辰年(たつどし)生まれの性格・特徴【2022年運勢】

最近では、タロット占いや手相占い、星座占い、血液型占い、風水、四柱推命など占う方法がたくさんあります。そして、「何年(なにどし)生まれ?」と聞かれることも多いですよね。

日本では「干支(えと)」と呼び、ね・うし・とら・う・たつ・み…の12種類の動物、十二支(じゅうにし)のみを指すことが多く、年賀状やお正月などで馴染み深いものがあります。

十二支(じゅうにし)の順番は、第一番目から数えていくと

  1. 子(ね/ねずみ)
  2. 丑(うし)
  3. 寅(とら)
  4. 卯(う/うさぎ)
  5. 辰(たつ)
  6. 巳(み/へび)
  7. 午(うま)
  8. 未(ひつじ)
  9. 申(さる)
  10. 酉(とり)
  11. 戌(いぬ)
  12. 亥(い/いのしし)

となっており、中国では殷の時代(紀元前17世紀頃~紀元前1046年)には使用されていました。日本には、百済(くだら)から553年に伝来したと言われ、692年頃から実用化したようです。

干支にまつわる逸話

干支である12種類の動物は、どうやって決まったの?」と、素朴な疑問を持った方も多いのではないでしょうか。実は、こんな逸話があるのです。

十二支の名称は、中国歴代王朝の暦を周辺の未開の地方に伝えるために子、丑、寅などの単なる記号に代えて、覚えやすい動物名を配したものと言われています。

そして、いつ頃生まれた話かは不明ですが12種類の動物に関しては、神様のもとに新年の挨拶に来た順番に動物を割り当てたそうです。

干支にまつわる逸話

かなり大昔のある年の暮れに神様が動物たちにお触れを出しました。「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く来た者から十二番目の者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」 動物たちは、おらが一番と各々が気張って元日が来るのを待っていました。 ところが、猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまったのでねずみに訊くと、ずる賢いねずみはわざと一日遅れの日を教えたのです。猫はねずみが言うのを真に受けて喜んで帰っていきました。そして元日当日になると、牛は「おらは歩くのが遅いだで、一足早く出掛けるべ」と、夜のうちから支度をして、辺りはまだ暗いのに出発していきました。牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ポンと牛の背中に飛び乗りました。そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。我こそ一番と喜んで待つうちに門が開きました。すると、とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、チョロチョロッと走って一番になってしまいました。それで牛は二番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いていきました。猫はというと、一日遅れで出発したものだから番外で仲間に入れなかったそうです。それでねずみを恨んで、今でも猫はねずみを追い回すのだそうです。鶏が猿と犬の間になったのは仲の悪い両者を仲裁していたからだと言われています。また、13番目であったために十二支に入れなかったイタチをかわいそうに思った神様は、毎月の最初の日を「ついたち」と呼ぶことにしたんだそう。

干支の種類と順番には、なかなか複雑な事情が絡んだ“干支順番決定レース”があったのですね。ここでは十二支(干支)により分かる運勢や性格、特徴、などを詳しくご紹介していきます!

また、気になる2022年の運勢や恋愛&結婚、相性についても男女別に解説しています。あなたの十二支(干支)は何ですか?好きな人や周囲の人の十二支(干支)も一緒にチェックしてみて下さいね。

今回は『辰年』生まれの人について解説していきたいと思いますのでご覧ください。

辰年生まれの人
  • 1928年(昭和3年)
  • 1940年(昭和15年)
  • 1952年(昭和27年)
  • 1964年(昭和39年)
  • 1976年(昭和51年)
  • 1988年(昭和63年)
  • 2000年(平成12年)
  • 2012年(平成24年)

【2022年】辰年(たつどし)の運勢

辰年

辰年生まれの2022年の運勢は、心機一転や気分一新すると良い年となりそうです。何かの出来事をきっかけに気持ちや心をリフレッシュさせ、新たな気持ちでスタートしていきましょう。

