

  • 冷たい対応をしていた
  • 連絡をあまり返すことがなかった
  • 女性の話をちゃんと聞いていなかった

など、きちんと向き合っていなかったのではないでしょうか。

女性は相手の気持ちを察知しやすいこともあり、そんなあなたの態度に「好かれていないよね……」「迷惑になっているよね……」と、思って離れてしまったのです。

好きでいるのがつらくなった

どれだけあなたに対して好意を抱いていたとしても、好きでいることにつらい想いを感じている場合、自分の心を守るためにも離れてしまうことがあります。

今まで頑張ってアプローチをしてきたのにもかかわらず、

  • 思うような反応が見られなかった
  • 流されるようなことがあった
  • 気持ちを受け取ってもらえなかった

など、あなたの反応に落ち込んでしまったり、なかなか進展しない関係に疲れてしまったのでしょう。

これ以上頑張ったとしても自分の心が耐えられないと感じ、つらさを手放すためにもあなたから離れてしまったのかもしれません。

片想いが叶う未来が想像できなかった

あまりにも片想いの期間が長くなってしまうと「叶わないのかもしれない……」と、幸せな未来が想像できずに離れてしまうこともあります。

片想いがはじまった当初はドキドキや楽しいことが多いもの。

ですが、頑張ってアプローチをしていても良い反応がもらえず、あなたとの進展が見られないと時間が無駄に感じて離れてしまうのです。

そもそも女性はさっぱりしている性質を持っていることもあり、叶わないことに対していつまでも追うことはしません。

そのため、見切りをつけることも早い段階で決断してしまうため「頑張っても良い結果にならないかもしれない」と、感じて離れてしまうのです。

大切にされていないと感じた

女性は勘がいいこともあり相手の気持ちを察知しやすい性質を持っています。

そのため、言動はもちろんそれ以外からでも「大切にされていないよね……」ということがなんとなくわかってしまうことで離れてしまうのです。

彼女ではないため、そこまでの優しさを与えないにしていても、

  • 女性からのアプローチを流す
  • 雑なコミュニケーション
  • 思いやりがなく冷たい態度
  • 愛想がなく適当な返答

など、人としても問題があるような対応は当然、離れる原因となってしまうでしょう。

多くの女性はふとした瞬間に冷静になることがあり「大切にしてくれていないのに、なんで好きなのかな」と、考える機会があります。

このとき、今まで良いところしか見ていなかったことに気づいてあなたの嫌な一面が見えると、冷めて離れてしまうのでしょう。

ずっと好かれているからこれからも大丈夫、なにをしても好きでいてくれるという保証はないのです。

曖昧な態度に嫌気がさしたため

好意を抱いてくれていたとしても誠実ではない曖昧な態度は、女性を怒らせてしまう原因になり、そんなあなたに愛想を尽かしてしまうでしょう。

女性からアプローチや告白されてもはっきりせず、

  • 一緒にて一番落ち着く
  • 彼氏ができたらショック
  • 誰よりも一番信頼できる

など、女性を喜ばせるような言葉や態度で繋ぎ止めている男性も多いのではないでしょうか。

そんなあなたの言動に不満を感じはじめると、女性が抱いている好意が怒りに変化して離れてしまうことがあるのです。

自分を好きでいてくれた女性が離れると寂しく感じる3つの理由や男性心理

あなたのことを大切に想う気持ちがゆえに離れてしまう女性ですが、そんな女性がいなくなると寂しく感じる人もいるのではないでしょうか。

それほど気にしていなかったものの、なぜか心にぽっかり穴が空いたような気持ちを感じ、女性への気持ちに気づく人もいるのです。

ここでは、女性が離れて寂しく感じてしまう理由や男性の心理を解説します。

好きだったことに気づいた

女性が離れていなくなったことがきっかけとなり、実は相手に好意を抱いていた自分に気づきます。

いつも近い距離感で関わっているとどうしても当たり前の存在になってしまうため、女性の大切さに気づくことができなかったり忘れてしまうもの。

そのため、冷たい態度や誠実な対応ができていなかった人もいたのではないでしょうか。

自分を好きでいてくれた女性が離れてしまったことで寂しさを感じ「もっと早くに気づいていれば……」と、後悔します。

そして、女性があなたにとって大切な存在になっていたことに気づくのです。

当たり前の存在になっていた

人は誰もが一緒に長い期間を過ごしていると、いることが当たり前だと思ってしまうのです。

はじめは感じていなくても一緒に過ごす中で、相手の温かさや居心地の良さなどに触れてしまうと、互いにいることが当然と思ってしまうもの。

ですが、人との関わりの中で繋がりを深く意識しているわけではないため、目に見えないことには気づけずにいる人が多いでしょう。

そんな当たり前は存在しないと気づかず不誠実な対応をしていると、女性が自分の元から離れて寂しさを感じてようやく女性の気持ちに気づくのかもしれません。

喪失感や孤独感が強くなった

男性の中にも孤独を感じやすいなどネガティブな性質の人がいるため、自分を好きでいた女性が離れてしまうと喪失感や孤独感を感じてしまうのです。

あなたの元から好きでいてくれた女性が離れてしまうことは、自分の理解者がいなくなったことを意味します。

そのため、女性を失ったことで男性も大きな闇を抱えてしまい、

  • 女性が離れて理解してくれる人がいない
  • 誰も気にかけてくれずひとりぼっち
  • そばにいたいと思われない

など、このようなネガティブなことを考えてしまうのです。

絶対に離れないと信じていたからこそ、女性が離れてひとりになったことを強く感じているのでしょう。

また、人はひとりで生きていけないことをきちんと理解しているため、さらに寂しさを感じているのかもしれません。

自分を好きでいてくれた女性が離れるのを防ぐ3つの方法

