当サイトには広告が含まれます。

【深掘り解説】50代既婚男性が本気で離婚を考えるとき:あなたが知るべきサインと心理

50代の既婚男性は、思いきった選択をすることがありますよね。

30代や40代の既婚男性に比べて、離婚を本気で考えるようになるからです。

「もしかして…離婚を考えている?」と疑いたくなるような言動を、彼はとっているかもしれません。

今回は、本気で離婚を考えている50代既婚男性について深掘りをしていきます。

50代既婚男性の特有の心理本気で離婚を考えているときの行動をチェックしてみてください。

また、本気で離婚しようか迷っているときでも、50代既婚男性はサインを出していることがあります。

50代既婚男性の本音を見極めるためにも、記事を参考にしてみてください。

50代既婚男性が離婚を考える背景「年齢と共に心の動きは変わる」

年齢と共に、気持ちにも変化がありますよね

50代既婚男性が本気で離婚を考えることが多いのは、年齢的に人生をより現実的に考えるようになるからです。

男性よりも女性は精神的に早熟だと言われているため、「自分の人生は本当にこれでいいのか?」と考えるのは、年齢的に30代〜40代と早い傾向があります。

しかし、男性は50代をピークとして自分の人生を客観的に捉えるようになるでしょう。

例えば、今まで流れるままに生きていた男性が、急に結婚をして子供を持ったり、急に真逆の職種に転職したりと、50代の男性は人生に変化を見せるのです。

本気で離婚を考えるのも、50代既婚男性特有の言動でしょう

実際に弁護士に相談したりパートナーに離婚を告げたりと、踏み切った行動に出るのも50代既婚男性の特徴です。

50代男性特有の離婚に対する心の葛藤とは?男性心理3つ

50代になると、男性はそう簡単には本音を漏らさなくなります。

だからこそ、50代既婚男性の心の葛藤を知る必要があるでしょう。

ここからは、本気で離婚を考えている50代既婚男性の心理を深掘りしていきます

人生をやり直したい

50代になると男性は、残りの人生を考えるようになります

結婚や子育て、仕事がひと段落つき、自分のことを考える余裕が出てくるからです。

20代・30代・40代とがむしゃらに頑張ってきた男性だけでなく、流れに身を任せて生きてきた男性も、50代で初めて自分のやりたいことや、自分が本当に欲しているものがわかってくるのです。