この1年は人生の再出発期間と思い、過去を断ち切り未来へと向かって進んでいきましょう。先の事を見据えて大胆な決断をすることも良いでしょう。

例えば、諦めかけていた夢ややりたかったことなどが心に引っ掛かっている場合は、思い切って挑戦してみても良いでしょう。

人間関係においても疎遠になっていた人や、ふと思い出した人などに連絡を取って再び縁を深めていくこともおススメです。

再スタート

この1年は、再スタートすることによって順調に物事が進んでいく傾向が高いですのでこの機会に積極的に取り組んでいきましょう。

また、新しく始めることも良いので失敗を恐れずにチャレンジしていきましょう。

辛く苦しい選択をしてしまうかも知れませんが、どんな困難なことも自身の成長へと繋げていくことが出来ますので、この恵まれた機会にどんどん飛躍していってください。

自然と運気も良い方向へと向かっていき開運にも期待が持てます。

健康

健康面では、目立った大きな病気や怪我はなさそうです。辰年生まれの人は比較的に健康な人が多いですが、無理をすると小さいですが体の不調を感じる傾向が高いです。

また、ストレスを溜めこんでしまうケースが多いため、胃腸などには気を付けるようにして下さい。バランスの良い食事に気を付けて良く噛んで食べることを習慣付けていくと良いでしょう。

そして、適度に体を動かして精神的にも肉体的にも健康を維持していくよう心掛けていきましょう。

【男女共通】辰年(たつどし)の基本的な性格と特徴

辰年

十二支の中で、辰(龍)は唯一の空想上の動物です。そして、辰(龍)は十二支の中で最も活力があり強力な動物なのです。

短気で鋭い舌を持っていることで悪名が高く、古くから辰(龍)の支配と野心という特徴で世界のリーダーであるのに最も適していると考えられていました。

また、天候など自然を支配する巨大な力を持つとされていました。

辰年は時代を動かす「変革(転機)」や「激動」の年と言われており、実際に辰年には政治の大きな変化が起きることが多い年なのです。

辰年生まれの人の性格や特徴は、とても粘り強く行動力も豊かな人が多いです。屈しない強い勇気の持ち主でもあるため、何事にも恐れずにチャレンジしていきます。

また、自信家でもあるため、時には攻撃的な性格になってしまいますが基本的には裏表のない性格をしています。目標が定まると強い思いでひたすら邁進していき熱中していく傾向が高いです。

大きな夢や目標を持っているため、マイペースで自身の赴くままに進んでいくため周囲からは掴みどころのない性格だと思われることも多いようです。

また、先見の明を持っている傾向が強いので常に人の先を行く特徴も見られます。

プライド

活動的であり行動力も伴っていますので人と関わることも多く人脈にも期待が持てるのですが、プライドが高く負けず嫌いな一面も持っていますので何かと人間関係においては苦労がありそうです。

思い通りに進まなくなるとイライラしたり自暴自棄になったりすることもありますので注意が必要です。

時には敵対心をあらわにして不要な争いへと発展してしまうケースがありますので気を付けて下さい。

そんな辰年生まれの人は、リーダー的なポジションを任されることも多く自らもそれを望んでいます。常に人の上に立ち先頭をきって活躍したい気持ちを強く持っているのです。

しかし、とても熱心に打ち込む気質を持っているのですが、少し忍耐力に欠ける傾向が見られます。もっと忍耐力を身に付けていくと成功していく可能性がグッと広がっていくでしょう。

また、協調性を意識して広い視野と人の意見に耳を傾けるようにしていくと辰年生まれの長所が存分に活かされていきます。

辰年(たつどし)男性の性格

男性

辰年生まれの男性は、真面目で小さな事にはこだわらない大胆な性格でとても実直な人が多いです。

また、発想力や直感力に優れており、他の人が思いつかないようなアイデアを生み出したりすることや、正しい道を選択していくことが出来ます。

行動力も豊かなので周囲の人から多くの信頼を得ています。基本的に我が道を行く自由人でコミュニケーション能力はそれほど高くありません

無愛想な人と思われることが多いので初対面の人とは打ち解けるまでに時間が掛かってしまうでしょう。

飾り気がなく裏表のない実直な発言をしますが、そのさっぱりした性質は辰年生まれの男性の魅力の1つでもあります。

協調性に欠けるところがありますが、大らかな性格なので気の合う人と一度仲良くなるとその関係はとても長く続いていきます。

恵まれた才能から自信過剰となる傾向が高く、また負けず嫌いな性格から人間関係においては知らず知らずの内に敵を作ってしまうことも多いです。

その反面で信頼され期待されることも多いので、早くから将来を嘱望されたりリーダー的なポジションを任されたりします。

少し気難しい一面を持っていますが、人の心を掴む特徴がありますので様々な場所で能力を発揮していくことが出来ます。

辰年(たつどし)女性の性格

女性

辰年生まれの女性は、感性が豊かで魅力的な人が多く誠実な性格で奉仕精神に溢れています。

また、高い自尊心を持っているため自身がやっていることに対して真剣に取り組み、厳しい状況の中でも我慢強く耐えていくことが出来ます。

基本的には理想主義ですが、現実をしっかりと見つめていくことが出来るので耐えなければいけないことをしっかり認識しており、諦めることなく耐え抜く力を持ち合わせています。