好きでいてくれた女性に好意があってもなくても、仲良くしていたのであれば「離れると思わなかった……」「いなくなって気づいた……」ということもあるはず。

女性があなたの元からいなくならないためには、どのようなことを意識すればいいのでしょうか。

好意の気持ちを匂わす

あなたの元から離れようとしているほとんどの女性は、

  • 自分のことを見てくれない
  • 関係の進展が期待できない
  • 頑張っても変わることはない

など、期待できないと未来を予想して離れてしまうのです。

そのため、女性があなたの元から離れるのを防ぐには、女性に対する好意の気持ちを匂わせることがとても効果的。

女性はあなたのそばにいても変わらないことで離れてしまうため、まだチャンスがある・関係を進めたいと思わせることで離れることを防げるはずです。

体の関係にはならないこと

男性が軽い女性を嫌うように女性も簡単に体を求める相手には不信感を感じてしまうため、付き合っていない関係で先に体を求めてしまうと女性から疑われてしまいます。

そのため、まずは女性から信用されるためにも「あなただから離れてほしくない!」という気持ちを示すように、体目的で一緒にいるのではないと伝えることが大切。

一言、伝えることで不安に感じていた女性も安心してあなたと関係を築くことができるはず。

また、女性の性格によっては警戒心が強い人もいるため、

  • 付き合っていない関係から手を出さない
  • 付き合うまでは日中のデートする
  • 夜デートは警戒されやすいことを覚えておく
  • 簡単に家に誘ったり行こうとしない

など、女性のことを考えた行動を意識することが大切になります。

しっかりと向き合い誠実に対応する

どれほど好意を持ってくれていたとしても、きちんと向き合ってくれない雑な対応は女性に不快感を与えてしまい「一緒にいる意味ないよね……」と、離れることを選んでしまうでしょう。

こうした考えをさせてしまうこと自体、誠実な対応ができていない証拠になってしまうため、一人の女性として大切に接することを意識。

あなたの中の意識を変えることで、今まで見えていなかったことにも気づくことができるはずです。

また、誠実さを意識するには、

  • メイクやネイルなど些細な変化に気づく
  • 付き合うまでは家で会わずに外で会う
  • 受け身にならず自分から連絡やプレゼントをする

など、自然にできるように頭に入れておきましょう。

自分を好きでいてくれた女性が離れた後の対処法や立ち直り方3つ

誰もがいつもそばにいてくれた人がいなくなってしまうと後悔や寂しさなど、ネガティブな想いを抱えてしまうもの。

後悔しても遅いと理解しているものの、自分の気持ちとうまく向き合うことができない人が多いはず。

最後に自分を好きでいてくれた女性が離れてしまった後の対処法を解説します。

時間をかけて気持ちを整理する

男性の多くは「弱いことはいけない!」と、常に強くいなければと思い込んでしまっている人がいるため、ネガティブな気持ちに向き合うことを嫌うのではないでしょうか。

ですが、女性が離れて寂しくて悲しくてつらい想いや、孤独を感じてしまっているネガティブな想いに向き合わないでいると、心が疲れてしまいます。

そのため、今の自分の気持ちにしっかりと向き合い、もう一人の自分のように寄り添うことが大切。

また、考えすぎてうまく気持ちの整理ができない人は、ノートなどに今の想いを書き出してみることもおすすめです。

人は視覚で見た方が理解しやすく整理しやすいと言われているため、深く考えることなく抱えている想いを書き出すこともぜひ試してみてくださいね。

好きなことに没頭する

好きでいてくれた女性が離れてしまうと、誰もが寂しく感じてしまうもの。

そんなときこそ自分の好きなことや趣味など、夢中になれることを見つけましょう。

好きなことに没頭しているときには、嫌なことや寂しい気持ちなど忘れることができるため、新しくなにかにチャレンジしてみるのもおすすめです。

また、趣味や好きなことだけではなく資格の勉強や、仕事を頑張る期間として時間を使うことも自分のためになるのでいいでしょう。

新しい出会いを求める

誰もが好きでいてくれた女性が離れてしまうことは寂しく思うもの。

ですが、離れてしまった女性のことをいつまでも後悔や寂しいと思っていても、現状が変わることはありません。

今回の失敗を次に活かせるようにダメだった部分を振り返り、徐々に気持ちを切り替えられるよう前向きを意識していきましょう。

積極的に出会いの場に足を運ぶなどをして新しい出会いを見つけることで、後悔や寂しい想いを忘れることができるため、おすすめです。

まとめ

今回は、自分を好きでいてくれた女性が離れることについて解説しました。

良い関係を維持できているときは「いつか離れるときなんてない!」など、考えることも意識することもないでしょう。

しかし、仲が良いゆえに甘えた関係になってしまっていると、今回ご紹介したように女性が離れてしまうことがあるのです。

大切にしている縁が切れてしまわないように普段から、

  • 好意を抱いているのならば大切に向き合う
  • 曖昧な態度には気をつける
  • 不誠実になる言動はしない
  • 関係性を意識した行動

などに注意して女性との関係を大切にしていきましょう。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

柳瀬 蓮
執筆者

元キャバ嬢ライター。脚本やエッセイ・コラムなど、主にアニメ・恋愛・美容・占い・心理学・スピリチュアルについてさまざまなメディアで執筆中。夜職を約10年以上の経験していたことで、ナイトワークについての執筆も得意としています。1人でも多くの人のためになるような記事を届けられることを心がけています。

柳瀬 蓮をフォローする
恋愛(727)
Lani

コメント