多くの50代既婚男性は、今までの人生を後悔している本音を抱えており、人生をやり直したいと感じています。

50代が、人生をやり直す最後のチャンスのように考えていることも多いでしょう。

そのためか、本気で離婚したい気持ちがチラついてくるようになるのです。

妻への不満が限界にきた

何十年も結婚生活を続けていれば、一緒に暮らしているパートナーに不満が募ってくることも多いです。

数年であればできた我慢も、数十年となれば限界がくるでしょう。

残りの人生を我慢して過ごしたくない

夫としての義務はすでに果たしている

そんな風に考えて、離婚へと気持ちが強くなっていく50代既婚男性は少なくありません。

今までは我慢できていたことが、50代になると急に我慢できなくなることが男性にはあるのです。

これも、50代になると「自分の気持ちを優先した人生を過ごしたい」と思うようになるからでしょう。

本気で他に好きな人ができてしまった

恋は人の感情を狂わせるものですよね。

それは、いくつになっても変わるものではありません。

特に50代で本気で他の好きな人ができてしまうと、離婚を真面目に考えるようになるでしょう。

30代40代であれば、費用や世間体などを気にして、離婚という思いきった行動はとれません。

しかし50代既婚男性であれば、多少の貯蓄ができています。

また50代は、熱い気持ちが芽生えることが多い年代としても特徴的です。

恋愛での障害があると、それだけ相手への気持ちが燃えやすいとも言えるでしょう。

離婚してからの人生に賭けたい思いが強くなり、本気で離婚を考えるようになるのです。

50代既婚男性が本気で離婚を考えているときの行動5選

50代既婚男性が本気で離婚を考えているときは、特徴ある行動をとるようになります

基本的には離婚することを周りにもパートナーにも隠さなくなるため、すぐに気づくことができるかもしれません。

離婚したい気持ちを隠さない

50代既婚男性が本気で離婚したいとき、その気持ちを隠さなくなります

周りや付き合っている彼女に、「離婚を考えている」とはっきりと伝えるでしょう

実際に、弁護士などに相談して離婚に向けてすでに動き出していることもあります。

また自分で覚悟を決めるために、離婚したい気持ちを隠さない50代既婚男性も多いです。

後には引けない状況を作ってしまえば、前に進んでいくしかありませんよね。

50代既婚男性が離婚したい気持ちを隠さないのは、彼の中で熱い気持ちが渦巻いているからです。

家に帰らなくなる

本気で離婚を考えると、結婚生活を続けることが苦痛になってきます。

そのため離婚を決めた50代既婚男性は、家に帰らなくなるでしょう。

「仕事が忙しいから…」「飲んでて抜けられないから…」と理由を作って、別の場所に帰ることも珍しくありません。

仕事場と言い訳をして簡易的なアパートを借りる50代既婚男性もいれば、経費でホテル泊まりをすることも。

また、彼女の家で半同棲のような生活を始めることも多いです。

50代既婚男性が本気で離婚を考えると、別居生活が始まるのが行動としては特徴的でしょう。

自分の拠点を探し始める

50代男性が本気で離婚を考えるきっかけは、自分探しだったりすることもあります。

男性は家に居場所がないと感じると、仕事場に居場所を求めるようになりますが、そこでもうまく見つけられないときがあるでしょう。

そういったときは、飲み屋や一人暮らしのアパートなどで拠点を持とうとするようになります

これは、離婚した後に自分の拠点となる場所でもあるでしょう。

本気で離婚を考えているときは、離婚後に自分がどう暮らしていくかも準備し始めるのです。

また自分の拠点になってくれる人物には、強烈に惹かれていくのも特徴です。

結婚指輪をしない

「離婚したい」と本気で思っているときは、結婚指輪をすることに苦痛を感じるようになります。

そのため多くの50代既婚男性は、結婚指輪をしなくなるでしょう。

仕事ではもちろん、家でも休日でも結婚指輪は外したままです。

パートナーに何か言われても、右から左へと流して喧嘩になるときも。

50代既婚男性は、年齢はすでに大人に達していますが、精神的には子供のようにシンプルな行動をとることもあるのです。

健やかなるときも病めるとき愛することができなくなったのであれば、誓いを守れないことを行動でパートナーに伝えようとします

また、離婚を本気で考えた時点で、独身時代に戻ったように感じる50代既婚男性もいます。

離婚後に恋人を作ったり、すでにいる恋人を大切にしたりするためにも、離婚を本気で考えている50代既婚男性には結婚指輪が必要ないのです。

いつも結婚指輪をしていた50代既婚男性が、指輪を外すときがあったときは離婚に向けて考えが固まってきているサインです。

節約し始める

離婚には、何かとお金がかかるものですよね

特に男性が自分から離婚を言い出すときは、パートナーから慰謝料を請求される可能性が高くなります。

また、財産分与として今まで住んでいたマンションや貯蓄など、大きな金額となるものをパートナーに譲らなければいけなくなることも。

そのため本気で離婚を考えている50代既婚男性は、節約を始めるようになるでしょう。

少しでも離婚後の生活に備えて、お金を貯めておきたいのです。

50代は、30代や40代に比べて経済的に余裕が出てくるときでしょう。

そのため金額を気にせず遊ぶ50代は多くなりますが、その中でも豪遊することなく質素な暮らしをしている50代既婚男性は、本気で離婚を考えている可能性が高くなります。

50代既婚男性の彼が、ホテルではなくお家デートばかりをするようになったときは、離婚の文字が頭にチラついているのかもしれません。

50代既婚男性が「まだ迷っている」離婚希望の隠れたサイン

離婚したいと考え始めても、覚悟はそう簡単に決まるものではありませんよね。

ここからは、50代既婚男性離婚したいと思いながらも迷っているサインを解説していきます。

彼の離婚したいサインを見逃さずに背中を押してあげれば、覚悟が決まるかもしれません。

家族や妻との時間を取ろうとする

離婚を考えながらも迷っている50代既婚男性は、家族のことを考えるようになります。

自分にとって、本当に離れてもいい存在なのか確認しようとしているとも言えるでしょう。

そのため、家族や妻と接する時間を積極的にとるように

この家族との時間で、自分の気持ちが決まる50代既婚男性は多いです。

また割合として、結果的に離婚へと進んでいく50代既婚男性も多いと言えます。

実は離婚に迷った時点で、本気で離婚を考える気持ちはハッキリしているのです。

周りに相談する

弁護士や信頼できる友人、また離婚を経験している知人に離婚について相談するのも、50代既婚男性が離婚を迷っているサインでしょう。

実際に離婚をするには何をしたら良いのか、どのくらいの費用が必要かなど離婚への流れや離婚協議中や離婚後の生活を聞いたりします。

離婚を決めたときは、人を選ばずに離婚することを隠しませんが、まだ迷いがあるときは「相談」という形で少数にしか話をしないでしょう。

恋人に相談する場合は、すでに50代既婚男性の中で離婚への決意はほぼできているかもしれません。

離婚を迷っているときは、本当は話をしたくてもできないことが多いので、話しやすい雰囲気を作ってあげると良いかもしれません。

仕事のことや人生のことなど真剣な話をすると、50代既婚男性も離婚の話をしやすくなるでしょう。

考え込む仕草が増える

離婚をするべきかの迷いがあるときは、常に離婚のことで頭がいっぱいになります。

50代既婚男性が何かと考え込む仕草が増えてきたときは、離婚したい気持ちがあるからかもしれません。

50代だからこそ、離婚して後悔しないかと慎重になっている部分もあるでしょう。

50代既婚男性が考え込んでいるときは、彼の相談に乗れるように優しい態度で接してみてください。

また、50代既婚男性が離婚に迷っているときにこちらから離婚の話をすると、彼の離婚したい気持ちを萎えさせることがあります。

急かすことで、離婚しても窮屈な暮らしが待っているように感じられるからです。

何か迷いごとがあるときは、些細なことでも敏感になりがちですよね。

彼を見守るような気持ちで、50代既婚男性の離婚への決意できるまで待つのが対応としては正解かもしれません。

まとめ

50代既婚男性が本気で離婚を考えるときは、その気持ちが行動に出ていることが多いです

50代という年齢から、人生を謳歌したい気持ちが強くなっているため、離婚という大きな障害も乗り越えたい気持ちになっているからでしょう。

30代や40代の既婚男性に比べると、50代既婚男性はどこか人生に対して前向きでもあるのです。

彼の気持ちを後押しするつもりでポジティブに接していけば、離婚が実現する日も近づくでしょう。

コメント