そのため、結果的に成功する確率も高めです。また、興味のある事に対しては直ぐに行動に移し試してみようとします。そのためか流行にはとても敏感で人よりも早く取り入れることが出来ます。

特別に興味あることに出会った場合は全力で極めていく傾向が高いですが、広く浅く手を出していくため多趣味となるケースが多いです。

そんな辰年生まれの女性は、堅実な面を持っていますがプライドが高く自信過剰なところも持っています。

時には傲慢になってしまい孤立してしまいますが、様々な角度から物事を捉えることができ周囲を引っ張る力も兼ね備えていますので上手く乗り切ることが出来るでしょう。

リーダーの位置について大成功を収める可能性を十分に秘めています。

根に持たないさっぱりとした性格なので多くの友人に恵まれていますが、あまり深く関わりたいと思っていない性質なので親友と呼べる人は少ないでしょう。

しかし、信頼される性格の持ち主なので様々な人から敬愛される存在です。

【男性】辰年(たつどし)の恋愛観・恋愛運

恋人

辰年生まれの男性は、積極性や行動力があり新しいもの好きといった特徴が見られ恋愛に関してもその傾向が高いようです。

好きな人ができた場合には、すぐに飛びつき一途になる熱心さも持っていますが、熱意が冷めるのも早いため長続きしない傾向が高いです。

熱しやすく冷めやすいタイプなので、お付き合いが始まった頃は情熱的で全力で愛情表現していきますが、ふとした時からあっさりとした冷めた態度に変わっていきます。

そのため、相手の人に誤解されたりすることもあり関係性が長く続いていきません。

繊細な性質も持っていますが、恋愛に関しては不器用な部分が目立ってしまうのと移り気な性格からなかなか運命の人に出会うことが難しいです。

また、自己中心的な考えと我が道を行くタイプなので、相手に合わせていくことが苦手であり、どちらかというと相手に合わせてもらいたいと望んでいます。

そして、意外と“鈍感”な一面も持っていますので、相手の心情などを読み取ることも難しいです。

ハッキリと言葉にして直接に伝えてもらわないと気が付かないといったことが多くありますので、辰年生まれの男性にアプローチする場合は、直球で伝えるようにしないと気付いてもらえないでしょう。

そんな辰年生まれの男性は、自身を受け入れてくれ合わせてくれる人に惹かれる傾向が高いです。

いつも追いかけてくれて肯定的な態度で接してくれるような人を相手に選ぶと、理想的な恋愛関係を築いていけるでしょう。

基本的には純粋な気持ちを持っている人が多いので、付き合って心を開いた相手に対してはとことん尽くしていく傾向が高いです。

【女性】辰年(たつどし)の恋愛観・恋愛運

恋人

辰年生まれの女性は、流行に敏感でお洒落な人が多く、豊かな感性を持っているため数々の魅力で異性を惹きつけます。そのため、モテる傾向が高く恋愛経験も豊富な人が多いです。

基本的には受け身で奥手なので、好きな人の前では上手く立ち振る舞うことが出来ずに苦労してしまうようです。

そのため、好きな人から不意打ちに話しかけられたりすると、緊張してしまいそっけない態度を取ってしまったり、必要以上に無愛想になってしまったりします。

相手にとっては、自分があまり好かれていないといった印象を受けてしまいますので恋愛成就から遠ざかってしまいます。

しかし、本当に好きな人が現れた場合には自分から動いていくことも出来るので、追われる恋よりも追う恋の方が向いているのかも知れません。

お付き合いに発展してからは、相手のことを思い一生懸命に尽くしていきます。

また、愛されたいという思いを強く持っているため、愛情表現の乏しい人とのお付き合いには愛情不足となり心が満たされない傾向が高いです。

時には相手の本当の気持ちを知りたいと感じ、試すような行動を取ってしまったりすることもありますので気を付けて下さい。

そんな辰年生まれの女性は、プライドが高く傷つくことを恐れています。愛情の大きさを気にしているのもその気持ちの現れでもあるのでしょう。

いつも愛情を求めるばかりではなく、自らも素直な気持ちを伝えていくようにしてみましょう。そうすることによって愛情ももっともっと深く確かなものになっていきます。

【男性】辰年(たつどし)の結婚観・結婚運

結婚

辰年生まれの男性は、仕事に打ち込んだり趣味や友人との遊びに時間をかけたいと思っている人が多いため、恋愛に対する優先順位は低めといった傾向が高いです。

そのため、結婚に対する意識も低く婚期も遅めになる可能性が大きいです。自分自身の世界や時間を優先して行動を決めていく辰年生まれの男性にとって、結婚とは窮屈に思えてしまうのかも知れません。

