当サイトには広告が含まれます。
絶対離婚したくない場合の奥の手

絶対離婚したくない場合の奥の手

  • 相手から離婚をしたいと言われたけど絶対に嫌
  • 離婚したくない場合の奥の手ってあるの?
  • 絶対にやってはいけないことも知りたい

離婚をしたくない場合、なんとしても阻止したいですよね。

そこでこの記事では、離婚したくない場合の奥の手や、やってはいけないことを解説します。

離婚の問題で悩んでいる人には、気をつけるべき内容も書いてあるので、ぜひ最後までご覧ください。

離婚したくない場合の奥の手ってあるの?

離婚してほしいと言われても、どうしても離婚したくない場合ってありますよね。

しかしあなたが離婚を拒否し続ければ離婚は成立しません。

もし、離婚調停になって、間に家庭裁判所が入って話し合いを進めた場合でも、あなたが拒否していれば離婚は成立しないのです。

しかし一点張りでは、悪い印象を与えてしまいます。

そのため、いかに相手に共感をしてもらうよう働きかけることが重要になるのです。

離婚したくない場合の奥の手

話し合いで決着がつかない場合には裁判所の判断に従うことになります。

その際、法的に認められるためのルールがあり、いずれかに当てはまったら離婚を免れることは難しいのです。

そのルールがこちら。

  1. ・不貞行為があった
  2. ・悪意で遺棄された
  3. ・生死が三年以上明らかでない
  4. ・強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
  5. ・その他婚姻を継続し難い重大な事由がある

一方で、当てはまっていない場合には、裁判になったとしても離婚を阻止できる可能性はあるということです。

離婚したくないときの奥の手5つ!

離婚したくないときの奥の手を5つ解説します。

この方法を理解しているかしていないかで、離婚せずに済む可能性もあります。

1:別居しない

相手が離婚したい場合は、別居を持ち出してくることもあると思います。

それは、同じ空間にいるだけでもストレスが溜まってしまうため、お互いに冷静な判断をするためです。

しかし、別居をすると離婚してしまう可能性が大きくなってしまいます。

別居中に離婚調停の準備を進めたり、裁判になった際に婚姻関係が破綻してる事実を作ることもできるからです。

相手から離婚を前提とした別居を提案されても、離婚したくないのであれば別居はしないほうが良いです。

2:離婚届不受理申出をする

離婚届不受理申出とは、役所に出す申出です。

これを出しておくことで、もし相手が知らない間に離婚届を提出していたとしても、受理されません。

あらかじめ離婚を阻止するための対策になります。

3:相手に共感してもらう

相手がなぜ離婚したいと思っているかしっかり聞くことが重要です。

その上で、相手に共感を得るために、今離婚したら経済的に辛いことや不安であることをしっかり伝えます。

その上で、相手のことが好きであることやこのままの関係を続けて目指したい未来などを伝えるのです。

離婚しないことによって、希望の持てる夫婦であることをアピールすることが大切になります。

4:調停委員に共感してもらう

調停委員にあなたの気持ちをしっかり理解してもらうことが大切です。

離婚せずに修復を望んでいる気持ちをアピールして調停委員の共感を得ることが大事になります。

基本的に調停委員は「夫婦関係を修復するのは難しい」と感じていることがほとんど。

そのため「やり直せるかもしれない」と思わせる理由を具体的に伝えることが重要です。

5:離婚したくない意思の固さを伝える

離婚したくないという意思の固さを伝えることは有効です。

「絶対に離婚したくない」という一点張りであれば「説得が難しい」と感じてもらえるからです。

調停委員は、説得しやすいほうを説得しようと試みることが多いとよう。

そのため、説得が難しいと感じてもらえるだけで、あなたのほうが有利になる可能性が高いのです。

シチュエーション別の奥の手3つ

シチュエーション別で、離婚しないための方法を3パターン紹介します。

あなたがフリな状況でも大丈夫。きっと何かしらの方法は残されているはずです。

1:子どもがいて離婚したくないときの奥の手

夫婦が離婚するときに1番に考えなくてはいけないのは、子ども達です。

相手にはそのことをしっかり理解してもらえるように伝えましょう。

例えば、運動会などの学校イベントです。

毎回、両親が参加してくれないことを子どもはどう考えるでしょうか。

ほとんどの子が寂しかったり、周りの目を気にしてしまったりするでしょう。

親の勝手な考えで子どもに与えてしまう影響を夫婦で考えてみてください。

親として子どもの幸せを1番に考えたとき「自分達は間違っていた」という結論に達する可能性が高くなります。

2:すでに別居中で離婚したくない場合の奥の手

別居期間が長いと離婚が成立しやすく、目安は5年と言われています。

そのため、まずは別居を解消しないと離婚の可能性が高くなるということです。

別居している間はお互い冷静でいられるため、改めて自分の原因を反省しましょう。

しかし反省したことが相手に伝わらないと意味がありません。

別居中の相手との連絡が長期間あかないようにするのも、離婚を阻止するためには重要です。

半年以上連絡が途絶えると、離婚の確率があがるとも言われています。

3:離婚調停まで進んだ場合の奥の手

離婚調停とは、2人では話が進まない場合に、第三者が間に入り話し合うことを指します。

当事者同士が顔を合わせて話すことがないので、場合によってはチャンスになることも。

裁判所が間に入るとはいえ、あなたが同意しない限り、相手が一方的に離婚を進めることはできません。

そのため、あなたが離婚したくない意思をしっかり伝えて調停委員を味方につけることで「離婚は間違っている、考え直したほうが良い」ということが相手に伝わり、気持ちが変わる可能性が高くなります。