結婚後も自己顕示欲が強く、プライドも高くて我が道を進む特徴が見られますので、亭主関白となる人が多いです。

また、少し不器用な性格なので、愛情表現もはっきりと言葉に出して言わないタイプです。

しかし、基本的に真面目な性格なので、家族を養うために必死に働き、パートナーに対しても内面では一途に思い幸せにしようと頑張ります。

“この人”と決めた場合には、脇目もふらずに一心に辰年生まれの男性なりの愛情を注いでいきます。

そんな辰年生まれの男性は、やまとなでしこタイプのような人をパートナーに選ぶと上手く幸せな家庭を築いていけるでしょう。

こんな人にオススメ
  • 全てを受け入れられるおおらかな人
  • 相手に引っ張っていって欲しいと思っている人

【女性】辰年(たつどし)の結婚観・結婚運

結婚

辰年生まれの女性は、“頭が良くて男勝りでしっかり者、そのため可愛げがなくパートナーを馬鹿にして駄目にしてしまう”といった迷信がありますが、それは仕事をバリバリとこなせていくことができ、何でも自分でこなしていけるので男手が必要ないといった意味合いがあるのでしょうね。

辰年生まれの女性は、とても慎重で真面目な性格なのでお付き合い中の時から“この人と結婚してもいいのかな?”など、関係性を窺っています。

そのため、交際期間が長くなってしまったり、なかなか運命の人にたどり着けずに婚期が遅くなってしまう傾向が高いです。

また、仕事などに熱中してキャリアを積んでいる人が多いので結婚願望を持っている人が少ない傾向にあります。

しかし、結婚後は一途に相手に尽くす性格なので幸せな家庭を築いていけるでしょう。愛情深く接していくことが出来るので、良き妻良き母としても器量を発揮していきます。

そんな辰年生まれの女性は、ゆっくりと関係を深めてくれる包容力のある人をパートナーに選ぶと円満な結婚生活を送っていけます。

嫌われたくない思いから本当の自分をさらけ出せない性質を持っていますので、ゆっくりと関係性を深めていき心を開いていくと良い方向に進んでいきます。

 また、仕事を続けていきたいと願っている人も多いので、結婚前に良く話し合って仕事と家庭のバランスを保っていけるように工夫していきましょう。

辰年(たつどし)の金運

金運

辰年生まれの人は、恵まれている傾向にあります。この2022年は、収入面においても上がる可能性が高く期待が持てます。

仕事で頑張って行った分だけ報酬として入ってくる1年となりますので、実力に見合って昇給していけるでしょう。

また、昇給すればする程やる気も倍増していきますから、思った以上に収入に期待が持てる年かも知れません。

自粛期間や、在宅ワークなどで時間的に余裕がある場合は、副業にも目を向けてみるのも良いでしょう。

一攫千金などといった大きな収入などではなく、見合った分だけの収入アップや副業などで得た収入ですが、この1年を通して見てみると金額も大きなものとなります。

しかし、この1年は支出の方もそれなりに増えていく傾向が高いですので、必要なものとそうでないものとの見極めを付けていくよう努力していきましょう。

収入が増えたからといって欲しい物を次々に手に入れていくのではなく、本当に必要な物かどうかや金額に見合った価値がある物かを念入りに検討して堅実なお金の使い方をしていくようにして下さい。

また、羨望のまなざし欲しさに見栄や虚栄を張ってしまいがちなので、気持ちを上手くコントロールしてありのままの自分に自信を持って過ごしていくようにしましょう。

辰年(たつどし)の適職・天職・職業

漁師漁業

辰年生まれの人は、行動力と直観力に優れている人が多いため、様々な分野の職業においても能力を発揮することが出来ます。また、仕事運も比較的に良い傾向が高いので成功する確率も大きいです。