離婚したくないときにやってはいけないこと7つ

1:離婚しないと突っぱねる

離婚したくないという気持ちが出るあまり「絶対に離婚しない!」と突っぱねていては状況は変わりません。

逆に言うとそのような人とやり直したいと思われず逆効果になることも。

離婚を回避するためには、何よりも話し合いが大切です。

理由をしっかり聞いた上で、話し合う意思を見せなければ相手の気持ちはどんどんあなたから離れていきます。

2:相手をせめる

相手から離婚の意思を伝えられたということは、あなたに何かしらの原因があるのではないでしょうか。

それを把握せず、相手のことばかりをせめてはいけません。

一方的にせめたところで、状況が良い方向へと進むことはありません。

逆に対立が深まり、離婚へと進んでいくだけになります。

3:感情的になる

離婚したいと言われるとショックのあまり感情的になってしまうのは、仕方ないことです。

冷静になれと言われてもなかなか難しいこともあるでしょう。

しかし、感情的になったところで良い結果へはいきません。

もし調停まで話し合いがもつれてしまったとき、感情的になってしまうと、調停委員から見てフリになってしまいます。

できる限り冷静にいられるように心がけましょう。

4:親に相談

親への相談は極力しないほうが良いです。

親は100%我が子の味方になります。

また、親が入ることで我が子の批判に対して、本来の目的とは違う論争に発展することがあります。

それが原因で、離婚の話が加速することだってあるのです。

親への相談をしたとしても、話し合いの場に親が参加するのはふさわしくありません。

5:LINEなどをしつこくしてしまう

恋愛関係において嫌いな人からしつこく想いを伝えられても逆効果ですよね。

それと一緒で、いくらコミュニケーションツールでしつこく連絡しても、相手に伝わることはありません。

逆にうっとうしく感じ、一緒にはいたくない気持ちが増してしまいます。

一歩間違えるとストーカー行為となり、離婚しやすい状況を作ってしまうのです。

6:相手の意見を聞かない

離婚をしたいということは、あなた自身になにかしらの原因があるのです。

相手の意見を聞き入れ、あなたが変わる努力をしましょう。

意見を聞かずに相手を変えようとしては、いけません。

根本を受け入れないと、例え離婚をまぬがれたとしてもまた同じ事態になってしまうことは目に見えています。

7:説得しようとする

相手を説得しようとしても状況が良くなることはありません。

相手が離婚したいと思っている状況では、あなた自身が変わるしか方法はなく、相手を説得して負かそうという考えがそもそも間違っているのです。

離婚したくない場合は電話占いで離婚を回避!

離婚をしたくない場合は、電話占いで相談することをおすすめします。

電話占いでは、特殊な能力を持った占い師が、それぞれの占術によって、あなたの未来を映し出します。

また、霊視や霊感占いによって相手の本音を知ることができるのです。

離婚したと思っている相手があなたに伝えたことは、思っていることの全てではない場合もあります。

伝えていない本音の部分がわかると、あなたも行動しやすくなるのです。

また、鑑定を元にあなたがとるべき行動や方向性などアドバイスもしてくれます。

【離婚・結婚問題】に定評のある占い師の検索(電話占いピュアリの登録方法)

電話占いピュアリ

電話占いピュアリでは、1分260円〜利用が可能です。

初回の10分は無料で利用できるため、初めてでも安心して利用することができます。

また、会員費や年間費は一切かかりません。

利用した分だけ支払うので、余計に払う心配もないのです。

電話占いピュアリへの登録には「初めての方 無料登録」をタップし、必要事項を入力しましょう。

仮登録が完了したら、記載したメールアドレスにURLが届くので、クリックすると登録完了です。

電話占いピュアリで【離婚・結婚問題】に定評のある占い師を検索する方法

占い師の検索には、占いの種類や相談の種類を入力することで最適な占い師をピックアップしてくれます。

他にも「ハッキリ話してほしい」や「優しく話してほしい」など、今の心情によってそれぞれ違うはず。

印象や話し方の好みを選ぶことも可能なのです。

離婚・結婚問題に定評のある占い師を探したい場合、検索画面で「離婚」「夫婦関係」にチェックを入れましょう。

数々の夫婦関係のトラブルを解決してきたプロがあなたを鑑定し、理想とする未来までしっかり導いてくれます。

初回15分無料はLaniからの登録限定!

まとめ

離婚したくない場合の奥の手や、やってはいけないことを解説しました。

しかし、夫婦関係は気持ちの要素が強く、片方がゼロであればなかなか元に戻るのは難しいこともあります。

相手の本音や原因を知らないと前に進めないこともありますよね。

相手の気持ちを知るために、電話占いは有効です。

数々の夫婦問題を解決してきたプロの占い師も多数在籍しているのも心強いですよね。

2人の関係が良い方向に行くように、まずは電話占いを活用してみてはいかがでしょうか。

コメント