自身のペースで進んでいくことができ、地道な努力を続けていけるので興味のある分野に対しては深い知識を得ていけることも可能です。

そのため、専門分野の職業に就いた場合は、功績を認められたり有名になったりするでしょう。

しかし、神経質な部分で感情に波が見られたりすることが多いので注意が必要です。自身を上手くコントロールしながら取り組んでいくことをおススメします。

また、人間関係において誤解を招きやすく、損をしてしまったりトラブルへと発展してしまう可能性もありますので、協調性を求められる職場よりも個人プレーの職場の方が適している傾向にあります。

そんな辰年生まれの人は、自分が上に立てる場を求めておりリーダー的な地位に就きたいと考えています。

専門的な知識を磨いて起業したり、芸術的な分野で才能を活かせたりするのも良いかも知れません。個人プレーで仕事をするとしても必ず人とは関わっていきます。

人間関係を円滑にしていくにはコミュニケーションが欠かせないので、愛想よく接していけるよう努力していきましょう。

辰年の人の適職
  • 建築
  • 土木関係
  • 開運関係
  • 漁業
  • 航空関係
  • 砿業
  • 石油関係
  • 百貨店
  • 販売業
  • 芸術
  • 研究職など

辰年(たつどし)の男性との相性ランキング

相性

辰年生まれの男性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

  • 第1位・・・子年
  • 第2位・・・申年
  • 第3位・・・酉年

お互いにコミュニケーション能力が高く独立心も強いので理想的なカップルとなる傾向が高いです。また、良き理解者として向上していくことが出来ます。

反対に辰年生まれの男性と相性が悪いのは、

  • 戌年
  • 卯年
  • 寅年

考え方の違いから本質的に受け付けない傾向が高いためあまり良くない相性だと言えます。無理して理解しようとするとぶつかり合うことの方が多くなっていきます。

辰年(たつどし)の女性との相性ランキング

相性

辰年生まれの女性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

  • 第1位・・・子年
  • 第2位・・・巳年
  • 第3位・・・未年

行動派な人にとっては慎重派の意見はとても参考になり足りない部分を上手く補ってくれます。また、とても信頼できる存在となる傾向が高いですので、良好な関係を築いていくことが出来ます。

反対に辰年生まれの女性と相性が悪いのは、

  • 丑年
  • 寅年
  • 卯年

お互いの性質が違い過ぎたり、激しい部分が似ていたりするため不満が大きくなっていくでしょう。また、一緒に居ることによって疲れを生じやすく窮屈さを感じるようになっていきます。

辰年(たつどし)の有名人・芸能人

1940年(昭和15年)生まれ

  • デヴィ・スカルノ(タレント)
  • 浅丘ルリ子(女優)
  • 板東英二(タレント)
  • 王貞治(元プロ野球)
  • 志茂田景樹(作家)

1952年(昭和27年)生まれ

  • 三浦友和(俳優)
  • 中島みゆき(ミュージシャン)
  • 小池百合子(政治家)
  • 水谷豊(俳優)
  • 吉幾三(歌手)
  • 小柳ルミ子(歌手)
  • 夏木マリ(女優)

1964年(昭和39年)生まれ

  • 阿部寛(俳優)
  • 堤真一(俳優)
  • 近藤真彦(歌手)
  • 内村光良(お笑い芸人)
  • 高島礼子(女優)
  • 山口智子(女優)

1976年(昭和51年)生まれ

  • 山本耕史(俳優)
  • 木村佳乃(女優)
  • 森山直太朗(ミュージシャン)
  • 井ノ原快彦(タレント)
  • 観月ありさ(女優)
  • 小雪(女優)
  • はなわ(お笑い芸人)

1988年(昭和63年)生まれ

  • 小嶋陽菜(タレント)
  • 瀬戸康史(俳優)
  • 新垣結衣(女優)
  • 濱田岳(俳優)
  • 吉高由里子(女優)
  • 内田篤人(サッカー選手)

2000年(平成12年)生まれ

  • 上白石萌歌(タレント)
  • 岡田結実(タレント)
  • 浜辺美波(女優)

まとめ

今回は、辰年生まれの性格の特徴や恋愛、結婚、金運、適職、相性についてご紹介しました。辰年生まれの人は、正直者でエネルギーに満ち溢れており個性的な魅力を持った人が多いです。

自信過剰な部分がありますが、大きな夢を持って突き進みたぐいまれない才能で自身の道を切り開いていくことのできる人です。

そして、この機会に自分を深く掘り下げてみてはいかがでしょうか。今まで気付けなかった部分に気付け、きっと今後の人生がより良いものへと変わっていくはずです。

考えるきっかけのツールとして使って頂き、自分を探求するひとつの手段として今後の人付き合いに活かせると良いと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント